マッチングアプリ「with(ウィズ)」の使い方を徹底攻略!

現在人気急上昇中のアプリwith(ウィズ)。メンタリストDaiGoさん監修による相性診断など独自のマッチングのための機能が楽しめることで話題です。

今回はそんなwith(ウィズ)の基本情報から、詳しい使い方まで徹底解説していきます。

目次

マッチングアプリwith(ウィズ)とは?

まず、マッチングアプリwith(ウィズ)とはどのようなものなのか、その特徴を見ていきましょう。

メンタリストDaiGoさん監修のマッチングアプリ

メンタリストの「DaiGo」さんを聞いたことがある人も多いと思います。with(ウィズ)ではネット上で絶大な人気を誇る心理分析のスペシャリストDaiGoさんならではの、相性診断・性格診断やイベントが多く、利用者を飽きさせません。

心理学に基づいたマッチングイベントや、最近話題になっているテレビやドラマに関係したイベントなどを通して、心理学の面白さを感じながら、マッチングするダイナミズムを感じることが可能。

「この相手と共通点は○個です!」と表示されると、まるで運命の人に出会ったかのような感覚に。マッチングそのものをエンターテイメントのように楽しめるのがwith(ウィズ)の魅力です。

女性が無料。魅力的な異性が多く集まる

with(ウィズ)は女性の利用が基本無料なので、女性会員が気軽に入会できるシステムになっています。「男性だけが負担するのは不公平だ」と思われる方も多いと思いますが、裏を返せば女性が気軽に入会できるシステムであるため、必然的に女性が多くなるというメリットがあると言えます。

それを考えると、男性の少々の出費は必要経費だといえるでしょう。

with(ウィズ)の利用料金は?

次にこちらの項目でwithでかかる料金について解説していきます。

男性の無料会員と有料会員の機能

 男性会員の場合は「無料会員」として活動もできますが、無料でできるのはマッチングまで。それ以降、つまり女性とのやり取りは、有料会員にならないとできないので、実質的に有料会員にならないと何もできないと思ってください。

さらに無料会員男性は、女性からせっかくメッセージをもらっても読むことができません。つまり実質、出会うことができません。メッセージのやり取りをして、出会うためには有料会員になる必要があります。ただし、最初マッチングするまで無料で行い、会費を節約するという方法はありです。マッチング後、すぐに有料会員に切り替えればOKです。

with(ウィズ)の料金プラン

with(ウィズ)の有料会員の料金プランは、支払い方法によって差があるので注意が必要です。具体的にはクレジットカード払いとスマホアプリ決済(GooglePlayとAppStore)では、前者の方が安くなっています。

プランクレジットカード決済AppleID決済GooglePlay決済
1ヶ月プラン3,400円3,900円3,900円
3ヶ月プラン2,600円
一括7,800円
2,933円
一括 8,000円
3,000円
一括 9,000円
6ヶ月プラン2,300円
一括 13,800円
2,800円
一括 16,800円
2,800円
一括 16,800円
12ヶ月プラン1,800円
一括 21,600円
2,066円
一括 24,800円
2,000円
一括 24,000円

じっくりと活動されることを検討している方は、初めからある程度長めのプランに課金すると割安で利用可能です。

他のマッチングアプリと比較すると?

男性の場合、有料会員にならないと十分な活動ができない、ということがわかりましたが、with(ウィズ)の利用料金は他のマッチングアプリと比較して高いのでしょうか?主要なマッチングアプリと会費を比較してみました。
※1か月あたりの会費とコース割引後の価格

 WithPairsOmiaiゼクシィ縁結びYoubride
1か月3400円3480円3980円3480円3980円
3か月2600円2480円3880円2997円2970円
6か月2300円1980円3780円2755円2320円
12か月1800円1480円2780円1980円2320円

支払う期間によって価格が違いますが、with(ウィズ)の場合1か月払いであれば最安です。つまり、「まず試しに1か月やってみる」という人にwith(ウィズ)特におすすめであると言えるでしょう。

メリットが多いVIP会員(男性限定)

with(ウィズ)では、男性限定で有料会員の「オプション」として、「VIP会員」という制度がありますので解説します。 

VIP会員の料金は?

