見た目だけではなく表情や仕草も大切!『メラビアン効果』で最高の印象を作る恋愛テクニック

恋愛悩み人

「話すのが苦手で、どんどん輪から外れていってしまう気がする…」

「自分に自信がないからいつも第一印象で良い印象を与えられない…」

グループでデートに行ったときや、合コンでこんなことを思った経験はありませんか?

実は、人が相手を判断するのに「トーク力で惹きつけている」のではなく、「話し方や表情で93%を判断している」という事実は知っていますか?

就活で「面接官は入ってきて3秒で合否が決まっている」なんてこと、聞いたことがあるかもしれません。まさにこれがメラビアン効果なのです。

「一言も話していないのになぜ合否が決められてしまうのか」と思う人もいますが、上手な人はメラビアン効果を上手に使い、人に気に入られたり、合格をもらったりしています。

そんなメラビアン効果は恋愛にも使うことができるので、今回詳しくご紹介します。

メラビアン効果とは?

メラビアン効果は言葉の内容よりも、外見や話し方、声などにより相手の印象を左右するという、心理学者のアルバート・メラビアンが提唱した効果です。

「人は見た目が9割」という本も出るほど、人の印象とは外見で判断されることがほとんど。

さらにメラビアン効果では、人が誰かを判断するときには外見が55%、話し方が38%、話の内容は7%とされています。

良く面接で入ってきた瞬間に合否が決まると言われますが、これもメラビアン効果です。

いくら素晴らしい志望動機を話していても、スーツがよれっとしていたり、シャツにアイロンがかかっていなかったり、どちらかの袖が長かったりするだけで印象は悪く働きます。

もちろん志望動機は7%なので全く聞いていないわけではないのですが、55%の外見でほぼ合否を決めているとはこのことです。

逆に志望動機が薄っぺらい内容だったとしても、スーツをビシッと着ていて、ワイシャツもとても清潔感のあるものを身につけ、袖のボタンやシャツのボタンもしっかり止めて一生懸命熱意を伝えると、合格することもあるということです。

これは恋愛にも使うことができ、その印象がずっと付きまとうこととなります。

もし初対面で気になる相手に出会えることができたときには、これから説明するメラビアン効果を上手に使いましょう。

メラビアン効果はほんとうに効果があるのか?

メラビアン効果は本当に効果があるのかということですが、あなたは人をどのようにして判断しますか?

初対面でニコニコしながら挨拶し、握手まで求めて来た人に「あの人は一人で行動することが好きで、人付き合いが苦手なんだな…」とは思いませんよね。「きっと普段から友達も多く信頼が厚い、頼られる人なんだなあ」と想像するかもしれません。

こちらから相手を見たときも、むすっとしている人よりも、ニコニコしている人の方が「あの人と一緒にいたら楽しいかも…」と思わず話しかけたくなってしまいます。

人の印象は第一印象で決まることが多く、一度印象付けられてしまうと、後に印象を大きく変えることは非常に難しいでしょう。

あなた自身を大きく変える必要も、細かやかなテクニックも必要ありません。あなたがどんな風に相手に思って欲しいのか想像し、それを実践してみましょう。

メラビアン効果を使った恋愛テクニック

恋愛カウンセラー

「人は見た目が9割」という本がありますが、この見た目は美人・顔が整っているということではありません。

メラビアン効果において外見とは、相手の表情や清潔さなどもひっくるめて表されています。

美人な人でも不機嫌な顔をしていたり、怒っている表情の人には近づけないですよね。反対に親しみやすい雰囲気で明るい人には、どんどん人が集まってきます。

今回はこのメラビアン効果を利用した、恋愛におけるシチュエーション、具体的な方法、活かしたい相手をご紹介します。

メラビアン効果を活かすシュチュエーション

恋愛カウンセラー

メラビアン効果を利用したシチュエーションは、

  • 自己紹介のとき
  • 初めて相手と会うとき
  • 二人で一緒にどこかに出かける

ときがぴったりです!

メラビアン効果は相手の話している内容よりも、雰囲気や動作、表情の方が人の記憶に残りやすく、メラビアン効果を上手に使った人の方が、第一印象を良くすることができ、その後の恋愛関係にも非常に有利になるでしょう。

「自己紹介が毎回苦手…」と前日に迷ったり、目的地に着くまでに悩む人は「話す内容をどうしよう…」と考えることが多いでしょう。

しかし重要なのは、話す内容よりも、まずは相手の目を見て笑顔で柔らかい印象を持たせることです。

自分が何か発言をしている時はもちろん、相手が何か話しているときも「聞いているよ」の合図として頷いてみたり、ところどころ笑顔になってみたり…それだけで相手に与える印象はかなり変わります。

二人きりの食事やお出かけの際は、そこに二人しかいないため、より効果があるでしょう。最初のデートはお互い緊張して何を話したかあまり覚えていないのが本当のところ。

そのため、より相手に自分の印象を与えるために、笑顔でいたり楽しそうに話すことで、「また一緒にどこかに行きたいな」と思わせることができます。

メラビアン効果を活かす具体的な方法

恋愛カウンセラー

自分を偽ることなく相手にどんな印象を与えたいかで変わってきます!

例えば、普段から笑うことが好きで、将来は笑いたえない家庭を作りたいと思っている方は、どんな些細なことでも反応してニコニコするのが良いでしょう。すると相手には

「いつも笑っている子」「たとえ辛いことがあっても乗り越えていけそう」

などといった、非常にポジティブなイメージを与えることに成功します。

一方、どうしても人見知りで緊張してしまうという方は、積極的に会話に入らなくても頷いたり笑ったりするだけで大丈夫。話を振られたときには内容どうこうではなく、一生懸命丁寧に説明したり、話そうとする姿勢を見せるだけできっと大きく変わるでしょう。

メラビアン効果を活かしたい相手

恋愛カウンセラー

メラビアン効果を活かしたい相手は、

  • 初めて会う人
  • 二人きりでデートをする相手
  • 顔をあわせる程度でなかなか話すきっかけがない人

です!

初めて会う人には、第一印象を良くすることができ、二人きりでデートをする相手には、会話の内容ではなく動作や仕草などを通して「次も会いたい」と思わせることができます。顔をあわせる程度で話すきっかけがなかなかない人は、向こうから話しかけづらい印象を持たせてしまっているのかもしれません。

そんな時こそメラビアン効果で相手から話しかけてもらえるような雰囲気を出せるよう、アピールしていきましょう。

特にこのメラビアン効果は、自分に自信がない人が行うことをオススメします。自分に自信がある人は、見せ方や話し方で人を惹きつけることができますが、自分に自信がない方は、頭で考えてしまいなかなか上手くいかないという人が多いはず。

難しいことはありません。普段よりも笑顔を多く、自分が話していない時間でもニコニコしているだけで大丈夫です。頭で考えるのではなく、積極的に楽しんでみましょう。

まとめ

メラビアン効果は普段しないことを、気になる相手にアピールするためにするのではありません。会話が苦手でどうしても輪に入れなかったり、緊張してしまい上手く話せないと自信がない人でも、会話ではなく表情や動作、仕草が人を判断する上で非常に重要な要素を、上手に相手に見せていくことで、好印象を与えられるという効果です。

メラビアン効果を利用して、好印象を与えて他の人より一歩リードしてみましょう!