クロスミー(CROSS ME)にサクラや業者はいる!? 見分け方と対策を解説

マッチングアプリで相手を探す場合、「サクラがいたらやだなー」というのが正直な感想だと思います。

せっかく有料会員になり苦労してマッチングしても、実際にその人会っても、その人がサクラだったら、苦労が無に帰してしまいます。

今回この記事では「クロスミー(CROSS ME)」にはそういったサクラや業者はいるのか?と言うところから、「見分け方」「対策」までを解説していきますのでご参考ください。

マッチングアプリ「クロスミー(CROSS ME)」とは?

まずはじめに、今回紹介する「クロスミー(CROSS ME)」はどんなマッチングアプリなのかをこの項目で簡単にご紹介します。

スマホの位置情報を利用

現在日本には数多くのマッチングアプリがありますが、その中でも「クロスミー(CROSS ME)」は、スマホの位置情報を利用して、近くにいる(本アプリをインストールしている)異性を見つけられるという「すれ違いをきっかけに」というコンセプトを持っている他のアプリに無い機能を持ったマッチングアプリです。

「どんな人と、いつ、どこですれ違いをしていたのか」がわかるので、自分の行動範囲にいる人と出会いやすくなります。

もちろん、旅先で運命のすれ違いをした人と交際に発展、という可能性もあります。どこで出会ったのか、というきっかけをこのアプリは与えてくれます。

また、すれ違いだけでなく普通の検索を経由したマッチングもあるので、種類の違う多くの出会いを堪能できるでしょう。

クロスミー(CROSS ME)は女性会員無料。それにともない男性のチャンスもアップ

クロスミー(CROSS ME)は女性完全無料です。女性会員の人はすべての機能を無料で使うことができます。必然的に女性の無料会員が多くなり、男性も出会いのチャンスが増えます。

すれ違う異性の数も増えるので、加速度的に出会いのチャンスも増していきます。すれ違いを考えた場合、通常のマッチングアプリ以上に異性の絶対数が多いというのは大切なのです。

「クロスミー(CROSS ME)」にサクラや業者はいる?

「クロスミー(CROSS ME)」には果たしてサクラはいるのでしょうか?サクラがいたとしたら、会員のやる気は大きく下がってしまいます。

こちらの項目でクロスミーにはサクラが存在するのかしないのかについて解説していきます。

「クロスミー(CROSS ME)」にはサクラはいない!

そもそもサクラとは?

「サクラ」というと、運営側が用意した数合わせのバイトや、彼氏がいるのにお見合いパーティーに出ている人を想像するかもしれません。悪質な運営者だと、「サクラ派遣サービス」(そういうものがある)を利用しているところもあるようです。

マッチングアプリでは、会うまでにお断りすればいいので、主婦や、場合によっては「男性が女性に成りすます」ことも可能になります。学生のバイトだっているかもしれません。

「会員数の水増しやサービスが盛り上がっているようにアプリの運営が演出すること」これがマッチングアプリにおけるサクラになります。性別も一概に女性とは限りません。

「クロスミー(CROSS ME)」にサクラは必要ない!

マッチングアプリでは、サクラ(対象となる異性として成りすます)は、結構いると言われていますが、「クロスミー(CROSS ME)」について、サクラがいる可能性はかなり低いです。

というのも、「クロスミー(CROSS ME)」側にサクラを入れるメリットがないから。現状クロスミーの会員数は右肩上がりで上昇していて、2019年5月には50万人を突破しました。

そんな中サクラを投入しユーザーから「サクラがいる」との声を拡散されてしまってはせっかくの積み上げが全て台無しになってしまいます。

このように、そもそもクロスミー(CROSS ME)側でサクラを雇うメリットはないのです。

しかし、「業者」はいないと言い切れない

サクラこそいませんが、「業者」に限ってはいないと言い切れません。(どのマッチングアプリもそう)

「業者」とは?

婚活で会う「業者」とは、あるサービスに登録させようとしたり、商品を買ってもらおうとしたり、ネットワークビジネスに入会させたり、怪しい宗教に誘ったり・・、、マッチングをビジネスチャンスや所属する団体の利益に変えたい人たちを指します。

具体的な手口としては、マッチング後、やり取りをする中で、商用サイトに誘導したり、別のマッチングサイトに誘導させたりします。

また、実際に面接するところまで持っていき、そこで特定のビジネスに勧誘する、という従来型の悪質な業者もいます。

ちなみに筆者も、過去に(クロスミー(CROSS ME)ではありませんが)、マッチングアプリで出会った人にネットワークビジネスと新興宗教の勧誘を一度に(!!)されたことがあります。

業者とサクラの違い

「業者とサクラ」両者には明確な違いがあります。

  • サクラ

運営が用意する動員、いると見せかける(バイトやメシモク。個人的な営利目的)

  • 業者

運営以外の第三者(個人や企業)がビジネス目的で入会し、会った時に商品を契約させたり、外部サイトへ誘導し入会させたりする(仕事でしている)

