結婚は勢いが重要?直感で結婚しても良いカップルの特徴を解説

恋愛悩み中
結婚を考えるとき、勢いって大切なの?勢いでしてしまって後悔しない?どんな理由の人が勢いで結婚を決めるの?

つい最近まで「結婚したい!」と思っていたのに、いざ結婚のことを真剣に考えると、なんだか踏み入れないということ、ありますよね。本当に結婚に勢いは必要なのでしょうか。どんな人が必要で、どんな人が必要でないのでしょうか。

今回は、結婚に勢いは必要なのか、不必要なのか、結婚を勢いでしてしまった人の理由や勢いですべき人、すべきでない人などをご紹介します。

結婚に勢いは必要なのか、不必要なのか

結婚に勢いが必要か必要でないかはその人やカップルによるでしょう。もちろん、結婚に勢いが必要な人とそうでない人のさまざまな特徴はありますが、結婚するかどうか決めるのは二人です。

まずは、結婚を勢いでしてしまって後悔しないかどうかをしっかり見極めて考える必要があります。

結婚を勢いでしてしまった人の理由

恋愛カウンセラー
結婚を勢いでしてしまったという人は、どんな理由があったのでしょうか。今回は3つご紹介します。

二人の間に子供ができた

結婚を勢いでしたという人の中で一番多い理由が、子供ができたからということです。子供は授かりものです。作ろうと思って作れるものではありません。

子供ができたことが大きなきっかけとなり、家族を作りたい、経済的にも支えていくことを決めるそうです。

転勤や転職で離れることになった

転勤や転職が決まり、今まで気軽に会える距離からなかなか会えなくなってしまった時に結婚を決める人もいます。一緒にいられることが幸せだったことに気付いてもっと一緒にいたい、着いていきたいと思い、まだ結婚の準備はできていなかったけれど勢いで結婚を決めということも。

離れてしまうと一緒にいたいという気持ちが強くなり、結婚の後押しをしてくれるんですね。

次結婚できるチャンスがいつ訪れるかわからないから

年齢も年齢だし、次に付き合った人と結婚できるかわからないし……と年齢や状況に追われて勢いで結婚をきめたという人もいます。このまま付き合ってても何も変わらず、結婚をきめたら人生が変わるかもしれないと思う人も多いそう。

同棲をしているとなかなか結婚への目処が立たなくなってしまうので、一年経ったら結婚すると決めてそのまま結婚するという方もいます。

結婚に勢いが欲しい……と思う人の特徴

恋愛カウンセラー
結婚に勢いが欲しいと願う人はどんな理由から思うのでしょうか。考えられる5つの理由をご紹介します。

結婚して家族を養っていく自信がない

これは男性にかなり多いのですが、結婚をすると自分の給料で家族を養っていかないといけないと思い込んでしまい、まだ自分にはそこまでの経済力と責任感がないと踏み切れないという人が勢いでも結婚したいと思ってしまうそう。

しかし、経済力や責任感は子供が生まれて年を重ねていくにつれ、どんどん不安になるという人も多いです。今は共働きが多いので、一人だけで抱え込む必要なさそうですね。

もっと理想的で素敵な男性と出会えるかもしれないと思ってしまう

今付き合っている人となかなか結婚に踏み切れなくて「もしかしたら、自分にはもっともっと理想的な相手が見つかるかもしれない……」と頭をよぎってしまう人も、勢いで結婚がしたいと思います。カップル間の恋愛感情は3年で一度収まるそう。

結婚生活は長く続くため、好きかどうかではなく、一緒に人生を歩んでいきたいかを基準に決めましょう。

いろんな不安が出てきてこの人と結婚しても幸せになれないと思ってしまう

結婚を本格的に考え始めると、今まで予想もしていなかった不安なことが次々と頭をよぎり始めます。本当にこの人と結婚してもいいのか、自分は幸せになれるのかなど、悩みが尽きなくなるでしょう。

