Dine(ダイン)の登録方法を簡単解説!!登録時にお得に使う方法や身バレ防止対策も解説

この記事ではDine(ダイン)の登録方法についてわかり易く解説をしていきます。また、その他にも登録前に知っておくべき「登録条件」「身バレの危険性と対処法」「よりお得に活用するための割引」情報についても記載。これからDine(ダイン)に会員登録しようと思っている方はぜひご参考いただければと思います。

Dine(ダイン)を登録する前に覚えておきたいこと

まずはDine(ダイン)を登録する前に知っておきたい2つの知識が以下です。

  • Dine(ダイン)の登録条件
  • 男女での使える機能の差

これらについて登録する前の基礎知識として下記に説明をしていきますので、知らない方は一度読んでから登録方法の解説に進んでいただければと思います。

Dine(ダイン)登録条件

まずこちらでDine(ダイン)の登録条件について解説していきます。

現在特定の相手が居ないこと

あたりまえではありますが、Dine(ダイン)に登録ができるのは現在独身であり、お相手がいない男女の方だけです。そのため、Facebookのステータスが「既婚」「別居」「交際中」「婚約中」になっている方は登録できません。

また、マッチングアプリのため、特に独身証明書の提出などの取り決めこそありませんが、日々運営がアプリ内を厳しく取り締まっています。こちらのガイドラインに抵触すると強制退会などの措置を取られる場合もあります。

18歳以上であること

Dineは18歳未満の方は利用できないサービスです。

また、この手の条件は、Dineを含む「異性出会い事業」全てのサービスに当てはまり、国の法律で決められています。

Dine(ダイン)は男性、女性共に「無料会員」「有料会員」がある

Dineでは他の多くのマッチングアプリと異なり、男性も女性も平等に無料、有料の会員設定が存在します。そのため、こちらの項目では無料会員と有料会員それぞれでできることを解説していきますのでぜひご参考ください。

Dineの無料会員でできること

  • TODAY’S PICS(お相手ランダム表示)
  • プロフィール閲覧
  • いいね(1日15人)
  • メッセージ(相手が有料会員だった場合のみ)

Dineが他のアプリと大きく違う点は、無料会員であっても、出会える可能性があるという点。というのも「相手か自身のどちらかが有料会員であればメッセージのやりとりが可能」になるので、自分からアプローチこそできませんが、相手からアプローチがあれば普通にメッセージのやりとりができてしまいます。

ただ、有料会員に比べるとどうしても出会いの幅は狭くなるため、本気で出会いを求めているのであれば有料会員への登録がおすすめです。

Dineの有料会員(Dine Gold)でできること

※今回は有料会員の中で一番スタンダートなプランとなっている、「Dine Gold」で比較していきます。

  • 無料会員で出来ること全般
  • 検索機能の使用
  • メッセージの送信
  • コイン(毎月30枚)
  • プライバシー管理機能(女性限定)

有料会員になることで検索が出来るようになる上、自身からメッセージを送ることが出来るようになります。

また、プライバシー管理として、一部のプロフィールやFacebookを非公開に出来たり、多くの有利機能を使う際に必要なDineコインを毎月30枚(6,500円相当)をもらうことが出来るので非常に効率よく恋活、婚活が出来るようになります。

Dine(ダイン)の登録手順

こちらではDine(ダイン)で以下の

  • 無料会員登録(Facebook版)
  • 無料会員登録(メールアドレス版)
  • 無料会員登録(SMS版)
  • 基本情報設定
  • 本人確認(年齢確認)
  • 有料会員登録

の6つの登録手順についてそれぞれわかり易く解説をしていきます。

Dine(ダイン)無料会員の登録方法

まず、Dineの無料会員登録にはFacebookとSMSの2通りの方法が存在しますので、それぞれ解説していきます。

「facebook」でDine(ダイン)に登録する手順

こちらではfacebook連携をしてDine(ダイン) を登録する場合の手順を説明いたします。

手順(Facebook編)
  1. Dine(ダイン)を開く
  2. 「Facebookではじめる」をタップ
  3. Facebook情報でログインする
  4. 完了
このようにFacebookへの登録手順はいたってシンプルです。ここまでの所要時間は1分程度です。

「Twitter」でDine(ダイン)に登録する手順

次にtwitterを使用したDine(ダイン)の登録手順を説明していければと思います。

手順(Twitter版)
  1. Dine(ダイン)を開く
  2. 左下の「Twitter」をタップ
  3. Twitterにログインする
  4. 完了

「電話番号」でDine(ダイン)に登録する手順

次にtwitterを使用したDine(ダイン)の登録手順を説明していければと思います。

手順(電話番号版)
  1. Dine(ダイン)を開く
  2. 右下の「SMS」をタップ
  3. 電話番号を入力
  4. 届いた認証コードを打ち込む
  5. 完了

という流れになっています。SMS(電話番号)認証に限り、認証コードを打つ手間がかかるため、Facebook、Twitterをお持ちの方はそちらでの登録をおすすめします。

