結婚は本当に勝ち組?既婚と独身の違いを知り、自分の人生に合った選択をする方法

結婚は勝ち組って言われているけど、本当にそうなの?なぜ勝ち組って言われるの?既婚者と未婚者の違いって何?

「早く結婚しなさい」「まだ結婚してないの?」年末年始になると両親や親戚からそのような言葉をかけられてことがある人は多いのではないでしょうか。昔から「結婚は勝ち組」と言われてきましたが、具体的に結婚が勝ち組と言われる理由はなんなのでしょうか。

そこで今回は、結婚は本当に勝ち組なのか、結婚が勝ち組だと言われる理由、本当の勝ち組になるにはどうしたらいいかなどをご紹介します。

結婚は本当に勝ち組なのか

未婚率が年々上昇し、出産率も低くなるこの時代に、結婚は本当に勝ち組なのでしょうか。少し前までは、女性の社会進出は難しいと言われ、基本的には寿退社や妊娠・出産を期に仕事を離れる女性がほとんどでした。

さらに、女性一人の給料ではなかなか老後まで生きていくことが難しく、経済的にも男性に頼るという意味で結婚するという人が多くいましたが、今は違います。女性でも社長や管理職につくことは可能ですし、育児と仕事を両立する人も多いです。そのため、男性に頼らなくても女性が一人で生きていけるようになり、結婚という選択肢を持つ女性が減ったことも未婚率につながると言われています。

今はさまざまなコンテンツも発達し、一人で生きていくのが辛くないという人も増え、必ずしも結婚が勝ち組とは言えないでしょう。

結婚が勝ち組だと言われる理由

それでも、結婚が勝ち組だと思っている人も多くいます。結婚が勝ち組だと言われる理由をご紹介します。

家族を作る幸せが味わえる

結婚をすると、相手と家族になれます。これからの人生、家族と助け合って生きていくということが、勝ち組と言われる理由の一つ。家に帰ってきたら一人ではなく誰かがいるという幸せは、結婚しないと味わえないかもしれません。

死ぬ時に一人ではない

結婚し円満に進んでいけば、死ぬ時まで家族と一緒にいられます。先に亡くなったとしたら、一人で孤独になくなるのではなく、看取ってくれる人がいるでしょう。相手が先に亡くなっても、ギリギリまで寄り添うことができます。

一生頼れる相手が見つかる

結婚は人生を共に歩んでいくということ。一番の理解者・信頼できる相手と結婚をするため、どんな時でも支えてくれる味方ができることとなります。一人では味わえない幸せや辛さも、二人で共有できるようになるのです。

一人で生きていくよりも二人以上の方が楽しい

ずっと一人でいいという人も、ふとした時に人肌恋しく感じ、誰かを求めることがあると言います。結婚したら結婚相手と、もし子供に恵まれたら二人以上と生活していくこととなり、また喜びも数倍になるでしょう。

可愛い子供に恵まれる可能性がある

子供は運なので必ずしもできるとは限りませんが、結婚をしたら子宝に恵まれる可能性があります。大切な相手との子供はとても可愛いもの。結婚したら、相手と子供と一緒に生きていく可能性がグッと高まります。

結婚で勝ち組になる5つのポイント

結婚をするだけでは勝ち組には慣れません。勝ち組になる5つのポイントをご紹介します。

夫婦円満

夫婦円満が一番の勝ち組ポイントです。そのためには、ちゃんと自分と相性のいい人、一緒にいて居心地がいい人、助け合える人など、交際中にしっかり見極めておくことが非常に大切です。少しでも間違ってしまうと、幸せな結婚生活とは行かなくなってしまいます。

今の生活を保ちながら家族を作る

結婚をして搾取されてしまったり、生活水準が下がってしまっては、なかなか幸せだと言い難くなるかもしれません。ベストはより良い生活ができることですが、今の生活水準を保ったまま結婚生活が送れると、勝ち組だと言われるでしょう。

夫婦共働きで世帯年収が希望額になる

一人だけの収入に頼ってしまうと、もし何かあったときの反動もものすごく、一気に生活水準が下がる危険性があります。裕福とは言わなくても、夫婦共働きで希望の年収額を目指すことで、心の余裕もでき勝ち組と言われるすてきな家庭を築けるかもしれません。

