【完全保存版】プロが教える結婚相談所のプロフィールを最大限魅力的に書く方法

結婚相談所を活用する時に真っ先に作らなくていはいけないのがプロフィール。
このプロフィールを書く際に、年収は書かなければいけないのか?であったり、趣味の欄が特に書くことがない…。なんて悩み有りませんか?

そもそも、結婚相談所を活用する際にこのプロフィールは重要なのか?

そう思われるかたは少なくはないかと思います。
ですが、もしそう思われているならそれは大きな間違いです。このプロフィールは結婚相談所で良い人と会う為には欠かせない重要な書類なのです。

この記事では、このプロフィールの重要性と、お相手に好感を持ってもらう為の効果的な書き方を特別に紹介します。
是非この記事を参考に魅力的なプロフィールを作り上げ素敵な出会いをして下さい。

プロフィールが重要視される理由

相手への初めての自己紹介になるから

自己紹介になるからと読んで、「会った時にしっかり事項紹介できるからしっかり書かなくても大丈夫かも。」と思った方危険です!

なぜなら、結婚相談所を活用されている人の大半は、このプロフィールがしっかり書かれているかで会うか会わないかを判断しているのです。実際に私が勤めていた結婚相談所では、プロフィールの充実度が違うだけで、お見合を希望する方の比率は大きく違いました。

プロフィールの充実度上げ方については各項目毎に詳細をこの記事の後半で紹介していきますが、プロフィールをきちんと書かないと、いくら魅力的な人でも合う前から振られている…。なんて機会損失をしてしまう事があるので、しっかりとプロフィールを充実させましょう。

さり気なく自己PRをする事が出来るから

これは、実はとても重要な事で、プロフィールに自己PRをあまり書けていない方は、お見合をした時に「あの時あれもちゃんとアピールしとけば良かった…。」とか「このアピールってしても大丈夫だったのかな…?」なんて後悔や悩みを抱えることが多いのです。

では、何故書けていないと、そのような後悔や悩みを抱えてしまうのでしょうか?

プロフィールに事前に、いやらしくなくご自身のアピールポイントを入れておくことで、お見合をした際にご自身のアピールを事前にお相手に知ってもらえている為、違和感なくアピールすることが出来るのです。
また、会話のネタにもなり共通の趣味や相手が理想に思ってくれている所がご自身のアピールポイントにあったりしたらとても嬉しくないですか?

この様に事前にさり気なく、自己PRをプロフィールではすることが出来るので、記入をしておくとよりスムーズにお見合から交際までを進める事が出来るのです。

希望条件をしっかりと文面で伝えることが出来るから

結婚をするなら理想があるのは至極当然の事です。

ですが直接あった時に、年収のことを聞いたり、家族構成、将来の話し…なんて事を聞くのは少し気が引けますよね?そんな時に事前に結婚相談所のプロフィールに記入をしておけば、あなたの理想の条件を事前にお相手に知ってもらえることが出来ます。

結婚する生涯のパートナーには「趣味が合う。」「学歴がしっかりしている。」「私の仕事を理解してくれる。」等様々な希望があるかと思います。

ですが、そういったことを直接聞ける人、さり気なく聞ける人に別れていると思います。更に言えば、聞かれて不快になる人、交換を持ってくれる人これも様々です。なので、事前にしっかりとプロフィールに記載をしておくことで、あなたの理想に理解を持ってくれた方に出会えることが出来るのです。

写真で合う前に想像をしてもらえるから

ここまででプロフィールを充実させることの必要性を理解して頂けたかと思いますが、お見合い写真もとても重要なプロフィール項目の一つです。

プロフィール写真をしっかりととっておくことで、あなたのイメージをお相手に事前にしてもらうことが出来、お見合時に想像と現実のギャップが生まれないのでお見合がうまくいくことが多いです。
「百聞は一見にしかず」とはよく言ったものですが、人間の情報取得量の比率は視覚・触覚・嗅覚・聴覚・味覚の中でも、視覚が80%を占めているのです。その視覚の情報量の中でも人間は文字よりも映像を好みその情報を頼りにするのです。

