新婚のベッド選びはどうする?シングルorタブル?それぞれの特徴を紹介

新婚悩み人
これからわくわくの新婚生活!住む場所も決めたし、家具選びに行かないとなぁ。

ベッドはどうしようかなぁ。高い出費だし、どうするかちゃんと考えたいなぁ。

新しく住む場所も決まり、これから家具探しをされるんですね。その中でもベッドは毎日使うとても重要なものです。ダブルベッドで寝られている方もおられれば、シングルベッド二つをくっつけて寝られている方もおられるそうです。

今回は新婚でベッド選びに悩まれている方に向けて、シングルとダブルベッドのメリットデメリットをまとめました。

あなたにとってどんなベッドが合うのか、ぜひこの記事を参考に考えてみてください。

新婚でダブルベッドを選んだ場合のメリット・デメリット

恋愛カウンセラー
まずは、ダブルベッドのメリットとデメリットを見ていきましょう。

二人で寝ると言えばダブルベッドのイメージがありますが、果たして実際生活する上ではどうなのでしょうか?

新婚でダブルベッドを選ぶメリット

新婚でダブルベッドを選ぶメリット

  • 二人で一つのベッドを使う仲良し感がある
  • 狭い寝室にはちょうど良い大きさ
  • 距離感が近いため、自然とコミュニケーションが生まれる

 

夫婦のコミュニケーションを大事にされたい方は、断然ダブルベッドがオススメです。シングル二つだと二人の距離はある程度ありますが、ダブルベッドだと狭すぎるわけでもなく、程よい大きさで寝ることができます。

また、寝室があまり大きくない方にもダブルベッドはオススメです。ダブルベッドはシングルベッドが二つのイメージがありますが、実際はシングルベッド二つのサイズはキングサイズよりも大きいものになります。

各ベッドの幅

  • セミシングル 80-85
  • シングル 90-110
  • セミダブル 120-125
  • ダブル 140-160
  • クイーン 160-180
  • キング 180-200

 

ですので、あまり寝室が広くなく、二人の体格的にダブルで十分なのであればダブルベッドを購入されることをオススメします。

私も、現在暮らしている家の寝室が狭く、シングルベッドを二つ置いてしまうと、扉が開けにくい状況でした。二人の体格的にもダブルベッドで余裕があるくらいだったので、私はダブルベッドを購入しています。寝にくいこともなく、満足して使っています。

新婚でダブルベッドを選ぶデメリット

ダブルベッドを選ぶデメリット

  • 幅が140-160であるため、体格によっては狭く感じる
  • 生活リズムが異なると、振動で起こしてしまう
  • マットの硬さやシーツの暖かさなど、パートナーと意見が合わない場合がある

 

ダブルベッドの幅は140-160であるため、体格によっては狭いと感じる人もいるでしょう。私の場合は、身長165cmと150cmの普通体型の夫婦なんですが、ダブルベッドは余裕のあるサイズ感です。

ポーツをやっていたりして、体格の良い方などは、一度二人が横になったときの余裕ある横幅を測ってみましょう。体格によっては、ダブルベッドが選択肢から外れる方もおられます。

また、マットが共通であることもデメリットになります。寝相が悪いと、その振動が都度パートナーに伝わってしまいます。そのため、生活リズムが異なる場合も、途中で入った時に起こしてしまう可能性があります。

マットの硬さやシーツの素材などにお互いこだわりがある場合も、それを統一する必要が出てきてしまいます。

以上の点から、体格が大きい方や、睡眠の質にこだわりのある方には、オススメできません。

新婚でシングルベッド2台を選んだ場合

恋愛カウンセラー
ダブルベッドのメリット・デメリットが見えてきたところで、次はシングルベッドを2台くっつけることのメリット・デメリットをみてみましょう。

新婚でシングルベッド2台を選ぶメリット

新婚でシングルベッドを選ぶメリット

  • パートナーの寝相による振動が気にならない
  • 生活スタイルが違っても、相手を起こさずにベッドで寝れる
  • マットレスの硬さや寝具の素材など自分好みのものにできる
  • シングルサイズであるため、シーツを洗濯したり、干すことが楽