基本情報の入力

Dineへのログインが完了したら、次に基本情報、プロフィールを設定します。基本情報の入力内容は以下の通りです。

  • 名前(ファーストネーム)
  • 生年月日
  • 性別
  • 恋愛対象
  • 通知用メールアドレス
  • 地域の設定※1
  • お店の選択※2
  • 顔写真の登録

※1→マッチした際にどの地域で相手とデートをした以下の設定

※2→地域に基づき、初デートで行きたいお店を3つ選択

このように上記の内容の入力を完了させると、登録が完了になります。他のマッチングアプリと比べると比較的入力内容が少ないため、短時間で登録を完了させることができます。

ただ、Dineの場合「顔写真」の登録は必須となるため、その点だけ注意が必要です。

年齢確認の手順

Dine(ダイン)をはじめ、マッチングアプリ全般に言えることですが、利用者の年齢確認が法律的に取り決められています。

Dine(ダイン)では本人確認のための公的書類として、以下が認められています。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

本人確認の書類の提出までの流れは以下の通りです。

年齢確認手順
  1. Dine(ダイン)を開く
  2. メニューを開く
  3. 「年齢確認」をタップ
  4. 「年齢確認を始める」をタップ
  5. 確認書類の撮影&送信を行う
  6. 確認完了のPush通知が来たら確認完了

となります。こちらの審査は必須項目です。また、Dineでは写真の使い回しによる不正行為を防ぐため「写真ライブラリ」などの過去の写真は使用できないようになっています。なので、年齢確認を行う際はその場で撮影できる環境がある時に行ってください。

審査自体は最長でも24時間以内には終了します。

有料会員の登録手順

Dine(ダイン)の有料会員に登録する方法は「iPhoneアプリ」「Androidアプリ」で方法が異なります。

こちらの項目では各方法の登録方法を解説していきます。

iPhone版手順
  1. メニューを開く
  2. 「ショップ」を開く
  3. 購入を希望のプランをタップし案内に従う
  4. Appleアカウントへサインイン
  5. 「設定」⇒「[ユーザ名]」⇒「iTunes と App Store」の順に選択
  6. Apple ID をタップして、「Apple ID を表示」をタップ
  7. 「お支払い情報」をタップし、「なし」または別のお支払い方法を選択
  8. 「完了」をタップ
Android版手順
  1. メニューを開く
  2. 「ショップ」を開く
  3. 購入を希望のプランをタップし案内に従う
  4. 定期購入をタップ
  5. Googleアカウントのパスワードを入力し、「確認」をタップ
  6. Google Play ストア アプリ Google Play を開く
  7. メニュー アイコン⇒メニュー⇒ [アカウント情報] ⇒ [支払い方法を追加する] をタップ
  8. 画面の指示に沿って操作し、完了

有料会員の登録は上記のように特に難しい作業はないです。Dineの場合他のアプリと違い、クレジットカードでの決済はできませんが、支払い方法によって金額が変わることもないので安心しましょう。

Dine(ダイン) を登録したら身内にバレるのか?

結論から言うと「バレる可能性は有ります」。基本的にバレずらいシステムにはなっていますが、Dine(ダイン) ではfacebookで登録してしまうと職場や学校名が連動システムで表示されてしまうことがあります。

少しでもバレる可能性を下げたいのであれば、「Twitter」か「SMS」での登録がおすすめ。ただ、アカウントの信頼度自体はやはりFacebookが一番高いので「バレないこと」と「信頼度」を一度天秤にかけ、よく考えてからどちらで登録するか決めるといいでしょう。

Dine(ダイン) で身バレしないようにするには?

Dine(ダイン) で極力身バレしないようにするためには以下の方法があります。

身バレ防止対策一覧
  1. メイン写真に顔写真を載せない
  2. 本名、あだ名と離れたニックネームを活用する
  3. 知り合いを見つけ次第「非表示」又は「ブロック」
  4. プロフィールに個人情報を記載しない
  5. Dine Platinum(ダインプラチナ)に課金する
Dine(ダイン) を含むマッチングアプリ全般での身バレ防止対策は基本的に個人情報をなるべく隠すことです。

また、Dine(ダイン)には「Dine Platinum(ダインプラチナ)」というオプションが存在します。

こちらのオプションに課金するとシークレットモードというシステムを利用できるようになり、自分からデート申請を送った相手にしかプロフィールが表示されなくなるので、間違えて知り合いにデートのリクエストを送らなければ身バレする心配はほとんどありません。

身バレする可能性を最大限減らしておきたい方は「Dine Platinum(ダインプラチナ)」を検討されるのも1つの手です。

結論、Dine(ダイン) の登録はおすすめ

ここまでご覧頂き有難うございます。最後に「Dine(ダイン)はおすすめできるのか?」 という点で総括させて頂くと、女性も有料ということから「真剣な出会い」を求めている方に非常におすすめのサービスになります。

また、登録までのステップは非常に簡単。さらに身バレ防止の機能も存在するので、その点もおすすめです。