結婚相談所とは?3つの種類から見るメリット・デメリット

結婚相談所とは、結婚を考えている人達。所謂、独身で婚活中の男女が集まる場所です。
結婚相談所では相談員(エージェント)が、親身になってお客様に合わせた婚活計画作成・印象を良くするためのアドバイス・お見合いのセッティング・交際/プロポーズまで成婚の支援を行ってくれます。

結婚相談所の特徴

結婚相談所の特徴的なところは、結婚情報サービス(婚活サイト)とは違い、webではなくリアルで相談員が成婚までを手厚くサポートしてくれることです。また、お相手とのマッチングまでの流れもお互いに情報を共有しOKでなければマッチングせず、お見合いをすることも出来ません。

なので、婚活サイトとは違い出会いではなく、結婚を強く意識している方が多く登録されているのも事実です。
実際に2016年度では、結婚相談所経由で約4,739名が成婚まで至っています。(日本結婚相談所連盟調べ)

結婚相談所の種類

一口に結婚相談所と言っても、結婚相談所には幾つか種類があり、サービスの仕組み・料金・お見合いまでの流れそれぞれ異なります。自分にあった結婚相談所を選ばずに”何となく”登録をしてしまうと思わぬ誤算を招くことになりますので、各サービスの仕組み・メリットデメリットを把握し自分にあった結婚相談所を選択しましょう。

仲人・結婚相談質型サービス

この、仲人・結婚相談質型サービス前述の結婚相談所の特徴で説明した内容が最も近く、相談員と一緒になり自分の好みのお相手を探す仕組みになっています。また、お見合い後に交際意思(仮交際意思)を伝達するケースが多いのが、仲人・結婚相談質型サービスの特徴です。

仲人・結婚相談質型サービスは、事業社により料金形態や成婚率が異なる為、比較がしづらいですが、入会金・その他費用はデータマッチング型サービスと比較すると安くなっています。ですが、事業社によってはその他費用に当たる、”成婚料”が別途発生する場合があります。

メリット

・前向きに結婚を考えている人に効率的に出会える。
・独身証明書・所得証明書等の提出が義務付けられている場合があるので、詳しいプロフィールを事前に知ることが出来る。
・相談員からの第三者目線の助言を受けられる。
・交際を断る際に、相談員がお断りを入れてくれるので精神的負荷が掛からない。

デメリット

・会うまでのスタートラインに立てないケースが有る。(お相手が中々承認してくれない等。)
・相談員によって左右されるケースが多い為、自分に合った相談所を見付ける事が難しい。

料金について

・入会金:10万円前後
・月額:1万円前後
・お見合い金:1万円前後/1回
・お見合いパーティー参加費:1万円前後/1回
・成婚料:20万円前後

データマッチング型サービス

コンピューター上の会員情報を制御し、スマホや自宅のPCから自分の好みのお相手を検索・閲覧することが出来るサービスです。また、データマッチング型サービスでは登録時に年収や学歴・会社名・独身証明など個人情報を登録必要がある溜め、検索時にお相手の詳細なプロフィールを把握することが出来ます。更に、登録者数は仲人・結婚相談質型サービスとは比較になら無い程いるので、多くのマッチングが見込めるのも、データマッチング型サービスの強みです。

ですが、データマッチング型サービスでは相談員が必ずサポートをしてくれる訳ではなく、希望のお相手へのお申込みから連絡のやり取り、連絡先の交換・デートの取り付けまで全て自分で行わなければいけません。なので、データマッチング型サービスを活用される方は、途中で飽きてしまわない強い活動意欲が必要となります。

メリット

・会員数が多いため自分の理想に合ったお相手に出会える確率が高い。
・仲人・結婚相談質型サービスと違い、成婚料が発生しない。
・携帯・PCから探せるので、スキマ時間で探せる。
・入会時に証明書等が必要な為、サクラがいない。
・結婚相談所主催のイベント・パーティーが豊富にある。

デメリット

・相談員が必ず付くわけではないので、自身の強い活動意思が必要となる。
・仲人・結婚相談質型サービスとは違い、結婚意欲が強い人が多くない人も入会しているケースが有る。
・プランによって会える異性の上限が有る。

料金について

・入会金:20万円前後
・月額:1.5万円前後
・お見合い金:0円
・お見合いパーティー参加費:0.5万円前後/1回
・成婚料:0円〜5万円前後

※注意:データマッチング型では、成婚料が発生するサービスも有るので、よく利用規約を読んで登録しましょう。

インターネット型サービス

インターネット型サービスは、無料で会員登録ができる、結婚を意識したユーザーが多く登録しているサービスです。インターネット型サービスでは、独身証明書や収入証明書、住民票、勤務先証明書や運転免許証などの提出は、義務付けられていない為、仲人・結婚相談質型サービス・データマッチング型サービスと比較すると情報の信頼性に欠ける点があります。なので、出会い系サイトの様な立ち位置に分類されるケースが多くあります。
ですが、入会費が無料かつ月額費用が数千円〜と言った比較的安価である為、気軽に利用できるメリットもあるので、仲人・結婚相談質型、データマッチング型を活用される前にお試しで利用される人も少なくないです。

インターネット型サービスは基本的に、相談員がいなく専門的なサポートをしてもらえないので、自身で検索してアプローチ〜出会いまでを結び付けなければいけない為、情報の信頼性が高いデータマッチング型サービスと比べるとそれ以上に積極的に取り組まないと出会いすら結びつけるのも難しいのもまた事実です。

メリット

・月額費用が数千円〜、入会費無料といった面で、価格が圧倒的に安い。
・費用が安い為、気軽に活用することが出来る。
・携帯・PCから探せるので、スキマ時間で探せる。

デメリット

・証明書の提出が義務付けられていないサービスも多く、サクラや業者等が多く会員にいる。
・結婚(婚活目的)では無く、出会い目的のユーザーもいる為、結婚を意識しているお相手を見つけづらい。

料金について

・入会金:0円
・月額:2,000円〜5,000円程度
・お見合い金:※発生しない
・お見合いパーティー参加費:※パーティー事態が無い
・成婚料:※発生しない

まとめ

ここまで読んで頂き有難うございます。上記は参考になりましたでしょうか?
結婚相談所にもサービスから仕組み・料金まで異なり、貴方が求めている内容によってその選び方・使い分けは異なります。まずは上記の各結婚相談所の種類別メリット・デメリットを参考にして頂ければと思います。

スポンサード










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。