遠距離恋愛でスムーズな別れ方。中途半な別れはトラブルの原因に!

遠距離恋愛中に何度も別れたいと思った経験がある方がいま、こちらのページにたどり着いたのではないでしょうか?

理由がどうであろうと、遠距離恋愛中で別れたいと一度でも思ってしまうと、なかなか以前のように彼を思うという感覚がなくなってしまい、時間を使うことが無駄だと感じ始めます。

そうなった場合は、別れることがおすすめです。しかし、別れ方を間違えてしまうと男性の逆恨みや恋愛を継続するような画策をして面倒な事態を招きかねないです。

 

そこで今回は

  • 遠距離恋愛で相手を傷つけないようにするための別れ方
  • これをするとややこしい。やってはいけないNGな別れ方
  • 【実録】遠距離恋愛で実際に別れた時の方法

について紹介していきます。ぜひ参考にして見てください。

遠距離恋愛で相手を傷つけないようにするための別れ方

恋愛カウンセラー
遠距離恋愛で難しいのは、別れ話を切り出すとき。

別れ話のために会いにいった方が良いのか、メールだけで済ませてしまいたいけど、電話じゃないとダメかとか、どうしたら傷つけないで相手と別れることができるだろうか、悩みますよね。

そんな時に気をつけたい5つのポイントをご紹介します。

連絡を徐々に減らしていく

これまで普通通りにメールも電話もしていて突然「別れたいんだけど…」というのは非常に相手にとって酷なやり方で、傷つけてしまうケースが多いです。そのため、別れる話を決めた頃から、少しずつゆっくり連絡を少なくしていきましょう。

そうすることで、「もしかしたらそういう話かな…」と心構えをしておいてくれるので、いざ別れ話をする時には、相手の心の準備も整っていることがあります。心の準備には少し時間が入りますので、「もしかしたら別れるかもしれない」という微妙な時期の時にはもう連絡は少なくコントロールしておきましょう。

はっきり別れたいことを伝える

ちゃんと別れたい、相手ときっぱり関係を断ちたいと強く思っている場合は、別れ話をする時はちゃんと「別れたい」ということを伝えましょう。

「別れたいと思ってるんだけど…」や「別れてみない?」「距離を置かない?」などの遠回しの言い方では、結局別れてしまうのに相手に変な気を持たせてしまうので、控えたい言い方です。

しっかり別れることを検討しているのであれば、率直に別れたいという旨を伝えた方が、相手へのダメージは少ないでしょう。

好きな人ができたという

もし別れる原因が他にきになる人ができたのであれば、それは伝えた方が良いでしょう。これにより、もうあなたには気がないですよというメッセージになるからです。

人は一度恋に落ちたり、気になったりし始めると、もう後戻りはできません。一度好きになった相手を嫌いにはなれないし、新しい好きな人と結ばれたいから別れたいということを伝えることで、向こうも前に進むことができます。

しかし気をつけたいのはいきなり伝えること。別れる理由を聞かれた時に初めて、伝えるようにしましょう。

別れたい理由を説明する

別れるための原因はしっかり相手に伝える義務があります。

「もう好きではなくなった」のか、「新しく好きな人ができた」のか、「仕事が忙しく会う時間が作れなくなった」のか…。遠距離恋愛で別れを決断するまでには時間があったはずです。その決断に至った理由は必ずあるはず。それを隠してはいけません。

相手はなぜそんな結論に至ったのか気になるはずですし、理由を伝えないのは恋人にとても失礼でしょう。しっかりなぜ別れることとなったのかの理由は伝えましょうね。

別れ話をする時に嘘はつかない

別れ話をしている時に一番してはいけないことが、嘘をつくこと。これまで好きだった相手に、最後の最後に嘘をつかれた側としては、許せない出来事でしょう。

もし相手が大切で、傷つけたくなく綺麗にお別れしたいと思っているなら、変な嘘をつくのは絶対にやめて、別れの原因になったこと、理由をしっかり伝えましょう。うまい言葉が見つからなければ周りの友人に相談するのもあり。

どうしたらうまく伝わるか、どうしたら気持ちが伝わるかをよく考えて、じっくり相手と話すことが大切です。

これをするとややこしい。やってはいけないNGな別れ方

恋愛カウンセラー
別れを切り出す時に、向こうがまだあなたのことを大好きだったら必ず止めてくるでしょう。

きっぱり別れたいのに「あれ、まだいけるかも?」と思わせてはいけません。そんな別れる時にやってはいけないNGな別れ方をご紹介します。

自然消滅を狙う

だんだん連絡を少なくしていって、向こうからも来なくなって…という自然消滅での別れを狙うのはやめておきましょう。

「別れよう」と切り出すのが億劫なのはよくわかります。しかしどれだけの期間であれ、一緒に二人の時間を楽しんだのであれば、何もなかったかのように去っていくのはオススメしません。

