婚活市場は女余り!?男性が減った3つの理由と、理想の相手を射止めるコツ

近年、婚活の方法は多様化しており、婚活パーティーやアプリなど、様々な手法が生まれています。このような状況で、婚活市場の女余りが発生していることはご存知でしょうか?

需要と供給のバランスが崩れ、女性にとっては厳しい戦いとなることが多いです。

なぜそのような状況になっているのか、この記事では女余りが起きている理由と、その状況でも理想の男性を見つけるコツについて紹介します。

これから婚活を頑張ろうとしている女性は、ぜひ記事をご覧ください。

婚活市場は女余り!?実態を解説

婚活市場では、一昔前は女性が男性を選ぶ立場が多かったです。ところが昨今では、女性の数が多くなり、反対に魅力的な男性を女性が取り合うという形が増えています。

特に顕著なのが、バーやラウンジなどで出会いを探す『相席系』のお店です。相席ラウンジや相席居酒屋などでは、ほぼ確実に女性客のほうが多くなっています。こうなると男性側が有利で、少しでも気に入らない点があるとすぐにチェンジされてしまうでしょう。

特に30代を超えると、女余りの状態はより加速してしまうので、現状を認識して、早急に婚活に動き出す必要があります。

婚活市場で女余りが起きている3つの理由

こちらでは、なぜ婚活市場で女余りが起きているのか、その理由を3つ紹介します。

  1. 女性の負担額が少ないから
  2. 結婚願望のある男性が減っているから
  3. 婚活に積極的じゃない男性が増えたから

それぞれ詳しく説明するので、理由をしっかりと把握してから、対策を考えるようにしましょう。

【婚活で女余りの理由1】女性の負担額が少ないから

女余りになる大きな理由として、婚活市場における女性の負担額が少ないという理由が挙げられます。

女性の負担額が少ない理由は、たくさん女性を集めて男性の気を引くことが目的なのですが、必要以上に集まりすぎているという状態なのです。

たとえば相席系のお店だと、女性はどれだけ飲み食いしても無料で利用できます。こうなると「とりあえず行ってみよう」と考える女性が増えますよね。すると男性の数に対して、女性の数が3~4倍いるという状態ができてしまうのです。

反対に男性は女性が無料な分も料金を負担するので、1回の利用で5,000円~10,000円以上かかることも珍しくありません。男性からすると、コスパが悪くて利用しにくいのです。

このように、女性の負担が軽すぎて、男性の負担が重すぎるという点が、女余りを加速させている理由と言えます。

【婚活で女余りの理由2】結婚願望のある男性が減っているから

結婚願望のある男性が減っていることも、枯渇で女余りが起きている理由です。

最近は結婚をせず、独身貴族として生活を続けようと考えている男性が増えています。自分で稼いだお金は自分の趣味に充てるなど、悠々自適な生活を送っているのです。

「婚活やデートにお金を使うくらいだったら自分のために使う」という考えから、婚活市場に行く機会が減り、その結果女余りが増加してしまいます。

結婚願望がある男性が減っているという状況は、女余りを加速させる大きな理由です。

【婚活で女余りの理由3】婚活に積極的じゃない男性が増えたから

婚活に積極的じゃない男性が増えたことも、女余りの理由です。

草食系男子と言う言葉が出て久しいですが、いまだにアプローチに積極的じゃない男性は増え続けています。婚活には行かず、趣味でやっているサークルなどで自然な出会いを探しているだけという男性は多いです。

また、男性は30代を超えても婚活に困ることはありません。歳を重ねた魅力を発揮して、30代・40代になっても20代の女性と交際している人は多いです。

女性は反対に、歳を取ると婚活で不利になってしまいます。この意識の差から、婚活市場で女余りが増加しているのです。

女余りの状況でも、婚活を成功させて理想の男性を見つける3つのコツ

こちらでは、女余りの状況でも、婚活を成功させて理想の男性を見つける3つのコツについて紹介します。

  • 出会いの場に行く数を増やす
  • 待ちの姿勢をやめて、積極的に行動する
  • 高すぎる理想を捨てて、許容範囲を広げる

それぞれ詳しく確認しましょう。

【女余りでも婚活を成功させるコツ1】出会いの場に行く数を増やす

出会いの場に行く数を増やすことは、婚活を成功させるうえでかなり重要です。

基本的に女性は婚活の場に行く数が少なく、一度行ってうまく行かないと、次につなげようという気がありません。女余りという現状を考えると、少しでも多くの婚活の場にいって、出会いのチャンスを増やすことが求められます。

幸いにも女性は婚活イベントの参加費が安いです。経済的な負担は少ないので、休日には積極的に婚活の場へと訪れましょう。

出会いの数を増やすだけで、すんなり婚活が成功するという女性は多いですよ。

【女余りでも婚活を成功させるコツ2】待ちの姿勢をやめて、積極的に行動する

待ちの姿勢をやめて、積極的な行動を起こすことも重要です。

婚活では、男性が女性にアプローチをかけて、女性がそれに対応するという形が一般的になっています。ところが女余りが起きている現状だと、人によっては男性からまったく相手にされないことも十分にあり得るのです。

待っているだけでは何も始まらないので、こちらから積極的にアプローチをかけることも意識しましょう。

  • 積極的に話しかけに行く
  • 自分からメッセージを送る
  • デートの提案を行う

など、待ちの姿勢をやめてみてください。

女性から行動すると聞くと「ガツガツしすぎると引かれるのでは」と思うかもしれませんね。ところが現状の婚活市場では草食系の男性も多く、女性がアプローチをかけてちょうどいいバランスが取れるケースも多いです。

今までは待ちの姿勢で戦っていた人も、これからは積極性を持って行動してみましょう。

【女余りでも婚活を成功させるコツ3】高すぎる理想を捨てて、許容範囲を広げる

高すぎる理想を捨てて、男性の許容範囲を広げることも、婚活の成功には重要です。

特に若い女性にありがちなのですが、男性の理想を高く持ちすぎて、せっかくいいアプローチが来ていてもスルーしてしまう人は少なくありません。

その状態が続くといざ歳を取ったときに、誰にも相手にされない状態になってしまうので、妥協点はしっかりと見極めましょう。

  • 高すぎる理想年収を下げる
  • 身長や容姿など、多少の不満点には目をつむる
  • 性格や価値観の相性をより一層重視する

自分が考えている男性像が、実は理想が高すぎたという状況は多いです。

現状の婚活市場をしっかりと把握し、高すぎる理想は捨てて、現実的な出会いを探してみてください。

まとめ:積極的な婚活で、女余り市場を脱却しよう

今回は、婚活市場が女余りになっている理由と、その状況で婚活を成功させるコツについて紹介しました。

男性の積極性が減り、女性の婚活利用料金が下がっている昨今では、女余りの状況は避けられません。不景気な状態なども考えると、しばらくは女余りの状況が続きそうです。

女性側も積極性を持ち、男性に細かいアプローチを仕掛ける必要があります。素敵な男性との婚活を成功させるためにも、色々なアプローチ方法を考えてみましょう。