結婚は運命に任せて良い?運命の人が結婚に最適かどうかを見極める5つの方法

恋愛悩み中
結婚は運命の相手とした方がいいの?運命の相手かそうじゃないのかって見極める方法ってある?運命の相手と出会う方法が知りたい!

結婚をしたいと思った時に、気になるのが運命の人。本当にいるの?と半信半疑な人も多いと思いますが、運命の人がいるなら出会ってみたいし結婚できたら幸せかも……と想像してしまいますよね。

そこで今回は、結婚を運命の人としていいのか、悪いのか、運命の相手を見極めるポイント、出会い方などをご紹介します。

結婚相手は運命の人として良いのか悪いのか

結婚相手は運命の人としてもいいのか、それとも運命の人とは結婚しない方がいいのかは、絶対的に運命の人とするのが良いというのが結論です。

ただ、ここで注意して欲しいのは結婚に最適な「運命の相手」は、昔漫画や恋愛ドラマでみたドキドキが止まらないような相手ではなく、一緒にいて落ち着き、昔から知っているかのような錯覚をするほど居心地がいい人ということです。

詳しいことはあとで説明しますが、この「運命の相手」の基準を吐き違うと、とんでもないことになるので気をつけましょう。

結婚で運命の相手を見極めるポイント

恋愛カウンセラー
運命の人との結婚は理想ですよね。まずは、結婚をする時に相手が運命の相手だと見極めるポイントをご紹介します。

居心地がいい

運命の相手の判断基準は、実は居心地がいいということ。結婚すると何もしなくても同じ空間にいることが多くなるでしょう。この先50年、60年一緒に生活していく上で、何にもしなくても居心地がよいということは非常に大切です。

居心地がいいということは根本的に波長が合うなど、努力しなくても相性がいいという証拠になります。

一番ベストな自分でいられる

常に良い自分でいさせてくれるような相手も、運命の相手のポイントに当てはまります。話すだけでストレスが解放されたり、優しくしてもらって穏やかな気持ちになったり。

一人だった時よりも良い自分にアップデートしてくれるような相手は理想の相手かもしれません。

緊張しないで自然体でいられる

何も気を張ることなく、普段から緊張しない、昔から知っているような感覚で付き合える相手とは、何年、何十年一緒にいても素敵な関係を築いていけるでしょう。

力を抜いて頑張りすぎずに一緒にいられるか、一人の時の自分と相手と一緒にいる時の自分は違うかを考えてみると良いかも。

無言でも気まずくならない

まだ、相手をよく知らないと一緒にいる居心地の良さがなんだか気まずくて、何かと喋っていたい、BGMが必要だと思いがちですよね。しかし、無言でも気まずくならない相手だと、心が疲れないでしょう。

この人が運命の相手かもと思った時には、一度無言の時を過ごしてみるのがおすすめです。

毎日楽しく過ごせる

毎日楽しく過ごせること、楽しく過ごせるために相手を尊重し合えたり思いやることができるのが大切です。

意識してするのではなく、相手が自然にできたり、相手が快く思ってくれるように動けることことで、相手が運命の相手かどうかを見極められるかも。

結婚で運命の相手かどうか確かめるポイント

恋愛カウンセラー
結婚したいと思った相手が運命の相手ではないこともあります。よく挙げられる運命の相手ではない人の特徴をご紹介します。

ドキドキする

最初に出会ったときとロマンチックな瞬間は除き、数ヶ月経ってもまだなおドキドキしてしまう相手は、あまり運命の相手だと決断するのは難しいかもしれません。

ドキドキしてしまうということは、感覚的に合わない相手なのかもしれません。居心地の良さを重視しましょう。

危険な香りがする

女性はよく「危険で危なそうな人に惹かれる」と言われますが、感覚的に危ないなと思う相手は恋愛としては刺激的かもしれませんが、結婚相手には向いていないことが多いです。

