婚活で貯金はどれくらい必要?結婚にかかる費用は600万円!?

恋愛悩み中
婚活中だけど貯金ってした方がいいの?なかなか貯まらないから悩んでいる……貯金って婚活に有利?

結婚式や新居、ハネムーンなど、結婚するために必要な資金は、全部で平均600万円を超えると言われています。もちろん、結婚式のご祝儀や二人の貯金、両親からの援助もあるかもしれませんが、それでもかなりの額です。

今回は、婚活に貯金は必要なのか、婚活に貯金はメリットとなるのか、貯金の方法などをご紹介します。

婚活に貯金は必要か

婚活をしているなら、一緒に貯金を始めた方がいいほど、結婚はお金がかかります。これまでお世話になった人を結婚式に呼びたい、ハネムーンは今まで行ったことのないところへ行きたい、こだわりある二人だけの新居に住みたいなど、期待で心が膨らむはず。しかし、それは全てお金があってこそできるもの。

貯金はいつから始めても遅くありません。思い描く結婚生活を送るためにも、今すぐに貯金を始めましょう。

結婚でかかる費用

恋愛カウンセラー
婚活の先には必ず結婚があります。結婚が決まったら結婚式やハネムーンなど、さまざまなイベントが行われます。結婚にはたくさんの費用がかかりますが、その中でも代表的なものと値段をお紹介します。

結婚式

結婚式は招待する人数や規模、どこの会社に頼むかでかかる費用はかなり変わってきますが、だいたい平均250万円〜350万円かかると言われています。招待状を用意したり引き出物を準備したり、ドレスを選んだり……。

一生に一度、たった一日の式にどうしてもお金をかけてしまう人が多いそうです。

ハネムーン

結婚後、二人だけで行く旅行は非常に貴重です。子供ができるとなかなか遠出するのも難しいもの。ハネムーンこそ奮発して、いつも行かない場所で素敵なホテルに泊まりたいですよね。海外旅行では一人で30万円〜50万円ほどが平均予算。

例えば、5月末または10月や11月などを狙えば、航空券も他の時期より抑えられるのでおすすめです。

新居

新居は二人の収入により大きく異なるので、相手に求める金額を検討しながら予算を組みましょう。だいたい二人の手取り総額の20〜25%程度が妥当だと言われています。さらに、敷金・礼金がかかることもありますので、しっかり確認して予算を組みましょう。

家具・家電

新居にぴったりな家具や家電が欲しいと思う方も多いはず。二人が以前使っていた家具を上手に活用すればもっと費用は抑えられますが、一から購入するとなると50万円〜70万円ほどかかるでしょう。できるだけ前に使っていたものにするなど、ここの費用は抑えていきましょう。

引っ越し代

二人が別々の場所から同じ場所に引っ越すとなると、一人4万円〜6万円ほどかかります。物がお多ければ多いほど費用はかかりますが、家具や家電を新調しないとなると、引っ越し費用がかかってしまうのはしょうがないでしょう。

貯金をしている男性のメリット

恋愛カウンセラー
貯金をしている男性は、一目置かれます。そんな貯金をしている男性の婚活でのメリットをご紹介します。

金銭のコントロールができる

貯金をしている男性の一番のメリットは、金銭コントロールが自分でできるということ。世の中にはもらった手取りを一銭も貯金することなく全て使ってしまう人もいますが、家庭に入ったら一人だけのお金ではありません。さまざまな可能性を考えながら貯金をしているというアピールができるでしょう。

しっかりしていて頼れる

人生何が起こるかわかりません。明日仕事がなくなるかもしれないですし、災害が来るかも……。そんな時に少しでも貯金があれば、対策ができることもあるでしょう。

未来はどんなことが起こるかわからないですが、貯金をしていることで、明日起きてしまうことに備えているという意思表示になります。

計画性があり金銭感覚がしっかりしている

貯金をしているということは、結婚後のこともしっかり頭に入れているという証拠になります。計画性があり、自分のことだけではなくこれからできる家族のことなどを考えているということ。そして、もらったお金を使いすぎない堅実なタイプで、結婚相手にぴったりな人でしょう。家庭に入った後も家族の財布を一緒に管理できるはず。

