with(ウィズ)の再登録はいつから出来る?すぐに再開出来る裏技と注意点を徹底解説!

この記事ではwith(ウィズ)を一度退会した方で再登録をしたいと考えている方のために、「再登録の方法」から「再登録時の注意点」「すぐにでも再登録が出来る方法」を解説していきます。これからwith(ウィズ)を再開しようと考えている方は、是非、参考にして頂ければと思います。

with(ウィズ)の再登録が出来るようになるまでの期間は?

with(ウィズ)は一度退会すると再登録を出来るようになるまで、1ヶ月間期間を開ける必要があります。


転載:公式サイト

また他のアプリでは1ヶ月以上の間を空けなくとも再登録をするアプリはあります。with(ウィズ)が1ヶ月の期間を開けなければ再登録が出来ない理由については次で解説をしていければと思います。

with(ウィズ)がすぐに再登録出来ない理由

再登録が出来ない理由は主に「浮気利用者の排除」「悪質な利用者の撤廃」の2つの理由があります。こちらはwith(ウィズ)に限らず殆どの婚活アプリ・恋活アプリに該当する理由になります。それらについて書きにて詳しく解説をしていければと思います。

①浮気利用者を排除するため

婚活アプリ・恋活アプリを退会する人の理由としては「恋人ができた」「飽きた」「他のアプリを使おうと思う」等の理由があると思われますが、その中の一つの「恋人ができた」という理由の方を即時、再登録できるようにしてしまうと、「浮気利用者を黙認してしまう。」という事になっし増します。

そのためwiht(ウィズ)を含む婚活アプリ・恋活アプリでは退会後30日間の再登録が出来ない期間を設け、浮気利用者を排除するようにしているのです。

②悪質利用者を排除するため

wiht(ウィズ)にはいくつかの利用規約が有り、「ビジネスの勧誘」「誹謗中傷」「宣伝行為」「わいせつ行為」等が禁止されています。が、このような利用規約を破る「悪質利用者」は再登録期間が無いと、通報されて強制退会になる前に退会し、再登録…。というふうに何度でも繰り返し利用規約を破り利用してくるので「再登録が出来ない期間」を設けているということになります。

with(ウィズ)をすぐにでも再登録する裏技はある?

じゃあ、結局1ヶ月待たなければいけないのか?と思われる方も居ると思いますが1ヶ月待たずすぐに再登録する裏技はいくつかあります。それらについては以下で詳しく解説をして行きますので是非参考にして頂ければと思います。

初回登録とは別の認証方法で登録する

with(ウィズ)を登録する際の認証方法は「facebook」「電話番号」の2つの認証方法があります。もしあなたが初回の登録をfacebookで認証していたのであれば電話番号で再登録・認証を行えばすぐにでも登録し直すことが出来ます。

Facebookのサブアカウントを作成する

認証をどうしてもfacebookでしたいという方は、facebookでサブアカウントを作り、そのアカウントで認証をすれば再登録をする事が出来ます。が、facebookでは「複数アカウントを保有する事は禁止事項」としておりますので、facebook側からアカウントを削除されてしまうというリスクは有る事を理解していたほうが良いかも知れないです。

結論、1ヶ月待ったほうが安全なので他アプリを使いながら待つのが吉

以上が「with(ウィズ)をすぐにでも再登録する裏技」となりますが、結論with(ウィズ)に上記の方法で再登録をしている事がバレてしまったら、せっかく利用をしている最中のアカウントも削除されてしまう可能性があるので、結論としては1ヶ月シッカリと期間を開け利用する。または他のアプリを利用するというのが良いかも知れないです。

with(ウィズ)を再開するメリットは?

with(ウィズ)を再開するメリットは主に2つあります。それらについて書きにて説明をしていきますので参考にして頂ければと思います。

新規登録時は異性に対する表示回数が増える

新規会員登録をする最大のメリットと言えばこちらの「表示回数が増える」かと思われます。

with(ウィズ)では新規登録ユーザーは「For You」のページの「本日のピックアップ」や「最近同じ込のカードを登録したお相手」等で優先的に表示をされる傾向があります。

つまり、新規ユーザーとして登録をすれば表示回数が増えいいねを押して貰える可能性が高まるという恩恵をうけることが出来るのです。

いいねが少なくても気にされない

with(ウィズ)では異性からされたいいねの「いいね数」がプロフィールに表示がされます。長く利用しているユーザーはこのいいね数が少ないといいねを押されることが少なくなる傾向がありますが。新規会員の場合は「貰えて無くて当然だよね。」という真理が働き「いいねが少なくても気にされない」という状態になります。

