【2020年版】奈良でおすすめの結婚相談所を徹底比較11選!!

奈良で結婚相談所を使った婚活を考えているが奈良にはどんな相談所があるのか?料金はどのくらいかかるのか。そんな疑問をお持ちの方は多いと思います。

今回この記事ではそんな奈良県の結婚相談所の中でも人気を誇る結婚相談所を11社まで厳選し、料金面からランキング付けしてまとめました。

この記事を読めば奈良県で結婚相談所を利用した婚活を始めるあなたに最適な相談所が見つかりますのでぜひご参考ください。

早速奈良エリアでおすすめの結婚相談所をサービス面、特徴を含めて解説していきます。

目次

奈良県でおすすめの大手結婚相談所

1位:エン婚活エージェント

  • 会員数:30,166名(男性4:女性6)
  • 成婚率:不明(成婚までの平均期間5.3ヶ月)
  • 入会金:9,800円
  • 月会費:12,000円(6人紹介/月)
  • 成婚料:0円
  • 対応地域:東奈良、千葉県、埼玉県、神奈川県、奈良府、京都府、奈良県、奈良県、和歌山県、愛知県、岐阜県、三重県、群馬県、茨城県、栃木県、福岡県、静岡県、北海道
奈良にあるエン婚活支店 ※実店舗なし
項目料金概要
初期費用9,800円入会するための書類手続き及び、「プロフィール制作」「価値観診断」「ヒアリング」「データベース登録」等が含まれています。
月会費12,000円毎月6名以上の紹介、専任コンシェルジュからのサポート、オンライン講座等が含まれております。
成婚料0円成婚時に発生する費用。エン婚活は発生致しません。
想定年間費153,800円上記料金から想定した年間活動費用です。

エン婚活最大の特徴は店舗に足を運ぶことなく成婚までの全てのやりとりが”オンライン”で完結できるところになります。

対面でのサポートが無い分人件費や、テナント料の削減に繋がり上記コストパフォーマンスが実現できていると言えるでしょう。

また、オンラインだと内容に差が出るのでは?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、コンシェルジュの対面を除き他社結婚相談所のサポートと遜色がないため、充実の婚活ライフを送ることが可能です。

(※エン婚活についての詳細が知りたい方はエン婚活って安いけど本当にオススメ?料金や特徴を徹底解説をご参照ください。)

marriage-consultant編集部
こんな方におすすめ!

  • 仕事などが忙しくなかなか店舗に足を運べない方
  • できる限りコストを抑えて婚活がしたい方
  • 婚活初心者の方
また、上記記載の通りエン婚活には実店舗が無いため奈良県でエン婚活の利用を考えている方はまずは資料請求から始めることをおすすめします。

エン婚活エージェントを詳しく見る
無料サービス体験・資料請求・入会についての詳細がわかります。

公式サイト:エン婚活

エン婚活エージェントの口コミ評判

30代女性
(5.0)

何よりネット上で完結できるところがよかったです!オンライン講座などもすごくためになりました。結果結婚できて満足しています!昔じゃ考えられないくらい便利な世の中になったと身にしみて実感しました。笑

20代女性
(4.0)

婚活サイトで失敗して結婚相談所を利用しようと考えたことがきっかけでした 。エン婚活さんはコスト面、サポート面、手軽さが揃った私にぴったりの結婚相談所でした。無事生涯のパートナーも見つかりました。有難うございました!

2位:ツヴァイ(zwei)

  • 会員数:32,293人(男性5:女性5)
  • 成婚率:17.4% (1日に約15人が成婚退会しています。)
  • 入会金:105,000円
  • 月会費:9,500円~(1人紹介~/月)
  • 成婚料:0円
  • 対応地域:北海道、岩手、青森、秋田、宮城、山形、福島、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木、長野、山梨、新潟、富山、石川、静岡、愛知、岐阜、三重、滋賀、奈良、奈良、奈良、和歌山、奈良、岡山、鳥取、広島、山口、香川、徳島、愛媛、福岡、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄
奈良にあるツヴァイの支店 ツヴァイ奈良:〒631-0821 奈良県奈良市西大寺東町2丁目4-1 ならファミリー5階
 パーソナルサポートプランアクティブパーソナルサポートプラン
プランの特徴データマッチング(紹介書)のみのプランとなっており、ご自身で積極的に活動できる方に向いているプランとなっております。直接のお引き合わせ紹介も入っており、コンシェルジュによるサポートが必要な方におすすめのプランとなっております。
登録料(初期費用)30,000円30,000円
情報選択料(初期費用)50,000円50,000円
活動サポート費(初期費用)25,000円65,000円
月額費用9,500円
(月1名以上紹介)
9,500円
(月1名以上紹介)
成婚料0円0円
想定年間活動費219,000円259,000円
ツヴァイは自身の希望条件とお相手のプロフィールをデータベース上で照会し、マッチングした人を紹介してくれるデータマッチング型結婚相談所。

出会い方の種類が多いことが大きな特徴で、会員同士の条件検索、価値観診断、コンサルタントによる引き合わせ、毎月送付されるお相手紹介書、パーティーによる出会いetc…と、『幅広い出会いの方法+丁寧なサポート』で日々数多くの成婚者を生み出しています。

奈良には上記の通り奈良市西大寺東町に支店が存在し『大和西大寺駅です』。奈良で婚活を検討されている方はご参考ください。

marriage-consultant編集部
こんな方におすすめ!

  • 比較的低コストで活動したい方
  • 丁寧なサポートを望んでいる方
  • 条件マッチ以外の出会い方をおのぞみの方
また、ツヴァイには自身の現在の恋愛力が測れる恋愛傾向診断という無料ツール(会員じゃなくてもできます)があるので体験してみることをおすすめします。

(※恋愛傾向診断詳細は【体験してみた】ツヴァイ『恋愛傾向診断』の内容、感想とその後の勧誘についてもご参照ください)

詳しい資料を無料で貰う!
入会申し込みではありません。

公式サイト:ツヴァイ

ツヴァイの口コミ評判

20代女性
(4.0)

ツヴァイは20代だとで割引が受けられることが決め手で婚活をはじめました。かなり多くの方と出会えたし、皆様いい方でした。(年上が多かった。)特にこれといった問題もなく4ヶ月で成婚退会できました。

30代女性
(4.5)

30代後半にツヴァイを利用し結婚しました。紹介書をはじめ、検索機能、引き合わせなど効率よく婚活を進められました。あとアドバイザーさんの対応がとても素敵だったと思います!

3位:楽天オーネット

  • 会員数:48,848名(男性5.5:女性4.5)
  • 成婚率:21.5%(成婚までの平均交際期間は8.5カ月)
  • 入会金:106,000円
  • 月会費:13,900円(6人紹介/月)
  • 成婚料:0円
  • 対応地域:北海道、青森、岩手、山形、秋田、仙台、東京、埼玉、千葉、神奈川、名古屋、静岡、岐阜、石川、長野、新潟、山梨、岡山、広島、鳥取、島根、山口、奈良、奈良、神戸、奈良、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、熊本、鹿児島、佐賀、大分、宮崎、長崎、沖縄
奈良にある楽天オーネットの支店奈良支社:〒631-0822 奈良県奈良市西大寺栄町3-23 サンローゼビル4階
 プレミアムプラン
(通常プラン)
20代女子向けプラン
詳しくはこちら
子育てママ応援プラン
プラン別の特徴通常のプランとなっており、こちらを活等される方が多くいます。20~29歳の女性限定のプランとなっており、対象の方は安く活用することが可能です。18歳以下のお子さまを持つ独身女性(再婚・未婚問わず)が対象のプランとなります。
入会金30,000円30,000円30,000円
活動初期費用76,000円20,000円20,000円
月額費13,900円/(6人紹介)10,300円/(2人紹介)10,300円/(3人紹介)
成婚料000
オーネットパス
WEBと会員誌(イントロG)
写真撮影
年間想定費用272,800円222,000円306,000円

その知名度から会員数は48,848名という大手相談所の中でも群を抜く会員数を誇る楽天オーネット。

そんな同社最大の特徴は、出会いの種類の多さです。

「データマッチング(紹介書)」「WEBと会員誌で検索(イントロG)」「写真検索(オーネットパス)」「婚活パーティー・イベント」「コーディネートサービス」と5種類もの方法から出会いを生み出してくれます。

各種申し込み可能数を年間総計すると毎年約198人(月換算16人)と非常に多くの方にアプローチできる点も大きな魅力の一つです。

上記のように楽天オーネットには豊富な会員の中、出会いのチャンスを数多く提供してくれるといった特徴があります。

楽天オーネットは奈良エリアでは『奈良市西大寺栄町』に支店が存在します。最寄り駅は『大和西大寺駅』です。奈良で楽天オーネットの利用を検討中の方はぜひご参考ください。

marriage-consultant編集部
こんな方におすすめ!

  • できるだけ多くの人にアプローチがしたい方
  • アプローチ方法にバラエティををもたせたい方
  • 会員数が多い相談所で活動がしたい方

また、楽天オーネットには結婚チャンステストという、入会前にどれくらいマッチングするのか体験出来るサービスがあるので実際に活動する前にどのくらい出会えそうか試してみることをおすすめします。

(※結婚チャンステスト詳細が木になる方は、過去記事【無料体験をやってみた】結婚チャンステストの感想とその後の勧誘についてをご参照ください)

結婚チャンステストを無料で体験
入会申し込みではありません。希望のお相手をお探しするシミュレーション診断です。

公式サイト:楽天オーネット

楽天オーネットの口コミ評判

40代女性
(4.5)

「楽天」というブランド+他に比べ会員の数が圧倒的だったことでオーネットを利用しました。自身の希望とデータを照らし合わせて選ぶことができたのでかなりスムーズに婚活できたと思います。担当の方も優しく親身に相談にのでくれるので安心できる相談所だと思います。

30代女性
(4.0)

成婚料などもなく、料金の割に出会える数が多いと思います。入会前に口コミを見て不安な部分もありましたが、特に不満もなく(たまたま?)結婚できたので満足しています。また、支店も立地がよくて助かりました。

4位:サンマリエ

  • 会員数:約20,000人(男性4:女性6)
  • 成婚率:成婚会員の94.4%が1年以内に成婚
  • 入会金:180,000円(スタンダードプラン)
  • 入会金:月会費:15,000円~(月1~3名紹介/お見合い申込み10名~)
  • 成婚料:200,000円
  • 対応地域:北海道、青森、秋田、福島、仙台、山形、東京、神奈川、長野、新潟、栃木、埼玉、山梨、千葉、埼玉、名古屋、静岡、奈良、三重、岐阜、大阪、奈良、福井、滋賀、京都、奈良、和歌山、富山、広島、岡山、香川、愛媛、山口、島根、鳥取、高知、徳島 福岡、大分、熊本、鹿児島、長崎、宮崎
奈良にあるサンマリエの支店サテライト奈良店:TEL  0120-86-4330
 スタンダード(※中国地方、四国地方、九州沖縄地方の場合『シンプルプラン』)プレミアム10(※中国地方、四国地方、九州沖縄地方の場合『ベーシック10』)プレミア20
(※中国地方、四国地方、九州沖縄地方の場合『ベーシック20』)
プレミアム30
(※中国地方、四国地方、九州沖縄地方の場合『ベーシック30』)
プラン別の特徴特別紹介1名
紹介1名のみのプランです
毎月10名申し込み + 特別紹介1名
ゆっくり時間をかけてお相手探しをしたい方に
毎月20名申し込み + 特別紹介1名
毎月30名申し込み + 特別紹介1名
アクティブに活動してより可能性を拡げたい方に
初期費用180,000円
(※シンプルプランの場合200,000円)
200,000円200,000円200,000円
月額15,000円15,000円16,000円17,000円
成婚料200,000円200,000円200,000円200,000円
お見合い調整費4,000円(※シンプルプランの場合無料)無料無料無料
年間費用560,000円〜580,000円〜592,000円〜604,000円〜

サンマリエは創業39年を超える仲人型の老舗結婚相談所です。

仲人型の結婚相談所は上記でご紹介してきた主に自身で相手を探すのデータマッチ型相談所と違い、仲人が自分にぴったりの異性を紹介して仲を取り持ってくれます。

(※違いをより詳細に知りたい方は結婚相談所とは?3つの種類から見るメリット・デメリットも合わせてご覧ください。)

上記のようにサンマリエは完全仲人型相談所となっており、出会いから成婚までサポートの手厚さという点が最大の強みです。

サンマリエは奈良エリアではサテライト店舗になります。奈良サテライト店舗での相談会は月1回のみの開催になります。本格的に奈良付近のサンマリエで婚活を希望する方は大阪での活動が望ましいです。(大阪心斎橋サロン:〒530-0001 大阪府大阪市中央区心斎橋筋1丁目9番地17号 エトワール心斎橋ビル5階)

marriage-consultant編集部
こんな方におすすめ!