なので、しっかりとしたプロフィールを記載することに加え、写真はしっかり取りましょう。

写真を撮る時の注意ポイント

  • 笑顔で明るい印象を与えましょう。
  • 服装には暗い色(黒色等)は使わず暖色系の色や爽やかな色を活用しましょう。
  • 髪型・服装・化粧など清潔感をもたせましょう。
  • 女性の場合、化粧は濃くしすぎずナチュナルなメイクをしましょう。
  • 背景は出来るだけシンプルに。無駄なものは写り込まないようにしましょう。
この様にプロフィールにはちゃんとした役割があり、情報を充実させて上げるだけで、お相手から好感を持ってもらう確立が飛躍的に高まります。なのでしっかりとプロフィールの項目を記入し魅力的なプロフィールを作り上げましょう。

プロフィールで書くこと

では早速、プロフィールで記入する項目から、相手に魅力期な人に思ってもらうための書き方について説明していきます。
まずは実際に、結婚相談所のプロフィールに記入する項目を参考例と一緒に御覧下さい。

プロフィールの参考イメージ
引用:日本結婚相談所連盟

プロフィール基本項目
氏名/年齢/住所/出身地/職業/年収/趣味/自分の性格/お相手の条件/理想の結婚像/自己PR

このように、基本的には上記の内容を記載することになります。上記のプロフィール基本項目ではあなたがどんな人であるのか。また結婚についてどのような理想・思想を抱いているのかを把握することが出来ます。(※各結婚相談所によって多少記入項目内容が変わることが有ります。)

このようなプロフィールを見て、お相手もあなたもお見合をするか否か判断するのです。なのでこのプロフィールの各項目の、重要なポイントを理解し記入していくことで、より効果的にアプローチをすることが可能になります。

では、早速書き方について紹介していきます。

プロフィールを上手に書く時の心構えと上手に書く秘訣

ここではプロフィールを記入する前に意識して欲しいポイントと、意識した内容を上手に文面に反映させていくポイントを紹介していきます。ココで紹介する内容を実践して頂ければ、あなたのプロフィールは間違いなく魅力的なプロフィールとなり、お相手の方からも好印象を持ってもらえますので、是非実践してみて下さい。

正直に書く

何事も嘘はいけません。結婚相談所に登録する際に、あなたは様々な結婚相談所の口コミや記事等から「どんな人だったら結婚できるのか」をとても沢山情報収集したかと思います。

ですが、だからといって、少し背伸びをしたプロフィール(例えば年収や趣味等)を記入しても結局成婚はおろか、交際まで進めることが出来ません。

なぜでしょう?

それは、あなたの偽りの内容は文面からも、実際にあった時に話の内容からもリアリティが無く空っぽな内容になってしまうからです。結婚相談所に入られる方の多くは、または結婚相談所を活用していない人でも、皆何かしらのコンプレックスを持っています。

「職業が安定していないからあまり言いたくない…。」
「離婚歴が有ることを知られたくない…。」
「訳あって未だ実家ぐらしだけど言いたくない…。」等…。

それらは決して悪いことではありません。あなたの事を理解してくれる人と出会い生涯のパートナーを見付けることが目的なのですから、本当のことをしっかりと記載しましょう。
そうすることで、プロフィールの内容も本当のことなので、リアリティが増し充実した内容になります。

自身の魅力ポイントは散りばめて書く

プロフィールシートには自己PRの欄だけではなく、休日の過ごし方・趣味・理想の結婚像等にアピールできるポイントがあります。
入会した結婚相談所で、コンシェルジュにプロフィールの記載にアドバイスが貰えない方々はここの休日の過ごし方・趣味・理想の結婚像等を蔑ろにしてしまい、簡素な内容にしてしまうケースが多く見られます。

ですが、それらは大きな落とし穴で、「休日の過ごし方・趣味・理想の結婚像等」も重要なアピールできる記入欄なのです。

例えば、女性の場合ですが、以下の例をご覧ください。

悪い例
趣味:料理

良い例
趣味:休日は料理教室に通い料理の勉強をしています。料理教室で学んだ料理を休日の夜に友人に振る舞ったりしたりしています。今はお菓子作りにも挑戦中です♪

この様に、趣味の欄だけでも、どういった人か想像してもらえるのがわかりますよね?
ちょっとした記入欄でもあなたの魅力を出すポイント・書き方は有るので出来る限り選択式ではなく字数制限の欄には詳細を記載した形で、解答を記入することを心掛けましょう。

