どうやったら結婚できる?婚活疲れを感じてしまう女性の特徴と原因から徹底解説│体験談付き

ABOUTこの記事をかいた人

婚活ライター 松田謙太郎

丸の内サラリーマン→うつ病→5年闘病→フリーライターとして再起を図った人。独自の婚活理論に基づきライターとして活躍。自身の理論を立証するように婚活で2017年結婚。セミナー講師として、婚活やメンタルヘルスの講演もあり。

「婚活疲れ」という言葉があります。婚活をすると全人格を否定されてしまう感覚に陥るため、メンタル的に相当参ってしまうんですよね。それは女性にとっては単につらいだけではなく、健康や美容にとっても良くありませんし、仕事や日常生活にも悪影響があります。今回は女性の「婚活疲れ」について考えてみました。

女性の婚活疲れの原因は?

そもそもどのくらいの女性が婚活疲れを感じていて、その原因は何なのでしょうか?

婚活アプリ大手の「マッチドットコム」では婚活をしている男女(アプリユーザー)にアンケートを取りました。

https://www.atpress.ne.jp/news/34998

一部を抜粋したいと思います。

Q:婚活疲れはありますか?

・ない…19.5%
・少しある…42.7%
・ある…18.7%
・とてもある…13.7%
・わからない…5.4%

Q:婚活のために犠牲にしていることはありますか?

・仕事…8.3%
・自己研鑚、勉強…9.5%
・貯金…29.0%
・趣味、娯楽…18.3%
・友人付き合い…15.8%
・家族付き合い…5.4%
・健康管理…3.7%
・社会貢献…4.1%
・家事…5.4%
・育児・介護…0.4%
・その他…0.4%
・特にない…49.4%

男女合わせての調査なので、男女別に原因は異なっているかもしれませんが、75%以上の人が大なり小なり「婚活疲れ」を感じています。

婚活疲れになる理由は様々ですが、金銭的な面だと婚活では男性の方がお金を使わざるを得ませんから、それよりも時間を浪費してしまうことのダメージが多そうです。
(関連記事:婚活疲れはかえって出会いを遠ざけます!なかなか出会えない男性こそリラックスを!

「サクラばかりだ」という意見もありますが、これはむしろ男性が婚活で感じる理由に多い気がします。「女性500円」や「女性無料」の婚活をすれば、男性も本気ではない人が来るというのは自明の理です。婚活へ出すお金を渋っていませんか?それで疲れでも、他の婚活をすべきというアドバイスしかできません。

婚活疲れ体験エピソード

婚活疲れになるとどういう感じになるのか、具体的なエピソードを拾ってみました。

そもそも論ですよね。婚活しなければ疲れないわけですがそうなると相手が見つかりません。

条件で相手を選べるのが婚活の利点ですが、根本的な部分で(この人の場合学歴)一致しないと厳しいものがあり、疲れてしまいます。学歴が違っていても上手くいっている夫婦はたくさんいますが、「話が合わない低学歴お断り」みたいな態度だと歩み寄れません。顔や収入が良くても、我慢できなくなってしまいます。

おいしいものを食べて婚活疲れを解消するというのはとても合理的です。異性の目を気にしないで、同性同士or一人で食べる時間も必要です。

リア充の塊のような「キラキラ女子」のような生活を送ることができるのはごく少数です。彼女らが言う「普通の男性」が実際にはレアキャラであることは言うまでもありません。

ネット上の「質問」でも婚活疲れについて尋ねている人がかなりいます。

婚活疲れしてしまいました 飲み会、パーティー

ヤフー知恵袋投稿者①
婚活疲れしてしまいました

飲み会、パーティー、紹介とできるだけ参加していますが
『この人!』という人になかなか出会うことができません。

何度か会ううちにいいと思えるかなーと思い、何度か会っても
進展もなく…
いいと思える人もいなく…

自分がそれほど立派な女性でもないこともわかっているので、
高のぞみするつもりもないのですがなかなかいいように進まないので
本当に不安になってきました。

自分の結婚するにあたって不足している家事などは
頑張って習得するよういは頑張っています。

このような状況から進展のあったかた、いらっしゃいますか❔

なにかいい対策などあれば教えていただければ幸いです(*´ω`*)
引用:Yahoo!知恵袋

この人は婚活をがんばりすぎです。手当たり次第に婚活をしていますが、戦略を持たないと撃沈ばかりでストレスが溜まっていきます。ご自身を良く見せられる婚活を選ばないといけませんね。

40代の婚活女性。婚活疲れ、理想が高くなりすぎ。

ヤフー知恵袋投稿者②
40代の婚活女性。婚活疲れ、理想が高くなりすぎ。今さらこの程度の男性と結婚できない。妥協したくない。この考え方を変えない限り。

結婚できないのはわかってるけど

こんな妥協できない女性って最後どうなるのでしょうか?
なんだかんだで妥協して結婚しているのがほとんどなのでしょうか?