男性は同じくらいの収入の人と結婚する

男性の場合、結婚をしたらこれまで自分一人で使っていたお金を家族を養うために使うこととなります。もしかしたら生活水準が落ちてしまうかもしれません。

もし避けたいなら、同じくらいの年収の女性と結婚し、夫婦共働きを目指すと良いでしょう。

コミュニケーションを取り合って老後をゆったり過ごす

結婚生活が長くなると「言わなくてもわかる」とコミュニケーションが怠りがちになってしまいます。しかし、できるだけ毎日、週に数時間はしっかり二人で話す機会を設けることで、二人の中は深まるでしょう。

結婚は本当に勝ち組?既婚と独身の決定的な違い

結婚は本当に勝ち組なのでしょうか。既婚と独身の決定的な違いをご紹介します。

老後を一人で過ごすか、二人で過ごすか

若い時は趣味や友人、会社の仲間との飲み会で、独身生活を満喫している人も多いもの。しかし、歳を取って会社をやめた後は、一気に外との交流がなくなり、家でいることが多くなった時に、一人になってしまうことで孤独を感じる人が多いそうです。

楽しいことを独り占めするか、共有するか

一人だと楽しいことも辛いことも悲しいことも一人で受け入れていく必要がありますが、結婚して家族ができると、その幸せや喜びを共有することで2倍にも3倍にも膨れ上がります。一人で楽しむか、楽しみを共有するかで人生は大きく変わるでしょう。

子供に恵まれる可能性があるか

結婚をしていないと子供を持つことはなかなか難しいですが、結婚をしたら相手との子供を持てる可能性が非常に高くなります。収入も共働きなら増すため、学費や養育費などは払いやすくなります。

今よりもっといい暮らしができるか

独身の人は自分一人の給料で一生を終える可能性が非常に高いですが、結婚をすると金銭面も二人で助け合って生きていく必要があります。そのため、今の自分の生活よりも良い生活ができる可能性がグッと高まります。

何かあったときも助け合って生きていくか

一人だとすべて一人で背負っていく必要がありますが、結婚をすると何かあった時にも助け合って生きていけます。自分一人の力ではなく、いろんな意見を受け入れてたくさんの選択肢の中から解決策を見つけ出せるでしょう。

本当の勝ち組になるためにしたいこと

本当の勝ち組になるためにはどんなことをすれば良いのでしょうか。5つご紹介します。

結婚だけがすべてだと思わない

少し前までは結婚している人が勝ち組と言われていましたが、結婚だけがすべてではありません。自分の意思で自分の人生を決め、生きたいように生きるのが人生の勝ち組です。結婚だけがすべてではないので、無理して結婚することだけはやめましょう。

自分が正しいと思った道にすすむ

「結婚はいいぞ」「結婚をはまだか」といろいろなことを耳にするかもしれませんが、結婚をするにしろ、しないにしろ、周り意見を気にすることなく、自分が正しいと思った道を進みましょう。

自分の人生は自分しか責任はありません。周りは言いたいことを言います。常に自分が正しいと思うように進めましょう。

最後に楽しかったと思える人生を送る

人間誰もがいつか終わりを迎えます。亡くなる時に自分が楽しかったかどうかが非常に重要。一人でも家族を作っても、自分で決めた道を後悔なく進むことで、本当の勝ち組になれるはず。

人生にはさまざまな判断をすることがありますが、自分に正直にそのときのベストな答えが出せるよう、努めると良いかもしれません。

計画性のある将来を送る

「なんとなく」ではなく、なぜこうしたのか、将来どうなりたいのか、常に目標を持って進むことで、つまらない人生ではなくなるはず。結婚をするもしないも自由ですが、目標はあるのとないのでは大きな違いです。どんな人生を歩んでも、目標だけは絶やさずに過ごしましょう。

たくさんチャレンジする

楽しい人生を送るためには、たくさんチャレンジすることが大切です。一人の生活も結婚生活も、さまざまなことにチャレンジしていくことで、人としても成長できますし新たなステージに立てるはず。やりたいことがあれば、どんどん挑戦していきましょう。

結婚が勝ち組ではなく自分にあった人生を

結婚は勝ち組と言われていた時代はもう終わりました。自分の人生を自分の意思で決めていくことが勝ち組になる秘訣。それを家族として共有することは、もっともっと楽しさが増すかもしれません。結婚は決して勝ち組と決まっているわけではありませんが、もしかしたら独身の時よりも、もっと楽しいことがあるかも。

常に自分がこの先どう生きていきたいかを考えて進んでいくことで、自分にあった人生を歩んでいきましょう。