結婚相談所の入会手続きに必要な書類って?事前に準備しておきたい書類とその入手方法まとめ

この記事では結婚相談所に入会する時に必要な、代表的な5つの書類と、その他の書類について記載していきます。
事前に何の書類が必要か把握しておくことで、入会手続きがスムーズになるだけではなく心の準備もすることが出来ます。

結婚相談所に必要な書類

独身証明書

独身証明書とは、その名の通り現在貴方が独身であることを証明する為の公的書類です。
結婚相談所では、利用者の中に既婚者が紛れ込んでしまわない様に、独身証明書の提出を必須としています。なので独身証明書はすべての人に必要な書類であり、提出が義務付けられています。

独身証明書の入手方法

独身証明書は本籍のある役所(市役所・町村役場)の窓口で入手することが出来ます。
免許書・パスポート等の本人確認が出来る身分証明書があれば、すぐに入手することが出来ます。

また、平日の日中役所に行く時間がない方は、独身証明申請書を郵送し申請・入手しましょう。
独身証明申請書を郵送する場合は、独身証明書に加えて本人確認書類のコピー・独身証明書の発行手数料分の定額小為替・返送用封筒が必要になります。本人確認書類は免許証で大丈夫です。
定額小為替は、役所によって異なりますが150~400円程度です。郵便局で入手可能なので、本籍のある役所のホームページで確認してから購入するといいでしょう。

独身証明申請書サンプルはこちら

卒業証明書

■架空の書類を撮影しています。イメージです。

卒業証明書は、貴方の最終学歴を証明するものです。結婚相談所では、プロが教える失敗しない結婚相談所の選び方全知識でも記載してある通り、学歴を見て交際意思を決定する人もいるので、しっかりと入手し提出をしましょう。

卒業証明書の入手方法

卒業証明書は、卒業した大学・専門・高校・中学で入手することが出来ます。使用目的などを学校から聞かれるので、結婚相談所に利用する。と答えれば発行してもらえます。また、自身が結婚相談所を利用していることを周囲に知られたくない場合は、勤務先で必要な為と言っておくのが無難でしょう。

また中退した方は、在学証明書を提出したことで入学したことを証明することが出来るので、是非提出をしましょう。

在籍証明書

在籍証明書は、現在の職業・職場(勤め先)を証明する書類です。結婚相談所では会員の質を高めるために一定の審査基準をクリアした方しか入会することが出来ません。その中でお勤め先の虚偽は著しく会員の質を落とす為、提出を義務付けています。

また、虚偽の報告を上げている場合、万が一審査が通り結婚相談所を活用し成就したとしても、虚偽がバレた際には破談、もしくは裁判沙汰になりますので、必ず本当の情報を記載し提出をしましょう。

在籍証明書の入手方法

在籍証明書は勤め先に依頼し発行することが出来ます。

また、在籍証明書には決められたフォーマットはないので、提出先の結婚相談所により一定の書式があることもあるので、提出先に提出の形式は事前に聞いておくと良いでしょう。基本的には以下の項目が含まれていれば形式は自由な結婚相談所が多いです。

在職者(退職者)氏名・性別
生年月日
住所
採用年月日
雇用期間
雇用形態
仕事の内容・職場における地位
就労形態(曜日固定、シフト型など)
勤務日数・就労時間
勤務地
給与支給総額
その他(申請者の希望事項)
会社の証明印

また、最近では収入証明書や社員証など勤務先が分かる書類を提出するだけで対応していくれる結婚相談所もあるので、どうしても提出が難しい場合は一度相談をしてみるのもいいでしょう。

在籍証明書サンプルはこちら

収入証明書

収入証明書とは、1年間にどのくらい収入があるのかを証明する書類です。
また、収入証明書では、源泉徴収票・毎月の給与明細書何方でも良い結婚相談所もあります。提出する収入証明の期間は2~3ヶ月分程度で大丈夫な結婚相談所もありますが、結婚相談所により年収の計算方法が異なる為、12ヶ月分以上提出を求められる結婚相談所等もあります。

提出する収入証明の期間については、各結婚相談所に事前に聞いておくのが良いでしょう。

収入証明書の入手方法

収入証明書は勤務先または、役所で入手することが可能です。また「収入証明書」は正式名称ではなく、「住民税納税通知書」や「住民税納税証明書」というのが正式名称になります。支払給与総額が記載されているものを受け取りましょう。
また、収入証明書は女性の提出義務がなく、男性の提出義務が多い傾向です。

本人確認書類

結婚相談所の本人確認書類では、氏名・年齢・性別・生年月日・住所が分かる、運転免許証・パスポート・健康保険証・マイナンバーカード・住民基本台帳カードのいずれかの一つを必要とされます。

本人確認書類では入会希望者が本人であることを確かめる為、顔写真付きの書類を求められる事が多く、上記で挙げた中の運転免許証・パスポート等を提出義務付けれる事が多いです。

口座振替依頼書

口座振替依頼書とは、結婚相談所で発生する初期費用・月額費用を自動引落を行う場合に、銀行にご自身が持たれている預金口座から自動引落をして貰う為の依頼書です。料金のお支払について入会時に必要とする結婚相談所もありますので事前に入会する相談所に聞いておきましょう。

口座振替依頼書の入手方法

公共料金などの口座振替依頼書は、銀行の窓口、ATMの脇に置かれています。見付からない場合は、銀行の行員の方に直接、口座振替依頼書を求めればお手元まで持ってきてくれます。

ですが、一般企業(結婚相談所等を含む)の口座振替依頼書については、基本的に企業側が作成している用紙が多いので、事前こちら側で用意する必要があるのか確認しましょう。

公的資格証明書

公的資格証明書とは保有している視覚を証明する書類です。医師や弁護士、税理士や会計士等資格が無いと就くことの出来ない職種を証明する書類となり、そのような職種に就かれている方は任意で提出を求められる事が多いです。

この公的資格証明書の提出では、国家資格・公的資格・民間資格の3つの資格のいずれかの取得している方が求められますが、中でも取得の難しい国家資格を持ち、その資格を職業にしている方が強く提出を求められます。

また、公的資格証明書の提出義務を必ずしている、結婚相談所は少ないです。ですが、医師や弁護士など難しい職種についている場合は、証明書を提出している方が異性の方から信頼を得ることが出来るので、もしそのような職業に疲れている方は是非、提出をしておきましょう。

公的資格証明書の入手方法

各地方法務局にて600円分の収入印紙を収めて入手することが出来ます。また電子申請にて入手することも可能ですが、こちらはやり方がかなりややこしいので、役所の法務局にて申請をし入手をすることをお勧めします。

プロフィール写真

プロフィール写真は結婚相談所によって、提携のフォトスタジオを紹介されることが多いです。ですが稀にご自身でフォトスタジオで撮影してこなければいけない場合があるので、身近なフォトスタジオで撮影をしておきましょう。

まとめ

結婚相談所に入会するにあたり必要な書類について参考になりましたでしょうか?
入会前に必要な書類を事前に整理・準備しておくことで、良いスタートダッシュを切ることが出来ますので是非この記事を参考に準備をしておきましょう。

スポンサード