婚活の男女比ってどれくらい?女性不利の市場で成功を勝ちとる方法を解説

そういえば、婚活市場の男女比ってどうなってるの?男性の方が少ないって聞いたことがあるけど、女性は不利?その中で戦っていくのにはどうしたらいい?

最近の婚活市場では、男性の方が少なく女性の方が多いと言われています。実際に、どんな理由で少ないのか、どうしたら婚活が成功するのか、知っておきたいですよね。

そこで今回は、婚活の男女比や男性不足と言われる理由、選ばれる女性になるコツなどをご紹介します。

婚活の男女比はどちらが多いの?

婚活市場での男女比は、今や男性が圧倒的に少なく、男性は30%〜40%、女性は60%〜70%とまで言われています。後ほど詳しく紹介しますが、この男女比には理由がちゃんとあり、女性の方が男性より、気軽に婚活が始められること、結婚願望が強くあることが挙げられます。

一見、厳しい数字かもしれませんが、コツだけ把握しておけば、婚活成功の可能性は十分ありますよ。

婚活市場は男性不足!その理由

婚活市場は先ほど紹介した通り、男性不足が続いています。その理由をご紹介します。

仕事が忙しい

男性がなかなか婚活ができない背景に、仕事が忙し過ぎてなかなか時間が取れないということが挙げられます。

毎日遅くまで残業し、休日はくたくたで何もできなくなってしまう中で、婚活に時間を割くことは難しいでしょう。そこで、パーティーよりも気軽なマッチングアプリで簡単に済ませようとする人も多いです。

予定が開けられない・参加できない

先ほども紹介した通り、男性はかなり仕事が忙しくなかなか時間が取れないことが多いです。そこで、婚活パーティーや結婚相談所で紹介してくれだ女性とのデートの時間が取れず、なかなか前に進めなく婚活ができないという人もいるそう。

その間にどんどん時間だけが過ぎて行ってしまい、いつの間にか婚活がうまくいかなくなってしまうんですね。

結婚願望が無い人が多い

女性以上に結婚願望が少ないという人も多いです。昔からの名残で男性は一生働き相手と子供を養うという考えの人が多く、なかなか結婚に踏み切れない、一生独身でもいいと思っている人も多いそう。

今は女性の社会進出も進み共働きの家庭が多く、男性の育児休暇も取りやすくなっている会社もあるので、もう少ししたら変わるかもしれませんね。

女性以上に費用がかさむ

婚活では、どうしても女性より男性の方が費用や登録料が高かったり、デートで奢らないといけないなど、何かと費用がかさんでしまいます。

お金をたくさん払う上に時間も作らなくてはいけないので、なかなか婚活に踏み込む人も多くなく、社内結婚や合コンなど安く浮く婚活方法を選びがちなのです。

審査が難しいことがある

女性よりも男性の方が、年収や学歴、年齢などのボーダーラインが掲げられていることが多く、なかなかヒットせずお金だけ払っているという人も多いそうです。

男性と出会うには、あまり相手に制限のない婚活パーティーや、結婚相談所での相手に求める条件を低くする必要がありそうです。

婚活で女性が多くなってしまう理由

婚活市場では、男性が少ないことをご紹介しましたが、一方で婚活で女性が多くなってしまう理由をご紹介します。

どうしても結婚したい人が多い

女性が婚活市場に多い一番の理由は、とにかく結婚願望が強い人が多いことが挙げられます。

母性本能が強く、子供を産んで素敵な家庭を持ちたいと希望する人が多いので、必然的に婚活市場に女性が集まりやすくなっているそう。

職種によっては男性が職場に少なく、出会い自体も少ないことから、婚活を始めるという人もいます。

子供を産んで家庭が欲しいと思う人が多い

未婚の人の中には、結婚にはあまり興味はないけれど、子供が欲しい密かに思っている人の割合が年々増えていると言います。

しかし、女性の社会進出が進み、共働きの家庭が多くなってもまだ、一人だけの働きではなかなかいい暮らしができないということがあり、結婚を求める人もいます。

婚活にかかる費用が安い

婚活市場では男性の方が女性より、高い金額を支払って婚活をすることとなるとご紹介しましたが、女性はマッチングサービスならほとんど無料、婚活パーティーも1,000円〜3,000円安くなるところが多く、とにかく女性が集まってきます。

