結婚相談所で審査が通らない理由は?登録前に知っておきたい入会審査の基準と入るコツ

結婚相談所に申し込んだが入会拒否をされてしまった…。なんて話聞いたことありませんか?実は結婚相談所では、審査を行い会員の選別を行っています。

この記事では、結婚相談所の入会審査で気をつけるポイントと共有の審査基準、審査についての本当と嘘について説明していきます。是非この記事を読んで結婚相談所の入会審査基準について正しい知識を付け、入会したい結婚相談所にしっかりと入れるようにしましょう。

そもそも入会審査はなんのためにあるか

結婚相談所では、「本当に結婚を望んでいる」「異性とのマッチング性が高い」、この2つのポイントを見定め高品質な会員を集めることで、結婚相談所としてのビジネスを成り立たしています。したがって、全ての入会希望者を受け入れているわけでは無いのです。

実際に、結婚相談所の多くではプロフィールの登録、希望相手の確認、年収や勤め先等を含めた書類の提出を求められることが多いのです。
結婚相談所に入会する際に必要な書類については「結婚相談所の入会手続きに必要な書類って?事前に準備しておきたい書類とその入手方法まとめ」に詳しく記載していますので是非参考にして下さい。

また、書類審査だけではなく本人との対面でのヒアリングを行うことで、両親から無理やり連れて来られている様な人。つまり結婚意思の弱い人などを入会拒否することで、会員の質を高めている結婚相談所も少なくないです。

入会審査時にやってはいけないこと

一つは入会審査を行う際に、絶対にやってはいけない事は書類の虚偽です。そんなことする人いないだろう!と思われるかもしれませんが、特に男性に見られる事が多く年収のコンプレックス・職業のコンプレックス・学歴のコンプレックス等から収入証明書や卒業証明書等を書き換えてしまう事が多いようです。

このような行為は偽造工作と同じで、上手く入れたとしてもバレてしまった場合、結婚相談所または、成婚したお相手と裁判沙汰になる可能性がありますので絶対にやらない事をすすめます。

また、上記のような身分証明の偽造工作だけではなく意外と誰もが陥りがちなのが、ハイスペック過ぎる相手の理想像の要求です。
NG例として男性では以下のような理想像等があります。

理想の女性希望条件NG例
・容姿:佐々木希に似ていて、高身長かつ痩せている。
・年収:500万円以上
・年齢:22歳~27歳
・住居:東京で一人暮らしをしていて、実家が近くにあり結婚後親族との同性をしなくても済む。
・結婚後:専業主婦で子供の面倒を見つつ家事全般をこなし、日中はパートで稼いでくれる人
といった様に、ほぼ確実に居ないような人を求められる方は、中々結びつかない場合がありますので入会時に理想のパートナーのハードルを下げる様な調整が入ったり、入会自体をお断りされてしまうことが有ります。これは女性も同様で、「医師」や「弁護士」「公務員」のみといった要求をすると、高級取り専門の結婚相談所ではない限り、理想のパートナーのスペックの調整などをカウンセリング時にすることが有りますので気を付けましょう。

一般的な結婚相談所の共通審査内容

また、結婚相談所の入会審査では共通して必ず見られている項目があります。前述で説明した入会審査ではやってはいけないことの他に、以下のような項目が審査から弾かれてしまう可能性があるのでチェックしておきましょう。

身体的・精神的に健康であること

結婚相談所の審査では、「うつ病・障害年金・精神の関係の手帳」などに抵触する場合は入会をお断りされてしまうことが有ります。精神疾患がある患者様はお見合いを組むこと事態が難しく入会をお断りされてしまいます。ですが、本人がそれでもやってみたいと強く思われている場合は入会を相談所にて検討してくれる事があるので、もし精神疾患のある方はアピールをしっかりとしてみると良いでしょう。

また精神面同様、身体面の健康も注視されます。ですが、基本的に生活に支障が出る様な病気や、子作りが難しい病気などでなければ入会することは可能です。

収入が安定していること(安定した職に就いていること)

健康面と同じく見られるのが、収入面が安定しているかというポイントです。これは一般的な会社員であれば問題はないですが、個人事業主だと定職につき安定した収入が無いと判断され入会審査が通らない可能性があります。
ですが、全ての個人事業主が安定していないわけではないので業種や業界・過去の収入履歴などから個別で判断されるので、安心して下さい。

収入が低いと審査が通らないってほんと?

収入による審査についてですが、前述で説明した”安定”に加えて収入の高さ低さでも判断されます。一般的な結婚相談所で設けている目安としては年齢×10万円としている所が多く見られます。

年齢別の年収目安
計算式:年齢×10万円
25歳の場合:25×10万円=250万円/年収
35歳の場合:35×10万円=350万円/年収
45歳の場合:45×10万円=450万円/年収
ですが、この様に年齢に応じて収入がなければいけないという事もなく、一定の安定した収入があれば入会できる結婚相談所は多いです。年収はあくまで目安であり事前に結婚相談所に規定として「500万円以上!」と記載されているケースもあるので、地震にあった結婚相談所を選ぶといいでしょう。

学歴が低いと審査が通らないってほんと?

学歴は基本的に関係ありません。専門または高校を卒業している方であれば、充分に入会審査が通るので安心して下さい。また中卒の方でも入会することは出来ます。一部の結婚相談所では高学歴のみや、医師や弁護士など大学等を卒業しないと入れない職種のみの方を入会させている、相談所があるのでそのような結婚相談所には入会はできません。
ですが一般的な結婚相談所では入会審査に引っかかることはないので、包み隠さず行きましょう。

まとめ

結婚相談所での入会審査は決して難しい審査があるわけではない事がわかりましたでしょうか。結婚相談所の入会審査では、しっかりと自身の経歴・プロフィール等を偽らず提出すれば、殆どの方が入会することが出来きます。なので、もし今悩んでいる人はこの機会に入会へと一歩進んでみては如何でしょうか。

スポンサード