  • とにかく手厚いサポートを受けたいという方
  • 自身から動くことが得意でない方

また、サンマリエについての詳細が知りたい方はサンマリエ|入会から成婚・費用まで口コミ付きで徹底解説も合わせてご覧ください。

サンマリエの口コミ評判

40代女性
(3.5)

当時離婚したてで子供もいたため婚活を婚活を開始しました。サンマリエは同じ境遇の男性が多く、すぐに意気投合し再婚することができました。サポート面はややあっさりしていましたが最低限のサポートはしてくれます。

5位:パートナーエージェント

  • 会員数:11,508(男性5:女性5)
  • 成婚率:34.8%(活動開始から1年以内に成婚する確率63.8%)
  • 入会金:125,000円
  • 月会費:16,000円(2人紹介~/月)
  • 成婚料:50,000円
  • 対応地域:北海道、茨城、群馬、東京、神奈川、千葉、埼玉、奈良、奈良、神戸、奈良、奈良、広島、名古屋、岐阜、愛知、静岡、広島、福岡
奈良にあるパートナーエージェントの支店奈良店:場所 〒630-8225 奈良県奈良市西御門町27-1 奈良三和東洋ビル4階
 コンシェルジュコースイベントコースU28バリューPAX MEMBERS
プランの概要会員イベントのみ、紹介は無いプラン
※東京都内・関東エリア限定。
20~28歳向けの割引プラン高年齢層向けの割引プラン
※男性は50~55歳以上、54~64歳以下
※女性は40~45歳以上、49~54歳以下
登録料30,000円30,000円30,000円30,000円
初期費用95,000円25,000円20,000円95,000円
月会費16,000円
(2名以上紹介/月)
7,000円12,000円
(2名以上紹介/月)
14,000円
(2名以上紹介/月)
成婚料50,000円50,000円50,000円50,000円

パートナーエージェント最大の魅力はサポートのクオリティの高さと成婚率です。

パートナーエージェントでは婚活の際、最低”300時間以上”の研修を積んだコンシェルジュを担当としてつけてくれるので、非常に繊細なサポートを受けることが可能となっています。

また、そのサポート力から他者相談所に比べ成婚率も高い水準にあり、成婚率は28.6%を誇っています。

コースも豊富に存在するため、費用こそかかりますが、内容としてはかなりおすすめの相談所です。

(※パートナーエージェントの詳細が知りたい方はパートナーエージェントの口コミ評判は最悪?結婚は出来るのか徹底調査した結果を解説!も合わせてご覧ください。)

奈良エリアでは『奈良市』に支店が存在します。最寄り駅は『近鉄奈良駅』です。奈良でパートナーエージェントの利用を検討されている方はぜひご参考ください。

marriage-consultant編集部
こんな方におすすめ!

  • 高いサポート力を望んでいる方
  • お金をかけてでも本気で結婚したいという方
  • 成婚率が高い相談所が良い!という方

また、パートナーエージェントにはEQ診断という自分自身の恋愛傾向を知ることができる無料ツールがありますので一度やってみることをおすすめします。

(※EQ診断の詳細については【体験談】パートナーエージェントの婚活EQ診断やってみた結果と勧誘についてをご覧ください。

公式サイト:パートナーエージェント

パートナーエージェントの口コミ、評判

20代女性
(5.0)

20代の割引プランを利用しました。コンシェルジュさんいわく20代はそもそもすぐ結婚できる方が多いと言っていた通り、入会してすぐ結婚することができました!コンシェルジュさんもかなり親切だったのでパートナーエージェントに入会して正解だったと思います!!

30代女性
(4.0)

大手の相談所で比べたら少しだけ費用がかかると思います。ただ他の相談所も経験しましたが一番サポートが充実していました。会員の質もみなさんいい人が多かったように思います。婚活している方達に自信を持っておすすめできる結婚相談所です!

奈良県版:地域密着型のおすすめ結婚相談所6選

結婚相談所:婚活サポートスマイル


料金:初期費用:50,000円・月額料金:9,260円・成婚料:100,000円


支店:奈良県北葛城郡河合町星和台2-29-10


特徴:スタッフ全員がカウンセラー専門の教育プログラムを受講しており、一人ひとりに合った『婚活スタイル』を提案してくれるサポート力の強い結婚相談所。


公式サイトhttp://www.konkatu-smile.jp/

結婚相談所:結婚相談所 セブン


料金:初期費用:19,800円・月額料金:7,500円・成婚料:100,000円


支店:〒604-8121 〒630-8224 奈良県奈良市角振町26いせやビル4階-410号


特徴:初期費用19,800円という低料金で手厚くサポートをしてくれる結婚相談所


公式サイト:https://seven-007.net/

結婚相談所:カリスマ仲人士100


料金:初期費用:20,000円、月額料金:6,500円、成婚料:100,000円


支店:支店なし


特徴:プロフェッショナルなアドバイザーのみを集めた結婚相談所。全国の経験豊富な人気仲人の中からトップクラスの100人に絞って各地域ごとに紹介してもらえるサービスです。


公式サイト:http://nakodo100.com/

結婚相談所:マリー・デュオ


料金:初期費用:30,000円・月額料金:5,000円・お見合い料:10,000円/回・成婚料:280,000円(スタンダートコース)


支店:〒632-0052 奈良県天理市柳本町2150-5


特徴:コンピューターシステムに頼るだけではなく、仲人同士の交流を深めることにより、昔ながらの手組みでの紹介をしている結婚相談所。3つの結婚相談所協会に加盟しているため、多くの会員を紹介することが可能。


公式サイト:http://marriage-en.jp/

結婚相談所:結婚相談所 ハピネスハート


料金:初期費用:60,000円、月額料金:8,000円、成婚料:180,000円(Aコース)


支店:〒636-0342 奈良県磯城郡田原本町三笠113-41


特徴:3つの結婚相談所連盟加盟店。成果報酬プランなどリーズナブルな価格と手厚いサポートがウリの結婚相談所。


公式サイト:http://kekkon-soudanjo-osaka.com/

結婚相談所:BCブライダルセンター


料金:男性:入会金:8,000円、月額料金:10,000円(エメラルドプラスプラン)


支店:〒630-8244 奈良市三条町474 福森ビル3F


特徴:特徴:圧倒的にリーズナブルな結婚相談所。提携含み全国会員数 45,000人を誇り、ハンドメイドによる手厚いサポートが評判。安く手厚いサポートをお求めの方におすすめの相談所。


公式サイト:https://bc21.jp/

奈良県の結婚相談所料金比較一覧表

今までご紹介してきた結婚相談所の料金一覧表になります。

 入会金月額料金紹介料(お見合料金)成婚料
エン婚活エージェント¥9,800¥12,000¥0¥0
ツヴァイ¥105,000¥9,500¥0¥0
楽天オーネット¥106,000¥13,900¥0¥0
サンマリエ¥150,000¥13,500¥0¥100,000
パートナーエージェント¥125,000¥16,000¥0¥50,000
婚活サポートスマイル¥50,000¥9,260¥0¥100,000
結婚相談所セブン¥19,800¥7,500¥0¥100,000
カリスマ仲人士100¥20,000¥6,500¥0¥100,000
マリー・デュオ¥30,000¥5,000¥10,000¥280,000
ハピネスハート¥60,000¥8,000¥0¥180,000
BCブライダルセンター¥8,000¥10,000¥0¥0
こちらの比較一覧表をご覧頂ければどの結婚相談所が一番安く利用できるのかが分かります。

ただ、料金が安いだけでは良い結婚相談所とは限らないので必ずサポート内容をしっかりとお問い合わせの上入会する結婚相談所を選ぶようにしましょう。

失敗しない結婚相談所の選び方

結婚相談所にも失敗しない選び方・探し方はあります。まず自分に合いそうな相談所を見つけること。加えてもう一つ「本当に信頼できる結婚相談所」なのか見極める方法です。まずは合いそうな相談所を見つけるために大手結婚相談所の比較一覧表をご覧ください。

大手結婚相談所の比較一覧表

(年間想定費用÷成婚率をかけ合わせた「100人中100人が結婚するまでにかかる費用」をランキング化したデータです。)

コスパが良い順結婚相談所会員数入会金月額料金紹介料(お見合料金)成婚料年間活動費想定費用
(入会金+月額料金×12ヶ月+紹介料×12回分+成婚料)
成婚率
(不明の場合は大幅に低く設定し10%で想定)
年間想定費用÷成婚率
1位エン婚活エージェント18,7379,80012,00000153,80020%769,000
2位IBJメンバーズ60,000165,00015,0000200,000545,00055.40%983,755
3位ツヴァイ32,293105,0009,50000219,00017.40%1,258,621
4位楽天オーネット20,000106,00013,90000272,80022%1,268,837
5位パートナーエージェント11,651125,00016,000050,000367,00028.60%1,283,217
6位ゼクシィ縁結びカウンター23,40030,0009,00000138,00010%1,380,000
7位ノッツェ48,848155,5004,50000209,50010.00%2,095,000
8位全国平均-75,26010,2978,791179,975484,30020%2,421,500
9位誠心7,26472,00025,25000375,00010%3,750,000
10位サンマリエ59,000150,00013,5000100,000412,00010.00%4,120,000
このように上記図表を見ると分かるように、データマッチング型の結婚相談所を選ばれる場合は「エン婚活エージェント」が全体的にコストパフォーマンスが良い結婚相談所となっており、仲人型で選ばれる場合は「パートナーエージェント」が良いという結果になっています。

