婚活が辛い理由と辛く感じてしまう人の特徴とは?解決策も紹介

恋愛悩み中
婚活が辛い……もうこのまま続けてても頑張れなそうだし、やめたいな……

婚活が長引けば長引くほど「婚活が辛い…」「もうやめたいなあ」と思ってしまう気持ち、よくわかります。「婚活が辛い」は放っておいてしまうと「婚活やめたい」や「婚活うつ」になってしまうことがあります。せっかく婚活しよう!と決意したのに、もったいないですよね。

今回の記事は、そんな婚活が辛いと言う気持ちと上手に付き合っていけるよう、辛い理由や乗り越え方をご紹介します。

辛すぎる婚活の実態

婚活経験者の実に70%の人が「婚活が辛い」と感じたことのあるくらい、婚活は簡単ではありません。人と出会う回数を増やすことができれば、理想の相手と出会えるかもしれないと始めた方も多いかもしれませんが、ただ人と会っているだけでは心がどんどん消耗してしまいます。

婚活を辛いと思わないまま成功する人はとても少ないと言うこと、婚活に対して悩んでいる人は多いと言う事実をまずは知りましょう。

悩んでいるのはあなただけではありません。そして、無理をしないで理想の相手を探し求めるために、自分自身を上手にコントロールすることで、婚活成功への道が一歩近づくでしょう。

婚活が辛い主な理由

恋愛カウンセラー
婚活を始めると誰でも一度は辛い…と感じるもの。「婚活が辛い……」と思ってしまう主な理由を3つご紹介します。

いい人が見つからない

婚活を続けていると「なかなかいい人に出会わないなあ」「理想の相手に出会える気がしない」と思いがち。それが募りに募って「婚活辛いな」と思ってしまう原因になります。

確かに、出会う人の中から好きな人を見つけるのは非常にハードルが高く大変かもしれませんが、結婚相手に一番大切なのは見た目よりも中身。どれだけ短時間で相手の性格を知ってデートを重ねることができるかがとても大切です。

デートに繋がらない

デートに繋がらず、なかなか相手を知ることができるタイミングがなくて、好きという感情に繋がらないという人も多いでしょう。もしかしたら、最初の掴みや会話力で相手は「この人とは合わないかも……」と思っているのかもしれません。

あまりがっつくのではなく、まずは質問をして相手の話を聞いてあげること、笑顔でいること、そして、清潔感のある服装を心掛けましょう。

付き合っても結婚までたどり着かない

付き合っても別れてしまう、最終的な結婚まで繋がらずに「婚活したくない……」「婚活辛い」に繋がってしまいます。ただそれは、二人の価値観が違う、金銭感覚が違ったり、相手の性格をあまり理解できていないまま、焦って付き合ってしまったなんてことはありませんか?

一度付き合ってしまうと相手に対する気持ちもどんどん大きくなってしまうので、結婚できなかった時にダメージが大きいです。交際の前に相手をよく知ることが出来れば良いですね。

婚活が辛いと思う人に共通する特徴

恋愛カウンセラー
実は、婚活が辛いと思う人にはいくつかの共通点があります。そこで今回は代表的な5つの特徴をご紹介します。

相手への期待や理想が高すぎる

そもそも相手への条件が高かったり、期待している値が大きい人は、なかなか婚活で成功するまで時間がかかってしまうかもしれません。婚活を始めたからといって、理想の相手が見つかる確率が上がるわけではありません。

婚活を成功させるためには、相手に求める条件をより現実的に設定する必要があります。婚活を進めるにあたり、相手に求める条件はなんども見返して調整しましょう。

狙う相手を間違えている

例えば、ハイクラスと呼ばれる弁護士・医者・会社役員と付き合いたいのに、普通の婚活パーティーに参加しているというのは非常に遠回りです。

今、様々なコンセプトで開催されている婚活パーティーの中には、ハイクラスの人と付き合いたい人がマッチングするものもあります。また、ハイクラス用のマッチングサービスもあるので、そういうサービスを利用しましょう。

しっかり市場にあったアプローチ方法をすることが大切です。

結婚を焦っている

婚活が長引いてしまい、なかなか相手が見つからない……ということが積み重なると、どうしても目的が「結婚すること」になってしまい焦ってしまう気持ち、とてもわかります。

