何で上手く行かない?結婚相談所の交際で重要な6つの考え方

結婚相談所ではお見合いから交際、真剣交際、成婚といった手順で一般的には婚活が進められます。その中でも重要な交際について、そもそも結婚相談所における交際とは?と言うところから、成功させるための3つのポイントと、3つの落とし穴について説明していきます。

結婚相談所の入会から成婚までの全体の流れについては【徹底解説】結婚相談所の入会から成婚までの流れに記載していますので参考にして下さい。

交際ってそもそも何?

そもそも交際とは?という方に先ず結婚相談所における交際について説明します。交際とはお見合い後、相手と何度か連絡を取りデート等を重ね、お互いのことをもっと知りましょう。という関係性の事を指します。分かりやすく例えると「友達以上恋人未満」という例えが一番近しいでしょう。

その為、交際自体は複数人と行うことが出来、常時2〜3人程交際をしている人もいます。ですが、交際にも期間設定があり一般的な結婚相談所では3ヶ月間の交際期間を設定されています。期間を過ぎると、真剣交際という次のステップに進めるか、成婚扱いとして成婚料の発生。または結婚相談所の退会手続きを進めなければいけなくなる事もあります。

また、交際には正式には交際と真剣交際(※本交際とも言います。)と言うものがあり、交際ではお互いをもっと深く知る為の期間として設けられ、真剣交際は結婚を前提とした期間として設けられています。

交際を成功させる3つのポイント

デートに誘う努力・会おうとする努力

お見合い後、交際をすることになった時にまずはじめに躓くのが、デートの約束です。これは男女ともに「男性がデートのお店の予約」「スケジュールのリード」等をしなければいけない。そんな固定概念があると思いますがそのままの考えだと気負いすぎて中々デートの予定を立てることが出来ず進展を望むことが出来なくなってしまいます。

まず、結婚相談所で出会った異性の方とは必ずしも、良いお店、素敵な場所に最初は行かなければいけない必要はありません。お互いがどういう人なのかを知るための期間が交際期間として設けられているのでお互いを知れる時間を作れるところならどこでも良いのです。

なので、最初の方は日中に公園やカフェ等でのデートや、お互いがそんなに気負わない様なお店でのディナー等が良いでしょう。まずは会うこと、そこで知ることが大事なので、しっかりとお互いの時間を確保する努力を怠らないことが重要になります。

相手のことを知ろうとする努力

交際を成功させるには、相手を知ろうとすることも大事です。ここで、悩まれている方の大半は「人見知りで上手く話せない…。」「見た目に自信がない…。」「そもそも話すことが見つからない…。」なんて悩みを抱えてはいないでしょうか?
上記で抱えている悩みは長年の培ってきた経験や体験から意識してしまうことなので仕方がないかもしれないですが、ダメと思いこんでしまうと余計に意識してしまいダメになってしまうのが人間です。

少なくともお見合い・交際をすることが出来ている以上、あなたに対して不快な印象はありませんので上記のような悩みを保つ必要はありません。まずは交際しているお相手に対して、あなた自身が知りたい事をゆっくりと整理し少しずつでも良いので聞いていきましょう。

最初に会話することが難しければメール・電話・line等の連絡手段を活用し少しずつ聞いていくことでお互いのことをよく知る事が出来次第にフランクに話せる関係になるでしょう。まずは自分を飾らずにありのままを知ってもらい同時に、お相手のこともゆっくりと知っていくことでお互いの理解を深め、良い交際関係を構築する事が出来るでしょう。

持ちつ持たれつの努力

交際を続けていく中で無理をしてしまうのが金銭面です。結婚相談所に限らずデートなどでは男性がお金を払うのが主流になっていますが、所得が多くない男性もいるのは事実です。交際を上手く続けていくにはお互いが持ちつ持たれつの関係でいることが重要です。時に男性にばかり払わせずにしてあげることも相手の不可を軽減してあげる一つの方法です。また逆に男性は女性に対して求めすぎないことも大事です。
お互いに思いやりを持ち交際をすることで結婚後のイメージを持つことが出来るでしょう。

交際は決して結婚する為の期間ではなく、結婚後お互いに人生のパートナーとして良好な関係を築けるか確かめる期間です。結婚前に無理をして自分を見繕っても結婚後ガッカリされその後の関係もうまく行きません。自分を良く見せる為にご馳走したり、豪華なものを着飾る事は決して思いやりではなくその場限りの見栄となってしまいます。

