遠距離恋愛に疲れたら破局の第一歩。心理状態を理解することが成功のポイント

遠距離恋愛中に疲れた感じる原因はどこ?理由は彼氏にあるの?

遠距離恋愛に慣れてきたと思った半年〜1年

「なんだか待ってるのつらいなあ…なんだかストレスが溜まってくるな…もう遠距離恋愛やめたいなあ…」

と思ったこと、あるのではないでしょうか?これこそ遠距離恋愛に疲れてきた証拠です。

そんな遠距離恋愛に疲れた時のポイントをご紹介します。

なかなか連絡が来なくて待ちがち

連絡はいつもこっちから、彼からはなかなか連絡が来ないし既読も遅い…。基本的に彼を待っているだけの関係で待ちっぱなしが続いてしまうと「私のこと好きじゃないのかな…」と思いがち。そして少しずつ少しずつ心が離れていってしまうのです。

最初はワクワクドキドキしていたものも、自分も知らぬ間に心に大きな負担が掛かってしまいます。「向こうから連絡がこんなにも来ないなんて…」といらぬ心配から心が疲れてしまうのです。

連絡に関して一度疲れてしまった心を復活させることは非常に難しいもの。こんな状態になる前にどうにか手を打ちましょう。

「電話をしなくてはいけない」という義務感に追われる

自分の時間が充実しすぎて彼との電話が億劫になってしまうと、「電話しなくちゃいけないのか…」という義務感を急に感じるようになります。

そもそも自分の時間の合間、合間に彼との会話の時間がちょうどよく入ってくるリズムが作れていれば、こんな風に思うことはありません。

これまでなかなか電話をする時間がなかったり、連絡がなあなあになってしまっているカップルに見られる傾向だと思います。電話を面倒に思わせないためにはやはり日頃からマメな連絡が必須です。

「自分の時間」にふと掛かってくる電話

「今いいところだったのに…」

「ちょっと今は話せないんだよね…」

「どうしていつも電話をかけてくる時にはタイミングが悪いんだろう…」

自分の時間を楽しんでいる時にちょうど掛かってくる彼からの電話にイライラし始めてしまって、だんだん疲れてしまうこともあります。

特に“久しぶりに彼から掛かってくる電話”というのがポイント。日頃から定期的に電話をしているカップルであれば、こんなことは思わないでしょう。

日頃のマメな連絡が、相手を疲れさせないポイントなのかもしれません。

なかなか会えないのに思い続けている

遠距離恋愛では、二人が同じくらい好きなカップルが長続きしやすく、二人の「好き」にバランスが取れていないとどんなに頑張ってもいい関係性は崩れやすい傾向にあります。

どちらかが一方的に好きなカップルは、「好き疲れ」をしてしまうことがあるからです。「とても好きなのに会えない」という気持ちと物理的な距離が反対の状況が起きてしまうと、「好きでいなくちゃ」「辛いけど頑張ろう」と“好き”でいることを頑張ってしまうことになるのです。

頑張る「好き」は誰も幸せにならないですよね…。

未来が見えない

「とても好きだけどこのあとどうなるんだろう?」

「あと3年後一緒にいられるの?」

遠距離恋愛を始める時に、ゴールを決めておいた方がいいとよく言われますが、ゴールが見えない遠距離恋愛を続けるのは非常に精神的に辛いもの。

「彼と一緒になる未来が見えない」

「彼は結婚する気がない」

そんな状態であれば遠距離恋愛は続けることが難しく、好きでいることもお金を出して会いに行くのも疲れてきてしまいます。

遠距離恋愛をするなら遊びで付き合うのはやめて本気で向き合いましょう。

遠距離恋愛中で疲れたときの対処法

「遠距離恋愛自体に疲れただけで、彼はまだ好きなんだけど、どうにかならないかなあ…?」

そう悩むこともありますよね。そんな時にチャレンジしたい3つのことをご紹介します。

一度距離を置いてみる

もし遠距離恋愛に疲れてしまったら、

「本当にこの人と遠距離恋愛を続けていけるのか」

「本当は別々の幸せを見つける方が良いのではないか」

と考える期間を設けることが必要です。遠距離恋愛でも一定期間電話もメールも送らないという心理的な距離を置くことが可能です。

距離を置く時には「浮気はしない」「距離を置くこと自体を解消したい場合は必ずメールを送る」など、いくつかのルールを決めておきましょう。

距離を置くだけで朝の「おはよう」メールや夜ふと掛かってくる電話でまた幸せを感じることができるかもしれません。

会いに行ってみる

「遠距離恋愛に疲れてしまったから彼のことがそこまで好きではないのか」それとも「彼が好きではなくなったのか」これを判断するためには実際に会いに行かないとわかりません。

