婚活する期間は平均1年って本当!?それより長くなる人の特徴とは?

恋愛悩み中
これから婚活を始めるんだけど、どのくらいかかるのかな……一年経っても結婚できないってあるの?みんなが婚活を成功させる平均期間はどれくらい?

婚活をはじめてなかなか上手くいかないと、周りの人が結婚してるのかもと焦ってしまいますよね。婚活は焦ってするものではないとわかっていても、不安になってしまいます。しっかり納得して結婚へと結ぶと良いですよね。

そこで今回は、婚活をしている人の平均期間や長くなってしまう理由、短くするためにしたいことなどをご紹介します。

婚活の平均期間

婚活をしている人が相手を見つけて交際に発展するまでは、だいたい6ヶ月〜1年くらいと言われています。

もちろん、個人差や年齢によっても大きく分かれ、30代は1年〜2年くらい、40代になると2〜3年かかるそう。ただ、長く続けていれば理想の相手が見つかるということでもありませんし、長く続けば続くほど、心がどんどん消耗していってしまいます。早めに結婚相手を見つけるためには、できるだけ短期決戦で、婚活するぞ!と気合の入っている状態で、婚活に挑むことがおすすめです。

婚活の方法別の期間

恋愛カウンセラー
先ほど年齢によって大きく分かれるとご紹介しましたが、婚活の方法別でも、婚活成功期間の差がこんなにもあります。婚活の方法は自分に合ったものを選んで欲しいもの。各婚活方法の平均期間をご紹介します。

マッチングアプリ

マッチングアプリは、画像とプロフィールで簡単に相手とマッチングすることができます。

マッチしたらメッセージのやりとりを経て、実際にデートの約束などを自身で取り付ける必要があり、ここのハードルがなかなか高いと言われています。しかし、マッチング総数に制限はないので、たくさんの人と出会えるのも大きなメリット。

婚活にかかる期間は、だいたい6ヶ月〜1年が目安です。

婚活パーティー

毎週末さまざまな地域やコンセプトで行われている婚活パーティーは、参加費3,000円〜6,000円程度を支払って参加する必要があります。

実際に足を運ぶハードルはあるものの、一度のパーティーでたくさんの人と出会うことができ、交流ゲームやフリートークもあるので、なかなか婚活に踏み出せない人にはぴったりかもしれません。

ただ、二人で話せる時間がかなり少なくなっているので、そこまで多くのマッチングは望めず、期間は一年くらいみておきましょう。

結婚相談所

結婚相談所はかなりサポートがしっかりしており、登録している男性の中から一人ずつ紹介してくれて、デートをする流れになっています。婚活パーティーやマッチングアプリのように、一回でたくさんの人と出会えることはありませんが、相手のことをしっかり理解することができるので、もし相性が合えば、しっかり交際、婚約へ発展できるでしょう。

ただ、そのぶん長くかかってしまう人も多く、目安は1年〜2年と言われています。

婚活の期間が長くなる理由

恋愛カウンセラー
婚活の期間が長くなってしまうのは、どんな理由があるからなのでしょうか。今回は、婚活期間が長くなってしまう考えられる理由を5つご紹介します。

相手に求めるハードルが高すぎる

婚活はしっかりと市場分析をして、どんな人がいてどんな人と出会いたいか、自分の条件にあった人を探していく必要があります。この条件が明らかに高かったり、そもそも日本で数パーセントの人にしか当てはまらないような条件では、なかなか婚活は成功しないでしょう。

婚活中は常に自分の条件に当てはまる人はいるのか、高すぎないのかを意識しながら進めるのが良いです。

愚痴ばかり言う

「あの人は学歴が低かった」「年収が低すぎて話にならない」と、相手のスペックばかりを気にして愚痴ばかりこぼしている人は、婚活が長引きやすい傾向にあります。年収が高い人と結婚できる人は、それなりにお互いスペックがある人。

自分も理想の相手と結婚したいなら、愚痴ではなくまずたくさんの人に会うこと、そして自分磨きを忘れないようにしましょう。

自分から積極的にいけない

婚活で自分から積極的にいけない人は、どんどん取り残されていきます。婚活はみんな結婚したいと思ってしているので、引いたら負け。とはいえ、相手ありきのことなので、自分だけが幸せになればいいと思って婚活を進めるのはよくありません。