ただ、結婚するというのはゴールではなく、これから人生を共にしていく人を見つける大切な活動です。目先の結婚に囚われるのではなく、しっかり相手のことをよく知って、素敵な相手を見つけましょう。

市場調査ができていない

婚活市場にどんな相手がいるのか、しっかり市場調査をした上で、しっかりアプローチしていくのが婚活成功への大きな第一歩になるでしょう。

今、婚活にはどんな人がいるのか、自分の理想の条件とは離れていないか、理想の相手は本当にいるのか、生活スタイルはどんな人が多いのかなど、市場調査をしつつ婚活を進めていくのが良いでしょう。

積極的になれない

「どうしても自分に自信が持てなくてあと一歩が踏み出せない」「自分から声をかけられない」とネガティブになってしまう人もいるかもしれませんが、婚活は自分から積極的にいかないと、待っているだけでは成功しません。

最初は声をかけるのが非常に勇気がいるかもしれませんが、その緊張から一歩踏み出してみると意外とスムーズにいけますよ。

婚活が辛いと感じた時の乗り越え方

恋愛カウンセラー
続いて、婚活が辛いと感じた時の乗り越え方をご紹介します。

条件を見直してみる

婚活が行き詰まってしまう大きな要因の一つが、相手に求める条件が合っていないこと。理想が高すぎるのが相手が見つからないことに直接繋がっています。もう一度、相手に求める条件を紙に書き出して可視化し、上から順番に優先順位をつけていきましょう。より婚活がしやすくなりますよ。

休んでみる

もし「婚活辛い」と思っている期間が長いなと感じたら、いっそのこと一度婚活を休んでみてください。そのまま頑張っていてもこの先また失敗が続いてしまうかもしれません。

一度心を休ませて、婚活から離れてみることで、もしかしたら婚活の新たな作戦が見えてくるかも。休みすぎはよくないですが、思い切って2〜3週間休んでみてはいかがでしょうか。

うまくいかない理由を考えてみる

これまで、婚活がうまくいかない理由を一度でも真剣に考えたことがなかったら、ぜひ一度この機会に考えてみてください。

デート先なのか、コミュニケーションがスムーズにいかなかったのか、あまり相手を褒められなかったのかなど、相手が不満に思った箇所があれば、さりげなくサインを出していることもあります。

自分に何が足りないのかを一度整理してみる機会を作りましょう。

婚活を楽しいと感じる3つのポイント

恋愛カウンセラー
最後に、辛い婚活ですが婚活を楽しいと思うことができれば、もっと積極的に婚活に向かっていけるはず。代表的な3つのことをご紹介します。

たくさんの人と会える

婚活は今まで生活していては出会うこともなかった人と知り合って話をすることができる非常に貴重な機会です。自分は本当はどんな人と相性がいいのか、一緒にいて居心地がいいのか、こういうタイプは苦手だななどといったさまざまな情報を得ることができます。

これを知ることができたという事実を大きなメリットと捉え、今後の人生においても非常に活用できるでしょう。

いろんな人を知ることができる

世の中にはあなたが思っている以上にいろんな人がいます。相手に気遣うことが人生で一番大切な人もいれば、自分のことしか考えていない自己中心的な人も。

普段生活していてなかなか関わることのない人たちと話をすることで、新たな人脈や発見ができることもあります。ぜひいろんな人と積極的に話していろんな意見を聞きましょう。

自分に必要な人を知ることができる

「おしとやかな人が好きだと思っていたけど本当はリードしてくれる人が好きだった」など、自分が長年思い込んでいた理想のタイプが、実際に話してみたりデートに行くことで、違うことがわかることもあります。

反対に「やっぱりこういう人と一緒に過ごしたい」と納得することもあるでしょう。それを知ることができるのも、婚活のメリットです。

まとめ

婚活は楽ではありません。冒頭でも紹介した通り「婚活辛い」と思っている人が婚活経験者の70%いることは、なかなか簡単に相手が見つかるものではないということ。

頑張ることも大切ですが、頑張りすぎると何もかもが嫌になってしまって落ち込む「婚活うつ」になってしまう危険性があります。上手に休憩を挟みながら、自分のペースで婚活を進めていってくださいね。