少しユーモアを足して書く

ここで言うユーモアとは、ギャグのことではございません。ここで言うユーモアとはお相手(読者)を飽きさせないための文章のリズムのことです。

結婚相談所のプロフィールをいざ書くとなると、少し文章が真面目になりすぎて堅い文章が続いてしまいがちです。

プロフィールでは写真もありますが、読み取ることの出来る情報は8割が文章です。なので、良いことが書いてあっても、文章の段落や口調によっては途中で疲れてしまい読み飽きてしまう方が少なくはないです。

なので文中に数字や記号(♪や!マークなど)を活用すると、お相手(読者)に読み進めてもらうことが出来ます。
また、男性は文字よりも数字の方がイメージを付けやすい傾向があるので、女性の方は数字にて表現ができそうなところは出来る限り数字で表してあげると良いです。

文章が下手でも心を込めて書く

これは、ここまで説明してきたテクニック論ではなく、気の持ち方の話です。
文章が苦手な方は「どうやったら上手く書けるのか?」と様々な書籍、記事から情報を収集しそれらを反映しがちです。

もちろんその方法は間違いではありませんが、本当に必要なことは、心を込めて書くことです。

小手先で得たテクニックでは文章の見た目などは綺麗になりますが、伝えたいことは伝わりづらいです。

貴方が真に伝えたい事に必要なのは、テクニックではなく心を込めて書くことなのです。なので、ここまで話してきた内容はしっかりと反映しつつ心を込めてプロフィールを作成しましょう。

プロフィールに書いてはいけないNGワード

ここでは渡しが勤めていた結婚相談所で実際にあったプロフィールで記入しないほうが良いNGワードについて記載していきます。意識していなくついつい書いてしまっていたこと、書こうと思っていたことが当てはまることも有りますので、是非ここを読んでNGワードを使わないように気をつけて下さい。

自虐的な内容

自虐ネタ例
・新卒入社の子のお母さんと同じぐらいの年齢で…
・このままだと孤独死なんてことも有るかと思い(笑)
・彼女いない歴=年齢です(笑)
このような、内容をプロフィールに記載している人は意外と少なくありません。
ですが、この内容笑えませんよね…?

自虐ネタは、身内ではウケるかもしれませんが、公の場では意外とウケません
それどころか自らの価値を無駄に下げるだけなので、このようなことを書くことは絶対にやめましょう。

一方的な条件の指定

一方的な条件指定もよく見られる内容です。これらは何を指しているのかというと、「年齢」「体型」「学歴」「年収」「住まい」「家族構成」「非喫煙者」etc…とお相手の方に過剰に条件を設定することです。

希望の条件を記載する事は基本的に自由なので、上記を書いたからと言って特別注意されるわけではないですが、想像して下さい。

あなたが良いな〜。と思ったお相手の方のプロフィールを見た時に、年齢や年収、体型や家族構成などの理想がズラーッと書かれていた場合、少しでも当てはまらなければお見合を申し込む気は失せませんか?

なので、ある程度の希望の条件を書くことは全く問題はありませんが、記入することは最低限に収めておきお会いしてから色々質問をしてみて決めるのが一番いいと思います。

重い人だと思われるような内容

こちらはどのようなことかというと、登録理由欄に以下のような内容を記入していることを指します。

重い人だと思われる内容例
・恋人と数ヶ月前に分かれて、切り替えるために登録しました。
・あまり異性の友人が多くない人と出会えればと思い登録しました。
・連絡がマメに取れる人とお付き合いをしたく登録しました。
これらは登録時の理由欄だけではなく、理想の異性の記入欄に記載していることもあります。上記のような例文を見ると、何かしら過去にそのような事が問題で別れてしまったのでは?と、お相手に思わせてしまい交際の対象から外されてしまうこともあります。

また他にも、まだ過去の恋人に対して未練があるのか等想起させてしまい、出会いのチャンスを自ら無くすことに繋がったりと…。良くないことづくしです。

なので、プロフィールを書く際には、このような重い人だと思わせてしまうようなことを記載するのはやめましょう。

読み手を否定する内容

読み手を否定する内容は、意識をしていなくてもそれらに当てはまる内容に人を傷つける行為です。

人はみんなどんな些細なことでもコンプレックスを持っているものです。それらを否定することは、決して好感を持たれることではありませんので、必然的に良い出会いの機会を損失していることに繋がります。