このようにまずは数字や条件面を見て自分似合いそうな相談所を見つけることが大切です。

次にここから先は「本当に信頼できる結婚相談所」なのか見極める方法になります。見極めのポイントについては大きく6つポイントがありますのでそちらを下記より紹介していきます。

ネットの口コミは嘘ばかりだから信用してはダメ

このサイトをご覧いただいているということは他の結婚相談所の口コミが掲載されているサイトも見て調べているかと思います。

ですがそれはあまり意味がないです。

なぜかと言うとネット上に有る口コミはほとんどが操作されており、サイト運営者がよい風に作ったり、業者がでっち上げたりと操作された口コミが多くどれが本物なのか分からない状況なのです。

実際に大手ECサイトも口コミの被害は多く「アマゾン「やらせレビュー」の首謀者を直撃、楽天も餌食に」というニュースが後をたたないのです。

成婚者のインタビュー・実績を掲載している結婚相談所は信頼できます

ですが、ネットの口コミ全てが信用ならないというわけではないです。

結婚相談所のホームページに掲載されている実績やインタビューは本人の写真も載っていたり、本人からのコメントも入っていたりするので「この結婚相談所なら、どのような人なら結婚ができるのか?」というのには参考になります。

なので口コミを参考にするならホームページを見て公式としての情報を見るようにしましょう。

成婚率の数字を鵜呑みにしない

結婚相談所の「成婚率」は鵜呑みにしてはいけないです。

その理由は

  • 成婚の定義が相談所毎に異なる
  • 成婚率の算出の仕方も相談所毎に異なる

という2つの理由です。

これだけでもうおわかりいただけるかと思うのですが、結婚相談所毎に数字の算出の仕方が異なるということは基準値として成立していないのです。

なのでこちらでは誤って成婚率を鵜呑みにして公開しないように、成婚率の正しい見方を紹介できればと思います。

「成婚」の定義は結婚相談所毎に異なる

成婚の定義は結婚相談所によって異なることがおおいです。

分かりやすい違いは「真剣交際が◯ヶ月続いたら成婚」と「結婚意思を表示し退会したら成婚」という明確な違いです。

この場合、無論前者ではなく「結婚意思を表示し退会したら成婚」という結婚相談所を選ばなければひどい話、結婚できていないのに成婚料だけ取られてしまうという事最悪のケース有りえてしまいます。

なので、成婚率が異常に高い結婚相談所には「真剣交際が◯ヶ月続いたら成婚」という相談所も有るので一概に鵜呑みにしてはいけないのです。

成婚率の算出方法も結婚相談所毎に異なる

また上記の「成婚の定義」に加え「成婚率の算出方法」も結婚相談所毎に異なるので正しく理解をしていないと参考にならないのは事実です。

具体的に言うと成婚率を「成婚退会者数」÷「全会員数」で算出する方法と、「成婚退会者数」÷「全体退会者数」で割り出す方式です。

因みに成婚率が高い結婚相談所の多くは後者の「成婚退会者数」÷「全体退会者数」で算出していることが多いです。

つまり、上図のように成婚率は母数を操作してしまえばいくらでも高い数字を出す事が出来るのです。

なので、成婚率の算出方法を理解しないまま成婚率だけで比較して選んでしまうと失敗をしてしまうので気をつけるようにしましょう。

結婚相談所の成婚率の平均は8%程

また、経済産業省の調べによると結婚相談所の平均的な成婚退会率は下記のように8%程度と発表をされています。

この数字から見るに成婚率が50%というのは勿論出来ている業者もいるとは思いますが、やや非現実的な数字となっているのも事実です。


少子化時代の結婚関連産業の在り方に関する調査研究 資料編〔実態・分析編〕
参照:http://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/281883/www.meti.go.jp/press/20060502001/houkokusho-shiryou-set.pdf

ですので成婚率を見る際には「何を母数に算出しているのか?」を見て判断するようにしましょう。

因みに本当に成婚率の高い結婚相談所(成婚率を「成婚退会者数」÷「全会員数」)は、「エン婚活エージェント」と「パートナーエージェント」となっていますのでもし成婚率で選ぶのであれば上記の二つの結婚相談所を検討して頂ければと思います。

カウンセラー(仲人)が必要か不要かも重要な選び方の一つ

結婚相談所を利用する上で今はカウンセラー(仲人)が必要か不要かを判断するのは大切な事です。

カウンセラー(仲人)が必要な人の場合は以下のような項目が当てはまります。

  • お見合いの引合せ(日時調整や紹介など)をして欲しい
  • 連絡先交換の依頼やお断りをして欲しい
  • デートのアドバイスやセッティングなどをお願いしたい
  • プロポーズの相談やサポートまでして欲しい

等が必要な方は確実にカウンセラー(仲人)が必要となり、カウンセラーの方の良し悪しは重要な選定指標となります。

「時間を費やしてくれるカウンセラー」がいる結婚相談所はおすすめ

カウンセラー(仲人)の方の良し悪しを判断するのであれば、一言で言うと「時間を費やしてくれるカウンセラーか?」であるかです。

結婚相談所は大なり小なり、1人のカウンセラーが複数の会員のお相手をするものです。

つまり、複数の人をお青手にしているため「時間をどれだけ使ってくれるか」であなたに対して真摯に向き合ってくれるかがわかるのです。

この判断は大手にせよ中小にせよ判断は難しく、引き運もあるので実際に面談を行った時に話感じてもらう他ないです。

逆に「上から目線のカウンセラー」がいる結婚相談所は絶対ダメ

上から目線のカウンセラーがいる結婚相談所の場合は「私の行ったままに婚活をすれば結婚ができるので言うことを聞きなさい。」と本人の意志を無視した婚活のアドバイスをしてくるようなところが多いです。

本当に良いカウンセラーの方の場合は「結婚=ゴール」と捉えずに、「幸せ=ゴール」と考えてくれるので、寄り添って貴方に合った婚活の進め方(結婚しないという選択肢も含め)を提案してくれるものです。

なので、「上から目線のカウンセラー(仲人)」だなと感じた場合はその結婚相談所を選ぶのはやめることをおすすめします。

ですが大手結婚相談所であればカウンセラーの人数は数百人といますので、もしもその結婚相談所が気にっているのであれば担当を変えてもらうという判断も有るので一度相談してみるのもいいでしょう。

「オンライン型」と「データマッチング型」はカウンセラーはそこまで重要ではない

逆に「オンライン型」と「データマッチング型」はカウンセラーが活躍する場面はそこまで無いので気にする必要はないです。

「オンライン型」と「データマッチング型」は通常の相談を除いた、本来カウンセラーの方にお願いする「申し込み」「お相手の紹介」「デートの日程調整」「真剣交際のお申込み」「退会手続き」をすべてシステムを利用して解決しているためカウンセラーの方の重要性がそこまで高くないのです。

勿論、日々の相談についても重要ではありますが、そこはオンラインまたは店舗にて受けてくれるのが「オンライン型」と「データマッチング型」となっていますので、重要な「出会いのメイキング作業」をシステムが全て解決してくれるので”殆ど”必要がないという事になるのです。

活動に掛かる料金の詳細は記載されているか

結婚相談所のホームページには「料金」が明確に表記されていないサイトは今も多く見られます。

各種結婚相談所によって異なりますが、基本的にかかる費用は下記の項目が一般的です。

  • 入会金
  • 月会費
  • お見合い費
  • 成婚料
  • パーティー費

これらがしっかりと明記されている結婚相談所であればほとんど問題ないですが、確認ができてないホームページを信じ入会してしまうと、後で「聞いてなかった…!!」と思わぬトラブルに巻き込まれてしまうので、必ず事前にチェックするようにしましょう。

料金相場と比較してかならず判断しよう

ちなみに結婚相談所の料金の相場は厚生労働省の調べによると以下のような料金相場となっています。


上記は「入会金」・「お見合い料」・「成婚料」・「イベント参加料」。


上記は「月会費」。

少子化時代の結婚関連産業の在り方に関する調査研究 資料編〔実態・分析編〕
参照:http://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/281883/www.meti.go.jp/press/20060502001/houkokusho-shiryou-set.pdf

と、このように一般的な結婚相談所を含めると結婚相談所の料金相場は

  • 入会金:3万円~6万円
  • お見合い料:4.5千円~7千円
  • 成婚料:17万円~27万円
  • イベント参加費:5千円~7千円
  • 月会費:3.5千円~7千円
    • となっているのが分かります。

      昨今の結婚相談所ではこの上記に該当する「お見合い料」が無くなり、月会費が1万円以上で固定となるところが多く見られお得にはなり始めている傾向があるのでその点も踏まえお得な結婚相談所を選ぶようにしましょう。

      条件によっては割引が有るので見逃さずに

      結婚相談所によっては「シングルマザー」だったり「20代」であったり、逆に「50代」であったりするだけで割引を受けることが出来ます。

      大手結婚相談所の「ツヴァイ」「ノッツェ」「パートナーエージェント」「楽天オーネット」にも以下のように割引プランがたくさんあります。

      なので、必ず結婚相談所のプラン一覧に目を通し割引対象になるかチェックするようにしましょう。

      返金制度がある結婚相談所もある

      返金制度には「クーリングオフ制度」という法的に契約から8日以内に解約申し込みをすれば全額返金とういう制度もありますが、こちらではクーリングオフ制度ではなく成果が出なかった場合のみの返金制度を紹介します。

      下記のように返金してくれる条件は結婚相談所によって異なりますが、制度が魅力的な結婚相談所では「マッチングしなかった場合は登録料または期間中の金額を全額返金」という制度を提供している結婚相談所もあります。

      結婚相談所名返金制度返金額返金対象条件
      エン婚活エージェント10,000円入会金※入会月の翌月1日を起算日とし、3ヵ月以内に紹介回答が双方YESとならなかった場合、登録料を全額返金。
      ツヴァイ個別算出活動サポート費※活動サポート費-(情報提供人数分-解約手数料)+情報選択料
      楽天オーネット個別算出活動初期費用※入会2ヶ月以内の途中退会から個別算出
      IBJメンバーズ月割算出活動サポート費※初期に払った「活動サポート費」を12ヶ月で割り、残った活動期間から18181円を引き返金
      パートナーエージェント30,000円登録料※入会月の翌月1日を起算日とし、3ヵ月以内に紹介回答が双方YESとならなかった場合、登録料を全額返金。
      スマリッジ33,000円入会金・月会費※入会後3ヶ月以内にお見合いが発生しなかった場合全額返金・
      ペアーズエンゲージ39,200円入会金・月会費※入会後3ヶ月以内に「いいね」等の活動を一切しなかった場合
      クラブマリッジ30,000円登録料※ご活動開始から3ケ月以内にお見合いが成立しなかった方が対象。

