婚活でうつになってしまう人の特徴とは?ならないための5つの対処法

恋愛悩み中
婚活が全然うまくいかない……どうしたら良いの…?もうつらすぎる……。

婚活がなかなか上手くいかず、落ち込んでしまう時期もあるかもしれません。婚活って思っていた以上に大変ですよね。もし、悩んでいたり落ち込んでいる期間が長いと、もしかしたら「婚活うつ」になってしまっているかもしれません。一度「婚活うつ」に陥ると、そこから回復するのはなかなか時間が必要です。

今回の記事では「婚活うつ」について、うつになってしまう人の特徴や対処法などをご紹介します。

婚活うつとは

「婚活うつ」とは、婚活が上手くいかずに悩んでいる、もうやめたい、婚活がつらいなどと、婚活が原因で気持ちが落ち込んでしまい何もやる気が出ない、どうしても心がと体がついていけないなど、うつ状態になってしまうことを指します。

婚活は自分との戦いでつらい上に、なかなか友達に相談しづらくて悩みを抱え込みやすい、家族からは「早く結婚しなさい」と急かされたり質問責めにあうなど、自分一人で抱え込みやすい問題を持ち合わせています。頑張ろうと苦手なコミュニケーションやデートを頑張るのに結果が伴わないと、かなり消耗してしまってうつになる人が多いそう。

だんだん「私は誰にも選ばれない」「一人で一生を終えるんだ」「誰も私なんか好きにならない」とネガティブな思考ばかりが頭をよぎり、婚活も人生にも諦めてしまうまで深刻化してしまうことも。

結婚だけが人生の幸せではないはずなのに、婚活が上手くいかないことで人生まで否定されたような気分になってしまって、仕事もプライベートも上手くいかないと思い込んでしまう「婚活うつ」。一度「婚活うつ」になってしまうと、なかなか抜け出すのも大変です。

婚活うつになってしまう人の特徴

恋愛カウンセラー
一度なってしまうと回復までなかなか時間がかかる「婚活うつ」。うつになってしまう人の特徴を挙げてみました。当てはまった方は、危険信号かもしれませんよ。

一回一回期待してしまう

婚活うつになりやすい人は、一人一人結婚相手候補に出会うたびに「この人とはこんなデートができるかな」「こんなことしたら楽しいかな」と頭がいっぱいになってしまい、実際にデートを取り付けていないのにも関わらず、期待で胸がいっぱいに膨らんでしまう人が多いといいます。

婚活はそんなに簡単に成功するものではありません。期待は少なく、まずは着実に相手に近づきましょう。

頑張りすぎてしまう

婚活うつの人は、かなりの努力家ということも一つの要因です。なかなか上手くいかない婚活に対して、何がいけないのだろうかと自分を責めてしまったり、頑張ったのに結果が出なかったと落ち込んでしまうことの繰り返しでネガティブ思考になってしまいます。

頑張るのは大切ですが、頑張りすぎないようにコントロールすることも大切です。

プライドが高い

「こんな人と自分が付き合うわけない」「もっと条件にあった自分にふさわしい人と出会えるはず」そんなプライドを持って婚活を進めていく人は、なかなか相手が見つからず、さらには原因もわからないので婚活うつに陥ることがあるそうです。

理想の相手を見つけるのはとても大切ですが、しっかり自己分析と市場分析をした上で相手に求める条件を考えないと、いつまでたっても婚活は成功しません。

自分に自信がない

「自分に自信が持てない」「こんな自分でも相手と出会えるのだろうか」そう悩む気持ちもわかります。ただ、自信のなさは態度や顔に出やすく、結果的にあなたの印象がマイナスに捉えられてしまうことが多いんです。

婚活を始める前に自分の長所を書き出して、それを武器に婚活を進めていくと、ポジティブになれるはず。まずは自分を知りましょう。

気持ちの切り替えがなかなかできない

婚活では成功することよりも失敗したり上手くいかないことの方が多いですが、その度に落ち込んでしまい、なかなか気持ちの切り替えができないと、ずっとしんどいまま進んでしまいます。

