Dine(ダイン)の料金体系は?無料会員・有料会員の全プランを比較解説!

Dine(ダイン)ってマッチングアプリの中でも、「デートにコミット」したアプリだから、料金体系は他のアプリとどう違うのか気になりますよね。

多くのマッチングアプリは「男性が有料、女性は無料」という仕組みですが、ダインは男女ともに無料で出会えるチャンスがあるんです!

Dine(ダイン)の無料会員・有料会員の料金プランは、どうなっているのでしょうか?今回この記事ではDineの料金について詳しく解説していきますのでぜひご参考ください。

Dine(ダイン)とは

Dine(ダイン)は、どのマッチングアプリよりも、スムーズにファーストデートへすすめる画期的なデートアプリです。

「メッセージ交換が続かなくて会えない」「デートに誘うタイミングがわからない」と悩んできた人でも、Dine(ダイン)を使いこなすとサクサクとデートできます。

Dineのアプリ内では、デートで行きたい飲食店リストを選ぶことが可能。ただしこのような飲食店リストが用意されている分、Dineのデートエリアは「東京・愛知・大阪・福岡・海外(2019年11月現在)」に限定されています。その他のエリアは、随時、拡大中のようです。

デート率が圧倒的に高いマッチングアプリ

Dine(ダイン)は会う事にフォーカスしているマッチングアプリ。まず、Dineが用意したリストの中から、デートしたい飲食店をいくつか選びます。

飲食店のリストには、六本木や西麻布、銀座といった高級店から表参道・青山のカフェまで、幅広いジャンルがあります。

飲食店を選んだ次のステップでは、デートの日程が決まり、Dine(ダイン)の運営会社が飲食店の予約を代わりにやってくれます。

また、マッチング時に会う飲食店が決まるので、次のステップにはもう会う日時が決まるほどスムーズ↓

なぜ、マッチングした時点でデートする飲食店が決まるのかというと、Dine(ダイン)ではいいねの代わりに、相手と行きたい飲食店をリクエストする仕組みのためです。

相手の写真の下に、その人が選んだ飲食店がいくつか表示されているので、上にスワイプしてリクエストします。

飲食店の画像をタップすると、どんなお店なのか、詳細がわかります。

このように非常にに簡単にデートが決まるため、自ずとデート率も上がっていきます。

日程調整が簡単にできる

Dine(ダイン)ではマッチングして会う飲食店が決まると、日程調整の画面を表示させることができます。先に日程調整の希望を出した人にあわせて、もう一方の人が日程調整の希望を出し、お互いに会う日を決めます。

Dine(ダイン)にはこんなに便利な機能があるから、今までのマッチングアプリにあったような「何日に会いますか?」「時間はいつがいいですか?」といったわずらわしいメッセージのやりとりも不要!

こういった面倒なメッセージのせいで、デートへ辿りつけなかった人でも、Dine(ダイン)ならスムーズにデートの日程調整ができます。

デートに最適な人気店が掲載されているので安心

いざ、デートすることになっても、どこの飲食店で会うか、悩んだ経験はありませんか?

特に男性は、「よくない飲食店を選んでしまって、女性にガッカリされたらどうしよう・・・」と悩む人も多いはず。

女性だって「微妙なお店に連れていかれたら、イヤだな・・・」と思いますよね。でもDine(ダイン)なら、マッチングした時点で会う飲食店が決まるから安心です。

しかもその飲食店は、事前にどんなところか知った上でお互いに行きたいと思った場所なので、期待値もかなり高いです。

これなら初対面の2人でも、安心してデートできますね!メッセージ交換がほとんどなく、いきなりデートするアプリだからこそ、会う飲食店を事前に知ることができるのはウレシイ!

「Dine(ダイン)」の料金は?