このように業者(登録者)が独身ならばそれ以上の個人的事情を調べることができません。なので業者を100%排除はできないのです。

「クロスミー(CROSS ME)」での業者の特徴・見分け方

「クロスミー(CROSS ME)」にいる「業者」は以下のような傾向があると言われています。

業者の特徴

①やたらと高スペックである

年収や居住地などがハイスペックであるのに、どういう職業をしているのか書いていない人です。あとは高身長、超美人など。本人のプロフィールではない可能性もあります。

②パーティー写真や集合写真が多い

ネットワークビジネスなどは、複数で囲んで勧誘することも多く、横の連帯意識が強い傾向にあります(まさに「ネットワーク」です)。

新興宗教も同様に、会合や洗脳イベントで集まることが多く、本人はそうした時の写真を掲載することに抵抗がありません。もちろん狂気と信仰心でマインドコントロールされているからです。

一概にパーティー写真や集合写真が悪いということではなく、そういった方が多いということ。大人数での写真を多く載せている方は少しだけ注意しておくといいかもしれません。

③いきなりLINEやメールアドレスを聞いてくる

本来は、1対1で会うまでは専用トークルームやアプリ上でやり取りをして、会った時に連絡先(LINE-IDやメアド)を交換するのが基本ですが、業者の場合、それをすぐに聞き出そうとします。当然それをビジネスに悪用します。

メアドもLINE-IDも立派な個人情報です。これを第三者に売り渡すかもしれません。こちらも全員がそうとは言えませんが、「いきなりLINEやメールアドレスを聞いてくる人」は業者の可能性が上がるということだけは覚えておくといいでしょう。

④すぐに会いたがる

クロスミー(CROSS ME)でも、もちろん、目的は実際に会ってお付き合いをすることですが、メッセージのやり取りもそこそこに、いきなり「会いたい」といってくるのは問題です。危機感がないカモだと判定する装置としてこの質問が使われているかもしれません。

「こいつは金になる」と思えば、業者はどんどんビジネスを仕掛けてくる可能性があります。

クロスミーの業者対策

前述の通り、クロスミー(CROSS ME)に「業者」がいる可能性はゼロではないかもしれません。会員資格は「その人であること」なので、それを満たせば審査に通ります。また、独身証明書の提出もいらないので、既婚者が紛れている可能性もあります。

そう考えると、利用者は安心して「クロスミー(CROSS ME)」を使うことができないと思われるかもしれませんが、クロスミー運営では以下の方法で、業者が入るリスクを減らしています。

カスタマーサポートでの対策

年齢確認画像の確認と承認

マッチングアプリは18歳未満の利用は厳禁です。18歳未満とのやり取りは、大きなトラブルや犯罪の温床にもなります。

「美人局」的な業者がいるかもしれず、その相手が18歳未満であれば「児童〇〇」「未成年者〇〇」など犯罪のリスクを背負うことになります。

年齢によるトラブルを防止するため、入会の際には、身分証明書によって本人であるかどうかのチェックと同様に、本当にその人が18歳以上なのか、厳格にチェックを行っています。

違反報告内容の確認と調査

業者はもちろんのこと、セクハラや嫌がらせ、誹謗中傷、差別的な言動等、あってはならないことをする人はいます。そうした人がいた場合、「違反報告」をすることができ、運営の方で厳しペナルティを課します。

クロスミーアプリの信用にも関わるので、報告に迅速に対応し、すぐに厳正な対処をします。

監視システムによる対策

24時間体制の監視

「クロスミー(CROSS ME)」では24時間体制でネットパトロールを行っています。不適切なメッセージや差別的な言動等を行った人がいればすぐに対応しているので安心してください。

不審ユーザーの強制退会

禁止行為、違法行為など悪質なことをした会員を強制退会措置させることができます。実際にはそれまでに何度か警告が行くのですが、本当にダメなことをした人には断固とした対応をとってくれるので安心してください。

会員ユーザーによる通報システム

もし、メッセージのやり取り中や、実際に会って業者に勧誘された場合、通報システムがあるので、遠慮なく通報してください。

  • 通報したい相手のプロフィールページにアクセスする
  • 右上の「…」を押す
  • 「違反報告」を押す
  • 違反内容を選択する
  • 違反理由の詳細を入力する

違反内容を送信すると、前述にもある通りクロスミー(CROSS ME)運営がどのような違反をしているか、チェックをします。当事者に詳細を聞くこともあるようで、違反されたユーザーにも事情を聞きます。

それを踏まえて、通報された人が、本当に悪質な業者や悪質ユーザーだと認定されれば、警告や退会措置などがとられます。

しかし、条件も存在します。

  • 違反していない人を何度も違反報告すると(振られた嫌がらせや逆恨み、逆切れ)、その人がクロスミー(CROSS ME)から処分されるリスクがある
  • クロスミー(CROSS ME)で対処できないこと(乱暴された、無理やり連行された、詐欺にあった等)はもはや犯罪なので警察に相談する(クロスミーでは対処できない)

これを知っておいてください。犯罪は警察に言うのが正しい選択になります。

「クロスミー(CROSS ME)」で理想の恋人探しを!

このように「クロスミー(CROSS ME)」は、すれ違いによるマッチングを売りにしているため、物理的にサクラを関与させることは難しく、サクラがいる可能性はとても低いです。

一方で、ビジネス目的など「業者」を完全に排除することはできません。結婚相談所のように独身証明書の提出などを求めると、マッチングアプリの気軽さを失ってしまいますし、この会費では運営できないので。

したがって、ある程度自衛しながら、業者を避けて、真剣に出会いを求めている人とのマッチングを目指しましょう。

まず無料会員ですれ違いがどのくらいできるのか試していただき、うまくいくようならば、有料会員へ移行し、続けてみてください。新しい出会い方、ぜひ体験してみてください。