婚活で相手をお断りする際の注意点とは?やってはいけないNGも抑えよう

恋愛悩み中
婚活で「合わないな……」と思った人に断るってどうしたら良いの?

婚活をしていると、ありがたいことにさまざまな方からお誘いを受けることがあるかもしれません。ただ、その中にはどうしても自分の求めている条件と合わない、実際にデートしたら「ちょっと違うな」と感じたなど、将来一緒に生活していくことがなかなか想像できない人から誘われることもあるでしょう。そんな時は心苦しいですが「お断り」しないといけません。

しかし、婚活においてお断りはなかなかハードルが高いと思っている人も多いと聞きます。そこで今回の記事では、婚活は婚活において相手をお断りするときに知っておくべきことや、相手を傷つけずに断る方法、断るタイミングなどを紹介します。

婚活でお断りする際に知っておくべきこと

婚活をしていると、たくさんの人と出会うことができます。ただ、その中にはどうしても自分と合わない人が必ずいるでしょう。出会った人全員とデートに行ったり食事に行くことはほとんど不可能です。

婚活では断らないといけないこともあるので、まずはこの事実を知りましょう。なぜなら、断らないと納得のいく婚活ができないから。

相手に同情してしまって自分の条件とは全く合っていないのに、そのまま流れで結婚しても二人とも本当に幸せになれるでしょうか。相手の人が知ったら傷つくでしょう。相手にとってもベストなのは気持ちがないならしっかり断ること。断ることに罪悪感を持たないことが、婚活でお断りするときに一番大切なことなのです。

婚活で相手を傷つけずに断る方法

恋愛カウンセラー
これまで「断り経験」が少ない人ほど、いざ誘われて断ろうとしても、断り方がわからなくてそのままズルズル関係が続いてしまう……なんてこともあるそうです。そこで、相手をできるだけ傷つけずに断る方法をご紹介します。

相手を傷つけない断り方はないことを知る

まず知って欲しいのは、相手を傷つけない断り方はないということ。どんなにこちら側が頑張っても、相手がどのタイミングで「傷ついた」と感じるかわからないから。こちらがどれだけ相手のことを考えたとしても、結局相手に伝わらなければ同じなのです。

そこで、まずは相手にどんな言い方をしても傷つけてしまう可能性があるということをわかった上で、次から紹介する具体的な方法でお断りを入れましょう。相手が傷つかもしれないと事前に知っているか知らないかでは、言葉の表現やそのあとの態度などに大きな影響があります。割り切りましょう。

優しくしっかり理由を伝える

一番大切なのは、必ず理由を添えて優しく相手に伝えること。相手からすれば「これまでうまくいっていたのに、なぜ振られるのか」「何がいけなかったのか」と自己嫌悪になってしまうかもしれません。必ず理由を添えてあげることで、相手に少しでも納得させて次へ進んでもらえるはず。

もしかしたらミスコミュニケーションの可能性もあるので、なぜ振るのか、なぜ相手ではダメなのかをしっかり丁寧に優しく伝えましょう。

感情的にならない

人間は、感情が高まっている時は冷静な判断や言葉選びがほとんどできなくなります。それでなくても相手を傷つけてしまう可能性のある婚活のお断りにおいて、感情的になってしまったら言わなくてもいい余計なことを口走ってしまう可能性があります。余計なことは相手に伝える必要はありません。

しっかり冷静に、一旦落ち着いてから相手に婚活のお断りを入れましょう。電話じゃどうしても感情がこもってしまう場合、メッセージでも大丈夫です。自分が一番伝えたいことが伝わる方法を選ぶのが一番です。

「私とは合わなかった」と言うことを伝える

お断りをするときには、話題をいろんなところに振らない方が良いです。「あの人のこんなところが嫌だった」「あんなところを工夫して欲しかった」などいろいろ思うことはあると思いますが、相手に断りを入れるときに伝える内容ではありません。自分に合わなかったという事実をオブラートに包みながら伝えることが大切です。