VIP会員の料金は以下です。

料金プランクレジットカード決済AppleID決済Google Play決済
1ヶ月プラン2,800円3,400円3,400円

有料会員の月額とは異なり、追加で1か月毎に上記の料金が必要となります。

VIP会員になるとできることは以下。

VIP会員専用のサービス・メリット

  • 「いいね」を送れる回数が月20回分増える
  • 専用の検索項目が追加
  • 送ったメッセージが読まれたかどうかを確認できる
  • 検索結果の上位に表示される

など。

「いいね」を送れる回数がデフォルトの1か月30回から、プラス20回分増えますので、それだけマッチングの可能性が上がります。また、メッセージの既読、未読がわかるので、読んでくれた女性(アクティブ会員)と未読の女性(幽霊会員)が判別できます。積極的に活動したいのであれば、VIP会員も検討の余地はありです。

「with(ウィズ)ポイント」とは?

実は月額料金の他に、「with(ウィズ)ポイント」というオプションも購入可能です。こちらは、男性有料会員だけでなく、女性も購入し活用することが可能。withポイントの使いみちは以下になります。

  • いいねの代わりに利用できる(1P)
  • メッセージ付きいいねを送る(3P)

以上2つの使い方ができます。特に「メッセージ付きいいね」は、あなたの気持ちを伝える簡単なメッセージを添えられます。1P=約100円と考えると、実質300円近くかかっているメッセージになりますので、本気度を示すにはもってこいです。

ただ「いいね」をするのではなく、「プロフィール拝見しました。○○というバンド、私も大好きでコンサートにも行きます。話が盛り上がりそうなので是非お願いします」と添えれば、この段階で他の会員に先んじてアピールすることができます。

with(ウィズ)ポイントの料金

ポイント(pt)料金(税別)
10pt1,000円
21pt2,000円
33pt3,000円
55pt4,800円
80pt6,800円
120pt9,800円

ポイントをまとめ買いした方が1Pあたりがお得になります。

with(ウィズ)の使い方①〜まずはプロフィール登録〜

with(ウィズ)に入会後のステップとして、まずはプロフィール登録の方法を紹介します。これで活動をスタートさせることができます。

Facebook認証だから安心して利用可能

10人以上の友人がいるFacebookアカウントしか承認されない

with(ウィズ)はFacebook連動型のマッチングアプリです。Facebookのアカウントがあり、かつ友人10名以上いる人ではないと登録ができません。Facebookは実名が基本ですし、リアルの友人が10名以上以内と登録できない、つまり、サクラやなりすまし、直近でアカウントを作った人は排除されます。

本当に友人がいる、身元確かな人ではないとwith(ウィズ)で活動できないように担保されていると考えてください。

Facebook上の友人にはwith(ウィズ)利用を知られない

一方で、実名制のFacebookのアカウントが必要ということは、with(ウィズ)をやっていることも友人に知られるのでは?と危惧される人もいるかもしれませんが、安心してください。Facebookのどの画面にもwith(ウィズ)を利用していることは表示されません。また、Facebookの友人同士の場合、with(ウィズ)内で検索しても表示されない仕様になっているため、互いに知られることもありません。つまり、Facebook連動することで、友人にバレてしまう、友人もマッチングアプリを使っていて気まずいというリスクを避けることができます。実名非公開でプライバシーは守られるので安心して利用できます。

自己紹介文、職業、出身地、恋愛・結婚、趣味などを登録

自己紹介文は礼儀正しく、できるだけ詳細に。見た人が不快にならないように。

自己紹介はあくまで礼儀正しく、失礼のない書き方にしましょう。出会い系ではなく、真剣な出会いを求める人のプロフィールであることに注意しましょう。

ネガティブなことは書かない

持病のこと、苦手なことなどネガティブなことを書いて、最初からそれでもいい人を探すのも1つの方法ですが、基本はポジティブなことを書いてください。とはいえ、病気のことなどを告白して振られるくらいならば、最初から了解してもらっている方が楽ということもありますので、ケースバイケースです。

<with(ウィズ)のプロフィール例文>
はじめまして。

お互いに支えあい足りないところをさりげなく補いあえる明るく優しく癒されるお相手とお会いしたいと思い登録いたしました。

私は何事にも積極的で、場を盛り上げていくことが得意です。

仕事は金融機関で農業系企業への営業をしています。様々な社長の話を聞きながら、日本の農業の未来について将来のビジョンを聞けるので、とても刺激になり、人間的にも成長できます。