Dineはマッチングした会員のどちらかが、有料会員になっていれば、デートの日時調整を含めたメッセージ交換ができる仕組みです。

今までのマッチングアプリは、男性が有料、女性は無料でしたが、Dineでは「男性が無料会員、女性が有料会員」「男性も女性も有料会員」という組み合わせで、デートすることができます。

無料会員と有料会員の機能

Dineの無料会員と有料会員で、使える機能の違いをわかりやすくまとめました。

  無料会員 有料(ゴールド会員) 有料(プラチナ会員)
会費 無料 2900円~ 2900円~
プロフィール作成
プロフィール閲覧
「リクエスト」の授受
マッチング
メッセージ送信 ×
メッセージ読む ×

Dineは無料会員でもリクエストを送ったり、プロフィールを見たりすることは出来ます。デート成立するための日時調整やメッセージのやりとりは、マッチングしたどちらかが有料会員でないと出来ません。いいなと思う人とマッチングできたら、有料会員になることをオススメします。

「Dine(ダイン)」の料金プラン一覧表

次にこちらの項目で「Dine」の料金プランについて解説していきます。

Dineと他社アプリの料金比較

デートの予約までしてくれるDineの料金は、いくらなのでしょうか?

  Dine Pairs Omiai ゼクシィ縁結び Youbride
1か月 6500円 3480円 3980円 3480円 3980円
3か月 4800円 2480円 3880円 2997円 2970円
6か月 3800円 1980円 3780円 2755円 2320円
12か月 2900円 1480円 2780円 1980円 2320円

このようにDineと他のマッチングアプリの料金を比較していくと、Dineの料金設定は少し高めだとわかりますね。

ただ、メッセージ交換が続かないマッチングアプリに何か月も課金することを考えれば、Dineに登録して高確率でデートを実現していくと、結果的に安いと言えます。

また25歳以下限定で、他のマッチングアプリとほぼ同額で使える料金設定になっていて、月額2400円~3900円です。その他、五大商社割引など人気職種の方は、格安でDineを使えるキャンペーンも開催されています。

Dine Platinum(ダインプラチナ)について

Dineにはデートを成立させるためにどちらかが加入必須のDine Gold(ダインゴールド)というプランの他に、Dine Platinum(ダインプラチナ)というプランがあります。Dine Platinum(ダインプラチナ)は、ダインゴールドに入った人だけが加入できるオプションプランとなっています。

Dine Platinum(ダインプラチナ)で出来ることは、下記の通りです。

  • リクエスト数の多い人気会員を見られる
  • プロフィールを非表示にできるので、身バレしない
  • 毎月30枚のコインがもらえる
  料金
1か月 6500円 1か月 4800円 1か月 3800円 1か月 2900円

ダインプラチナのサービスとメリット

ダインプラチナのメリットは大きく分けて2つあります。1つ目は身バレを気にする人は、自分のプロフィールが非公開になることです。自分は相手のプロフィールを見てリクエストできますが、自分のプロフィールはマッチングした相手にしか見られないようになっています。

そのため、Dineを使っていることを知られたくない人にオススメです。

2つ目は人気会員を見られる点。一般的なマッチングアプリでは「いいねの多い順に並び替える」という機能があることに対して、Dineはそもそもいいねがないため、その機能はありません。

ただし、リクエストが多い会員、つまり人気会員のリストはあり、ダインプラチナ会員だけはそのリストを見られるようになっています。

だから美男美女と出会いたい人は、ダインプラチナに加入して、リクエストを送ることがオススメです。

「Dine(ダイン)」の料金プランの選び方

Dineでどの料金プランを選べばいいのか、迷う人も多いと思います。それぞれの料金プランは、どのようなタイプの人にオススメなのかを解説していきます。

短期集中で活動したい方向け

短期集中で活動したい方向けは、1か月プランか3か月プランがオススメです。デートにコミットしているDineであれば1か月プランでも、デートできます。

でもDineの出会い方に慣れるまで、1か月間くらいはかかることや1か月プランだと月額6500円かかって高いことを考えると、3か月プランがオススメです。

Dineの3か月プランであれば、割引額が大きく、月額4800円になります。またDineを3か月間くらい使うと、相性のいい人に出会えるようになっていきます。

しっかりと恋人を探したい方向け

しっかりと恋人を探したい方は、3か月か6か月プランがオススメです。

Dineは料金プランが全体的に高いことに比例して、会員の質も男女ともに高いので、そのくらいの期間使うと、理想の人に出会えるでしょう。

じっくりと腰を据えて恋人を探したい方向け

じっくりと腰を据えて恋人を探したい方、えり好みして理想のタイプの人とデートしたい方、憧れの高級レストランでデートしたい方は、6か月プランか12か月プランがオススメです。

そのくらい長期間、Dineを使っていれば、なかなか出来ないようなリッチなデートも体験できるでしょう。

「コイン」とは?

