年収500万円の男性を結婚相手にするとどんな生活になる?|見極めポイントも解説

結婚相手となると、どうしても考えないといけないのが年収。一生一緒に生活していく中で、金銭面はかなり重要な点の一つです。いくら優しくても愛していても、お金が無いと生きていけないですし、今後のライフプランにも大きく関わります。

そこで今回は、婚活で年収500万円の男性と出会うための方法や、出会ったときに確認したいことなどをご紹介します。

婚活市場に年収500万円の男性はどれくらいいるのか?

年収500万円の男性はそこまで多くありません。しかし、多くの婚活女性が相手に求める最低年収を500万円にしているため、人数の割に需要があるので非常に競争率は激しそうです。

年収が500万円以上と書くだけで、マッチング確率が上がったり相手希望者がぐっと増えるといいます。年収500万円というと、専門職で資格を持って仕事をしていたり、会社で役職があるなど、普通のサラリーマンではなく特別な職の人が多いです。

ただ、リアルでも年収500万円の男性はモテるので、そもそも婚活している人が少ないということもあるので、激しい戦いになるのは避けられないですね。

婚活中の年収500万円の男性と結婚した場合の生活

婚活アドバイザー
年収500万円の男性と結婚した場合の生活は、どのようなものになるのでしょうか。様々な視点から考えてみました。

専業主婦になれるかどうか

年収500万円と言えど、500万円が手元にそのまま丸々入ってくるわけではありません。税金などが入るので、大きくマイナス100万円以上が手取りになるはずです。とは言え、家賃や食費なども考慮し1ヶ月の出費をしっかり計画すれば、年収500万円の人と結婚しても専業主婦で生活していけるでしょう。

ただ、今この時代に年収500万円がいつまで続くかわからないので、頼りっぱなしにならないよう様々な逃げ道を考える必要がありそうです。

どういったところに住めるか

年収500万円の人とどんなところに住めるかですが、これは家族の人数によります。ただ、マイホームが欲しいという人も多いのでお伝えしておくと、通常年収の5倍までを目安に家を購入するそうなので、年収500万円だと2,500万円になります。

しかし、東京でのマイホーム検討は最低でも2,800万円スタートが多いので、なかなか東京で家を買うのは難しそうです。本当にマイホームが欲しいのか、どの場所にどの大きさの家が欲しいのか、しっかり検討し確認した上でマイホーム購入を進めていきましょう。

旅行などの娯楽はどれくらいできるか

旅行も一回の旅行でどれだけの金額を使うかによって、年間で旅行にいける可能性というのがぐっと変わります。

たとえば、子供なしの夫婦二人の海外旅行は口コミで多いのが年に一回の海外旅行または年に数回の温泉旅行。もちろん、宿のクオリティや旅行先でどれだけ予算を使うかによって大きく変わりますが、それでも海外旅行はそこまで多くいけないでしょう。

もし子供がいる場合は、海外旅行もなかなか難しいので、どうしても国内になってしまいそうです。もし海外旅行に行きたい場合は、収入を増やす必要があります。旅行や娯楽も家族で楽しみたいなら、共働きは避けられなそうです。

将来のための貯金はどれくらいできるか

将来のための貯金は年収500万円だとすると、そこまでたくさんの金額はできないでしょう。ただ、子供がいなければ少しずつ貯めることは可能です。

子供がいる場合、何かとお金がかかってくるのでなかなか計画的に貯金するのは難しいかもしれません。ただ、普段の生活費などをできるだけ節約したり、貯金する分を別の口座にするなど、手をつけないよう貯金できるように工夫する必要がありそうです。

日々の積み重ねで上手にやりくりできると良いですね。

婚活中の年収500万円の男性に出会う方法

婚活アドバイザー
続いて、そんな年収500万円の男性に出会う方法をご紹介します。

結婚相談所に無料相談する

これだけオンラインの婚活サービスやマッチングアプリがどんどん出現しているのに、わざわざ結婚相談所へ無料相談するという人は、非常に真面目に今すぐにでも結婚をしたいという人が多いそう。他の婚活サービスより入会金や月会費が高いですが、結婚相談所の相談員さんはプロ。これまでたくさんの人の結婚の悩みを聞いて来ました。