恋に落ちやすいですが長続きしない可能性が非常に高いので、結婚を決める時には注意しましょう。

背伸びしてしまう

相手に追いつこうと、ふさわしい人になろうと、メイクや髪型を変えたり、普段着ない服を着たりするのは、なかなか長続きできる結婚生活はできなそう。

長く一緒にいるとボロが出てくることがあるので、価値観や金銭感覚などは似たような人が良いでしょう。

完璧な自分を見てもらいたくなる

常に完璧なメイクや髪型の自分を見て欲しい、スッピンなんて見られたくない!と思う気持ちはわかりますが、結婚となるとそうも言っていられません。

自分磨きをするのは問題ありませんが、息をつける関係でないと長い関係を続けていくのは難しいでしょう。

無言だとソワソワしてしまう

無言だとなんだかソワソワしてしまい、常に「何か喋らないと……」と思ってしまうのは、相手と一緒にいる自分に自信がないという証拠です。「もしかしたら自分のことは好きではないのかも……どうにか楽しませなきゃ……」と緊張してしまうのは、この先長い間辛い思いをするかもしれません。

一年経っても相手に対して同じ感情を抱いていたら、その人は運命の相手ではないのかもしれません。

結婚を運命の相手とするための方法

恋愛カウンセラー
結婚は運命の相手としたい!と思っている人も多いはず。具体的な方法をご紹介します。

とにかく多くの人と出会う

まずは、とにかく多くの人と出会うことが大切です。たくさん人と出会うことで、自分に会う相手がどんな人なのか、分析できます。少ない人の中から探し出すよりも、選択肢は多い方がさまざまな選択ができるでしょう。

積極的にたくさんの人にあって婚活を進めていきましょう。

手段を選ばない

運命の人を見つけるためには手段を選ばずに婚活を進めることが必要です。運命の相手と言っても、普段生活していて偶然映画や漫画のような出会う相手とは違います。婚活パーティーでもマッチングサービスでも合コンでも、出会い方はなんでも問題ありません。

出会い方にこだわるのではなく、とにかくたくさんの人に出会いましょう。

マッチングサービスと街コンなど掛け合わせる

婚活で使用したいサービスは、結婚相談所やマッチングアプリなど複数ありますが、サービスを一つに絞るのではなくできるだけ掛け合わせることが大切です。一つのサービスに偏ってしまうと、自分がどんなサービスがあっていて、どんな人と出会えるのかはその人次第です。

さまざまなサービスを利用して見ることが大切です。

周りの人に結婚願望を伝えてみる

周りの人に自分が結婚願望があり、婚活をしていることを話してみても良さそうです。もしかしたら、合コンをセッティングしてくれたり、良い人を紹介してくれるかもしれません。

友達の紹介ならまともな人の確率が高いので、安心して関係を築けるはず。

合わないなと思ったら判断は早めに

もし、相手と少しでも「合わないな」と感じたら、早めに決断をすることも非常に大切です。合わない人とずるずる関係を続けていたら、もしかしたらあなたの運命の人と出会えなくなってしまうかも。

別れが惜しいかもしれませんが、早めの行動が吉です。

運命の相手と結婚するためにしたいこと

恋愛カウンセラー
結婚は、やっぱり運命の相手としたいですよね。最後に、運命の相手と結婚するためにしたいことを3つご紹介します。

自分磨きをやめない

一番大切なのは、自分磨きをすること。いくら積極的にアプローチしても、最終的に選ばれないと意味がありません。

メイクや洋服を研究するのももちろん良いですが、自分か合うかどうかで交際を決める人がほとんどです。できるだけ内面を磨くよう、努力しましょう。

相手に積極的にアプローチをする

「話しかけるのは男性から」とマイルールを決め込んで自分からアプローチをせずに、ただ待っているという人も多いですが、それでは運命の相手と出会うことは難しいでしょう。

チャンスをしっかり掴むことで運命の相手と結婚できる確率が一気に上がるはず。

しっかり相手とコミュニケーションを取る

相手としっかりコミュニケーションを取って相手を知ることが大切です。そうして相手をよく知っていくことで、相手が運命の人かどうか見分けることが必要でしょう。

これから結婚生活をしていく上で、相手との関係を深めていくことが非常に重要です。

結婚は運命の相手としよう

結婚は運命の相手としたいと思っている人は多いですが、運命の相手かどうか見極めることが一番大切です。そのためには、しっかりコミュニケーションを重ねて、相手を知りましょう。

運命の人と結婚するためにも、積極的に自分から行動を起こすことで、成功への近道になりますよ。