収入は安定していて、相応の暮らしができています。

趣味は、舞台を見に行く事に加えて、劇を演じる演劇も大好きです。また、料理教室にも毎月2回通っています。得意料理はカレーです。

お互いに意識しなくてもフィーリングが合うような関係を作れればと思います。

よろしくお願いいたします。

 

どのような印象を受けるでしょうか? 真面目で誠実なイメージを持たれたのではないでしょうか。これはあくまで一例で、明るくアクティブな方はもっとくだけたプロフィールにした方がいいでしょう。見る人を不快にさせないように、最低限の礼儀をわきまえて、あなたの個性が伝わるプロフィールを作成しましょう。

良い写真の選び方・撮り方

「人は見た目が9割」とまでは言いませんが、マッチングアプリは実際に会ったことのない人同士が行うため、写真はプロフィール同様に非常に重要な要素になります。マッチングアプリに掲載する写真は、いわゆる「お見合い写真」のようにかしこまらなくて大丈夫です。ただし、以下のようなケースは避けましょう。

NGな写真例

  • 加工は控える(完全NGではないですが・・・)
  • 自撮り写真
  • プリクラ
  • 集合写真
  • 異性が一緒に写っている写真

など

インスタに投稿するような加工写真はNGです。多少頬を細くするなどは、場合によっては可です。まぁ、そのままの写真で勝負した方が無難です。

良い写真例

  • 笑顔である
  • 明るい場所で自然な写真
  • 趣味や個性が伝わる写真

など。

写真として好ましいのは日常の場面のスナップ写真です。旅行に出かけたときなど、友人や家族に撮ってもらいましょう。最近はお見合い写真を撮影するような写真スタジオで「マッチングアプリ用プラン」として、堅苦しくない写真を撮影してくれるところもあります。そちらを利用しても構いません。

※写真の例を掲載⇒自分の写真は掲載できません!

「好みカード」を20以上登録する

with(ウィズ)には「好みカード」と言って、自分の趣味や好きなものをカードとして登録し、視覚的に他の会員へわかりやすくするシステムがあります。これは異性との共通点になるので、多く登録した方が相手の検索に引っかかりやすくなりますし、好みが一致する数が多いほど共感・好感が生まれます。

「猫が好き」「ラーメンが好き」「サッカーが好き」など、自分の好みをピックアップすることは、自己分析にもつながるので、ぜひ20個以上「好みカード」を登録してみてください。本気度もこれで伝わるはずです。

with(ウィズ)の使い方②〜気になる相手を探す〜

ここでは気になる異性を探すステップを解説していきます。検索の仕方一つでマッチング確率が大きく変わります。

検索して相手を探す

with(ウィズ)では検索機能で相手を探すのが基本となります。相手から申し込まれるのを待つのもいいのですが、男性の場合女性からの申し込みは少なく、攻めの姿勢で活動していかないと結果が出ません。

基本的に年齢や共通点、居住地などで検索していきます。ここで「好みカード」が多いと検索される可能性が高くなるというわけです。

良い相手を見つけるのコツ

登録から3日が勝負

検索フィルタで「登録日が3日以内」があり、この人たちはとても検索されやすく、新入会員をチェックしているアクティブ会員が多いです。一種の「新入会員ボーナス」で登録してから約3日間続きます。「いいね」をされる数も最初がピーク。したがって最初の3日間は勝負の時なので積極的に活動する必要があります。

足跡をチェック

with(ウィズ)にはSNSのように「足あと」機能があり、自分のページを見た人が表示されます。その人たちは自分を検索して訪ねてくれた場合が多く、共通点があったり、自分に興味があったりするケースが多いです。つまり、足あとをつけてくれた人に申し込めば、マッチングの可能性が高くなります。

期間限定イベントに参加する

with(ウィズ)で実施する期間限定のイベント(クリスマス、バレンタイン等)に参加すると、イベント特典として、「いいね」を無料で送る(消費しない)ことができるようになります。これが大きなチャンスで積極的に利用して出会いの機会を増やしていきましょう。

with(ウィズ)の使い方③〜「いいね」と「ありがとう」でマッチング〜

「いいね」と「ありがとう」でマッチングできる

気に入った人に申し込む場合「いいね」をします。「いいね」をもらった人が、お返しに「ありがとう」を選択するとカップリングが成立し、専用トークルームでやり取りができるようになります。ここでデートの約束をします。