すでに結婚している友人に話を聞いてもらったり、とにかく吐き出して頭の中を整理することが大切です。

相手の家族が好きになれず踏み切れない

相手のことは好きだけれど、相手の家族がなかなか好きになれない、あまり関係がよくないなど、家族が理由で結婚に踏み切れないという人も多いです。特に女性は、嫁姑問題があり結婚生活も、子供ができた時も何かといろいろ言われてしまうということを聞き、不安になる人も多いでしょう。

勢いで結婚してしまえば、文句を言われることがないかもしれない……と思う人もいます。

相手を本当に好きかどうかわからなくなっている

相手のことが本当に好きかどうかわからないまま結婚していいのかと悩む人も多いそう。先ほども少し紹介した通り、「好き」という胸がキュンとしたり熱くなる感情は、3年経つとなくなってしまい、また違った気持ちになるといいます。

そのため、相手のことが好きかどうかは、結婚の基準にしないほうが良さそうです。

結婚を勢いでして良いカップルの特徴

恋愛カウンセラー
結婚になかなか踏み切れない……このまま勢いでしていいの?と悩むカップルも多いでしょう。こんなカップルだったら、勢いで結婚しても結婚後もそこまでギャップはないでしょう。主な5つの特徴をご紹介します。

二人の間に嘘や偽りはない

本当に心から愛し合っていて、今後の人生をずっと一緒に生きていきたいとお互いに思っているカップルは、今後何があっても二人で乗り越えていけるはず。

気を遣っていたり、思ったことを伝えられず我慢しているのに「大丈夫」と気持ちに嘘をついたりするカップルは、結婚しても辛いだけです。ちゃんと心の整理をつけて結婚に踏み切りましょう。

二人とも誠実でなんでも話し合える

なんでも思ったことを言い合うことができ、隠し事や不安などは二人でしっかり解消し、前に進んでいけるカップルは、勢いで結婚しても問題ないでしょう。結婚したら、カップルでいる以上にさまざまな問題が起こります。

その時に、二人でどれだけコミュニケーションが取れるかどうかで、二人の関係が決まっていくでしょう。

お互いの金銭感覚に納得がいっている

カップルだった時は、お互いの財布はお互いに管理しているはずですが、結婚となると自分だけのお金ではなく家族のために使わないといけなくなってきます。そんな時、相手の金銭感覚に納得がいっていないと、不満ばかり募っていきます。

お金の問題はかなり大切なので、付き合っている時に相手の金銭感覚を確かめたり、同棲してみて確かめるという手もあります。

同棲してもほとんど違和感がない

同棲をして一緒に衣食住を共にすることで、金銭感覚はもちろん、一緒にいて居心地がいいかどうかがわかります。結婚生活では一つの家に一緒に住むことが多いですよね。

一緒に住んだらこれまで見えてこなかったことも見えてくるので、同棲して問題なく生活できるなら勢いで結婚しても大きな問題になる確率は低いでしょう。

精神的に経済的に自立している

誰にも頼ることなく人として精神的に、経済的に自立しているなら、勢いで結婚しても大きな問題になることはないでしょう。あからさまに相手の収入を当てにしていたり、何かと両親に頼っている場合は、結婚しても変わりません。

まずは、互いに地に足をつけて自分の人生を歩むことが大切です。

結婚は勢いよりもタイミングが大切

結婚に勢いが必要な人は、確かに一定数いますが、それよりも結婚に大切なのはタイミングです。どんなに焦ってもタイミングは訪れませんし、じっとその時を待つことも大切です。

しかし、互いに今がいいタイミングだと思わせることはできます。何もせずにボーッと待っているのではなく、日頃から「この人と結婚したい」「一生一緒にいたい」と思わせることが大切です。

どれだけ「この人を離してはいけない」と思わせるかが重要でしょう。

結婚は勢いが必要かどうか見極めよう

結婚では、勢いが必要と言われることがありますが、それはその人の考え方やカップルの状況によります。勢いで結婚してしまって後悔してしまったという夫婦も少なくないのが現状です。そのため、本当に今結婚しないといけないのか、第三者に相談して見ることも大切でしょう。

結婚を決めるのは誰でもなく当事者の二人です。周りに急かされてするものでもありませんので、しっかりこの人と一緒になったら幸せになれるかどうかを見極めて結婚へと踏み切りましょう。