      このように返金制度をしっかり把握して活動をしておけば上記結婚相談所であれば「最長3ヶ月無料で活動」が出来るという仕様になっているのです。

      この制度は大手でもあまり導入している結婚相談所は少ないので上記のように返金制度を取り入れている会社はとてもおすすめの結婚相談所だと言えるでしょう。

      結婚相談所の店舗に通うなら立地も重要

      仲人型・データマッチング型の結婚相談所を利用する場合は活動初期から中盤の方は月1~3回は結婚相談所の店舗に足を運ぶことになるので立地は非常に重要です。

      実際に体を鍛えるジムにも通う定期回数はジムと自宅の距離によって平均回数が異なるという結果が海外の調査会社「Dstillery」の調べでも判明しています。

      調査の結果としては

      • 「週5回」通う人の自宅とジムの距離平均約6.43km
      • 「週1回」通う人の自宅とジムの距離平均約8.20km


      と、実際に頻度と距離の関係性は出ているのが分かります。

      なのでもしあなたが結婚相談所の店舗に通うのであれば自宅もしくは会社から通いやすい距離に必ず店舗がある結婚相談所に通うようにしましょう。

      最低2社以上話を聞いてから決める

      まず大前提として「話を必ず聞きに行ってから決める」は必須です。何故かと言うと結婚相談所では入って1ヶ月で結婚出来てしまう人も珍しくはないですが多くは半年以上通わる人がほとんどです。

      つまり、半年以上という時間を費やすのにその結婚相談所はあなたにとって最適な結婚相談所なのか、最終的には目で見て耳で聞き判断をしなければなりません。

      そして何故2社以上話を聞くべきなのかは「1社だけだと都合のいいことばかり言われて騙されてしまう可能性が有るから」です。

      結婚相談所によっては入会者数を増やすために下記のように他社を蹴落として無理に入れようとしてくる結婚相談所もありますが、大事なのはあなたの幸せを本気で考えてくれているかです。


      なので、相談に行った際に「あなたがどういう幸せを望んでいるのか?」を第一で考えて聞いてくれる結婚相談所を選ぶようにしましょう。

      以上の6つの選び方を抑えて結婚相談所を選んで頂ければきっと貴女にピッタリの結婚相談所が見つかること間違いないので、結婚相談所選びの参考にして頂ければと思います。

      結婚相談所は大手と中小どっちが良い?

      結婚相談所には店舗を数十店舗抱えるパートナーエージェントやオーネット等の大手結婚相談所や数店舗もしくは1店舗で運営している中小結婚相談所があります。

      双方の結婚相談所どちらが良いのか?と言うと結論から言うと根も葉もないですが「ご自身に合った結婚相談所が良い」というのになります。

      じゃあ「大手と中小どっちが自分に合った結婚相談所ってどうやって判断するの?」と思われると思いますので下記にて大手結婚相談所と中小結婚相談所の違いについて解説をしていきますので参考にしどちらが自分に合うか判断してもらえればと思います。

      結論:「総合力」で考えるなら大手、「サポートの充実さ」なら中小の結婚相談所

      結論から言うと大手結婚相談所と中小規模の結婚相談所のどちらがいいのかというと「総合力」で考えるなら大手、「サポートの充実さ」なら中小の結婚相談所です。

      大手の結婚相談所は仲人の品質向上、サービス全体の品質向上、店舗の開拓など全てにおいて日々磨かれています。

      なのでサービスは一定以上はよい品質を受けることが出来ますし、下手な中小規模の結婚相談所より高品質なサービスを受けることが出来ます。

      ですが一方、ベテランの仲人がいる中小の結婚相談所はその方のサポートを受けることが出来れば「サポートの充実さ」という点では大手結婚相談所よりも遥かに上のサービスを受けることが出来ます。

      しかしながらそのような中小規模の結婚相談所を見つけるのは中々至難の業です…。

      下記より、より詳しい大手結婚相談所と中小規模の結婚相談所の特徴を「良いところ」「悪いところ」別で紹介していきますのでより深く知りたいという方は読み進めて頂ければと思います。

      大手の結婚相談所の特徴

      大手結婚相談所の特徴は自社で集めた会員数が圧倒的に多くその保有会員は多いところであれば4万人を超えます。

      なので結婚相談所の連盟に加入をせずとも会員の紹介が可能となっているため独自の紹介方法やイベント等が組みやすくサービスの内容に色が出てくるのが特徴的です。
      (例としてデータマッチング型のツヴァイ等では価値観でマッチングが出来るシステムが提供されていたりします。)

      大手の結婚相談所の良いところ

      大手の結婚相談所のメリットは下記の4つが取り上げられます。

      • 自社会員数が多いため、イベントやパーティ等受けられるサービスが豊富
      • 情報漏えいを含めたセキュリティ面が信頼出来る
      • 料金が明朗会計なので安心して利用する事が出来る
      • 研修制度がしっかりしているため仲人のサポート品質が安定している
      • 成婚料を取っていないところが多い

      大手の魅力としては一言で言えば「総合力」です。

      中小のように「突出した仲人がいる」というわけでは無いですが、サービス全体のクオリティが高いため安定して成婚するひとを排出することが出来るというのが何よりの強みでありいいところであると思います。

      大手の結婚相談所の悪いところ

      大手っ気今相談所のデメリットはまとめると「手厚いサポートを受けづらい」というのがあります。

      何故と疑問に思う人もいると思いますが、大手結婚相談所は前段のメリットでもお伝えしたように会員数が多いため、小規模の結婚相談所と比較すると「仲人ひとり辺りの会員対応数」が圧倒的に多いのです。

      つまり、多くの人に時間を使うので一人あたりに対する時間がそこまで掛けられないということなのです。

      ですから中小規模では密に時間を掛けて行っているような

      • 婚活プロフィールの添削
      • 日々の相談、カウンセリング
      • お見合いの立ち会い、セッティング
      • 成婚前の相談等
        • のサポートが手薄に感じられてしまうという事になるのです。

          ですから、上記のサポートを密にお願いしたいという方は仮に大手結婚相談所を選ぶにしても仲人型で「パートナーエージェント」のようなサポートに自身を持っている結婚相談所を視野に入れ検討するといいでしょう。

          中小規模の結婚相談所の特徴

          中小規模の結婚相談所の良いところ

          中小規模の結婚相談所いいところはやはり「サポートの充実」です。

          大手結婚相談所のように一人あたりの対応会員数が多くないので会員に対して使える時間が多く、サポートの充実度で言えば大手結婚相談所にもまさるのは事実です。

          また「成婚料」を設定している結婚相談所がほとんどなので、結果(=成婚)にコミットという視点から言うと成果主義というのもメリットの一つとして言えると思います。

          中小結婚相談所の悪いところ

          一方、ただいいところだけではなくやはり悪いところ、デメリットとして感じてしまうところがあるのも事実です。

          中小規模の結婚相談所のデメリットは

          • 自社会員が少なく、独自のパーティやイベント等が開催されず出会いが狭い
          • 業界未経験のカウンセラー(夫婦で開業など)が多い
          • お見合い料や交際料など独自の料金が発生する結婚相談所が有る
          • 大手と比較するとシステム・秘密保持・サービスの持続性に不安な面がある
            • と、正直サポート以外は大手と比較してしまうとどうしてもデメリットが多く感じられてしまうのも事実です。

              それでもサポートを重視して中小規模の結婚相談所を利用したいとお思いの方は絶対の上記の中でも「未経験のカウンセラー」が開業したような結婚相談所は選ばないようにすることをおすすめします。

              結婚相談所と他の婚活サービスとの違いは?

              結婚相談所と他の婚活サービスには会員の結婚に対する「真剣度」というのが明確に違います。

              下記に主要婚活サービス「結婚相談所」「婚活パーティー」「マッチングアプリ」との利用者層の違いを図にしましたのでまずはそちらを見てもらえればと思います。
              このように、「結婚」を目的としている人であれば結婚相談所のほうが「ヤリモク」のような不埒な連中が居ないので結婚までは近道ということがおわかりいただけるとおもいます。

              ヤリモクが居ないといい切れる理由は

              • 結婚相談所には「戸籍謄本」や「収入証明書」・「独身証明書」といった書類の提出が必須事項
              • 性行為を行った場合「強制退会」または「成婚」とみなされ退会という扱い

              という厳しい制約をしているためマッチングした事後の事に関与しない「マッチングアプリ」「婚活パーティー」とは違いヤリモクが居ないということなのです。

              つまり「本気で結婚したい人しかいないのが結婚相談所」となるので早期に結婚を考えている人は結婚相談所のほうがおすすめということになるのです。

              結婚相談所と婚活パーティーとマッチングアプリの比較

              こちらでは結婚相談所と婚活に使われる代表的なサービス「婚活パーティー」と「マッチングアプリ」のサービスの違いを婚活視点から比較をしています。

              比較する項目は下記の「料金」「出会いの確実性」「結婚本気度」「結婚実績」「サポート」「証明書提出」の6項目です。

               結婚相談所婚活パーティーマッチングアプリ
              料金
              月額1万円〜

              1回1000円〜

              月額無料〜(男性は3000円程)
              出会いの確実性
              仲人がセッティング

              申し込み

              自分次第
              結婚本気度
              独身証明書提出必須

              独身証明書の提出不要

              独身証明書の提出不要
              結婚実績
              実績多数掲載

              実績は不掲載

              実績掲載アプリ少数
              サポート
              出会う前から結婚まで

              出会いの場のみ

              サポートはなし
              証明書提出
              独身証明書必須

              身分証明書のみ

              身分証明書のみ

              ご覧いただいておわかりいただけるように結婚相談所は料金は「婚活パーティー」と「マッチングアプリ」と比べるとかなり高額な金額にはなりますが「結婚が出来る」という成果・実績は高く、其れに伴うサポートが圧倒的に評価が良いというのが分かります。

              ただ誤解をして欲しくはないのですが、婚活パーティーやマッチングアプリで結婚ができない訳ではないです。

              ですが婚活パーティーやマッチングアプリには自主性がかなり必要とされ、かつ会う人が必ずしも結婚を意識しているかと言われるとそうとは限らないというのがあるので結婚相談所と比較すると婚活には不向きなのではとやはり考えられます。

              結婚相談所とパーティーやアプリを併用する人もいる

              ここまでは単純な比較でしたが、実際にはどれか一つに利用するサービスを絞らなければいけないというわけではないのも事実です。

              それぞれのサービスには魅力があり結婚相談所で言えば出会いと同じぐらい魅力に有るのは「サポート」です。

              そのサポートは結婚相談所の中の出会いだけではなく、他での出会いによる関係についても相談というサポートを受けることが出来るので、デイアの数を増やすという扱いで「マッチングアプリ」と「婚活パーティー」を併用する人はいまや普通となっています。

              ですから結婚相談所をつかうからほかは使わないという考えではなく、仲人の方に相談をしながら婚活サービスの利用は併用してするのもいいでしょう。

              婚活で結婚相談所を選ぶメリット

              他の婚活サービスとの違いはわかったが「婚活に結婚相談所を選ぶメリットはなんだ?」と思う方もいるかも知れません。

              こちらでは結婚相談所を選ぶメリットについて解説をしていきますので上記のような疑問をお持ちの方はぜひ目を通して下さい。

              結婚を真剣に考えている人に効率よく出会える

              結婚相談所に入会している会員は全て「独身証明書」「卒業証明書」「在籍証明書」「収入証明書」「本人確認書類」「口座振替依頼書」「公的資格証明書」「プロフィール写真」といった書類を提出している会員が殆どです。(ほとんどの結婚相談所が上記の書類提出を定め入会審査を行っている。)

              なのでつまり、上記の書類を提出するほどの熱量がある「結婚に真剣な会員」とお見合いをする事が出来るので、アプリやパーティーよりは圧倒的に効率的に結婚に真剣な人に出会うことが出来るということなのです。