では実際にどの様な内容なのか?下記例を御覧下さい。

読み手を否定してしまう例
・太っている方には魅力を感じません…。
・大学を出ていない人とは話が噛み合わないかもしれません。
・煙草を座れている人は健康意識が引く印象があります…。
このように、お相手の身体的な特徴から経歴・趣味嗜好品について否定的な内容を述べている例です。あくまでそれらをフィルターとして取り扱っている人もいますが、このようなことを書いている人に魅力を感じてくれる人はあまり多くはありません。(※勿論ゼロではありませんが…。)

このような文章は、知らず知らずのうちに相手を傷つけてしまっていることもありますのでもしプロフィールを見直す機会があれば、修正することをおすすめします。

マイナスにしかならない内容

このマイナスにしかならない内容というのは、主に下記のような内容になります。

マイナスな印書を与える文章例
・休日は特に何もすることがないので家でダラダラしています。
・会話をするのが苦手で友達がいません。
・趣味がありません…。
・ネガティブなのでポジティブな方とお付き合いしたいです。
このように、どの文章を見てもあまり行員書を持てない文章を書いてしまっている例です。

上記例文を見て、「お付き合いしたいな!」「会ってみたい!」と思ってくれる人が何割いるでしょうか?

決していないわけではありませんが、その数はあまり多くないでしょう。何度も言いますが、結婚相談所においてプロフィールは良い人と会う為には欠かせない重要な書類なのです。

このプロフィールが先ず一番最初のお見合と言っても過言ではないでしょう。
なので、あなたのネガティブな部分をさらけ出す必要はないのです。そのような部分はしっかりとお見合をし交際が進んでから徐々にお相手に見せていき理解を深めてもらうことが良いです。

ですから、上記のようなネガティブな文章を記載をしてしまわないように気を付けましょう。

趣味の欄で好感を持ってもらう為の書き方

趣味の欄は、出来る限り充実させる必要があります。
この欄は単純な趣味だけの内容ではなく、休日はどのような過ごし方をしているのかなどを知れる欄でもあります。

具体的に言うと、年収が高い男性の場合気にされがちなのが、「休日に時間が取れるのか」というポイントです。
この場合、年収が高い男性で「土日等の休日は趣味のドライブや釣りなどを友人と予定を立てて言っています。大型連休では友達家族と夏場などはキャンプやBBQ等を山の方にしに行ったりすることも多いです。」

なんて書いてあったら、「あ、ちゃんとした休日が有って、交友も広い方なんだ…!」なんて思いませんか?

それどころか、アクティブ系な人が好きな女性にはかなり好感を持てるかと思います。

このように、単純に趣味が何なのか?だけではなく、どの様に誰といつ過ごしているのか?を記載することで、よりイメージが膨らみ、読んでもらうお相手に好感を持ってもらうことが出来ます。

また上記アクティブな趣味に限らず以下のような趣味にも具体性をもたせることで、あなたの魅力を引き出すことが出来ます。

趣味が映画鑑賞の場合
趣味は映画鑑賞で、新作の映画を見に行くことが多いですが、新作だけではなく昔の映画を見ることもあります。自宅で映画鑑賞するときは、自宅用のスクリーンに写し、お酒と手作りのおつまみを食べながら見たりしています♪(※スクリーンは高価なものでなく安く購入できるやつです><汗)
この様に、映画鑑賞といっても、料理ができることや、お酒を嗜むこと等が読み取れたり。また、ちょっとした拘りも有ることを表現することが出来ます。

この様に趣味の欄を充実させて書くことで、あなたの魅力をお相手に伝えることが出来るので、しっかりと記入することを心掛けましょう。

自分の性格で好感を持ってもらう為の書き方

ここでは、まず自身がどのような性格なのかを把握することが重要です。
あなたがどのような性格をしているのか上手く説明で着ない場合は、下図を参考にして下さい。
このように性格は大きく、ポジティブ・ネガティブ・自立性・依存性を掛け合わせた4つの種類に分けることが可能です。