理由をはっきり伝えるとともに、言葉のチョイスを間違えないようにしっかり伝えると、なんどもやりとりすることなく相手にわかってもらえるでしょう。

相手にお断りするときにNGなこと

恋愛カウンセラー
相手にお断りを入れるときに、どんな方法がいいかな?どんな言葉を使ったらいいかな?と悩むこともありますよね。続いて、最低限してはいけないNGなことを5つご紹介します。

無視する

相手に断りを入れるのに、一番してはいけないことが相手からの連絡を一切無視すること。相手へちゃんとした理由も告げないまま無視するというのは、相手に一番失礼な方法です。

あなたは楽かもしれませんが、相手の気持ちを考えられない人に良い人は表れません。しっかりあなたの言葉で相手に自分を気持ちを伝えましょう。

デートをドタキャンする

あなたは一日時間が空いたと思うかもしれませんが、相手はこのデートのためにいろんなことを考え、レストランを予約していたり予定を立てていたかもしれません。そんな相手の思いを一瞬にして崩してしまうのがドタキャン。

相手にもお店にも迷惑をかけてしまうので、ドタキャンは絶対にやめましょう。

理由を言わない

断られるということ自体相手には大きなダメージがかかるのに、理由を言わないと相手は「自分のどこがダメだったんだろう」「どんな発言が相手を傷つけたんだろう」ととにかく自分を攻撃してしまいどんどんネガティブになってしまいます。

相手に不必要なダメージを与えないためにも、なぜ自分と合わなかったのか、オブラートに包んででも伝えましょう。

相手を否定する

「あなたの性格がだめ」「生理的に無理」など、相手を真っ向から否定する言葉は、あなたが思っている以上に相手に大きなダメージを与えています。少しでも「良いな」と思った人に真正面から自分を否定されてなんとも思わない人はいません。

相手を否定する言葉は選ばずに相手と自分はどうして合わなかったのかを伝えるのが良いですね。

悪口を言う

思ったことを相手に伝えることはとても大切ですが、もしかしたら別の見方をするとそれは悪口になってしまうかも。多くの場合、メッセージでお断りを伝えるかもしれませんが、なんども自分の文章を見返して「悪口ではないか」を確認するのが一番です。

そのあと大きなトラブルに発展しないためにも、自分で発する言葉には責任を持ちましょう。

お断りする際のタイミング

恋愛カウンセラー
伝え方も、NGなこともわかったところで、最後に気になるのはお断りする際のタイミング。お断りはいつ伝えるのが良いのか、ご紹介します。

最初のデートに誘われたとき

断るタイミングの一番最初は、最初のデートに誘われた時。デートに行ってしまうと少しでも「期待して良いのかな」と相手に思わせてしまいます。もし最初の印象から「この人は違うな」と思ったら最初のデートの時に断るのが良いです。

最初のデートをOKしてしまうと、2回目、3回目と続き、婚活にも支障が出てきます。幸せを掴むためにも最初で断りましょう。

3回目のデートが決まる前まで

3回目のデートは1回目、2回目を終えて「この人と付き合いたい!」と思った相手と行くデートです。3回目のデートをOKした時点でもうほぼほぼ付き合えるのではないかと考えている人もいるほど。

それだけ大切なデートなので、このデートの前に断りましょう。3回目のデートの前に断られたら相手もすっと引いてくれる確率が上がるかもしれません。

出来るだけ早く伝える

「すべてのタイミングを逃してしまった……」という方もいるかもしれません。そんな方はできるだけ「自分と合わないから断ろう」と決断した早い段階で伝えましょう。

ずっとモヤモヤしていたら相手の婚活も自分の婚活も遮ってしまうことになります。時間は無限ではありませんので、相手の時間も相手の時間も大切にするために、早く伝えましょう。

婚活のお断りは丁寧な言葉で相手に伝えよう

婚活でどうしても必要なお断りは、無視やドタキャンは絶対にNG。しっかり自分の言葉でできるだけ優しくはっきり伝えることが大切です。婚活において断りは切っても切り離せないため、自分が断られる時の想像を常にしながら、言葉選びをすると良いでしょう。

婚活で良い結果を出すためにも、お断りは丁寧に迅速に行うのが吉です。良い相手と出会えるためにもポジティブに前に進みましょう。