Dineコインとは、デートする人を増やすために使えるものです。Dineコインの使い道はたくさんあるので、いくつか試してみて、効果がありそうなものを見つけてみましょう。

「コイン」の使い道

  • スペシャルリクエスト(Dineコイン1枚必要)

Dineコインを使うと、ただのリクエストではなく「スペシャルリクエスト」という表示がされるので、あなたの熱意を伝えることができます。

この人とは絶対にデートしたい!と思ったときは、ポイントを使ってスペシャルリクエストすることがオススメです。

  • 紹介される人数を増やす(Dineコイン1枚必要)

Today’s Picksで毎日、Dineから紹介される会員の数を増やすこともできます。「最近、あんまりいい人に出会えないなあ」「今日、紹介された人は、タイプの人がいなかった」そんな時はDineコインの出番です。

  • SNSの閲覧(Dineコイン1枚必要)

Dineコインを使うと、マッチングした相手のFacebookなどを閲覧できます。
デートする前に、相手のことをよく知っておきたい、どんな人なのか気になる・・・そんな時はDineコインで相手のSNSをチェックしてみてくださいね。

SNSの閲覧は、DineGoldになっている女性に対してはすることができません。また電話番号で登録している人は、SNSを連携させていないため、閲覧不可能です。

  • Dine Tonightで5名の募集を追加(Dineコイン1枚必要)

今晩、誰かと食事したい時に使えるDine Tonightは、毎日、30名に募集をかけることができます。もし募集しても、人の集まりが思ったようにいかないときは、Dineコインを1枚使うことによって、さらに5名への募集(告知)が可能になります。ちなみにコイン5枚使えば、30名に対して募集を追加できます。

「ポイント」の料金

気になるDineコインの料金表はこちら↓

  料金
10コイン 2200円
30コイン 6000円
100コイン 18800円
300コイン 42800円

「Dine(ダイン)」の賢い利用法

Dineをうまく活用すれば、毎月5人、10人とデートすることは、簡単です。

Dine Tonightの利用

Dine Tonightは、今晩、ご飯を食べに行ける人を探せる機能です。

18時や20時などあまりにも直前になってしまうと会える可能性は低いので、なるべく15時くらいまでには募集を出しましょう。

Dineの通常のデートとは異なり、Dine Tonightは会うエリアを決めるだけで、会う飲食店を決めることはありません。

メッセージ交換して待ち合わせ場所を決めて、その場でどこへ行くのか定める形になります。

U25の利用して割引を受ける

Dineは25歳以下であれば、ペアーズやOmiaiなどとほぼ同額で使うことができます。またDineに掲載されているカフェなどは、1000円くらいでランチできるお店もたくさんあるので、学生・新卒の社会人でも使い方次第で、お得にデートすることが可能です。

紹介制度を利用する

Dineには招待コードがあり、このコードを入力することで、1週間無料でDineを使うことができます。

  • 招待コード:jpczjpKM

この招待コードは「友達を招待」の項目にある「招待コードを入力」をタップすると入力できます。

招待コードを使えば、DineGoldの機能を1週間、無料で使えるので、試してみてください。

「Dine(ダイン)」を賢く使って出会いのチャンスを広げよう!

Dine(ダイン)は料金が少し高めですが、25歳以下とキャンペーン対象になっている人気企業の方は、お得に使えます。

また料金が気になるとしても、デートできる人数は、他のマッチングアプリの5倍~10倍といっても過言ではないため、結果的にかなりお得だといえそうです。

特に今までのマッチングアプリでは、メッセージ交換が続かなくてデートへなかなかすすめなかった人やいいね数がついつい気になってしまった人は、Dine(ダイン)を体験してみることをオススメします。

Dine(ダイン)はメッセージ交換がほとんどなく、デートが成立するため、経営者や外資系企業に勤務するような忙しい人からも評価が高いですね。

また普段は友達となかなか行けないような銀座・六本木・西麻布の高級店に行けるチャンスもあり、高確率でウレシイ体験をすることができるでしょう。

1週間の招待コードを活用し、ぜひDine(ダイン)でのデートを楽しんでみてください。