相手の好意を生み出す、『ベンジャミン・フランクリン効果』を使った恋愛テクニック

恋愛悩み人

「相手がなかなかこっちを見てくれない…」

「意識してもらうためのきっかけが欲しい…」

と思っている方には、これからご紹介するベンジャミン・フランクリン効果を使うことが良いかもしれません。

これからベンジャミン・フランクリン効果ってなに?どういう時に使うの?どんな相手に使うのがいいの?など、ご紹介します。

ベンジャミン・フランクリン効果とは?

ベンジャミン・フランクリン効果とは、自分の行動によって相手に自分の評価をあげる効果です。

「あの人、性格的に合わないかも…」「第一印象が悪すぎてもう一緒にいたくない…」どんな人であれ、苦手な人や嫌いな人は存在しますよね。

好きな相手と苦手な相手に同じことをされた時、全然異なる気持ちになるのが人間の心理。誰でも経験があると思います。

ベンジャミン・フランクリン効果は「嫌いだな…」と思われている相手にでさえ、自分のアクションによって「もしかしたらこの人味方かも…」「なんだか仲良くなれるかもしれない」と思わせる効果のことを指します。

嫌いな相手にも効果があると言われるベンジャミン・フランクリン効果は、気になる異性に効果を利用すると、もっと近づけるそう。

これから具体的にベンジャミン・フランクリン効果をどうしようしていくのか、どのようなテクニックがあるのか、どんなシチュエーションが良いのかなどをご紹介します。

ベンジャミン・フランクリン効果はほんとうに効果があるのか?

ベンジャミン・フランクリン効果とは、アメリカの100ドル札に印刷されている、ベンジャミン・フランクリンにちなんでつけられ、その効果には歴史があります。

ベンジャミン・フランクリンが当時政治活動で使った戦法で、相手にうまく錯覚させることが大切だということ。政治家が他の政治家を味方につけるためには、心理戦が必要だと言われています。実話を交えて紹介しましょう。

ベンジャミン・フランクリンは自分のことが嫌いな相手に「本を貸してくれないか」と頼んだそうです。すると相手は本を貸したベンジャミンに対して「嫌いだと思っていたベンジャミンに本を貸してあげたんだから、自分は本当はそんなに彼のことが嫌いではないのではないか」と思わせ、敵を減らしてったといいます。

嫌いだと思っていた人から「物を貸してもらう」という行為を利用して、相手の心を動かすベンジャミン・フランクリン効果。

することはとても単純です。続いてこれを恋愛においてどう使っていくのかをご紹介します。

ベンジャミン・フランクリン効果を使った恋愛テクニック

ベンジャミン・フランクリン効果には「借り作らせて返すことで、相手の懐に入り嫌い・苦手という気持ちを無くしていく」ことが期待できます。

簡単にいうと恩を売ることで自分のことを好きになってもらおうとすることですが、恋愛に置いていうと、「甘えられる人の方が好かれる」ということです。

昔から上手に甘えられる人は周りに人が集まってきたり、好かれる人が多かったという経験はありませんか?嫌いな相手に自分のことを好きになってもらうというのは、とても難しくハードルが高い行為です。

ベンジャミン・フランクリン効果では、

  1. 困っている人を助ける
  2. 好きではないけど助けてあげる(心と行動に違いができる)
  3. 嫌いだったのに助けてあげた
  4. 本当は好きだから?と思わせる

という、一連の流れができています。

これは嫌いな相手を例に話していますが、知り合い程度・気になる相手にされた時は、甘えられた・頼られたという経験から、相手のことを気にしてしまうという心理を利用しているのです。

ベンジャミン・フランクリン効果を活かすシュチュエーション

ベンジャミン・フランクリン効果を利用できるシチュエーションは、どんな些細なことでも大丈夫。

とにかく何かをお願いしてみたり、助けてもらったり、甘えてみることが大切です。誰でもお願いをされたり甘えられたら、やってあげようかな…!と思いますよね。

注意したいことは、しつこく頼まないこと。相手にも相手のペースがあります。断られたらサクッと了承しましょう。

さらに頼み方にも気をつけたいところ。上から目線だったりバカにしたりすると、逆に反感を買います。素直にお願いしたいという誠意を持って頼んでみることが大切でしょう。

例えば仕事が立て込んでいる、納期が迫っているという時は、本当はやってあげたいけれど、どうしてもそこまで手が回らないということも。合わせて「これくらい自分でできるよね…」と思われるようなお願いは聞いてくれないことがあります。

相手が今どんな状況なのか、それに合わせてお願い事を変えるのも効果があるでしょう。

ベンジャミン・フランクリン効果を活かす具体的な方法

ベンジャミン・フランクリン効果を具体的に活かす方法とは、こちらからお願いをする・甘える・頼る内容に懸かっています。

それは相手にしかできないと思わせること。そのためには相手にしかできないことをお願いすることが良いでしょう。そしてあなたにしかできないということを、さりげなく伝えることが大切です。

例えば本を借りるという行為ですが、

アドバイス
この前話していた本が面白そうで気になってるから借りたい!

と伝えることで

  • あなたの話を聞いて興味が出たと伝えることができる
  • 自分が話したことを覚えていてくれたと思わせることができる

本屋や図書館に行けば見つかるかもしれませんが、それに気づかないくらい自然にあなたから借りたいということを伝えるのも一つの策です。

どんなお願いでも気をつけたいのは、ベンジャミン・フランクリン効果を活かすシチュエーションでもお伝えした通り、「これくらい自分でできるでしょ」と思われないこと。

本を借りたい時はその本の話題を持っていき、「この間話していた本」という状況をお願いの前に作り出すことで、とてもスムーズに話が進みます。

ベンジャミン・フランクリン効果を活かしたい相手

ベンジャミン・フランクリン効果は良好な関係を構築していきたい相手に非常に効果的です。

「このままだと上手くいかないかも…」と思った相手にさえ、ベンジャミン・フランクリン効果を上手く使えば、相手に好かれることもできます。

しかし難易度も高いので、まずは異性で「そこまで親しくない相手」「話が盛り上がった相手」「関係が深くない相手」に使って見るのが良いでしょう。

ただしその際はしっかり相手を観察し、何でもかんでも頼んでみるのではなく、どんなことが相手にとって頼まれたいことなのかを考えると良いでしょう。

まとめ

ベンジャミン・フランクリン効果を思いついたベンジャミン・フランクリン。

彼は自分のことを嫌いだと思っている相手に、どうしたら好んでもらえるかを考えました。その結果、相手が博識ある頭の良い人だということを利用し、レベルの高い本を貸してくれと頼んだそうです。

ここで大切なのはベンジャミン・フランクリンは、実はその本には一切興味がなかったということ。しかしお願いをされた相手は、

相手
彼が困っているから助けてあげようかな…待てよ、嫌いだと思っていた相手を助けるなんて、もしかしたら自分は彼を嫌いではないのではないだろうか?

と思わせることに成功したそうです。

その後、ベンジャミン・フランクリンとその相手の交友関係は長く続いたといいます。

ベンジャミン・フランクリン効果は、もともと嫌いな相手でも自分の仲間にする心理を利用した効果であり、自分を好きにさせるきっかけを掴むことです。交際に直接結びつくというわけではなく、それからの努力が大切でしょう。

仲がいい相手にお願いをしてさらに仲が深まることはありますが、嫌いな相手にわざと頼み、相手の気持ちを操作する、ちょっとレベルの高いテクニックかもしれません。

しかし相手に誠実にお願いをすることで気持ちは一気に縮まる可能性もあります。ぜひ一度試してみてください。