              これは結婚相談所ならではの大きなメリットと言えるでしょう。

              参考:結婚相談所の入会手続きに必要な書類って?事前に準備しておきたい書類とその入手方法まとめ

              プロの第三者視点からのアドバイスと手厚いサポート

              結婚相談所のメリットは婚活のプロ(仲人)からの第三者視点からのアドバイスとと手厚いサポートが受けられるのも一つです。

              一人で婚活をしていると視野が狭くなり、自分のことを俯瞰して分析できなくなり、誤った婚活をしてなかなかうまく行かないというのはよく聞く話です。

              ですが、結婚相談所を利用すればプロ(仲人)に定期的な面談や相談をお願いすることが出来るのでいつでも軌道修正してもらい最短ルートで婚活を走り抜けることが出来るのです。

              ですから、恋愛経験が少ないという人には特にメリットに感じてもらえるのではないかと思います。

              婚活に孤独を感じなくて済む

              婚活は友人や家族にも話しづらい活動で多くの人は下記のように孤独を感じてしまうものです。

              ですが、結婚相談所であれば仲人が専任で付き二人三脚で婚活を出来るので孤独に感じることは少ないです。

              このように婚活で結婚相談所を選ぶには多くのメリットが有り、上記に該当する人は一度興味のある結婚相談所に面談をしにいくのは良いと思います。

              婚活で結婚相談所を選ぶデメリット

              結婚相談所のデメリットとしては以下の3つが他の婚活サービスと比較すると挙げられます。

              • 年間費用が10万円~30万円と他の婚活サービスより高額
              • アドバイザーとの相性に左右されることがある
              • 面談をする際には店舗に足を運ぶ必要がある


              これらについて詳しく解説をしていきますのでご利用を検討されている方は合わせて目を通し判断頂ければと思います。

              年間費用が15万円~30万円と他の婚活サービスより高額

              結婚相談所は年間費用が業界最安値と云われている「エン婚活エージェント」ですら年間15万円相当(入会費9,800円+月会費12,000円×12ヶ月分)かかります。

              それにくらべ婚活アプリは月会費3,800円程度なので年間で利用しても50,000円程度で収まります。

              なので金銭的に余裕がない人からすると結婚相談所の利用料金は高くお財布を圧迫してしまうというデメリットがあります。

              アドバイザーとの相性に左右されることがある

              良くも悪くも結婚相談所のサービスの根幹は「アドバイザー」にあります。

              しかしそのアドバイザーとの相性が悪いとうまく走ることが出来ず、思うような婚活をすることが出来ないです。

              結婚相談所にはアドバイザーの交代をお願いすれば交代をしてくれる結婚相談所もありますが、中小のような結婚相談所はアドバイザーが少ないので交代してくれないという可能性は有ります。

              なので、そのような場合はむしろアドバイザーが弊害となりデメリットと感じてしまうことも有ると思います。

              面談をする際には店舗に足を運ぶ必要がある

              オンライン結婚相談所じゃない場合に限りですが面談をする場合は基本的には店舗に足を運び面談を組んで貰う必要があります。

              ですからもちろん日々の時間をかなりとられてしまうというのがデメリットとしてあげられます。

              勿論、結婚相談所は相談ができることが強みなのでこれをデメリットとして感じてしまう人は結婚相談所ではなくマッチングアプリのほうが向いているのは確かだと思います。

              結婚相談所の入会から成婚退会までの流れ

              こちらでは実際に結婚相談所に入会してから退会するまでの一連の流れを解説していきます。

              流れ①資料請求し興味のある結婚相談所に無料相談の予約を

              まずは興味のある結婚相談所複数社に資料請求をすることからです。

              ここで重要なのはいきなり無料相談の予約をしないという事です。

              結婚相談所の資料には料金やサービスの詳細、体験者のインタビュー等詳しい情報が沢山掲載されています。

              なので、ひとまず情報を資料請求にて収集し、その中で興味が湧いた結婚相談所に無料相談の予約をするのが一番オススメの流れとなっています。

              資料請求は一括請求も便利

              結婚相談所の資料請求は入力項目が多く資料請求を都度するのは面倒です…。

              なのでそんなときは一括資料請求サイト「ズバット結婚サービス比較」などを利用し興味のある結婚相談所の資料を一括で請求してしまうのがおすすめです。

              無料相談に行く前に質問事項は準備しておこう

              無料相談に行く際には疑問に思った点、他と比べてどう思ったのか等を事前に用意しておくようにしましょう。

              無料相談はどうしてもカウンセラーさん主導で会話が進んでしまいます。なので、事前に準備しておかないと聞き逃してしまうことがあります。それではせっかくの無料相談の時間がもったいないです。

              また結婚相談所によっては既存会員との条件シュミレーションを実際のデータベースから実施して貰えることが有るのであなたの理想のお相の条件もまとめておくとスムーズに調べられるのでぜひまとめておきましょう。

              流れ②無料相談で自分に合った結婚相談所か確認

              無料相談ではサービスの説明を受けますが基本的には以下のポイントから自分にあっているかを見定めるようにして下さい。

              • 相談しに言った結婚相談所のサービス内容が自分に合っているか
              • 在籍している会員にマッチングしそうな人はいるか
              • カウンセラー(仲人)との相性は良さそうか
              • 通う場合は無理なく通える距離に店舗があるか


              この4つの基準が合わない場合は他と必ず比較して入会を検討しましょう。

              料金だけではなく活動に係る内容が合わないようであれば最低半年は利用することになるのであまりおすすめできないです。

              勧誘は基本的には有ると思ったほうが良い

              また、結婚相談所の無料相談は基本的に必ず「勧誘」は有ります。

              どの結婚相談所も担当にノルマがそれぞれ課せられていますので強弱はあれど勧誘が有るのはつきものです。

              その際に「ほかも検討している」と必ずお断りし、自宅に帰ってからゆっくり他と比べどこが自分に以下見定めるようにしましょう。

              その場の勢いに任せては誤った判断をしてしまうこともあります。

              また、お断りをした際に他の結婚相談所を悪く言う、もしくはあなたを悪く言って無理に勧誘してくる結婚相談所だった場合は丁重にお断りして入会をするのは止めることをおすすめします。

              そのような結婚相談所は絶対にいいカウンセラーは居ないです。

              結婚相談所で掛かる料金の相場は10万円~30万円程

              UFJ総合研究所の調査によると結婚相談所の入会から退会までにかかる費用はおおよそ10万円~30万円という平均相場になっているということがわかっています。

              因みに以下のように「利用サービス」と「性別」によっても料金相場が異なりますのでその点も踏まえどの結婚相談所を利用するのかは慎重に選ぶことをおすすめします。

              少子化時代の結婚関連産業の在り方に関する調査研究 資料編〔実態・分析編〕
              参照:http://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/281883/www.meti.go.jp/press/20060502001/houkokusho-shiryou-set.pdf

              流れ③あなたに合った結婚相談所を見付けたら入会手続きを

              お好みの結婚相談所が決まったら早速入会手続きです。

              仲人型結婚相談所、データマッチング型結婚相談所は入会の手続きが資料などを直接交わすのでwebからではなく店舗でしか行なえませんので再度来店の予約をする必要があります。

              その際には直接電話番号から予約を取り付けても問題はありません。

              また入会手続きには「独身証明書」「卒業証明書」「在籍証明書」「収入証明書」「本人確認書類」「口座振替依頼書」「公的資格証明書」「プロフィール写真」といった資料が必要になりますので、事前に持参するものを聞いて準備しておくようにしましょう。

              結婚相談所には必ず入会審査が有る

              結婚相談所には必ずしも入会することが出来るというわけではなく審査が必ずあります。

              条件は基本的には

              • 身体的・精神的に健康であること
              • 収入が安定していること(安定した職に就いていること)
              • 未婚者であること

                • この3つの条件さえ満たしていれば入会は出来ますが一部相談所では年収が男性は500万円以上等の細かい条件があるのでその点は無料相談の時点で確認ができてると良いと思います。

                  詳しくは「結婚相談所で審査が通らない理由は?登録前に知っておきたい入会審査の基準と入るコツ」に記載していますので是非参考にして頂ければと思います。

                  流れ④入会後はカウンセラーと活動準備を

                  入会後ははじめに入会された結婚相談所で活動の準備をカウンセラー行っていきます。

                  主な準備内容は以下の内容です。

                  • 結婚したいお相手の条件策定
                  • いつまでに結婚をしたいかの設定
                  • プロフィールの自己PR文の作成
                  • プロフィールに乗せる写真撮影


                  いつまでにどのような人と結婚をしたいのかという目標を設定した後は入会された結婚相談所のデータベースに登録する情報をカウンセラーと一緒に作成していきます。

                  特にプロフィールの作成は結婚相談所ではいちばん大事な項目なので丁寧に作り上げることをおすすめします。

                  プロフィールの作り方は「【完全保存版】プロが教える結婚相談所のプロフィールを最大限魅力的に書く方法」に詳しく記載していますので是非参考にして頂ければと思います。

                  流れ⑤お相手探し

                  次はいよいよお相手探しです。

                  結婚相談所でのお相手を探す方法は主に「カウンセラーからの紹介(月に2名~6名程)」と「検索システムを利用してお申し込み(月10件~30件申し込み可能)」の2つです。

                  基本的にはこの2つの方法からマッチングをしていきお見合いをセッティングしていく形になります。

                  お相手探しは条件を絞りすぎ無いように

                  これはマッチングアプリや婚活サイトなら身に覚えがあるかもしれないですが、条件を絞りすぎるとどんどん高望みになり、妥協が中々できなくなってしまい結果的にお見合いすら組めない状況になってしまいます。

                  なので、条件はあくまで広く持ち、カウンセラーの方に都度相談をしながらお相手を探していくといいでしょう。

                  流れ⑥コンタクトが成立したらお見合い

                  お相手探しの際のお申し込み(コンタクト)が成立したらいよいよお見合いです。

                  結婚相談所でのお見お会いはいわゆる「THE・お見合い」のような形式ではなくホテルのカフェなどで小一時間ほどお茶する下記のようなイメージです。

                  お見合いではお互いの趣味や好きなこと等を話し相性がいいかを見定めていきます。

                  交際の申し込みお断りはその場ではしないので心配無用

                  お見合いをしたらそのあとその人と交際をしたいか判断をしますが、お申し込みやお断りはカウンセラーの方を通してか、またはシステムを利用して行います。

                  なので、対面で話す必要がないので恋愛経験が少ない人にも安心して利用してもらえることが出来ます。

                  流れ⑦気になるお相手と仮交際

                  仮交際はご自身またはお相手からのお申込みを受領し成立した日から仮交際として関係が始まります。仮交際の期間は平均的に3ヶ月から6ヶ月といわれている事が多いです。

                  また仮交際は「恋人」という関係ではなくあくまで交際を前提としたお付き合いとなっています。

                  なので真剣交際(本交際とも言う)の相手になるべく期間中はお互いを知りつつメールや電話、デートなどを繰り返しアプローチを仕掛けていく必要はあります。

                  交際を上手く行かせたい人は「何で上手く行かない?結婚相談所の交際で重要な6つの考え方」も参考になるので読んでみて下さい。

                  仮交際での複数交際はしてもOK

                  因みに結婚相談所では仮交際中の期間は複数人との交際が認められています。

                  ですから仮にお相手がいる状態だとしてもカウンセラーからの紹介や自らのお申込みをし続けることは出来るようになっています。

                  ただ、複数の方と連絡を取ると本命の方へのコミュニケーション量が減ってしまい結果的に良くない方向に進んでしまう可能性が有るので器用な方以外はあまりお薦めはできないです。

