結婚で年収はどれくらい重要?男女別理想の年収も紹介

恋愛悩み中
結婚相手に求める年収ってどれくらいが平均?結婚相手に年収って関係ある?結婚相手を年収で決めてはダメなの?

結婚相手に求める条件に年収を挙げる人は非常に多いですが、本当に年収は必要なのでしょうか?年収で結婚相手を選んでも、幸せになれるでしょうか。

そこで今回は、結婚相手に年収は関係あるのか、結婚相手に求める平均希望年収や最低年収、年収で相手を決めるメリット・デメリットなどをご紹介します。

結婚相手に年収は関係あるのか

結婚相手に年収はそこまで関係ありません。もちろん、叶えたい夢や目標がなくアルバイトやフリーターなど先が見えない働き方をしていたり、一人で生きていくのが精一杯だとなかなか難しいです。

しかし、結婚をする時点で高い年収を求めたり、いわゆるハイクラスの男性を求めるのは非常にハードルが高いです。

そもそも、日本人男性の30代の平均年収は400万円と言われており、500万円まで上がると、かなり少なくなります。高望みしてはいけないとは言いませんが、年収が高い=幸せになれるというわけではありません。婚活で最重要視するポイントではないでしょう。

結婚相手に求める希望年収

恋愛カウンセラー
まずは、結婚相手に求める希望年収はどれくらいの人が多いのでしょうか。女性と男性に分けてご紹介します。

女性

女性が男性に求める希望年収は、大体600万円〜700万円と言われています。これくらいあれば、もし新しく家族ができても養ってもらえそうだという意見が多いそう。

今は共働きの時代なため、専業主婦は難しいかもしれませんが、年収600万円〜700万円あれば子供が二人、大学にも行かせられる可能性があると予想しての値段です。

男性

男性が女性に求める年収は約200万円〜400万円という意見が多かったです。自分が柱となって家族を支えていく必要はあるが、これから子供ができたら生活の質を落とさなければいけないと不安になるため、女性にも働いて欲しいという人が多いです。

関係ないという人が一番多いものの、専業主婦ではなく少しは働いて欲しいと思っている人が多いようです。

結婚相手に求める最低年収

恋愛カウンセラー
続いて、結婚相手に求める最低年収はどれくらいなのでしょうか。こちらも男女別にご紹介します。

女性

女性が結婚相手に求める希望最低年収は400万円と言われています。これは自分の年収と合わせて、世帯年収が希望通りになる金額と言われていますので、400万円以上を求めている人が多いです。

しかし、最低が400万円なので、高ければ高いほど嬉しいというのが本音。ただ、400万円でも結婚できる可能性は十分にあります。

男性

男性が女性に求めている平均年収は200万円です。しかし、男性の多くが年収は関係ないと答えているアンケートもあるため、扶養内で働いて欲しいと思っている人もいます。

今は共働きの時代なので、完全に専業主婦になってもらったら困るという人もいますし、バリバリキャリアを積んで欲しいという人もいるので、女性は仕事は続ける意識でいましょう。

結婚相手に高年収を求めるときにしたいこと

恋愛カウンセラー
結婚相手に高収入を求める人はたくさんいますが、具体的にどんなことをすれば良いのでしょうか。3つご紹介します。

いわゆる「ハイクラス」の人たちを狙う

高収入の人といえば、弁護士や医者、会社役員など、いわゆる「ハイクラス」と言われている人たち。ハイクラスの人たちと出会うには、ハイクラス専用のマッチングアプリや婚活パーティーにいく必要があります。普通の婚活をしていても、ハイクラスの男性はいません。

積極的にパーティーなどを使ってアピールしていくことが大切です。

同じ業界で働き接点を作る

ハイクラスの男性と出会うためには、同じ業界で接点作ることも大切です。医者なら病院、弁護士なら秘書や事務所など、ハイクラスの人たちの周りにある仕事をして、徐々に接点を作っていくのも一つの手。