相手を心に思いやる気持ちを常に考え行動することで、良好な関係を築くことが出来るので相手の考え方や行動に目や耳を傾け、相手を理解することから初めましょう。

交際期間中に陥りがちな3つの落とし穴

判断が遅くなてしまう件

交際中に陥りがちな落とし穴として、最も見られるのが判断が遅くなってしまうことです。交際期間中に同時交際をし過ぎてしまいいろいろな相手を見すぎていて「あの人も良いな…この人も良いな…。」といつまでたっても選べなくなってしまうことが多く見られています。結婚相談所では交際は複数人とすることが許されていて幾人とも交際をすることが可能となっています。

一見、良い仕組みになっているように見えますが、あくまで真剣に交際できるお相手を探す為に許されている仕組みであり、同時交際を勧めている訳ではありません。なので同時交際をしている人もいますが、お見合い後、1〜2回程度のデートでその人と結婚を前提としたお付き合いが出来るのか判断し出来る限り1人に絞った形で交際を進めていくのが良いでしょう。

またその他にも、まだ良い人がいるのではないか?と思いお見合いを繰り返してしまう人も失敗する典型定期な例です。結婚相談所で理想の人に出会えると思いその理想を求めるばかりに何人ともお見合いを繰り返してしまう結果、あれ?出会いたい人って誰なんだっけ?みたいなことになってしまいます。

結婚相談所は確かに出会いを創出してくれる所ですが、出会う人を一人ひとり真剣に見ていかなければ良い出会いは一生生まれません。前述で説明した相手のことを知ろうとする努力にも該当しますが、まずは相手がどんな人なのかどんな小さなことでも良いのでお相手の魅力を知ることで、本当に必要としている人は誰なのか。はたまた必要としてくれる人は誰なのかを知り成婚まで結びつけることが出来るでしょう。

中々会うことが出来なくなってしまう

交際中に連絡が取り合えない、中々会うことが出来ない。こういった例も交際を上手く進展できない理由の一つとして見られます。主に女性に見られる傾向として、交際期間中にあまり連絡が取れないと軽く思われている、あしらわれている。なんて考えてしまう女性も少なくはないです。

結婚相談所を利用しながら、勤めている会社の業務を日々こなす事が難しい男性もいると思いますので、その場合は事前にお見合いの段階や、初めてのデート時に連絡が遅れてしまう可能性がある事を伝えておくことでお相手の不安を払拭することが出来るでしょう。

また、成婚までの流れとしては、交際期間中(約3ヶ月)で3~5回のデートを重ね真剣交際から成婚という流れが平均的な流れであり、同時に連絡をとりあう為の目安にもなりますので、こちらを踏まえ、お相手にどのくらい時間を使うことが出来るか事前に把握しておくとスムーズに交際をすることが出来るでしょうい。

完璧を求めすぎている

結婚するお相手に対して容姿・年齢・性格・結婚観・金銭感覚等、完璧を求めすぎていませんか?人生一度切りの結婚をするのだからどうしても完璧を求めすぎてしまう。そんなあなたの気持ちは充分わかります。ですが最初から完璧な男性・女性は一人もいません。

最初は「中々お店を決めてくれず、ウロウロ街を歩いてしまった…。」「料理があまり得意じゃない…。」「一人暮らししていない…。」「お会計の時割り勘だった…。」なんてどんな男性でも女性でもあることです。
結婚を前提に付き合うことで男性は、次第に女性をエスコートできるようになり、女性はあなたを様々な生活の観点からサポートしてくれるパートナーへと成長していきます。

逆に考えてみるといいでしょう。あなたは初めて合った人にどのくらい完璧な人間でいられるでしょう?初めての人に、好みのお店をチョイスすること、生活に合わせて連絡を取ること、サポートが出来るでしょうか?決して出来る人は多くはないはずです。

なので、まずはあなた自身がお相手を理想の人に育て上げるぐらいの気概で臨むことで、出会いの可能性は広がりきっと良い人に出会えるでしょう。

まとめ

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。この記事は参考になりましたでしょうか?結婚相談所での成功の方法として記載をしていますが、これは結婚相談所でなくても一般的な恋愛にも精通している内容です。まずはお相手のことをしっかりと理解しようとすることが、何よりもの成功の為の第一歩になりますのでここまで解説してきた内容を参考に、試してみては如何でしょうか?

スポンサード