                  流れ⑧気に入ったお相手との真剣交際

                  真剣交際とは一般的に言う「恋人」という関係値のことを指します。なので、真剣交際中は「お見合い」「他の人との仮交際」等は全てできない状態になります。

                  また結婚相談所では休会という制度(以下オーネット参照)があり真剣交際中には休会し月額の会員費の出費を抑えることが出来る結婚相談所も有るので「休会制度」が使える結婚相談所に入いるのポイントの一つです。

                  転載元:オーネット

                  真剣交際中に婚前交渉をするのは禁止されているので注意

                  結婚相談所では真剣交際中または仮交際中に「婚前交渉」を禁止しているところが多いです。

                  理由としては婚前交渉による会員同士のトラブルを未然に防ぐためとされています。

                  因みに婚前交渉とは以下のようなものが含まれます。

                  • 性交渉
                  • 宿泊
                  • 同棲

                  基本的にはキス以上(キスを含む)行為と宿泊となる行為は禁止されており、結婚相談所によっては強制的に退会または成婚退会として定義させられ成婚料を支払わされてしまうこともあります。

                  ですので「婚前交渉」は絶対にしないようにしましょう。

                  流れ⑨結婚の意思が固まったら「成婚退会」

                  真剣交際中のお相手と話し合い結婚の意志が固まったら担当のカウンセラーまたは仲人に伝え成婚退会です。

                  因みに「成婚」の定義も結婚相談所により異なり、大きく「結婚」と「結婚意思が固まる」の2つに分かれることがあり多くは後者の「結婚意思が固まる」で成婚と定義づける結婚相談所がほとんどです。

                  なので、結婚相談所を退会した後しばらく交際期間を経て入籍(プロポーズ)をするという流れになるので「成婚」しても気を緩めないようにしましょう。

                  入会から成婚退会までの期間は平均8ヶ月~12.4ヶ月

                  「結婚情報サービス業調査に関する報告書」による調査によると結婚相談所の入会から成婚退会までの期間は以下のように平均として8ヶ月~12.4ヶ月となっていることが分かります。

                  転載元:http://www.ier.hit-u.ac.jp/Common/publication/DP/DPS-A687.pdf

                  中でもインターネット型結婚相談所の成婚退会は各種サービスの中でも成婚退会までの期間が早く早期で結婚をしたいという人にはおすすめの結婚相談所ということが言えるでしょう。

                  また、男性会員と女性会員では成婚退会までの期間に差があり女性の方が早く成婚退会出来るようようです。

                  成婚退会時に「成婚料」を支払う必要性も

                  結婚相談所では「入会金」「月額費用」「紹介料」に加えて「成婚料」が掛かところがあります。

                  この成婚料とは「成婚退会」をした時のみ発生する費用で相場として5万円~20万円とやや高額な費用となっています。

                  因みに成婚料が発生する結婚相談所の多くは中小規模の結婚相談所かつ仲人型の結婚祖男女が多いです。

                  その背景には「成婚まで仲人が徹底的にサポートする」という理由も有りますが、「利益」をそこで回収しているからというのが多くです。

                  なので、成婚料は払いたくないという方は大手の結婚相談所は殆ど成婚料を設けていませんので大手の結婚相談所検討されるのが良いかもしれないです。

                  また、成婚料については「成婚料が必要な理由と無料でも安心な結婚相談所4選」にて詳しく解説をしていますので是非参考にして頂ければと思います。

                  成婚大会後の「婚約破棄」は有るので油断は禁物

                  また成婚退会後、婚約破棄をされてしまい結婚できずじまい…。という人は多くはないですがいるのも事実です。

                  理由は「相手方との両親との相性」や「同棲後の相性」等が多くです。以下大手Q&A掲示板でも下記のように悩みが投稿されています。

                  転載:Yahoo!知恵袋より

                  ですので、成婚退会は必ずしも「結婚」というわけではないので、成婚大会をする前にご両親との挨拶等は必ず済ましておくようにしましょう。

                  以上、ここまでが「結婚相談所の入会から成婚退会までの流れ」です。

                  結婚相談所は入会してからが長い戦いです。ですが、諦めること無く活動をしていれば一光の希望も見えてくるはずです。

                  この流れを参考にしカウンセラーまたは仲人の方と幸せに焦点を向けた婚活をして頂ければと思います。

                  結婚相談所での成婚率を高める5つのテクニック

                  結婚相談所に入ったからと言ってもちろん結婚が必ず出来るというわけではないです。

                  こちらでは結婚相談所で成婚率を少しでも上げるためテクニックを紹介していければと思います。

                  これから利用をしようと考えている人は参考にして頂ければと思います。

                  お見合いを漕ぎ着けるには「プロフィールの作り込み」が重要

                  結婚相談所の活動では「プロフィールの作り込み」は最も重要と言っても過言ではないです。

                  何故かと言うとそもそもプロフィールが悪かったらお見合いが中々成立せず、活動期間中に会える異性の方の数が少なく満足することなく活動を終えてしまうことが有りえるからです。

                  こちらではそのような結果になってしまわないように、結婚相談所のプロフィールの書き方について詳しく解説をしていますので是非参考にして頂ければと思います。

                  自己紹介欄は人柄の良さをアピールしよう

                  まず、結婚相談所のプロフィールで重要なのは誠実さです。

                  「厚生労働省」の調査によると結婚で相手に求める条件で最も重要視されていたのは男女ともにお相手の「人柄」です。(以下参照)

                  転載元:https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/13/dl/1-02-2.pdf

                  つまりプロフィールを書く際には人柄が良い(=品格の良さ)が見られるよう

                  • 読者(相手)を気遣った思いやりのある文面(批判的な内容は書かないなど)
                  • 人当たりの良さが伺える情報(友人が多いなど)
                  • ポジティブな姿勢が見られる事(仕事を頑張っているなど)
                    • といった内容を心がけてプロフィールを書くようにしましょう。

                      「相手に求める条件」は求めすぎはNG

                      相手に求める条件は高すぎると、条件に合う異性の絶対数が下がりお見合いの成立件数が減るのでおすすめできないです。(お相手に不快感を与えるという面からもおすすめできないです。)

                      また条件を絞るということは「出会いの視野」を自ら狭めるという行為になるのでいずれにしても相手にとっても自分にとっても不利益しか産まないので求めすぎるのは良くないと理解して頂ければと思います。

                      「ネガティブな発信」も書かないように

                      ネガティブな発言や発信は基本的にどのような場面でも好まれるものとしては言い難いです。

                      ネガティブな発言としては

                      • 嫌いなこと苦手なことの主張
                      • 愚痴
                      • 何かしらに対する不満
                      • 何かしらに対する不安

                      といったような内容が挙げられます。

                      あなたも上記のように「〇〇が苦手て、〇〇が嫌いです。〇〇じゃない人じゃないと無理です。」なんてネガティブなことばかり書いてる挙句、最後に主張されたら嫌ですよね?

                      と、いうようにネガティブな発言は控えるようすることを強くおすすめします。

                      「写真」はプロのカメラマンに撮ってもらおう

                      結婚相談所のプロフィールの情報で重要な要素には「写真」もあります。

                      オーネットの調査結果にの中にでも補足事項として記載されているように「有名なアメリカの心理学者、アルバート・メラビアンは、「第一印象は3秒で決まる」」とあり、第一印象は視覚的情報から入るためプロフィールにおける写真写りはとても大事な事と言えるのです。

                      転載:第一印象に関する意識調査

                      なので自分では取らずプロの方にとってもらうことをおすすめします。

                      また、以下パートナーエージェントのようにプロのカメラマンが撮影してくれるサービスが基本セットになっている結婚相談所も有るので、選ぶ際にはそのような結婚相談所を選ぶのも一つのポイントです。

                      転載:パートナーエージェント

                      会う時のは笑顔で親しみやすい印象を

                      こちらは文教大学教育研究所客員研究員の「表情が初対面の相手に与える印象」による調査結果でも出ており、第一印象は「笑い顔」または「微笑み」の方が「真顔」「しかめっ面」よりも総じて、「明るい」「親しみやすい」「親切な」という好印象を得るということが判明しています。

                      ですから必ず会う際には「笑顔」または「ほほえみ顔」で親しみやすい印象を持たれるようにするとお相手との距離感が縮まり良好な関係を築けるようになります。

                      女性は特に初対面のときは不安

                      女性は男性と異なり、特に見知らぬ人に初めて会うのは不安なものです。

                      ですから上記で説明したように笑顔で親しみやすさを出すだけでも女性の方は安心してくれますし、他の男性よりも気が使えあなたはライバルに一歩差をつけることが出来るのです。

                      なので特に男性は女性に笑顔で接し不安と緊張を取り除いて気を使うように。

                      身だしなみは清潔感を大切にするように

                      結婚相談所で婚活をする以上、身だしなみの清潔感は必須項目です。

                      住友生命グループの「合コン・街コンに関する意識調査2014」でも以下のように身だしなみで重要視するのは「清潔感」が1位という調査結果が出ています。

                      転載:https://news.medicarelife.com/release/down2.php?attach_id=129&seq=1359&category=6&page=2

                      清潔感を醸し出す、保つには男女それぞれ「服装」「匂い」「髪型」等きをつけるべき点があります。

                      これらについて下記より詳しく解説をしていきます。

                      清潔感を出すには「シンプルな服装」が一番

                      清潔感を出すには派手な服装や個性的な服装ではなく、シンプルな服装にすこし淡く明るい色を取り入れた服を着るのが一番です。

                      こちらは男性女性それぞれ解説をしていければと思います。

                      女性に婚活でおすすめの服装

                      女性は男性支持率が40%以上ある「ワンピース」を着るのが最初の方は無難です。

                      また、ワンピースであれば何着か用意する事でお見合いの時に着回すことが出来、更に選ぶ手間も省けるのでそのような点からもメリットは有ります。

                      なので、あまりコーディネートに自身がない方は「ワンピース」を用意することをおすすめします。

                      女性のファッションについて詳しく介している記事は「【女性必見】20代男性に聞いた!婚活で好印象の女性のファッションとは?」に。

                      男性に婚活でおすすめの服装

                      逆に男性の場合は「ドレスコーデ7:カジュアルコーデ3」のバランスで

                      • シルエットは「Iライン」を意識
                      • ボトムスは細身で
                      • 色はモノトーンに

                      を徹底するだけでスッキリした服装となり女性から好感を得ることが出来ます。

                      男性のファンションについてより詳しくは「【婚活×MB理論】初対面の女性に好印象を与えるファッションとは?」に記載しておりますので是非参考にして頂ければと思います。

                      匂いも大事。香水の付け過ぎは要注意

                      清潔感を保つ似には「匂い」も大事なポイントの一つです。

                      ついつい張り切って香水を強めにつけてしまう人が居ますがそれは逆効果です。

                      香水を付ける場合は通りすがりに「フワッと」匂いがするぐらいで大丈夫です。(香水をつけるなら1プッシュ程度でも充分。)

