2対2なら安心して会ってくれる!?Omiaiの「ペアで会いたい」のシステムを解説

マッチングアプリで実際に会うとき、特に女性は知らない男性と会うのを警戒します。遊び目的やヤリ目的だったらどうしよう・・ということもありますし、怪しいビジネスや宗教の勧誘も可能性はゼロではないからです。

もし一緒に友人と2対2出会うことができれば・・・、変な人に会っても助けを求めることができます。

実はOmiaiには「ペアで会いたい」というシステムがあり、これによって初回面接のとき1対1で会わなくても済むことができます。今回はその「ペア出会いたい」のメリットやデメリットについてお話ししていきたいと思います。 

Omiaiの「ペアで会いたい」とは

Omiaiの「ペアで会いたい」とは、マッチング後初回に会うときに、1対1ではなくそれぞれの友人と一緒に2対2で会いたいという意思表示です。

プロフィールの「マッチング条件」の「ペアで会いたい」に「はい」でその意思表示をすることができます。

ただし、2対2で会うのは義務ではなく、やり取りの中で調整していくことになります。あらかじめの意思表示に過ぎず、結局信頼できる人だと思えば1対1で会っていただいても構いません。

もっというと、やり取りのなかで3対3になるかもしれません。こうなるともはや合コンですが・・・。

ペアで会いたいに設定するメリット/デメリット

ペアで会いたいに設定しても、絶対にペアで会わなければならないということではありませんが、一定の効果が期待できます。一方でデメリットもあり、両者をよく比較検討する必要があります。

メリット:安心感がある、遊び目的の人をスクリーニングできる

2対2でもいいよという人は、グループ交際でも問題なし、まずお互いに変な人ではないですよというリスクヘッジをしてくれる人です。つまり、ガツガツしておらず、遊び目的やヤリ目的の可能性が低い人です。

もちろん、女性側も友人同伴ならば安心できます。面接時に安心でき、かつ遊び目的など邪な人をスクリーニング(選別)できるのが「ペアで会いたい」のメリットです。

デメリット:調整の必要性、友人が気に入られる

もちろんデメリットもあります。友人と一緒に会うということは、その友人にOmiaiを自分がやっているということを伝えなければなりません。また相手側も友人を誘うわけで、その調整に時間がかかるかもしれません。

1対1なら週末に会えるのに、2対2だと結局調整できずに終わってしまうこともあります。

また、友人同伴ということはその友人の方をお相手が気に入るかもしれません。自分よりも容姿がいい人、スペックがいい人を誘うのはリスクがあります。言い方は悪いですが「引き立て役」を連れていくことが求められます。

ペアで会いたいでマッチング率

「ペアで会いたい」を選択するとマッチング率はどうなるのでしょうか?少し考えてみたいと思います。

そこまで変わらないか多少下がる

実際に「ペアで会いたい」を設定してもそこまでマッチング率が下がることはないようです。ただし、上がることはなく、むしろ多少下がるという傾向になります。

男性が「ペアで会いたい」を設定している場合マッチング率が下がる

女性から見ると1対1で会えない頼りない男というイメージを持つ人がいます。マザコンか?女々しい、こういう印象を持たれてしまうのでよくないです。誠実な男性をアピールしたいのかもしれんが「一人で何もできない男」という印象を持つ女性もいます。

女性が「ペアで会いたい」を設定している場合あまり変わらない

「慎重な人、身持ちが堅そう」というイメージを持つ人もいます。一方で「男性を信用していない」「自意識過剰」とマイナス評価を持つ人もいます。プラスとマイナス合わせてトントンという感じです。

男女合わせるとややマッチング率はマイナス

以上、男女別に考えると「ペアで会いたい」を設定していると

  • 男性:-
  • 女性:±0

で男性のマイナス分だけややマッチング率が下がるということになります。あくまで「ペアで会いたい」は女性が変な男性に引っかかるリスクを下げる機能だということが分かります。

ペアで会いたいに設定している人に対しての男性の本音

筆者は男性で過去にOmiaiを使ったことがありますが、本音とすれば、1対1で会いたいです。遊び目的とかそういうのはなくても、2対2だと上手に話す自信がなく、さらに次にどうやってつなげればいいのか結構難しいです。

また2対2で会うのか、「抜け駆け」を許すのか、ひょっとすると一緒に連れて行った友人にさらわれるのでは?など、対本命(「いいね」した人)以外との駆け引きも生まれてしまいます。

リードすることの多い男性からすると、なるべく1対1の方がありがたいです。ただ、「ペアで会いたい」に設定しているから「いいね」しないということはないです。やり取り次第で1対1に持ち込めばいいので。

ペアで会いたいでもマッチング率を上げる方法

「ペアで会いたい」を設定しても、していない場合と同様、あるいはそれ以上にマッチング率を上げる方法があります。慎重に相手を選びたいという姿勢をっプラスに変えて行きます。

 プロフィール・写真を充実させる

プロフィールや写真の充実は不可欠です。なぜならいい加減なプロフィールで「ペアで会いたい」を設定していると、仲間と2人がかりで勧誘をしてくる人と思われるからです。1対1よりも連係プレイで勧誘、洗脳されるリスクを考えてしまいます。

プロフィールや写真が充実していると、真面目にかつ慎重な出会いを求めている人だと好意的に解釈され、マッチング率が高くなるはずです。

充実したプロフィールの作り方については、Omiaiでモテるプロフィールとは?男女別でマッチング率が120%UPする写真と紹介文の例を大公開!!、を参照していただければと思います。

設定はせずにある程度やりとりをしてからペアで会いたいにする

「ペアで会いたい」は「はい」「いいね」以外に設定なしにすることもできます。実は設定なしが一番マッチング率が高くなります。自分の意思を示さないので、真面目な人も不真面目な人も申し込むことがあり得るからです。

1対1で会うのが怖い場合、設定せずにマッチングして、ある程度やり取りしてから、「ペアで会いたい」に変えるか、2対2で会いたい旨を伝えます。真剣な人であればそれを許容してくれるはずですし、実は遊び目的などの人は、自然にフェードアウトしていきます。

最初からスクリーニングせずマッチング率を上げて、途中で切り替えて、マッチング後に選別するというやり方も場合によってはありです。

まとめ

以上「ペアで会いたい」について解説しました。この機能は他のマッチングアプリにはなくOmiai独自のものです。男性の場合、設定してもメリットはありません、一方、女性は設定するとメリット、デメリット双方あるので、ご自身がよく考えて戦略的に利用してください。

男性の本音は「1対1がいい」ですが、変な男を寄せ付けない効果もあり、1対1で会うリスクをどこまで見積もるかになります。

「ペアで会いたい」に設定したから必ずペアで会わなければいけないわけではありません。設定してみて相手の反応を探りながらでもいいので、いろいろ試してみてください。