しっかり相手の様子を伺いながら、相手に話しかけたり連絡先を聞いてみたり、デートに誘っていきましょう。

いろいろ考えてしまう

「もしかしたら妥協してる?」「次に出会う人が理想の相手だったらどうしよう……」と、せっかく目の前にあるチャンスを無駄にするようなことをするのはやめましょう。高望みすると、目の前にあるチャンスを逃すことになります。

自分の条件にどこまであっているのか、この人とはやっていけそうなのか、一人一人の出会いを無駄にすることなく婚活を進めましょう。

理想の相手を待っている

結論から言うと、理想の相手は訪れません。ここまで生きてきた中で理想の相手に出会っていないのであれば、あと半年や一年で出会えるわけがありません。

理想の相手を求めて婚活するのではなく、最初に決めた相手に求める条件をクリアしているのか、どうしても妥協できないところはしっかり相手が持っているものなのかを確かめて、婚活を進めるようにしましょう。

婚活の期間を短くするためにすること

恋愛カウンセラー
できれば婚活の期間は短いに越したことはありません。早く素敵な人と出会って、素敵な人生を歩みたいですよね。そこで最後に、婚活の期間を短くするためにしたいことを7つご紹介します。

出会う人数を増やす

いくら頭で悩んでいても、そもそも母数を増やさないと選択肢ないつまでたっても増えないままでしょう。

まずは積極的にいろんな人と出会うことで、世の中にはいろんなタイプの男性がいることを知ることが大切です。

もしかしたら、全然思ってもいなかった人と気があうかも。そういった出会いを大切に、婚活を続けていくことが大切です。

市場分析をする

婚活をする上で大切なのが、市場分析です。今婚活をしている年代の人は、年収がいくらくらいで、どんな仕事をしていて、どんな生活リズムなのかを把握しておくことで、逆にこちらがそういった人たちに条件を合わせていくことも必要になるでしょう。

そもそも日本に数パーセントしかいない人を条件にしても婚活の成功は遠のくだけ。まずはどんな人たちがいるのかを知りましょう。

相手に求める条件を見直す

婚活を成功させる上で一番簡単なのが、相手に求める条件を変えること。例えば、極端な話、優しくて年収600万円で土日休みで休日は家族サービスをしてくれる人よりも、優しくて土日休みな人の方が圧倒的に出会える確率が高いですよね。

相手に求める条件のどこに重きをおくのかは、婚活を進める上で非常に大切なので、常に条件は見直していきましょう。

自分を磨く

婚活というとパーティーに行ったり結婚相談所に登録したりと明らかにわかることが挙げられますが、実は大切なのは自分磨き。外見だけでなく内面も魅力的な人であれば、あとは出会いの場を増やせば婚活成功への道は見えてきます。

外見は年齢と共にどんどん変わっていきますが、内面はさらに磨きがかかるだけ。今すぐにでも内面を磨くよう努力しましょう。

積極的にチャンスを掴む

友達に誘われた合コン、婚活パーティーで知り合った人とのデートなど、新しい出会いなどのチャンスは、積極的に掴んでいきましょう。もしかしたら新しい素敵な出会いがあるかもしれませんし、デートに誘われた男性との関係に進展があるかもしれません。

何があるかもわからないままチャンスを手放すことだけは絶対に避けましょう。

同時交際をする

これはかなり高度なテクニックですが、婚活では同時期に複数の人とデートを重ねることは浮気ではありません。器用な人は3人、4人と同じ時期に何人もの人とデートを重ねて相手を知っていきます。

もし1人の人がダメでも、他の人とまた一からデートを重ねる時間も省かれるので、効率は非常に良いです。

ただ、デートの日が被らないようにしたり、二人の話題をミックスさせないようにして、相手を傷つけないようにだけ気をつけましょう。

方法を変えてみる

婚活方法は婚活パーティーに参加する、マッチングアプリに登録するだけではありません。さまざまな婚活方法を掛け算しながら進めていくことが非常に効率の良い進め方です。

一つに絞ることなく、いろんなやり方で婚活を進めてたくさんの人と出会っていきましょう。

婚活の期間にとらわれず焦らないで

「早く婚活を終わらせなきゃ」という焦りから、全然好きではなかった人と付き合ってみた、デートを重ねてみたということでは、お互いに幸せになれないでしょう。期間にとらわれることなく、相手との居心地の良さや感性で婚活を進めていきましょう。

急ぐことはありません。自分のペースで納得のいく婚活をしてくださいね。