                      髪型は清潔感だけでなく印象も変わるので重要

                      髪型一つ変えれば清潔感だけでなく印象もガラッと変わります。

                      事実、文京学院大学研究紀要の「外見の印象 髪型が性格のイメージに及ぼす影響」の調査にても同一の男性が長髪と短髪に変えるだけで写真から「穏やかな印象」から「活発的な印象」に変わったという統計調査も取れています。

                      ですから印象を良くする髪型を知り、自分に合った髪型にすることで印象を良くすることが出来るということです。

                      女性は「極端にフェイスラインを隠さない」ヘアアレンジを

                      恋愛経験が豊富じゃない方、人見知りな方の特徴として髪で顔を隠してしまうヘアアレンジを好んでしまう人が多くみられます。

                      しかし顔を隠してしまうとどうしても暗い印象を相手に与えてしまいます。

                      ですので、美容室に行く際には「顔を隠さないヘアアレンジ」を注文し、自分に合った髪型で婚活に挑むと言いでしょう。

                      男性は短髪で爽やかにしつつ「ひげ」「鼻毛」「眉毛」整えよう

                      男性は短髪の一択です。

                      長髪は一部の女性を除き「不潔」と感じてしまう人が多いです。なので「短髪」で清潔感を出しましょう。

                      また、女性には少ないですが、男性は「ひげ」「鼻毛」「眉毛」を整えている人は意外と少ないです。

                      特にこの3つは不潔さを印象付けさせる要素なのでこまめに整えましょう。

                      連絡の頻度は最低「一日一通以上」

                      連絡の頻度は「一日一通以上」が最適です。これは実際に男女の6割以上は「恋人とは毎日連絡を取り合うのが理想」と答えているとペーアーズの調査で結果が出ているのです。

                      因みに、結婚相談所では仮交際に関係が進み初めてお互いの連絡先を交換する事ができます。

                      しかし、連絡先を交換したにも関わらず連絡が「3日に1通…」だったり連絡の頻度が少なすぎる人が多くいるのも事実です。

                      それでは少なすぎますし、お相手は他の仮交際相手になびいてしまいます。なのでかならず一日一通以上は「おはよう、仕事がんばってきますー。」でも良いので連絡するようにしましょう。

                      また以下では連絡をする際の注意点も解説をしていきますので合わせてご覧頂ければと思います。

                      返信の催促は嫌われるので注意

                      返信の催促はお相手に不快な思いを与えてしまう可能性が有るので要注意です。

                      あまりにもしつこく連絡を返すように催促してしまうと最悪のケース仮交際を打ち切られてしまう可能性も出てきます。

                      どうしても返信が欲しい場合は、追撃の連絡は送らず最低でも3日以上は待つようにしましょう。

                      それでも連絡が来なかった場合は担当の仲人・カウンセラーに相談し中を取り持ってもらうようにすることをおすすめします。

                      LINEやメールでパーソナルな部分を聞くのはNG

                      パーソナルな部分をLINEやメールで聞くのは絶対ダメです。

                      メールやLINEをコミュニケーションのツールと勘違いしている人が多いですが、あくまでメールやLINEは「連絡手段」です。

                      それに、あなたはそう思わなくても人にはおおっぴらに言えない悩みやコンプレックスを持っている人もいます。

                      なので、パーソナルな情報はかならず対面で聞くこと。徹底しましょう。

                      だらだら連絡を続けず「会う約束」をしましょう

                      また、一日一通以上連絡を取ればいいというわけではないです。

                      あくまで行っているのは「連絡」なわけで、実際にいろいろな時間を過ごさないと仲は深まりませんし、メールやLINEではお互いの事を知るには限界が有ります。

                      なのでとにかくデートに誘うようにしましょう。近場にお住まいでしたら一ヶ月に1回は最低でもするのが望ましいです。

                      会話は自分のことを話すのではなく相手の話を傾聴すべし

                      そして最後に会話です。

                      会話は自分の事を知ってもらおうと思って一方的に話すのではなく、お相手に興味を持ち相手を知ることからがスタートです。

                      相手のことを誰よりも理解している「理解者になる」という事が、相手にとってもあなたを理解者という「特別な存在」に押し上げてくれます。

                      そうすると自ずとお相手からもあなたに対して興味を持ってくれるようになるでしょう。

                      また、質問をする上では「過去(=どのようにして生きてきたかという人生観)」、「大切にしているコト(=お相手の価値観)」、「夢や目標(=本当にしたいこと)」等がお相手のことをよく知れるのでおすすめです。

                      以上のテクニックを駆使し、結婚相談所の仲人の方と連携して婚活を進めれば、他の会員よりは何歩もリードした状態で婚活が出来ると思いますので実践してみて下さい。

                      結婚相談所利用者の体験談

                      こちらでは実際に結婚相談所を利用した人の体験談を最後に紹介していければと思います。

                      実際に体験した人の話を聞くとで「自分は本当に利用すべきなのか」かがより具体的にイメージしやすくなります。

                      年齢・性別ごとに成功談と失敗談に分けて紹介していきますので参考にして下さい。

                      結婚相談所で失敗した人の体験談

                      30代女性の失敗体験談「成婚退会後に後悔した話」

                      私の結婚相談所の失敗談は「成婚退会する前に両家の挨拶を済まして置かなかった事」です。

                      夫自体はとても素敵な人だったのですが、夫のご両親に挨拶に行った時に夫が「マザコン」であることに気づいたのです。

                      そして更に姑もかなり息子(私の夫になる予定だった人)を溺愛していたので、何から何まで夫と姑に決められながら生活をしていくと想像したら無理だなと思い大事にならないようにそっと結婚はなかったことにしました。

                      なのでまたいい人が出来たら次はかならず両家の挨拶を済ましてから成婚退会をしようと思います。

                      marriageconsultant編集部
                      結婚相談所ではご両家の挨拶を済ましてから成婚退会とする相談所も有るので上記が心配な方はそのような結婚相談所を選ばれるのが良いかもしれないですね。

                      20代男性の失敗体験談「年収の低さがネックとなり結婚出来なかった話」

                      僕は24歳とかなり若めの段階で結婚相談所を始めました。

                      が、結果的には結婚できず6ヶ月で退会をしました。

                      退会の理由は一つで「年収が合わず理想の女性に会えなかった。」という感じです。

                      というのも僕の年収は330万円で他の男性会員よりも少し低く周りの女性は

                      • 年下と同年代の女性は歳上の高年収が対象
                      • 歳上の女性はぼくより少し歳上の年収が対象

                      と言った状態だったのでライバルが多く活動がだんだんしんどく感じてきたので退会したという感じです。

                      ただ、結婚まで行かなかった理由は年収が全てではなかったと自分でも理解はしています。

                      それも踏まえて退会をしたので後悔はしていないです。

                      marriageconsultant編集部
                      若さは武器になりますが、本質的には若さや年収ではなく活動における姿勢が重要なんだと考えさせられる体験談ですね。みなさんも活動される際にはご自身のスペックではなく姿勢を大事にしましょう。

                      30代女性の失敗体験談「理想が高すぎると言われ妥協しきれなかった話」


                      私の場合は結婚するお相手ならせめて「年収は700万円以上かつ上場会社に務められている方」という条件で、それ以外はあまり気にしないという感じでした。

                      ただ、紹介頂く男性がいずれも微妙でどんどん条件を付け足していったら最終的に「条件が高い」と言われ結婚できずじまいだったという感じです。

                      私的には条件はそこまで高くなかったつもりだったんですが、私のスペックと比較すると高いと一蹴されてしまい、今は別のハイステータス結婚相談所で活動をしています。

                      ここではそれなりにお見合いが出来ているので最初からハイステータスの結婚相談所に行けばよかったなと後悔しています。

                      marriageconsultant編集部
                      婚活では最初に設定した条件よりもどんどん条件が厳しくなってしまうのはアルアルです。なので、条件が少し高いかな?と思ったら迷わずハイステータスの結婚相談所に行くのが良いかもしれないですね。

                      結婚相談所で成功した人の体験談

                      20代男性の成功体験談「8ヶ月で成婚まで至った話し」

                      27歳の頃に彼女と別れ、仕事上女性出会う環境がなく結婚相談所を利用しました。

                      利用し始めは幸いにもすぐにお見合いの引合せがたくさんあり多くの人とお会いさせて頂きましたが、自分がどんな人と結婚をしたいのかイメージが出来ていなかったのもあり、半年間は真剣交際に至ることはなかったです。

                      そんな状況を仲人さんに相談しつつ明確に結婚したい人の理想を条件ではなく人柄などを一緒に決めていった結果、いまの彼女に出会うことが出来無事成婚退会まで至ることが出来ました。

                      なので、もしこれから結婚相談所を利用するのであれば結婚したい人のイメージはよく固めておくと良いかなと思います。

                      30代後半女性の体験談「アラフォーでも年下と結婚できた話」

                      私は結婚相談所に登録しにいったときからどうしても譲れなかったのが年下の男性との結婚でした。

                      年齢が当時37歳で自分より年上となると40歳の男性が殆どなので可能な限り若い男性とお見合いをセッティングしてくれと頼み込みました(笑)

                      勿論カウンセラーさんからは視野を広げて歳上もと言われ沢山の方とお会いしましたが、どうしても譲れなくもう一度計画をカウンセラーの方と一緒に練り直しました。

                      計画を練り直した後は引き続きいろいろな人とお会いするというのは変わらず、年下の男性に限り条件をかなり広げてお会いすることにしました。

                      条件を広げたこともあったのか年下の男性とお会いすることが増え結果的に4つ下の男性と成婚退会し無事結婚することが出来ました。

                      marriageconsultant編集部
                      自分の求める条件と相手の求める条件が重なり合っていない場合は自分の条件を広げる(視野を広げる)というのが婚活を成功に導く方法なのかもしれないですね。

                      40代女性の体験談「とにかく会ってみるみて結婚できた話」

                      45歳でいくつかの結婚相談所に面談に行き「正直すぐには難しいので長期戦です。」と「結婚できます!」と簡単に言わない仲人んさんが居るところに入会をしました。

                      実際に結婚に至るまでは1年とちょっと掛かりましたが本当に入会してよかったと心から思っています。

                      また始めた当初は私の年齢が年齢なので年収という条件がどうしても譲れなかった側面も有り中々お引き合いが無かったのですが、途中仲人さんに相談した際に「本当に生涯を一緒にしたい人はだれか?」を聞かれ「とにかく色々な人と会ってみよう」と思いそれからサクサク進んでいった印象でした。

                      また今の夫の決めてはデートのシーンや、食事のシーン、何気ない会話から「私を大事にしてくれている」と感じ取れたことです。

                      結果的に当初私が設定していた条件とは異なる男性の方でしたが、いまは夫と出会えて本当に良かったと心から思っています。

                      marriageconsultant編集部
                      とにかく色々な人と会うというのは婚活では大事なようですね。条件を絞りすぎてしまうといい人を逃してしまうかもしれないので要注意です。

                      結婚相談所でよくある質問と解説

                      こちらでは最後に結婚相談所に入会する前後によくされる質問について詳しくそれぞれ回答をしていければと思います。

                      このよくある質問を事前に読んでおけば不安なく入会することが出来るのでかならず目を通すようにして頂ければと思います。

                      結婚相談所で美人やイケメンと結婚はできるの?