実際に会いに行って少し一緒に過ごしたり、恋人らしくデートをすることで、自分の気持ちに気づくことができます。

しかし家に閉じこもって一人で考えたところで答えは出ません。もし遠距離恋愛に疲れてしまって、辞めたいと思った時には実際に彼に会いに行って自分の気持ちに向き合ってみましょう。

自分をとことん褒める

そもそも遠距離恋愛をしている・続けていることは人から褒められていいレベル。多くの人は遠距離恋愛をするなら別れを選ぶし、難しくて続けられる自信がなく最初から付き合いたくないという人ばかりです。

しかし実際に遠距離恋愛をしている人で辛さを知っている人でなければ、なかなか気持ちを理解してくれたり、褒めてくれる人はいないもの。それなら自分で自分を褒めてみませんか?

自分へのご褒美にこれまで行けなかったところに行ったり、奮発して我慢していた洋服を買ったり、ネイルやヘアサロンで可愛く仕上げてもらったり…。遠距離恋愛はリフレッシュも重要です。

恋人に「遠距離恋愛中が疲れた」と言われたらどうすればいい?

こちらは一生懸命連絡をしていたり、どうにか頑張っていたけれど、恋人から「遠距離恋愛に疲れた」と言われてしまった…。

乗り越えるも、それぞれの道を歩むのも、カップル次第。そんな時に恋人と話し合いたいことを3つご紹介します。

電話やメールを止めてみるなど具体的に聞く

なぜ相手は「遠距離恋愛に疲れてしまった」と言ったのか、二人でその理由をしっかり話し合う必要があります。「会いたいのに会いに行けないのが我慢できない」のか、「なかなか連絡が取れないから不安」なのか、原因によってこちらができることは大きく変わってくるのです。

本当に好き同士な二人なら乗り越えたいという意思を伝えつつ、じっくり時間を使って二人で解決していきましょう。その上でもう一度二人の遠距離恋愛におけるルールを練り直しても良いですね。

遠距離恋愛をやめてみるか提案する

なかなか自分の気持ちを言葉にできないタイプからの「遠距離恋愛が疲れた」は結構なところまで我慢した証拠かもしれません。このまましっかり二人で話す時間を設けないと、破局の道へまっしぐらでしょう。

それを回避するためにも、遠距離恋愛をやめて二人のどちらかが一方の方へ住み、遠距離恋愛を解消する方向へ持って行くことも必要です。もちろん仕事の関係もあるかもしれませんが、本気で考えてみてもいい頃。

本当に恋人を手放したくないなら、遠距離恋愛を始めた頃からこういうことに向けてイメージしていると良いでしょう。

別れたいのか聞く

「遠距離恋愛に疲れた」=「別れたい」というケースも多くあります。遠距離恋愛は思った以上に多くの壁を乗り越える必要があり、そこに二人の強い思いがないと続けることができないもの。一度心が折れてしまうと、もう修復は難しいことがあります。

相手の「疲れた」は別れたいのか、そうでないかをまずは確かめる必要があるでしょう。もし破局の道を選んだとしても、遠距離恋愛から学ぶことはかなり多いもの。

それを次の恋愛に活かしていけるように、ポジティブに捉えていきましょう。

遠距離恋愛に疲れた…を防ぐためには気持ちをしっかり持つことが大事

遠距離恋愛は簡単ではありません。「好きな人が遠くにいる」という事実は、意外と心を強く持っておかないと、ふとした表紙に崩れてしまうことがあるくらい、強いダメージなのです。

「遠距離恋愛に疲れた…」と思ってしまったら、その程度にもよりますが半分は破局の合図。しっかり恋人と話し合い、今後どうしていくのか、どう乗り越えていくのかを一緒に話し合いましょう。

二人が一番幸せな決断をするのが最重要項目ですが、もしこれからも一緒にいることができるなら、二人の絆はさらに強くなっていくはず。