積極的に「いいね」を送ることが大事

特に男性の場合、女性からの「いいね」はそれほど多くないので、積極的に自分から「いいね」しておくことが大切です。常に攻めの姿勢で行きましょう。

理由付きいいね

「質問付きいいね」とも呼ばれるもので、最大3問まで質問を設定して、それに答えた人ではないと「いいね」できない仕組みになっています。特に申し込みが殺到する若い美人女性がこの機能を使っています。

手当たり次第に「いいね」をする人をフィルタにかける効果があり、真剣に自分に申し込んでくれる人のみを抽出できますが、基本、人気がある女性のみが設定した方がよく、男性はこの機能を使わない方が賢明です。

メッセージ付きいいね

上述のように「with(ウィズ)ポイント」を購入して、オプション機能としてメッセージを添えることができます。長すぎず、短すぎず、自分が伝えたいことを添えれば、相手の反応も目に見えてよくなるはずです。

with(ウィズ)の使い方④〜トークで親交を深める〜

「いいね」⇔「ありがとう」でマッチングが成立すると、専用のトーク画面でやり取りが可能になります。ここで2人で会う約束を取り付けなければなりません。

メッセージのやり取りが始まってからが本番

トークルームでのやり取りで失礼があると、すぐに切られてしまいます。ここでの相手とのコミュニケーションが出会いの確率を左右します。

トークでは共通点から話題を広げていく

礼儀正しい挨拶が基本。「こんにちは」「今日はありがとうございます」など、当たり前のあいさつができないと、その時点で常識がない人と判断されてしまいます。

会話のセオリーは、お互いの共通点から話題を広げていくのが大切です。趣味のことなどから会話を広げていきましょう。好きな食べ物が共通するならば、その料理を食べに行きましょう、というようにつなげていくことができます。

会わないと話が進まないのは事実ですが、焦ってすぐに「会いましょう」と言わないことが大切です。遊び目的、出会い系と勘違いしている人と思われて、デメリットしかありません。

しっかりと相手を理解してから会いましょう

会うと約束できた場合、常識の範囲内で時間を設定します。あまり遅い時間帯の待ち合わせはNGです。できれば1時間程度のお茶か、ランチを一緒にしましょう。ディナーで高いお店はリスキーです。

また土曜日や日曜日の日中に会うのがおすすめ。あまり相手を知らないうちに会っても、そもそも会話が進みません。トーク画面で十分にやり取りをして、相手の方から「会いたくなりました」と言わせるくらい、メッセージのやり取りを盛り上げられれば、実際会ってからも、会話に困らず、さらに次の約束を取り付けることができるでしょう。

with(ウィズ)の使い方⑤〜実際に会ってみる〜

いよいよ気になる相手との初対面です。ここで欲張らず、「減点を避ける」ことに注力してください。あまり長時間話すと疲れてボロが出てしまう可能性があります。

「少し話し足りない」くらいがベストです。実際に会ってみて、フィーリングが会うようなら別れる前に必ず連絡先を交換してください。

もう会いたくない場合は、自分から連絡先の交換を申し出なくてOKです。勘のいい相手ならそこで脈がないことを察するはずです。

今ならメアドではなくLINE-IDの場合が多いですが、やり取りが続くのはメールの方です。できればどちらも聞いておきたいところです。

マッチングアプリは不安……という方もwith(ウィズ)ならおすすめできる理由

マッチングアプリはどこの誰がやっているのかわからないから怖い。知らない人と会うのはちょっと……というみなさん、ご安心下さい。

with(ウィズ)は、運営の常時監視体制となっていて、不審な行動をとる人はすぐにチェックされます(セクハラ言動等も)。したがって、安心して利用できるので、マッチングアプリ初心者の方にもおすすめです。

スピーディーなカスタマーサポート

プロフィールの確認と承認

with(ウィズ)は、インターネット異性紹介業で許可を得ているので、必ず登録時に身分証明書による本人確認があります。ウソ偽りなくプロフィールを記入し、それが身分証明書と一致すれば(身分証明書画像をアップロードします)、速やかに承認され活動が開始できます。

年齢確認画像の確認と承認

マッチングアプリは18歳未満禁止です。例え、相手が18歳未満だと知らなくても、会うことはリスクがあります。したがって年齢確認は極めて大切で、with(ウィズ)では、身分証明書で必ず年齢まで確認します。

