結婚はなんのためにするの?5つの理由や決断するポイントを解説

世間を賑わせている不倫のニュースや、苦労している既婚者を見て「結婚はなんのためにするのだろう」と悩んでいる方は少なくありません。

そこで本記事では、なんのために結婚をするのか、その理由を詳しく紹介します。

また結婚を決める判断材料に関しても紹介するので、いまは結婚予定がない方も、将来のことを考えるつもりでチェックしてみてください。

なんのために結婚するの?5つの理由を紹介

こちらでは、なんのために結婚を決断するのか、その理由を5つに分けて紹介します。

  1. 好きな人と一緒にいたいから
  2. 子供がほしいから
  3. 孤独を感じたくないから
  4. 親を安心させたいから
  5. 経済面を安定させたいから

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.好きな人と一緒にいたいから

第一にあげられる理由が「好きな人と一緒にいたいから」です。

最初は他人同士だった2人が恋仲になり、共に人生を歩みたいと思うことは珍しくありません。結婚して特別な関係になることで、より心のつながりが強くなります。

好きな人と家庭を築いて一生を添い遂げることに幸せを感じ、そのために結婚を決断する人は多いです。

2.子供がほしいから

子供が欲しいので、結婚を決断する人も多いです。

世間的には結婚をせずに子供を作ることはよく思われません。結婚前に子供ができて「できちゃった婚」と茶々を入れられることも多いです。

また子供のためを思うと、結婚して安定した環境を作ることが大切だと考える人もいます。世間体などを考えて、子供を作るために結婚をするという状況はよくあることです。

3.孤独を感じたくないから

孤独を感じないために、結婚をするケースです。自分の老後に一緒に寄り添ってくれる人がいると考えると、非常に安心感があります。

孤独死が話題になっていることもあり、将来のことを考えると、結婚しておきたいと思うのは普通のことでしょう。また結婚して唯一無二の関係になった相手と、死ぬ直前まで過ごせることに幸せを感じる方は多いです。

4.親を安心させたいから

親を安心させたい一心で、結婚を決断するケースです。子供に結婚してほしいと考えている親は珍しくありません。

たまに帰省すると「いつ結婚するの」と聞かれる人も多いのではないでしょうか。親をほっとさせるために、落ち着いた自分の姿を見せることは効果的です。

5.経済面を安定させたいから

経済面の安定を求めて、結婚する人も多いです。

1人で生きていくには予想以上にお金がかかりますし、特に女性だと年収もあまり高くない傾向にあります。2人で協力して生きていくと経済的に余裕が出るうえに、税金面の待遇も良くなります。

金銭面を考えるとメリットが大きいので、結婚して安定させたいと考える人は少なくありません。

結婚したいと感じない人の3つの理由とは

結婚を人生の一大イベントとして考えている人は多いですが、中には全く結婚したくないと考えている人も存在します。

では、そのような人はなぜ結婚したいと思わないのでしょうか。こちらではその理由を3つ紹介します。

  1. 趣味などで1人の時間を楽しみたいから
  2. 人間関係で疲れたくないから
  3. 子育てに興味がないから

1.趣味などで1人の時間を楽しみたいから

趣味に没頭して、これからも1人の時間を楽しみたいと考えているケースです。結婚すると時間的な制約が増える可能性が高いので、趣味に使える時間が少なくなってしまいます。

さらに使えるお金も減ってしまうので、独身に比べると自由度は下がってしまうでしょう。まだまだ1人で行動したいと考え、結婚をしたくないと思う人は多いです。

2.人間関係で疲れたくないから

人間関係での消耗を避けるために、結婚をしない人も少なからず存在します。結婚は2人だけの問題ではなく、お互いの家族や親族も大きく関与します。

嫁姑問題という言葉があるように、相手の家族とうまく折り合いをつけられなくて、ストレスを感じることもあるでしょう。恋人同士の状態からするとガラッと人間関係が変わるので、なるべく避けたいと考えている人は多いです。

3.子育てに興味がないから

子育てに興味がなく、結婚する意味を見出だせないタイプです。

結婚後の目標として子供を授かりたいと思っている人は多いですが、中には子供に苦手意識があったり、子育てに自身を持てなかったりする方もいらっしゃいます。

この場合は「子供を作らないなら、別に恋人関係でもいいのでは」と考えて、なかなか結婚に踏み出せません。

結婚を決断するのはどんなとき?3つの判断材料を紹介

結婚にあまり興味がない人からすると、どのようなタイミングで結婚を決断するのか気になりますよね。

そこでこちらでは、結婚を決断するときに考えられる3つの判断材料を紹介します。

  1. 「自由」を求めるか「安心」を求めるか
  2. 経済的に1人で生きていけるかどうか
  3. 好きな人とずっと一緒にいたいかどうか

それぞれ詳しく確認しましょう。

1.「自由」を求めるか「安心」を求めるか

「自由」を求めるか「安心」を求めるかは、大きな判断材料です。結婚をすると経済的にも安定し、世間体も良くなります。一生を共にできるパートナーができるのも、魅力的な部分です。

ところが家庭をもつことで、自由度はどうしても下がってしまいます。法律的な制約はもちろんですが、それ以外にも家庭内のルールを設けられることは多いです。

そこで「まだ遊びたい」という考えと「家庭を持って安心感を得たい」と思う自分を天秤にかけます。そこで安心感に傾いたときに、結婚を考える人は少なくありません。

2.経済的に1人で生きていけるかどうか

経済的に1人で生きていけるかどうかも、結婚を決断する大きな要因といえます。

男性の場合は1人でも生きていけるだけの経済力を得ている人は多いですが、女性は老後のことを考えると不安になる人は多いです。共働きで暮らしていけば、1人のときに比べても経済的に余裕が出ることは間違いありません。

もちろん育児や広めの家の家賃などでお金はかかりますが、老後に向けて貯金ができるくらいにはお金を稼げるでしょう。

とくに今の時代は年金が無いと言われているので、自分の収入と老後に必要なお金を照らし合わせて、結婚を決める人は多いです。

3.好きな人とずっと一緒にいたいかどうか

好きな人とずっと一緒にいたいと考え、結婚を決断するケースです。相手の嫌な部分もすべて受け入れて暮らしていきたいと思える相手であれば、一緒にいたいと思うことも珍しくないでしょう。

もちろん恋人同士でも一緒に暮らしていくことはできますが、法律的な制約もなく、安定しているとはいえません。好きな人と唯一無二の関係になるために、婚姻関係を結ぶことが考えられます。

まとめ:結婚感は人それぞれなので、自分の気持に従おう

今回は、なんのために結婚をするのか、その理由を紹介しました。

結婚の価値観はそれぞれ違っていて、正解はありません。必ずしも結婚が正しいとは限らず、1人でも孤独感を感じず楽しく生きている人はたくさんいます。

いまは「なんのために結婚するんだろう」と考えていても、将来的に考えが変わることも十分にありえます。あまり固定観念にとらわれること無く、自分の気持ちに正直になって、結婚するかどうかを決断してみてください。

ただし結婚は相手がいてのことなので、いざ結婚したいと思ったときにパートナーがいないという状況にならないためにも、恋人探しには力を入れておきましょう。