辛いかもしれませんが、しっかり別れの原因を言葉にして相手に伝え、二人で納得した形で新しいスタートを切りましょう。

別れる原因を遠距離にする

別れる原因が「遠距離だから」では、どうにかして遠距離じゃなくそうと、相手はとても考えてしまうもの。「もっと会いにいくから別れないで」「今すぐ同棲しよう」などと、きっぱり別れたかったはずなのに、どうしても話がややこしくなってしまいます。

相手があなたのことが大好きで、どうしても別れたくない場合は、別れたいという言葉をきっかけにどんどん彼が暴走してしまうかもしれません。変な期待を持たせないためにも、別れの原因は遠距離恋愛を理由にしない方が良いでしょう。

そして、なぜ別れたいのかをしっかり伝えましょう。

メールで別れを告げて終わり

「直接話すのも気まずいし遠距離恋愛だからなかなか時間が取れないので、メールで別れを告げようかな…」と思っている方も多いと思いますが、メールだけで済ませるのは基本的にNGです。別れ際だからこそ、しっかり電話で話すことが大切です。

メールで詳細を説明してそのあと電話というのも良いでしょう。どちらにせよ、一方的に別れを切り出して、相手の話を一切聞かないのはよくありません。怖いかもしれませんが、勇気を振り絞って相手の話も聞いて納得してから別れたいですね。

【実録】遠距離恋愛で実際に別れた時の方法

遠距離恋愛経験者
これまで二度の遠距離恋愛で二度もお別れを経験している私が、実際に別れ話を切り出す時にした方法をご紹介します。

もし別れ話で悩んでいることがあれば参考にしてみてください。

メールで説明してから電話をする

どうしても時間が合わず会うことができない、電話で話すことも難しいし、何よりいきなり話をしたら、感情的になってしまい話が整理できなくなりそうでこわい…と思う方もいますよね。私もその一人でした。

そこで私はまず連絡を徐々に減らしていき、まずはメールで別れたい旨を伝えました。結局長文になってしまったのですが、言いたいことをちゃんと伝えられてあとで電話したい旨も添えて送信。数時間後、彼が電話ができる時間帯になったら、こちらから電話をして二人でしっかり話し合い、綺麗に別れることができました。

非常にスムーズにいったので、先にメールで伝えて後から電話で話を聞くのもオススメです。

好きではなくなってしまった思いを伝える

遠距離恋愛ではたまにしか会えないぶん、相手の感情を読むのが非常に難しいもの。近くにいれば徐々に相手に対する対応や感情の移り変わりを感じ取ってもらうことができますが、全然気づかない相手では、いきなり寝耳に水という状態になってしまいます。

相手を混乱させてしまう上に、喧嘩になってしまうかもしれません。しっかり別れたい原因を詳しく納得してもらうまでしっかり話してみましょう。

もしどうしても相手の心境が荒ぶってしまうなら、一旦時間をおいた方が良いこともあります。

ちゃんと顔を合わせて話をする

国内で遠距離恋愛をしているなら、できるだけ会いにいって話をしましょう。メールも電話も顔を見なくて済むので簡単ですし、実際に会うと心が惹かれてしまうかもしれません。

しかし別れを決断したならいくら相手の顔を見ても、引きとめられても、しっかり理由が説明できて、ちゃんと別れられるはず。もし心がちゃんと決まっているなら、会いにいって話しても大丈夫なはずです。

相手も「自分に相手に来てまで別れ話をするなら本気だ」と思ってくれるので、意外とスムーズに話が進むかもしれません。

遠距離恋愛での別れは納得できるまで話そう

遠距離恋愛で別れを告げたい時、どう伝えていいか迷ってしまいますよね。

「遠距離だから気持ちが離れるのか」

「本当にもう彼とは何もないのか」

「吹っ切れることができるのか」

ここまで決断するのにたくさん悩んだと思います。そこでしっかり気持ちが決まったのであれば、あとはその気持ちをまっすぐ伝えるだけ。ちょっとだけ勇気がいるかもしれませんが、気持ちが薄れてしまったまま付き合っているのも相手に悪いですよね。

しっかり気持ちが決まったなら、その理由と一緒に別れを切り出し、二人とも新しいスタートが切れると良いですね。