違反報告内容の確認と調査

監視体制が強固でも、違反ユーザーを完全に排除することはできません。既婚者や遊び目的、いわゆる「やり目」だけでなく、ネットワークビジネスやマルチ商法の勧誘など、悪意を持った人を100%排除することはできません。

また、セクハラ的な言動や誹謗中傷、差別的な言動等問題がある行動をする人はいます。そういう人を見つけた、実際にやり取りしていてそういう目に遭ってしまった場合、運営へ通報できます。

運営でしっかり調査をして、悪質で違反行為が確認されれば退会だけでなく、刑事告発等の処分を下してくれます。

厳正な監視システム

with(ウィズ)では、厳正な監視システムを適用しているため、怪しいアカウントはすぐに停止されます。

24時間体制の監視

24時間体制で不審なアカウントがいないかネットパトロールをしています。怪しいアカウントを見つけた場合、すぐに対応してくれるので安心してください。

不審なプロフィール投稿の非表示

真面目な出会いを求めていない人、明らかに既婚者、ビジネス目的等の疑いがある場合、一時的にプロフィールを非表示にし、他の人から検索されないようにします。事実上のイエローカードで、これによってトラブルを未然に防ぎます。

不審ユーザーの強制退会

禁止行為や違法行為をしたユーザーは「レッドカード」で強制退会措置を下すことができます。つまり、問題児がずっとアプリ内にいてトラブルを起こすリスクはかなり低いといえるでしょう。

会員ユーザーによる通報システム

違反行為は会員ユーザーからの通報で判明するケースも多く、実際にひどい目に遭った場合、躊躇なく通報しましょう。

【通報の手順】

  1. アプリにログイン
  2. 相手の詳細プロフィールへアクセス
  3. 「・・・」ボタンをタップ
  4. 「通報する」をタップ
  5. 違反箇所を選択する
  6. 理由を具体的に200文字以内で書く

これで通報は完了です。悪質だと判断されれば、退会措置などがとられます。

積極的な通報が安全なアプリを作りますが、振られた仕返しにとか、なんとなく気に入らないから、で通報しても逆にこちらがチェックされてしまうかもしれません。あくまで本当に通報するに足る問題があれば積極的に対処してくれるでしょう。

with(ウィズ)退会の際の注意点

恋人ができた!などの理由で退会する際の注意点について解説します。with(ウィズ)の本来の目的である恋人や結婚する人が見つかれば、退会して構いません。ただし注意しておきたいことがあります。

退会すると、一定期間再登録ができない

with(ウィズ)ではトラブル防止やセキュリティの関係、なりすまし防止などの観点から、一度退会すると「一定期間」再登録することができません。

「一定期間」という漠然とした表現ですが約1か月程度だといわれています。しかし、人によってタイミングによって左右されるので確実に「○日」と言えないので、目安にしてください。

「すぐに別れてしまったら……」というリスクや不安はどうしてもつきまとうので、お付き合いが安定するまではアカウントを残しておいてもいいでしょう。有料会員の方は無料会員に戻る方法もあります。これなら経済的な負担はなくなります。

データはすべて削除され、再登録してもデータは引き継げない

退会すると、これまで登録したプロフィールのデータやマッチングの履歴等すべて削除されます。一生懸命丁寧に入力したものもなくなり、一からやり直しになります。データの引継ぎ機能は有りません。

プロフィールなどは、念のためワードやメモ帳に貼り付けて、文字データとして保存しておくといいかもしれません。

無料会員に戻り、そのまま放置しておくのも1つの手ですが、消去してしまうのも1つのリスクヘッジです。Facebookの友人以外の知り合いがwith(ウィズ)をやっているかもしれず、どこで見つかるかわからないので……。そのあたりの判断はお任せしたいと思います。

with(ウィズ)で理想の恋人探しを!

以上、マッチングアプリwith(ウィズ)について使い方を中心に解説しました。DaiGoさん監修の相性診断などを楽しめ、セキュリティや安全性も高く、月額料金も他のマッチングアプリよりも比較的安いのが特徴です。

マッチングアプリ初心者の方は、with(ウィズ)をぜひ使ってみてはいかがでしょうか?また現在会員の方は、プロフィールや「好みカード」の充実など参考にできる部分があるはずです。ぜひ素敵な出会いを見つけてください。