結婚しても大丈夫だと安心させられる

ギャンブルをしたり、もらったお金をとにかく自分のことに使ってしまう人もいる中で、堅実にコツコツお金が貯められるのは、結婚相手としては非常に安心できる人でしょう。

家族になるということは、お金も財産も共有し合うということ。金銭感覚がしっかりしている人だと、頼れるでしょう。

結婚に真剣だという気持ちが伝わる

お金の管理は人が生きていく中でとても大切ですが、その中でも婚活の先にできる家族のために、貯金をコツコツしているということは、かなり結婚したいという気持ちが強いという証拠です。

交際したら結婚までの道のりはかなり現実的。あとは、結婚のための貯金なのか、貯金は一時的なものではないのかを知れたらいいですね。

貯金をしている女性のメリット

恋愛カウンセラー
「まだ必要ないでしょ〜」と貯金をしていない女性もいるかもしれませんが、実は貯金も婚活の一部。貯金をしている女性のメリットをご紹介します。

将来を見据えていて計画性がある

洋服に美容に、お金をかければキリがないですが、コツコツ貯金をしているということは、非常に将来のことを考えている証拠でもあります。

お財布の紐は一般的に女性が握るという家族も多いため、少なくてもいいからコツコツ貯めることを習慣づけることで、結婚後もスムーズに貯金を進めることができますよ。

結婚後は家族の財布を任せられる

日本の多くの家庭が女性が家族全体の財布を管理しているという家庭も多いのが現実です。独身の時から未来を見据えてしっかり貯金ができるということは、計画的かつ金銭感覚がしっかりしていて、結婚後も安心して財布を預けられるというアピールにもなります。

家族が増えればそれなりに大きな額にもなりますので、今からしっかり気をつけておきましょう。

何かあった時に頼れる

収入のほぼ全てを一ヶ月の間に使ってしまっていると、もし明日会社が倒産したり、怪我で入院し収入が止まってしまったなんて時にも、もし貯金をしていたらなんとかなるかもしれません。

貯金をしていたら、何が起こるかわからない中でも頼れる安心感を持ってもらえるはず。ただし、ストイックになりすぎないようにしてくださいね。

金銭感覚がしっかりしている

もらったお金は全部使ってしまうという人も中にはいますが、貯金ができるということは、お金の使い方を知っているということになります。

一緒に生活する上でお金は切っても切り離せません。しっかりお金をコントロールできる力があるというのは、家族になる上で非常に重要です。

相手に頼ることなく自立している

婚活女性の中には最初から結婚相手のお金を目当てに結婚をしようとしている人もいますが、貯金をすることで自立して生きていける女性だということがわかります。いきなり経済が破綻したり、もしかしたら収入がなくなる世の中。

そんな時でも自分の足でしっかり生きていけるのも貯金の魅力です。

貯金がなかなか続かない時にしたいこと

恋愛カウンセラー
貯金が婚活に大切なことはわかったけれど、どうしても貯金が続かない……という方へ、貯金が続かない時にしたい代表的なことを3つご紹介します。

目標をしっかり決める

まずは、なぜ貯金をするのか、目標を決めましょう。「ハネムーンでこんなところに泊まりたい」「結婚式ではあのドレスが着たい」「新居はこんなところに住みたい」など、目的を挙げてみます。

さらに、具体的な数字を出すことで、一ヶ月どれだけ貯められればその目標が達成できるかを、実際に考えてみましょう。

貯金用の別口座を用意して勝手に引き落とされるようにする

お金が貯まらないのは、頭の中だけで貯金しようと思っているから。実際に別口座を作ったり、勝手に引き落とせないようにすることで、貯金が成功しやすくなります。

毎月決まった額を入金できる積立貯金もおすすめです。とにかく、いつも利用している口座と別に貯金用の口座を作っておきましょう。

ハネムーンの予算や結婚式の予算を具体的に計算してみる

先ほど紹介した結婚に具体的にかかる金額は、平均予算です。今はインターネットで見積もりができたり、雑誌でさまざまな情報を見られるので、一度自分の理想の結婚式やハネムーンを具体的にいくらでできるのかを確認してみましょう。

ハネムーンは海外と国内では大きく違いますし、リゾートなのかヨーロッパなどのシティなのかも異なります。実際に金額を出してみると急に現実味が帯びて、今すぐにでも貯金がしたくなりますよ。

婚活をし始めたら貯金をしよう

婚活と貯金は離れているようにき見えて、実はかなり関係深いもの。婚活を始めたら一緒に貯金もスタートし始めましょう。遅いなんてことはありません。今からできることはしておきましょう。

理想の結婚や家庭が送れることを夢見ながら、毎月少しずつ貯金を始めるのがおすすめです。