必要な時に割り切って前に進むことができる気持ちの切り替えができないと、なかなか婚活を進めていくのは難しそうです。

婚活うつにならないようにすること

恋愛カウンセラー
「婚活うつ」になってしまうと、復活するまで時間がかかってしまうことがあります。そんなうつにならないためにしたいことを5つご紹介します。

長い目で見る

婚活は簡単に成功するものではありません。たくさんの成功と失敗を繰り返して人生のパートナーを見つけていきます。最初から2〜3ヶ月程度で成功すると思っていると、思った以上に時間がかかってしまってだんだん疲れてきてしまいますよ。

人生のパートナーはそう簡単には見つかりません。そもそも長く時間がかかるということを意識して婚活を進めましょう。

ときどき休む

婚活中に少しでも「疲れてしまった」「上手くいかないかもしれない」と悩んだら、一旦休みましょう。1〜2週間休むだけで、心が元どおりになることもあるかもしれません。

休むと周りに遅れてしまったり逆に不安になってしまう要因になるのも確かですが、心が疲れていては上手くいくものもいかないですよ。しっかり頑張ろうと思えるまで、休みましょう。

自己嫌悪に陥らない

婚活が上手くいかなかったからといって、あなたの人生がダメになるわけではありません。

婚活でなかなか交際まで発展しない人は、自分の存在まで責めてしまってかなり落ち込む人も多いそうですが、結婚が幸せの全てという時代はとっくに過ぎています。

今一度、自分がどうしたら幸せな人生を送ることができるのかを考えてみるチャンスかもしれませんよ。

ポジティブ思考に気をつける

起きてしまった事実は変えることができません。ただ、自分自身の捉え方やそこからの学びは意識的に変えることができます。

婚活中は思いもよらないことを相手から言われたり、落ち込む出来事もあります。それをどうポジティブに捉えるかはあなた次第。

できるだけ前向きに物事を捉えるのが良いでしょう。

無理をしない

婚活うつを防ぐのに一番大切なのは、とにかく無理をしないこと。無理をすることが積み重なり、婚活うつへとまっすぐ繋がっていきます。少しでも「つらいな」「しんどいな」と感じるなら、一旦休みましょう。

完全に復活できるまでしっかり休養を取らないと、次に進むにも進めません。疲れる前に力を抜いてマイペースにいきましょう。

婚活うつになってしまったときの対処法

恋愛カウンセラー
「婚活うつ」になってしまったら、どう対処すれば良いのでしょうか。少し時間がかかるかもしれませんが、ぜひ試してみてください。

1〜2ヶ月お休み期間を設ける

とにかくしっかり休養を取りましょう。ただ、3ヶ月以上休んでしまうと、なかなかまた「婚活に戻ろう」という気持ちが薄れていってしまい、そのままフェードアウトしてしまうことが多いそう。

休養期間中に自分は本当にこのまま婚活を続けるのか、結婚したいのか、少しでも考えておくと、休養期間が明けたらどうするのか、すぐに行動に移せるでしょう。

週末旅行に出かける

一旦婚活のことは忘れて、旅行に出かけましょう。一人でもいいですし、気を許せる友達と一緒でも良いです。部屋にお風呂が付いている少し良い温泉宿だとリフレッシュできます。いつもの街並みから非日常空間に行くことで、気持ちがグッと安らぐもの。

もう何も考えることなく、とにかくゆっくり心と体を休めることだけに集中しましょう。昔ながらの落ち着く天井の高い開放感のある温泉宿だと、なんだか心温まるのでストレス解消や心を休めるのにぴったりです。

友達と会う

ひとりで溜め込んでしまい、なかなか外に吐き出すことができないのが原因で「婚活うつ」になってしまう人もいます。そんな時は思い切って、友達に打ち明けてみませんか?誰かに打ち明けることで心は落ち着くはず。

恥ずかしくてなかなか伝えられないかもしれませんが、声に出すことで気持ちは少し楽になるかもしれません。

婚活うつになる前にしっかり休養を取ろう

「婚活うつ」はここ数年婚活ブームが始まってから出来上がった言葉で、実はまだ多くの人に浸透されていません。そのため、自分が婚活うつなのか、それともただ気分が乗らないだけなのか、別のことでストレスを感じているのか、判断がつかない人も多いといいます。

もし、婚活中に落ち込んでしまったり胸がザワザワして落ち着かないようなら「婚活うつ」を疑い、しっかり休養を取りましょうね。