バツイチは婚活でモテる3つの理由!同じ失敗を繰り返さないための5つのポイント

恋愛悩み中
バツイチじゃ誰も好きになってくれない…また失敗したらどうしよう…もう一度恋愛して結婚するのにハードルが高い……。

バツイチでこれから婚活を始めようとしている方は、そんなネガティブな言葉が頭をよぎったこともあると思います。しかし、実はバツイチの人がある一定層にモテるということはご存知でしょうか?バツイチだからといってすべてをネガティブに捉える必要もないんです。

今回はバツイチの人がモテるという噂と、バツイチの人と結婚したいという人の理由などをご紹介します。

婚活でバツイチは実はモテるという噂

なかなか懸念されがちに見えるバツイチの人。一度結婚生活に失敗していると、次も失敗してしまうのではないか、前の家族との間に揉め事がないのか、金銭トラブルはあるのかなどいろいろ問題が頭をよぎり、どうしてもネガティブに捕らえられてしまいがちです。

ただ、実は婚活中の女性はバツイチかそうでないかで気にしないという人が意外と多くいることがわかっています。バツイチの人と結婚したいと思う人の理由はこのあと詳しく説明しますが、結婚していたこと自体がメリットに変わることがほとんど。

大切にしたいのは前の結婚での失敗を引きずらないことでしょう。思っているよりマイナスではないということを知り、積極的に婚活を進めていくことが大切です。合わせて、付き合う人にはしっかり前の結婚について説明をする必要はありますし、心配を掛けたり、負担を相手にまで背負わせてしまうのはやめましょう。

バツイチと結婚したいという3つの理由

恋愛カウンセラー
なかなか結婚までハードルが高そうで、少し問題点も多いバツイチの人と、それでも結婚したいという人の理由を4つご紹介します。

前回の結婚生活の反省を活かしてくれる

バツイチの人と結婚したいと思う理由の一つに、前回の結婚生活で失敗したことを反省して次の結婚に活かしてくれるかもしれないという期待があります。

例えば、仕事が忙しすぎて全く家族との時間を持てなかった、パートナーがつらいときに一緒にいてあげられなかった、相談せずに好きなものを好きなだけ買ってしまって仲が拗れてしまったなど、挙げられることは多いと思いますが、一度失敗しているからこそ次は気をつけよう、次の結婚生活では絶対しないようにしようと心に決められて逆に良い生活が送れることがあるそうです。

家庭を大切にしてくれそう

離婚は過程がうまくいかなかったから起こってしまうもの。離婚をしなければなかなか原因が見えてこなかったり、一度失ってしまった信用を取り戻すことは難しいので、別れてしまったということがほとんどでしょう。

そのため、次の結婚ではどうにかして家庭の状況がうまくいくように努力してくれるだろうと踏んでいる人が多いそうです。

一度した失敗は繰り返さないのが一番大切です。しっかり相手の気持ちを考えて結婚したら家庭をより大切にすることを心掛けましょう。

スムーズに結婚までこぎつけそう

一度結婚を経験しているので、例えばプロポーズや婚約、双方の家族の顔合わせ、挨拶、結婚式など、婚姻届を出す以外にもたくさんすることがあります。

面倒なことも細かいことも、経験があるので次はこうするとスムーズに進めていけることができるのは、非常に大きなメリットです。

早く幸せな結婚生活が始められるのも大きな魅力。その経験を最大限に生かしてどんどん進めてリードしていきましょう。

婚活中のバツイチが気をつける5つのこと

恋愛カウンセラー
「バツイチの人と結婚したい」という人がいるのは事実ですが、何もせずにモテるわけではありません。バツイチの婚活中の人が気をつけるべき5つのことをご紹介します。ぜひ意識してみてください!