 

睡眠の質を重視するなら、シングルベッドがオススメです。

実際、私はダブルベッドを使用していますが、就寝のタイミングが異なるときは、振動でパートナーを起こしてしまいがちです。そのようなことに気遣いせず、安心して眠ることができるのは、シングルベッド2台の強みです。

また、寝具にこだわりがある人の場合もシングルベッドがオススメです。パートナーの好みに合わせずに、自分好みの寝具にすることができます。

新婚でシングルベッド2台を選ぶデメリット

シングルベッド2台を選ぶデメリット

  • 幅が200cmほどあるため、空間に余裕がなくなる。
  • 区切りがある分、それぞれで寝る感じになりやすい。

 

シングルベッド2台は200cmになるので、かなりスペースがとられます。実際置けない部屋も出てくるとおもいます。シングルベッド2台を検討されている方は、まず2台置くことができるのかサイズを測ってみる必要があります。

そして、実際測ってみて置くことが可能がと分かった場合でも、実際置いてみたときにかなり圧迫感があることは覚悟しておいた方が良いでしょう。

また、シングルベッド2台だと、間に区切りがあるため、自然とそれぞれで寝るということになりやすいです。区切りがあるため、ダブルベッドよりはくっついて寝にくいです。くっついて寝ることが多い人にはダブルベッドの方が寝やすいでしょう。

その他の寝方は?

恋愛カウンセラー
上ではシングルベッドとダブルベッドのメリット・デメリットの話をしてきました。

最後は、その他の寝方を紹介します。シングル・ダブル共に納得のいかなかった方はこちらを参考にしてみてください。

その他の寝方

  • 布団で寝る
  • 別室で寝る

 

その他の寝方は?①:布団で寝る

ベッドではなく、布団を採用している新婚夫婦もおられるようです。

布団を選ぶことのメリット

  • ベッドを購入するより安くすむ。
  • スペースを有効活用できる。

 

費用面を安く済ませたい方には、布団がオススメです。

ベッドのフレームを購入するだけで、数万円するので、それが浮くことを考えると、布団を選ぶ人も多いようです。また、寝室が畳の部屋にしている方にとっては、雰囲気的にも布団が合うでしょう。

また、就寝するときだけ、布団を出し、必要ないときは、しまうことでスペースを有効活用することができます。スペースをとられたくない方にも布団を選ぶことはオススメします。

布団を選ぶことのデメリット

  • しまうのが面倒
  • しまわずに出しっぱなしになることがある
  • 冬は、床冷えしやすい

 

毎日使うものを出し入れすることは、割と面倒です。しまわずにしばらく出しっぱなしにし、メリットであるスペースの有効活用ができないときもあるでしょう。

また、冬は床からの冷えが伝わってきやすいです。床暖房やホットカーペットなどを活用しないと寒い場合があります。

その他の寝方は?②:別室で寝る

新婚ですが、別室で寝られることを選ばれる夫婦もおられるそうです。一人の時間を大事にされたい方もおられます。そういう方にとっては、別室で寝るということも一つの手です。

ずっと一緒にいすぎてしんどくなるよりは、適度な距離感で長続きすることを選ぶこともあって良いでしょう。

まとめ

まとめ

  • 二人の密着感を大事にしたい新婚夫婦→ダブルベッド
  • 睡眠の質を重視する新婚夫婦→シングルベッド2台
  • 費用面とスペース面を考えたい新婚夫婦→布団
  • 一人の時間も大切にしたい新婚夫婦→別室

 

ベッドは長く使い続けるものです。それが、不満のあるものにならないよう、この記事を参考に二人にとってベストのベッドを探してみましょう。