                      結論から言うと必ずではないですが結婚相談所で美人やイケメンと結婚はできます。

                      しかしながら勿論すべての人が結婚できるわけではなく事例としてもごく少数のお声を聞く限りというのが事実です。

                      それらについて何故ごく少数の人しかイケメンや美女としか結婚ができないのかについて解説をしていければとお思います。

                      美女やイケメンはいるがごく少数かつ競争が激しい

                      美女やイケメンは実際に結婚相談所にはごく少数ですが入会されている事自体は事実です。(当サイトにて取材をしたパートナーエージェント・エン婚活エージェント・ゼクシィ縁結びカウンター・ツヴァイ・IBJメンバーズ・結婚相談所イノセントすべての会社に居ることが確認はできています。)

                      ただ、美男美女は人気が非常に高いため少ない上に以、下のように申込みが殺到しているため競争が激しいです。

                      なので一概に美男美女と結婚することは出来るとは言いかねますが、「美男美女と結婚出来る可能性はある。」という答えになります。

                      どうしても、美女やイケメンと結婚したければ「対人魅力」を鍛えること

                      対人魅力とは周囲の人から受ける肯定的な態度の大きさを意味しています。

                      この「対人魅力」を構成する以下の4つの要素を鍛えるという事で自分の魅力を高め相手に好意を寄せてもらう確率を上げることができます。

                      対人魅力の構成意味すべき事
                      熟知性相手をどれだけ知ることが出来ているか。相手の一番の理解者になる努力を怠らない事。
                      類似性共通の価値観や体験を持ち合せているか。相手の価値観に共感し、同じ体験を増やす事。
                      返報性例)行為に対して行為で返してしまう事。相手に行為があることを行動・言葉で示す事。
                      身体的魅力容姿がどれだけ淡麗であるか髪型・服装・スキンケア等出来る事全てやる。

                      モテる人はこれが自然にできている人が多いです。

                      もしあなたが本当に美女やイケメンと結婚したいのであればかなら鍛えるようにしましょう。

                      結婚相談所で詐欺ってあるの?

                      結婚相談所には「詐欺」で起訴される結婚相談所も例年耐えないです。

                      実際に2016年には結婚相談所「ブライダルティアラ」が詐欺目的で交際・結婚斡旋容疑で起訴。2019年には結婚相談所「ロータリーマリッジ倶楽部」が会員が居ないにも関わらず居ると騙し入会金50万円を騙し取ったなどの容疑で起訴。など被害報告は耐えないのは現状です。

                      「会員間のによる婚活詐欺」も事例は有る

                      また結婚相談所での詐欺だけではなく会員同士の婚活詐欺情報も多く見られます。

                      手口としては交際や結婚を盾に「お金がないので援助して欲しい」やシンプルに「投資などは興味がないか?」等あらゆる手口、切り口で誘惑をしてきます。

                      このような人は大手の結婚相談所であれば審査が厳しく入会すること自体が難しいので出会う確率は少なくなると思いますが、審査が軽い結婚相談所だと潜んでいる可能性が有るので要注意です。

                      詐欺被害に合わないように注意すべき5つのコト

                      上記のように悪質な結婚相談所からも詐欺師にも騙されないようにするには入会前は以下の4番までをしっかりと注視し、入会後は5番のすぐ相談をするようにしましょう。

                      1. 入会審査は書類提出や身元確認等がしっかりしているか
                      2. 「プライバシーマーク」「マル適マーク」を取得しているか
                      3. 料金がしっかりと開示・説明しているか
                      4. 勧誘が過度ではないか
                      5. 少しでも怪しいと思ったらすぐに担当に相談をする

                      詐欺をしてくる人や事業者は人弱っている部分に付け込んできますので「自己防衛力」を高め騙されないようにしましょう。

                      結婚相談所には変な人しかいないの?

                      こちらでは「結婚相談所には変な人しか居ないの?」や「どんな人がいるの?」という疑問や不安について説明を出来ればと思います。

                      変な人しかいないのは誤解

                      結婚相談所には良識ある会員を除きごく一部「両親に半強制的に入会させられた」という人や「お金さえあればモテると勘違いしている」という人。「過去、モテていたので今でもモテる」と高飛車な態度を取るような人など一般的な考え方からしたら「変」と思われるような人はいます。

                      ただ、それらの方はごく一部で「ブライダル総研の調査」にも記載されている通り、「過去交際相手がいたが別れた」「両親を安心させてあげたい」「自然な出会いでは難しいと思ったとき」と一般的な考えをお持ちの方も多く入会されているのが実態です。

                      変な人に困ったら担当の仲人に相談しよう

                      とは言え「変な人とお見合いをしてしまったらどうしよう。」「付きまとわれたらどうしよう。」と考えてしまうとも思います。

                      そんなときは担当の仲人(またはカウンセラー)に相談をすれば大丈夫です。

                      お相手へのお断りの連絡や、執拗な連絡等に対し事を荒げること無く対処してくれて安心できます。

                      このように、仲人(カウンセラー)が間に入ってトラブルを対処してくれるのはマッチングアプリや婚活サイトには無い魅力のひとつとしても言えるかもしれないです。

                      結婚相談所の掛け持ちは出来るの?

                      掛け持ちは結婚相談所によって異なりますが、多くの結婚相談所は「掛け持ちOK」にしているところが多いです。

                      従って結婚相談所の掛け持ちは基本的には出来るようになっています。

                      掛け持ちは成婚までの期間を早くする手段の一つ

                      実際、結婚相談所を併用して婚活されている方は多数います。

                      因みに、併用している人のほうが併用をしていない人よりも恋人ができる確率が7.5%高いという調査結果も出ていたりします。(調査元:リクルートブライダル総研

                      なので「早急に婚活を終わらせたい。」と考えている人には結婚相談所もしくは他婚活サービスを併用するのはおすすめかも知れないです。

                      掛け持ちする際に注意すべきこと

                      結婚相談所を掛け持ちするのは早期に結婚ができるというメリットばかりではないです。

                      下記のように注意しなければならない点も多数あります。

                      • 同じ加盟店での掛持ちは会員が同じで無意味なので注意
                      • 費用が1社分増えるので金銭的余裕を持つべし
                      • 同じようなサービス形態の結婚相談所だと時間も効率も悪いので注意

                      こちらの注意点については「結婚相談所は掛け持ちと1つに集中どっちが正解?失敗しない為のメリット・デメリットと注意点」に詳しく記載していますので、ぜひこちらを読み進めて頂ければと思おいます。

                      結婚相談所で交際終了後の再交際・復縁は出来るの?

                      結婚相談所で交際終了した際に、再度交際を申し込み交際することを「再交際」または「復縁」といいます。

                      再交際は結婚相談所の事例としても珍しいことではなく頻繁にある事です。

                      但し、交際終了したお相手と連絡を取ることは禁止されている結婚相談所も有りますので再交際を申し込む際には担当の仲人さんにお引き合いをしてもらうようにしましょう。

                      勿論お相手にお断りされることも有るので要注意です。

                      再交際からの成婚率は実は高い?

                      また結婚相談所イノセントを運営する坂田さん自身のTwitterでも「結婚相談所で意外に多いのが復縁からの成婚です。」と以下のように投稿されており、再交際からの成婚率は高いように伺えます。

                      但し、男性からの再交際の申込みはのぞみ薄のようなので、男性はあまり再交際には期待しないほうが良いかもしれないです。

                      結婚相談所に必要な書類は?

                      結婚相談所に必要とされる書類は以下のように7種類の書類があります。

                       概要申請・取得方法発行手数料
                      独身証明書公的に独身を証明するための書類。発行は本籍地のある地方自治体の窓口にて可能です。また郵送での申請・受取も出来、申請用紙は窓口または次自体のHP、結婚相談所から取得することが可能です。自自体により小なりますが150円~400円程度で発行が可能です。
                      卒業証明書学歴を証明する書類です。小中高大・専門・大学院全て取得することが出来ます。発行は卒業先の大学にて発行する事が出来ます。尚、「卒業証書」や「学位記」とは別のものになりますので注意下さい。学校によって異なりますが300円~500円が相場とされています。
                      在籍証明書「就業証明書」「雇用証明書」の代わりになるものです。雇用先の企業に依頼することで発行することが出来ます。また源泉徴収票、社員証、雇用契約書が在籍証明の代わりになることもあります。
                      年収証明書収入を証明する書類です。「源泉徴収票」「給与の支払明細」「確定申告書」「納税通知書」「年金通知書」「年金証書・年金裁定通知書」「所得証明書」「青色申告決算書」「収支内訳書」などが該当します。各種証明書は給料に関する書類であればお勤めの企業で発行してもらうことが出来ます。その他の書類は地方自治体の窓口で発行することが出来ます。地方自治体で発行する場合は1通300円前後となっています。
                      本人確認書類身分を証明するもので「健康保険証」「運転免許証」「パスポート」「年金手帳」「住民基本台帳カード」などが該当します。各種申請方法・取得方法は異なりますが、顔つきが必須になりますので「免許証」または「パスポート」が必要となります。パスポートの発行は1.6万円ほどとなります。
                      口座振替依頼書会費を引き落とす際に口座振替をするための用紙です。銀行またはネットから取得可能です。無料
                      公的資格証明書医師や弁護士等の資格が必要な職業の資格証明書です。各種資格により異なる。各種資格により異なる。

                      また、結婚相談所によっては独身証明書のみで可というところもありますが、必要書類が多い結婚相談所のほうが情報が担保されているので安心はできるのでそのような結婚相談所がおすすめです。

                      大手結婚相談所は最低でも5種類上は提出を強制させているところが多いので、安心した婚活がしたい人は大手結婚相談所を選ばられるのが良いかもしれないです。

                      サクラはいないのか?

                      結論から言うとサクラがいる結婚相談所はあります。

                      下記の弁護士ドットコムに寄せられた質問のように、自分が加害者になるとも知らずにバイトとして手伝わされていたと言った例もあったり、自ら加担していたという例もたくさんあります。

                      転載元:弁護士ドットコム

                      なので結婚相談所を選ぶ際にはサクラがいない結婚相談所を選ぶようにするというのも重要なポイントです。

                      サクラがいない結婚相談所を見つけるには

                      まず、サクラがいないか判定するには下記の3つの項目は必須項目です。

                      • 解約・クーリングオフ制度・料金が詳細に記載されている
                      • 連盟・団体に加盟している
                      • プライバシーマークを取得してる
                        • また、大手結婚相談所であれば上場をしているところもありますので、上場会社または上場会社のグループ会社は信頼ができるのでそのような結婚相談所であれば安心して利用することが出来るのでおすすめです。

                          結婚相談所で入会拒否されるって本当?

                          結婚相談所では会員の品質を一定以上保ち、提供するサービスのクオリティを落とさないために「一定の基準」を設け入会可否の審査しています。

                          そのため結婚相談所にすべての人が入会できるわけではなく、入会拒否されてしまう人も一部いるのは事実です。

                          入会拒否されてしまう人の一例としては下記のような人たちが該当します。