そして、年収500万円の人は人口が少ない代わりに非常に競争率が激しいのでしっかり対応してくれる結婚相談所が丁寧で良いでしょう。店舗に出向くというデメリットはあるものの、時間さえ調整すれば無料で相談が受けられるのはとても魅力的ですね。

婚活パーティーや街コンに参加する

オープンの場でしっかり一人一人顔を見ながら話ができる、婚活パーティーや街コンで年収500万円の人と知り合う方法もあります。

年収500万円の人の人口は低く競争率が高めと言いましたが、意外と婚活市場に出て来ている人が多いと言います。そのため、場所を選んだり日付をよく見てどんな人が集まるのかをしっかりチェックする必要がありますが、婚活パーティーや街コンなどの大きな場でも年収500万円の人と出会える確率は高そうです。

ただ、街コンや婚活パーティーでは一人一人の持ち時間や相手とじっくり話すことは難しいので、必ず連絡先を聞いて二人だけのデートに持っていきましょう。待つのではなく、積極的に声をかけていくことが、婚活パーティーや街コンで他の人と差をつけられるポイントでしょう。

婚活中の年収500万円の男性と出会ったときにかくにんするポイント

婚活アドバイザー
「実は500万円は一時期だけで今は稼げていない……」なんてことも、交際後や婚約後に見つかってしまう可能性も否定できません。

年収の嘘・偽りがないかを疑ってみる

年収500万円は婚活市場において、一つの大きなボーダーラインとなります。そのため、相手が本当に「年収500万円」か見極めるためには

  • どんな仕事をしているのか
  • どんな小物を身につけているのか
  • 普段の生活・趣味

などを質問してみると良いでしょう。たとえば、

  • 事の内容が明らかに役職についていない
  • 財布がかなりボロボロだったりブランド物でも昔のモデルを使っている
  • 腕時計が型落ちしているモデルを身につけている

など、観察力を細部まで働かせることでしっかりチェックすることができます。コミュニケーションで見破りましょう。

稼いでいたとしても、それが他の人にも話せる真っ当なことか

「年収500万円」という収入がどこから来ているのかを調べることも非常に大切です。

もしかしたら誰かをだまし取っているお金かもしれませんし、副業で情報商材を売りつけて詐欺まがいなことをやって稼いだ500万円かもしれません。相手にとっては同じお金かもしれませんが、面向きにしっかり話せる内容でないと、年収500万円はこれから上がりもしませんし続きません。

そして、年収500万円は比較的真面目な人が多いので、騙して稼いだお金ではそういった人柄もまったく現れません。できるだけ彼と話すことでどんなことをしているのか、ちゃんとお金の出所を話せるのかも漏れなくチェックしましょう。

なんだかんだ相性も大事

婚活に焦ってしまうと、年収500万円という数字だけをみて「この人と結婚しよう」決めてしまうこともしばしばあるそうです。しかし、男性はお金で決めるものではありません。結婚はこれからの一生を一緒に共にしていくためにすることなので、

  • しっかり中身をみて自分と合うかどうか
  • 譲れない部分はクリアしているか
  • 譲れない部分以外は全て許せるのか

など、自分の中でしっかりと判断基準を持って婚活をすることをオススメします。

この時代、いつ会社が潰れてもおかしくありません。会社から帰って来たらクビになっていたなんてことも可能性はゼロではありません。もちろんお金はかなり大切ですが、しっかり結婚相手は中身で判断しましょう。

まとめ

年収500万円は婚活市場において人口は少ない割にそこまで難しい壁ではなさそうです。子供がいる場合は共働きも避けられないケースがありそうですが、それでも二人で暮らしていくのであれば、専業主婦でも問題はなさそうです。

ただ、一般企業に勤めている場合、経営次第では仕事が続かなくなるケースもあるので、頼りっきりはよくありません。二人で話し合って素敵な家族が作れると良いですね。