そのため、男性より女性の方が人数が多くなってしまういうことです。

男女比が異なる婚活市場で成功するコツ

男女比が異なる婚活市場ですが、その中でも成功するコツはあります。これらを実践することで、婚活市場での成功も可能性が高まりますよ。

人数制限のある婚活パーティーに参加する

最低催行人数が決まっている婚活パーティーでは、男性が少なすぎることはなさそうです。そして、できれば大手会社が主催している婚活パーティーに行きましょう。開催しているところがしっかりしていると、信頼もあるので人が集まりやすいのも特徴的。

ただ、どの婚活パーティーも女性の方が早く集まりやすい傾向があるので、婚活パーティーではしっかり積極的にアプローチしていきましょう。

相手に求める条件を再度確かめて低くする

どんなにたくさんのパーティーや方法で婚活をしていても、条件が高過ぎては成功はかなり遠ざかります。常に自分が相手に求める条件を確認してできるだけ現実的な条件にしましょう。

婚活している人にはどんな人がいるのか、どんな条件の人が多くてどんな人が少ないのかなど、たくさんの人と出会うことで、その分析ができるはず。

とにかくたくさんのパーティーに行ったり、マッチングをする

婚活は頭で考えていても行動に移さないと成功しません。婚活パーティーは各地で開催されています。場所によっては毎週末、平日夜もかなりの回数行われているので、積極的に参加しましょう。

パーティーへの参加が難しい場合は、アプリを並行して2〜3個登録して、さまざまな人とマッチングできるよう使いこなしていくのがおすすめです。

同時交際をしてみる

少し上級者向けですが、婚活で真剣交際になっていない限り、何人の人と同時にデートをしても浮気にはなりません。一回で同時交際する人数は2人〜4人程度と言われていますが、しっかりスケジュールをコントロールできて、ちゃんと相手とコミュニケーションが取れるレベルで付き合いましょう。

同時交際をすると、もし一人の人と相性が合わなくても、すぐに次の人と関係を進められるのが大きなメリットです。

男女比が異なる婚活で選ばれる女性になるコツ

婚活では男女比がどうしても異なってしまいます。そこで、男女比が異なる婚活で選ばれる女性になるコツを5つご紹介するので、頭に入れてすぐに行動に移しましょう。

内面を磨く

婚活を成功させるためには、内面をとにかく磨きましょう。婚活では自分磨きが必要だと言われていますが、自分磨きとは外見ではなく内面を磨くこと。

結婚生活はずっと続くので、外見よりも内面を磨く方が大切にされる女性になる近道です。

自分にあった洋服・メイクを心がける

内面も大切ですが、第一印象も同じくらい大切。

メイクで顔を変えろとは言いませんが、より素敵な自分になるためのメイクは欠かせません。洋服も自分の体型や雰囲気に合ったものを選ぶことで、相手にいい印象を与えられるのです。

積極的にアプローチする

婚活市場にはたくさんの女性がおり、みんなライバルです。待っているだけでは素敵な男性が別の人とゴールインしてしまいますよ。

数が少ない男性から選んでもらうよりも、積極的に自分から話しかけたりアプローチをすることで、チャンスが掴めるでしょう。

気遣いができる人になる

気遣いができる人、心が広く他人に優しい人は、ちゃんと見られています。遠慮しすぎるのもよくないですが、常に相手の気持ちを考えて行動できる人は、結婚相手として選ばれやすいです。

しかし、無理にするのではなく、内面磨きの一環として行うことで、徐々にそれが当たり前になっていきます。

焦らずしっかり一人ひとりと向き合う

焦ってしまうととにかく誰でも好きになろうとしてしまい。婚活は成功からどんどん遠ざかっていきます。

いくら焦っていても、心ではどっしり構え、一人ひとりとしっかり向き合うことで、相手をよく知ることができ、成功へと大きく一歩近づきます。

婚活の男女比は気にせず、積極的にアプローチしよう

婚活にはどうしても男女比が存在します。今は女性の方が圧倒的に多いですが、それでも積極的にたくさんの人にあったり、自分からアプローチすることで、婚活成功へ一歩大きく踏み出すことができるでしょう。

男女比を気にするのではなく、まずは場数を踏んで婚活をコツを掴み、相手に自分からアプローチしていきましょう。