そして、自身の性格を好感を持ってもらえるように書く場合は、上記のあてはまるポジションと、あなたの過去の経験を元に紹介文を作り上げます。

例えば、貴方がネガティブ自立だった場合。ネガティブ自立の中にある、「完璧主義者」というポイントから以下のような紹介文を作ります。

自己紹介例
料理の食材には少しこだわりがあり、いつも買い付けのところで食材を買っています。健康面をしっかりとサポートできる様な人になりたくて、せめて食事のところだけでも。っていうところがあります♪
といったようなかたちで、経験と自身の性格の特徴をかけ合わせ書くことで、信頼性と魅力が大きく上がります。

この様に、エピソードと一緒に自身のプロフィールを書くだけではなく、「私の友人にはよく〇〇と言われます!」など他己評価を加えてあげたりするだけでも見え方や印象は変わります。

しっかりとあなたの性格を分析し、ポジティブに言い換えてあげるだけで、相手への印象は良くなりますので是非試してみて下さい。

お相手の条件で相手を不快にさせない書き方

先程の条件については文面で伝えることが出来るというメリットを解説しましたが、この条件伝えることは出来ますが、プロフィールの中で最もお相手を不快にさせてしまう、可能性がある欄と言っても過言ではないのです。

結婚相談所に限らず、恋愛・結婚をするなら理想のお相手が見つかるまで結婚はしたくないというのが誰しもの本音です。

そんな中で活用している結婚相談所、せめて条件だけでも詳細に…。

と、考え詳細に記載してしまっているあなた。とんでもないミスを犯しています。
結婚相談所で最も異性のお相手から拒まれるのは詳細な、条件の設定です。

まずは、幅広く受け入れるような心持ちを持つことが大切です。

では世の、結婚をする時にみている理想のポイントとはどんなところなのか以下の調査データをご覧ください。
引用:平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」報告書(全体版)

見てお分かりいただけるかと思いますが、1位:価値観が合うこと、2位:一緒にいて楽しいこと、3位:一緒にいて気を使わないこと。と、学歴やお金ではなく、心よりお相手の中身を見ていることがわかりますね。

このように、内面を見ようとする事が記載されていると、高感度が上がり素敵な人との出会いを創出する機会が増えます

理想のカップル像・夫婦像で好感を持ってもらう為の書き方

理想のカップル像・夫婦像では、「専業主婦になりたい!」「共働でいたい!」等の直接的な表現の願望を書いてはいけません。
理想のカップル像・夫婦像とは言え、夫婦とはお互いに尊重し組み立てて共に歩んでいくものなのです。

それを、自身の願望ばかり述べてしまっては、お相手(読者)に引かれてしまいます…。

書き方として正しいのは、「二人で」「ともに」「一緒に」「お互いに」等の尊重し合う言葉を混ぜた、理想像を書くことがポイントです。

理想像の例
・将来は子供と一緒に手を繋いで休日にハイキングやお散歩に行けるような家庭を作りたいです。
・いつまでもお互いに笑顔でいられるような、そんな関係が理想です。
・どんな苦楽もともに手を握り合って越えていけるような夫婦が理想です。
このように独りよがりにならず、共に助け合っていく。または築いていく。といった姿勢をここでは言えると良いでしょう。

自己PRで好感を持ってもらう為の書き方

ここまで読んで頂きありがとうございます。最後に自己PRの書き方です。
自己PRではここまででまとめた内容を約400文字程度にまとめ書いていきます。

記載する際のポイントは、書き出しに「数あるプロフィールの中から選んで読んで頂きありがとうございます。」と終わりに「読んで頂きありがとうございます。是非気になりましたら、宜しくお願い致します。」と必ず1文ずつ添えましょう。

そうすることで、丁寧な人だと印象を付けることが出来ます。

400文字のまとめ方の構成は以下のようになります。

自己PR構成イメージ
・挨拶の一文(15文字程度)
・自己紹介(名前・年齢・職業)(30~50文字程度)
・趣味(100~150文字程度)
・理想のカップル像・夫婦像(100~150文字程度)
・終わりの一文(15文字程度)
このようにスッキリとまとめることで、お相手(読者)にも伝えたい事が簡潔に伝わり、あなたの良い印象を付けさせることが出来ます。

まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございます。この記事は参考になりましたでしょうか?
是非この記事で紹介した方法を実践して頂ければ、間違いなくマッチング率は高まり良い人と出会えるでしょう。

ですが、良い人に出会うことがゴールではありませんので、この記事で実践した出会いをきっかけに良い人と出会い成婚が出来ることを祈っております。