それとも、一人で独身を貫いて81歳になっても婚活しているのでしょうか?
引用:ヤフー知恵袋

完全に「婚活沼」に嵌っている人の質問です。81歳まで独身で婚活しているかどうかわかりませんが、既婚者や悪意ある男性(一見ハイスペックな)に引っかかる可能性があります。疲れは冷静な判断力を鈍らせますからね。

「婚活疲れ」というと「一旦やめれば」と言われますが・・・

ヤフー知恵袋投稿者③
「婚活疲れ」というと「一旦やめれば」と言われますが、1週間に1回でも行かないと不安で余計に焦ります。

27歳、タイムリミットが近づいており 毎日 不眠になるほど息苦しいです。既婚者の方は必ず「結婚はゴールではないし 結婚イコール幸せではない」と言いますよね。その言葉、今の私には響きません。仰ることはごもっともですが、私には彼女達がとても幸せそうに見えて 羨ましくてたまらない。慰めの言葉もただ虚しいだけ。

婚活をやめる or 一時的に休む
それって凄く勇気がいる
また全く出逢いのない 仕事と家の往復
振り出しに戻るだけです

質問は、「婚活を乗り越える秘訣とかあれば教えて下さい」 です。よろしくお願い致します。

引用:ヤフー知恵袋

相談者は27歳なのでそこまで焦る必要はないのですが、確かに「婚活モード」をやめるのはかえってストレスかもしれません。処方箋としては、どこかでマッチングして仮交際になる人ができればいいのですが・・・。

婚活疲れを解消するには?

婚活疲れを根本的に解決するには

  • 婚活を成功させる
  • 婚活自体をやめる

の二択になりますが、それができない事情もあります。こういう形ではどうでしょうか?

  • 期間を決めて婚活を休止する
  • その間に買い物や旅行など好きなことをする

婚活を一時的に忘れると、心の疲労が癒されます。就活と違って婚活は「○月~○月まで」と決まっていません。だから少しぐらい寄り道して英気を養っても全然かまいません。本来短期決戦すべきですが、1か月くらいの寄り道は問題ないと考えます。

しばらく何もかも婚活のことを忘れて楽しんでみましょう。

また、「婚活疲れ」と甘く考えていると、「婚活うつ」になりかねない可能性があるので気をつけましょう。「婚活うつ」については「婚活で疲れが取れない・・これって「婚活うつ」かも!?症状への気付きと対処法」にて詳しく説明しておりますのでこちらも合わせてご覧下さい。

婚活疲れをしてまで婚活する必要はあるのか?どうしてもしたい人にはおすすめの方法とは?

婚活疲れの閾値(ライン)は人によって異なるため、絶対的な方法は婚活自体をしないことになります。でもそれでは婚活を否定してしまうわけで現実的ではないですよね。

婚活の構造を見てみると、女性の方がモテやすい傾向になります。これまで男性と縁遠かった女性でも、婚活をすると多くの男性から申し込みがあるはずです。そこで勘違いをして「自分はハイスペックだ」「もっともっといい男性がいる」と思い込むことで、「婚活沼」「婚活蟻地獄」に嵌ってしまいます。

「市場価値」を良く把握して、早い段階で100点の人ではなく70点くらいの人と結婚を決めた方が、婚活疲れを回避できます。苦労は結婚後もあるわけで(むしろその方が大きいわけで)、婚活で疲労困憊になるのは悲しいです。

  • 高望みを避ける
  • 条件にこだわりすぎない
  • 前のめりになりすぎない

白馬の王子様などいませんし、「国立早慶MARCH以上安定企業年収700万円以上身長170㎝以上長男ではないスポーツ好きで女性の扱いにほどほど慣れている」男性は、確率的にあり得ないくらい少ないことを意識してください。確率は掛け算ですよ。50%×50%=25%です。

そういうありえない人をターゲットにする婚活はやめましょう。現実を知って60点の人と結婚した方が、結婚後加点法で上手くいきます。
(関連記事:30代女性の婚活事情!結婚したいなら高望みをやめるしかない?

個人的には

・家と家とのお見合い

・なるべく人の意見が聞ける結婚相談所

がいいです。結婚相談所はほぼ個人で活動する「結婚情報サービス」ではなく「仲人型結婚相談所」です。

その中でもおすすめの結婚相談所は、

が該当します。ハイスペ向けはご自身もハイスペでないと紹介自体がないので、身の丈に合ったところがいいでしょう。そこで「仲人」「カウンセラー」「コンシェルジュ」などと呼ばれる人から、第三者のプロ目線でのアドバイス(改善点等も含む)をしてくれるところで、本当の「婚活市場価値」を知れば、高望みとのギャップによる婚活疲れも発生しなくなるはずです。
(関連記事:30代女子が狙うのはイケメン?お金持ち?まだ間に合う、婚活次第で大逆転する「ハイスペ婚活」を解説!

繰り返しますが、婚活疲れをゼロにするには婚活しないこと以外ありません。でもそうはできないならば、婚活を終えてしまえば、つまり相手が見つかれば、婚活疲れもなくなりますよね。それがいちばんできそうなのが、お見合いや仲人型結婚相談所になります。

本記事のまとめ

・婚活疲れを感じている人が(婚活している人の)七割を超える
・時間やお金を浪費してしまうと余計疲れてしまう
・婚活疲れをtwitterなどで吐露する人が多い
・おいしいものを食べたり同性の友人と愚痴をこぼしたりしてストレスと婚活疲れを解消する人が多い
・婚活をしている以上婚活疲れをゼロにはできない
・いちばんいいのは婚活疲れをもうしなくていいように婚活をさっさと成功させる
・そのためには高望みや自分がハイスペだと勘違いしない婚活がいい
・お見合いや仲人型結婚相談所だと第三者の意見が聞けるので勘違いしにくくなる

ABOUTこの記事をかいた人

婚活ライター 松田謙太郎

丸の内サラリーマン→うつ病→5年闘病→フリーライターとして再起を図った人。独自の婚活理論に基づきライターとして活躍。自身の理論を立証するように婚活で2017年結婚。セミナー講師として、婚活やメンタルヘルスの講演もあり。