婚活が難しい5つの理由!悩みから解消するためにやるべきこととは

恋愛悩み中
婚活が難しい……どんなにアプローチしてもうまくいかない……

婚活をしているとそんな風に悩む方も多いはず。人との出会いを増やすことができれば、相手が見つかるかもしれないと思っていたのにも関わらず、なかなか成功せず落ち込んでしまう人も多いと聞きます。

この状態が続いてしまうと「婚活難しいなあ」から「婚活やめちゃおうかな……」と思ってしまい、婚活戦線から離脱することとなってしまうことに。そうしてしまうともう、なかなか結婚からも遠のいてしまいます。

そこでこちらの記事では、婚活が難しいと思っている人の特徴や理由、気持ちの切り替え方などご紹介します。

婚活を難しいと感じている人は多い

婚活をしている人の中で「婚活が難しい」と感じると答えた人は70〜80%いるという調査もあり、婚活を頑張れば頑張るほど「難しいなあ」「疲れたからやめちゃおうかな」と思う人が増えているといいます。

「婚活の乗り越え方」と検索すると、体験談も多く出てくるほど、婚活が難しいと感じている人が多いのは事実です。自分だけがつらい思いをしている訳ではないことは知っておきましょう。

婚活が難しいと感じる理由

恋愛カウンセラー
婚活をしているのになかなか良い人と巡り会えないと、婚活って難しいと感じてしまいますよね。続いて、そんな婚活が難しいと感じる理由をご紹介します。

仕事が忙しい

婚活が難しいと感じる人で一番多いのが、毎日の仕事や生活が忙しい人が挙げられます。

一日24時間しかないのにも関わらず、婚活と仕事とプライベートが別々になってしまい、さらに上手くいかないとどんどん嫌になってきてしまうそう。まずは自分の心に余裕を持って婚活に望まないと、本当はもっと面白い話ができるのにできなかったり、自分の長所が活かせないまま相手と接することになってしまいます。

なかなか良い人が見つからない

婚活を始める前に「こんな人と結婚したいなあ」となんとなく理想像が見えていると思いますが、だいたい理想の人と出会うのは確率的に非常に低いです。

もちろん、理想の相手を探し求めることは大切ですし、相手に求める最重要条件は妥協してはいけませんが、ちゃんと現実に一定数存在する相手の理想像を頭に思い浮かべておきましょう。一度紙に書き出して可視化することでちゃんと整理できるのでおすすめです。

どうしてもやる気が出ない

「どうしても婚活に力が入らない」「どんどんやる気がなくなっていく」そんな方は、もしかしたら自分の人生において婚活の優先順位がガクッと下がってしまっているのかもしれません。

自分はなぜ結婚したいのか、なぜ婚活をしているのか、本当に結婚したいのか。一度時間をとって考えてみると良いかもしれません。一度整理したら、次の行動が今より数倍スムーズにいくはずです。

会話が繋がらず苦戦しがち

もともと人と話すのが苦手という人も多いでしょう。しかし、婚活においてコミュニケーション力は切っても切り離せない関係です。ただ、会話が苦手な人が一生懸命会話を続けようとすると、ただただ婚活はしんどいだけになってしまって、精神的にどんどん追い詰められていきます。そんな方は、質問力を磨きましょう。

どんな些細なことでもなんでだろうという疑問を持つことで相手の話を引き出すことができます。

気疲れしてしまう

緊張してしまったり気を使ってしまうと、かなり心が疲れるということもありますよね。ある程度婚活を続けていると、どれくらいのペースでデートに行ったらいいか、パーティーに参加したらしんどくないかが測れてきます。

「3日連続パーティーに出席したらつらい」「土日のデートではなく平日の夜のデートの方が気持ちが楽」など自分が最高の状態で居られるように、コントロールしていきましょう。

婚活がうまくいかない理由

恋愛カウンセラー
長く婚活を続けていると「あんな人もいいかも」「こんな人も素敵だな」とキョロキョロしてしまって、なかなかデートや交際まで発展せず、うまくいかずに悩むこともあるでしょう。婚活がうまくいかない理由を4つご紹介します。

自己分析ができていない

婚活は自分も選びますが相手にも選ばれる必要があります。自分が選ばれるためにはどうしたらいいのか、どこをウリにして婚活で戦っていけばいいのかをしっかり把握するために、自己分析は必要不可欠です。相手の条件ばかり見ていては、なかなか婚活はうまくいきません。