と、上記の「新規登録時は異性に対する表示回数が増える」「いいねが少なくても気にされない」2つがメリットで、特に短期的に成果を出したいと思われている方には魅力的なメリットになっているのではないかと考えられるでしょう。

with(ウィズ)を再登録の方法と再開までの流れ

こちらでは上記の内容を踏まえwith(ウィズ)を再開したいと考えている方のために、よりわかりやすくwith(ウィズ)の再登録の方法から再開までの流れを解説をしていければと思います。

(こちらでは一番オーソドックスなFaceobookでの再登録の方法で説明を出来ればと思います。)

with(ウィズ)の公式サイトへ遷移し「facebookではじめる」を押す

まずはwith(ウィズ)の公式サイトへアクセスし下記のページに進みます。

こちらのページより「facebookではじめる」を選択すると次のページに遷移します。

「facebookでログイン」を行う

「facebookではじめる」を押すと下記のfacebookへのログインページへ遷移します。こちらのページにてfecebookにログインをしていきます。

「Facebookのアカウント情報」を連携する

ログインをすると以下の画面に遷移するので「〇〇(お名前)としてログインする」というボタンが有るのでそちらを押して頂くと認証されます。

ここまででアカウントの認証は完了です。

「居住地・ニックネーム」の入力

こちらではwith(ウィズ)で表示する際のお名前と住所を記入していきます。過去マッチングしていた人と再度巡り会いたいという場合は以前利用していたニックネームを活用するのが良いかも知れないです。

「価値観・性格」を診断

そして最後にwith(ウィズ)特有の「DAIGOの価値観性格診断」を行い完了です。より詳しい登録の仕方については「with(ウィズ)の登録方法を簡単解説!!登録時にお得に使う方法や身バレ防止対策も解説」に記載してこちらをおりますので参考にして頂ければと思います。

以降はプロフィールを登録し以前ご利用していただいていたようにいいねを押したりメッセージのやり取りをしていくだけです。with(ウィズ)を以前よりもっと使いこなすための方法については下記の記事を参考にして頂ければと思います。

with(ウィズ)でモテるプロフィールとは?男女別でいいねが貰えるおすすめの写真と自己紹介文を徹底解説!

2019.06.20

with(ウィズ)のメッセージでデートの約束まで繋げるテクニックを大公開!

2019.05.31

with(ウィズ)を再開・再登録する際の注意点

最後にこちらではwith(ウィズ)に再登録する上で認識しておいて頂きたい注意点をいくつか紹介が出来ればと思います。

以前、ブロックしていたお相手と再度出会う可能性がある

再登録をすると以前ブロックしていた「知人」「しつこい人」等がブロックから外れた状態になっているため、再度表示されお相手に認知されたり、いいねを押されたりする可能性が有ります。

再開した事を気付かれたくない人はプロフィール情報の「ニックネーム」「写真」「紹介文」等を以前のものとは別のものにし、悟られにくくしつつ、再度見つけた際にブロックするなどの工夫をするようにしましょう。

以前、マッチングしていたお相手とも再度出会う可能性が

こちらはメリットとしても捉えられる人も言えれば、デメリットとしても捉えられる人もいると思います。再登録をすると前述にも記載してあるように過去のマッチング情報はすべてリセットされてしまいますので「以前マッチングした人」とも再度出会う可能性は大いにあります。

出会いたくない場合は先ほど紹介したようにブロックをするのがおすすめですが、再度マッチングしたいと思う方はプロフィール情報に「また再開した旨」を記載し、マッチングした際には「お久しぶりです♪」程度で返すのが重くなくスマートで良いです。

過去の登録情報は復元出来ないので再度登録の必要が

再登録のデメリットとしてはこちらの過去のプロフィール情報や診断情報を全てやり直さないというところです。with(ウィズ)は診断情報をもとにした異性のレコメンドなどが強みなので、この登録をするのは非常に手間かもしれないです。なので、with(ウィズ)を含むマッチングアプリをご利用している方はプロフィール情報は必ずメモに抑えておくようにしておきましょう。

with(ウィズ)の再登録・再開のまとめ

ここまでご覧頂き有難うございます。この記事をご覧いだき「wiht(ウィズ)の再登録・再開」の方法や注意点についてはご理解いただけましたでしょうか?

退会から再度登録するまでには一ヶ月位以上掛かりますので、もし「まだ一ヶ月経っていない…。」という方は別のマッチングアプリを利用される事を視野に入れてみては如何でしょうか?