しかし、婚活市場で非常に競争率が高いのも事実なので、ライバルがたくさんいることを忘れないようにしてください。

自分も同じレベルまで稼ぐ

ハイクラスの男性は、頭もよく仕事もできる女性をパートナーにしたいと思っている人も多いです。そのため、自分も彼らと同じくらい働き、接点を持つと良いかもしれません。

相手にだけ収入を求めるのではなく、同じくらい働いて自らもハイクラスを目指すと、同じくらいの男性が寄ってくるのかもしれません。

結婚相手を年収で決める危険性

恋愛カウンセラー
結婚相手を年収で決めるのは基本的になかなか危ないと言われていますが、具体的にどんな危険性があるのでしょうか。ご紹介します。

相手が本当に自分にあっているか判断できなくなる

相手の年収ばかりにこだわってしまうと、本当に居心地がいいのか、自分と価値観などが合っているのかをしっかり判断できなくなってしまいます。そのため、年収は後からついてくるもので、できるだけ相手の本質を理解し、コミュニケーションを取るようにしましょう。

決して、年収が高いからと言って贔屓するのはやめましょう。

家庭を省みない人かもしれない

年収が高い人は、簡単にお金をもらっているわけではありません。ハイクラスの職業の中にはかなり忙しく、身を削って働いてる人も多いです。そのため、休日もゆっくりできずに家族との時間も少なくなるかもしれません。

休みの日は家族で過ごしたいと思っていた人も、なかなか実現できない可能性があります。

倒産してしまったら終わり

もし会社が倒産してしまったら、その年収を望むのは難しいかもしれません。会社に委ねているのではなく、仕事に真面目で向上心があるかどうかもしっかり確認しましょう。

仕事に対する真面目さや熱意さでがあれば、もし会社が倒産しても別の会社に移ったり、引き抜かれたり、活躍できます。

ワンオペになる可能性が非常に高い

先ほども少し話しましたが、ハイクラスでハイスペックの人は仕事が忙しく、専業主婦でいいから家事や育児は任せたいと思っている人が多いです。そのため、結婚して子供ができたらすべてワンオペの生活になる可能性が高いでしょう。

もし、手伝って欲しいと思っているようなら、ハイクラスの男性に求めるのは難しいかも。

「お金があるから」と目を瞑ることが多くなる

ハイクラスの男性は、お金があるからといってそっちに見惚れてしまって、しっかり相手を判断できないかもしれません。結婚は40年、50年寄り添い続けるため、お金があるということよりももっと大切なことがあります。

本当にその人が自分にぴったりな人なのかをしっかり見極めましょう。

結婚相手に年収以外で求めたいポイント

恋愛カウンセラー
結婚相手には、年収以外にも大切なことがあります。年収以外で求めたいポイントをご紹介します。

居心地の良さ

一緒にいて居心地の良い人に勝てるものはありません。結婚は40年50年続いていくので、何もしなくても、何も話さなくても一緒にいて安心する人は結婚生活が長く続いていくはず。相手とデートに行った時に、話さない静かな時間を設けてみましょう。

価値観

金銭面の価値観や時間の使い方など、人生に関わるさまざまな価値観が似ていると衝突が少なく過ごしやすいです。結婚生活ではさまざまなことを決めていく必要があるため、毎回二人で話し合う時に価値観が似ていたりそこまで大きく異ならないと、いろんなことがスムーズに決まります。

仕事に対する真面目さ

仕事に対する真面目さはとても大切です。もし会社が倒産したりリストラされたりして職がなくなっても、次にどうしたら良いかが把握できているか、大切。相手が仕事に対してどんな思いを持っているか、事前に確認できたら良いです。

誠実さ

結婚で大切なのは誠実さ。浮気をされたら離婚裁判などで多大な負担がかかります。誠実さは長い結婚生活を送っていく中で、非常に大切なもの。相手が真面目で誠実かどうか、嘘はつかないかどうか、確認しましょう。

優しさ

優しさも一緒に過ごしていく中で非常に大切です。ただ、自分だけに優しいのか、他の人にも優しいのかはしっかり確認しておきましょう。

判断基準はレストランなどで店員さんへの態度とも言われるので、二人でさまざまな場所でご飯に行き、確認するのがおすすめです。

結婚で年収はあまり関係ない

結婚で年収よりも大切なことはたくさんあります。今の年収で相手を決めるよりも、相手がこれから昇進したり、給料が上がることを見越して結婚する方が大切です。そのためには、自分にあった素敵な人を見つけることが重要。

お金がすべてではありませんので、しっかり相手を見極めて結婚できるよう、婚活を進めましょう。