まずは自分をよく知って、自分の特徴やメリット・デメリットをうまく駆使して相手にアプローチをしましょう。

理想相手のハードルが高い

婚活が難しい、うまくいかないと思っている人の多くが、理想相手の条件が高いことが当てはまります。年収が高くて家庭的で趣味があって一緒にいて楽しい人は、すでに別の人と一緒になっている可能性が非常に高いのです。

まずはあなたが相手に求める条件を書き出し、優先順位を付けてみましょう。どうしても譲れない条件はなんなのか、可視化することでそのあとの婚活がスムーズにいくはずです。

話すのが苦手

先ほども紹介しましたが、コミュニケーション力は婚活と切っても切り離せません。もちろん、交際・結婚後もコミュニケーションがないカップルは破局が早いといいます。「苦手だ……」と思って躊躇してしまうのではなく、工夫して上手に付き合っていくことが必要です。

無理にたくさん話すのではなく、話を盛り上げたり所々に質問を散りばめることで、話している相手を飽きさせない工夫ができます。

絶対譲れない条件が多い

先ほど「理想が高い人は婚活が上手くいかない」と紹介しましたが、相手に求める絶対譲れない条件が多い人もなかなか難しいでしょう。例えば、年収1,000万年以上だと、そもそも婚活市場にそこまで多くの人数がいないので、非常に狭い中での戦いになります。

もちろん年収が1,000万円以上の人だけを狙うのも良いですが、そのほかの条件に目を瞑らないといけないこともたくさんあるでしょう。今一度、相手に求める条件もしっかり見直すことが大切です。

婚活が難しいと感じる時にしたいこと

恋愛カウンセラー
一度「婚活は難しいな……」と思ってしまうと、どんどんやる気がなくなっていき、気付けば「結婚はいいや、婚活やめよ」に変わってしまいます。それを防ぐためにも少しでも「婚活が難しい」と感じたらしたいことを5つご紹介します。

自己分析をしっかりする

婚活は相手への条件をしっかり決めることも重要ですが、それより重要なのが自己分析。まずは自分をよく知って、これからどんな人生を歩んでいきたいのか、どんな人とどんな生活を送りたいのかを認識しましょう。自分のことをよく知ることで、上手に自己アピールができるので効率よく婚活を進めることができます。

相手へ条件を見直す

しっかり自己分析をした後は、相手への条件を見直しましょう。もし、婚活の挑戦期間が長ければ、今の条件は当てはまる人が少なく難しいということがわかっているはず。まずは自分の相手への条件をもう一度見直すために書き出したあと、絶対に譲れない優先順位をつけていきましょう。

そうすることで、優先順位が高くても4番前にあるものは少しだったら目をつぶれる、5番目は守ってもらったらいいかなと相手を探すときに非常に役に立ちます。

少しだけ休憩する

婚活が難しすぎて疲れてきてしまったなら、一度休憩して婚活を休むことも大切です。例えば2週間〜3週間程度、一度婚活のことは忘れて自分の人生を見つめ直してみましょう。

頑張りすぎてしまってやみくもに走り抜けてしまうと上手くいくものもいかなくなってしまいます。たまには自分を甘やかすのも大切ですよ。適度に休みましょう。

市場を変えてみる

もし今、理想の条件が婚活市場ではなかなか見付からずかなり競争率の激しい市場なら、一度市場を変えてみるのも一つの手です。

例えば、今は医者・弁護士などの年収1,000万円以上の人を狙っているなら、企業の役員や年収を少し下げてみるなど、年収にこだわることなく少し下げたり、職種を変えてみたり、狙う市場を変えるだけで成功することもあります。

まずは相手に対する条件を見直してみましょう。

友達とご飯に行く

「婚活難しい」はすぐに「婚活やめたい」に繋がってしまいます。それは、なかなか人に「婚活してます」と言えず、アドバイスがもらえないからという理由もあるかもしれません。

そんな時はなんでも話せる友達とご飯に行って話を聞いてもらいましょう。もしかしたら突破口が見えてくるかもしれません。

「婚活難しい」は一度休憩の合図

「婚活難しい」は放置してしまうと「婚活やめたい」「婚活諦めた」とネガティブになってしまうことがあります。必ずしも婚活があなたの幸せに繋がっているわけでもありませんので、少し立ち止まって今一度「なぜ自分は婚活がしたいのか」「どんな人生を歩みたいのか」考えてみる良いきっかけなのかも。

婚活を続けるにしろ、やめるにしろ、自分の人生にとって最適な判断ができると良いですね。