過去の失敗を引きずらない

バツイチの人がやってしまいがちなのが、過去の失敗を引きずってしまうこと。

  • また相手を傷付けてしまったらどうしよう
  • これは嫌だと思われてしまうかな
  • 拒否されたらまた心が傷付くかもしれない

と、交際・結婚での失敗をよく知っているバツイチだからこそ、どうしてもなかなか前に進むことができずアプローチが出来ない人が多いです。

確かに失敗はしないに越したことはないですが、相手が違えば気持ちも異なります。まずは、失敗を怖がらずに、しっかりアプローチしましょう。

同じことを繰り返さない

離婚は大きな出来事よりも、少しずついろんなことが重なっての結果という方が多いと聞きます。例えば「今話を聞いてほしい」というところで話を聞いて挙げられない、会社の飲み会と家庭では飲み会を優先してしまうなど、離婚に直接関わってなさそうな出来事でも、相手にとっては大きなことかもしれません。

相手の要望を聞いて、相談をして交際・結婚を進めていくことができれば、2度目の失敗はないでしょう。

子供がいるなら早めに伝える

バツイチよりも気になるのが、前の家庭のこと。金銭問題も大きな問題として気になりますが、一番は子供のことです。新しい相手と子供とどう付き合っていくのか、子供は新しい家庭にどう関わってくるのか、馴染めるのかなど、課題はかなり多いでしょう。

子供からしても、新しい環境というのは非常にストレスも負担も大きく、なかなか打ち解けないなど、新たな問題点も出てきてしまいます。

もし、自分に子供がいるなら早めに相手に話しておくことが大切。伝えるのが延びれば延びるほど、ややこしい問題に変わっていきますよ。

相手をしっかり信用する

離婚経験があると人間不信になってしまったり、相手とどうやって接すればいいかわからなくなってしまう人も多いと聞きます。ただ、相手に心を開かないと、交際がスムーズに進んでいくことはありません。

自分から心を開く練習をしたり、話しかけたりすることで、相手との心の距離を自分から詰めていきましょう。相手がいくら努力しても結果を変えるのは自分自身です。一歩踏み出すことで変わっていきますよ。

自分に自信を持つ

どうしてもバツイチという一度失敗してしまった過去があり、どうしてもポジティブになれないこともあると思います。ただ、バツイチでもいいという女性は「一度誰かに結婚相手として選ばれている」という点でも、バツイチの人と交際したいと思っていることがあるそう。

自分が思っているほど相手はバツイチということをそんなに気にしていないことを知り、自分に自信を持って婚活に励みましょう。

婚活中のバツイチが参加したいサービス

恋愛カウンセラー
最後に、婚活中のバツイチが成功率を高めるために参加したいパーティーやサービスをご紹介します。

バツイチ専用の婚活パーティー

今、オタク同士・ぽっちゃり好き・電車好きなどかなり多くの種類の婚活パーティーが開催されています。バツイチのための婚活パーティーもその一つ。参加条件はバツイチの人とそうでない人、またはバツイチ同士の人たちの婚活パーティーです。定期的に開催されているため、積極的に参加していきましょう。

普通の婚活パーティーでバツイチのデメリットをちゃんと話してわかってもらうより、最初から知ってもらっている場所に出向くのが、婚活成功への大きな一歩となるはずです。自分の悪いところをあまり気にせずメリットを積極的にアプローチして、幸せを掴みましょう。

マッチングアプリ

マッチングアプリの一番いいところはとにかく多くの人とアプリを通じて出会えること。バツイチということは隠しても隠さなくても良いですが、年上の人を好きな人は一定数いるので、積極的に活用していきましょう。ただ、早めにバツイチということを伝えることが必要です。

問題は後からいろいろ言われるよりも、早めに二人で解決し、幸せな未来のために進みましょう。

結婚相談所

まだ自分ではなかなか婚活が進められないというバツイチの人もいるかと思いますが、そんな人は結婚相談所に登録し、カウンセリングやアドバイスを受けた上で、バツイチでもいいという人を紹介してもらいましょう。

最初から一対一でデートができるので、自分のことをよく知ってもらうきっかけになるかもしれません。

まとめ

「バツイチだけどもう一回結婚したい」「もう一回新たな人生を新しい人と歩みたい」そう思う方もいると思います。抱えている問題が他の人より多いことは間違い無いので、しっかりクリアにするか、相手に早めに打ち明けて迷惑がかからないようにするのが一番良いです。

まずは、意外とバツイチでも大丈夫だという人がいることを知って、積極的に婚活に励んでいきましょう。