マッチングアプリでメッセージの2通目以降もやり取りするコツと返信が来ない時の対策

1通目の返信が来たと思ったら、2通目以降の返信が貰えない。話が弾まずなかなかやり取りが続かない。なんて悩み、マッチングアプリを使っているとよくありますよね。

ですがこの安心して下さい。この記事をご覧頂ければきっと2通目以降のメッセージの返信率は上がり、デートに誘うまでうまくいきます。

ぜひ最後まで読んで「返信を貰うためのテクニック」と「デートに誘うためのコツ」を身に着けてもらえればと思います。

また、この記事の最後には返信が来なかった時の対処法についても紹介していますので、返事が来なくて悩んでいる方もぜひ参考にして頂ければと思います。

1通目の返事が来た時の2通目以降で重要な心構え

まず、2通目以降の返信を貰うために先に押さえて欲しい「心構え」を最初に解説させて下さい。メッセージは文章の作り方等のテクニックと思われがちですがどちらかと言うといちばん大事なのは「心構え」です。

この「心構え」を作っておくことで、返信するためのアイディアや人を思う気持ちも変わり、返信が来なかったときよりずっと良いメッセージが送れるようになります。ぜひ抑えて下さい。

①返信を貰えたからと言って浮かれては駄目

まず一番最初に理解する必要がある心構えは「返信が来たからと言って、あなたに興味はまだ無い。」という事です。

これが判っていない人は、大抵、返信が来た時点で安心してしまい砕けた文章になり、返信が来なくなってしまうという事に陥りがちです。

返信が来た時点は「挨拶を返した程度」なので、そこから如何に自分に興味を持ってもらえるか?というのが大事なので、まず理解すべきはスタートラインにようやく立てたと思うことです。

②好きになって貰うにはまずは自分から興味を持つ

次にお相手に「好きになってもらう」言い換えれば興味を持ってもらうための方法ですが、これは簡単で「自らがお相手に興味を持つ」というのが鉄板の方法です。

言ってしまえばこれ以外は学歴や年収、スペックで興味を持って貰う強引な方法なのであまり本質的ではないです。

興味を抱いてくれている人に対しては好感を持つという人は多く、それを利用して「私はあなたに興味がありますよ」とお相手の気になるところはなにか?自ら相手に興味を持ち好感を勝ち取って行くのです。

③相手の理解者になれるよう努力をすること

そして最後に「相手の理解者」になることです。興味を持つだけではただの質問をしている人になるので「共感」を始めとして、相手があなたに悩みを打ち解けてたくなる人になることを目指すのです。

たった数通のメッセージでは理解者になることは難しいかも知れないですが、この姿勢こそが大事で、姿勢がなっていればお相手からの印象は「ちゃんと話を聞いてくれる、誠実な人だな。」という好印象を得ることが出来ます。

これが出来ているか出来ていないかだけで随分返信率が変わりますのでぜひこの心構えは忘れないで頂ければと思います。では次は具体的な2通目のメッセージを続けるためのコツを解説していければと思います。

2通目以降のメッセージを続かさせるためのコツ

最初は必ず「お礼」から入るべし

まず返信を貰いたいのであれば最初は「お礼」をして誠実さをアピールすることです。1通目の返信が来た矢先に砕けた文章になりお礼が出来ていないと返信して貰える確率が下がります。なのでまずは「お礼」です。

お相手の「思考や人柄」を知るための質問を

次に質問ですが、質問はプロフィールに書いてある情報に対してただ単純に「好きなんですか?」や「〇〇なんですね〜。」という「YES or NO」で出来る質問をしては駄目です。

理由は2つあり「①同じ質問を何度もされているから読めばわかるでしょ」と思われてしまう事と、「②YES or NOではその人のパーソナリティや歴史」を知ることが出来ないからです。

なので、例えば「旅行好き」と記載している人であれば「私も旅行好きです、仕事の疲れとかリフレッシュ出来ていいですよね(^o^)旅行は何がきっかけで好きなんですか?」と言ったようにお相手に喋らせるように質問をするようにしましょう。

否定は絶対NG。「肯定」と「意見」が重要

そして最後に質問をした際にお相手の意見に対して「でも」とか「てか」というように否定から入ってしまう人がいると思いますが、これは絶対にNGです。

否定的なメッセージまたは会話はお会いとの距離をただ有無だけでまさに百害あって一利なしです。

なので、否定的な意見を言うのではなく「共感」を意識してすこしオーバーリアクションだなと思われるぐらいの共感メッセージを送ってあげるようにしましょう。

メッセージはだらだら続けずすぐデートに誘おう

メッセージはあくまでデートに誘うためのツール

メッセージはあくまでデートを誘うためのツールです。前述でも記載してあるとおり、メッセージでほんとうの意味でお相手に好きになってもらうはまず不可能です。

なのでメッセージを活用してデートに誘い、直接合ってからが本番です。twitterで心理学、恋愛術を発信している方も下記のように言っています。


なので、特にアプリでは3〜5通程度を送ったらデートに誘うようにしましょう。

▼浅田さんの関連記事はこちら

【男女別の例文付き】脈アリの会話。好意の有るサインと親密度を上げる3つの方法

2019.05.08

デートに誘うなら「撒き餌メール理論」を使って

「撒き餌メール理論」とは「イメージがつかないと行動に移しづらい」という人間の心理を逆手に取った心理テクニックで、デートに誘う際に場所の情報(画像やURL、芸能人が使っているなどの情報)を合わせて渡し、了承を得やすくする。という方法です。

この「撒き餌メール理論」はホストやキャバ嬢などのプロの方も多く利用している誰にでも簡単にできる方法です。ぜひ一度試されてみて下さい。

LINEの交換はデートの約束が成立してからで

アプリを使っていてLINE等の連絡先を焦って執拗に聞こうとしてしまう人がいますがアプリでもLINEでもシカトされてしまえば一緒なのでLINEを先に聞く必要は殆ど無いです。

ですが、デートの約束ができた場合は「音信不通になってしまうと問題」ですよね?なのでその旨をお相手にも伝え連絡先を交換するようにしましょう。

あくまで連絡先は約束をするツール、連絡を当日撮るためのツール程度として理解しておくようにしておきましょう。

メッセージの返信が来なくなる原因は?

返信が来なく理由は様々ですが多くは下記の3つです。これらの理由によってはまだ返信を貰える可能性が有ります。まずはその原因についてご覧頂ければと思います。

①複数のお相手との連絡や仕事等で忙しいから

まず前提としてマッチングアプリを利用されている人の多くは複数人とメッセージをやり取りしている事が多いです。そのため、メッセージのやり取りに追われ忙しく返信が出来ていないという事は往々にしてあります。

②返信に困る内容だから

返信に困る例としては「今日〇〇したんだよね。」という日記のようなメッセージです。

これを受け取った方は「そうなんだ…」としか返信することしか出来なく返信を困らせ最終的に「返信をしない」という判断に陥ってしまいます。

メッセージのやりとりをする際には「相手が答えやすいようなメッセージ」を意識して送るようにすれば上記を割けられるのでぜひ意識して頂ければと思います。

③興味をなくされてしまったから

この場合は残念ながら諦める他ないです。「興味が無くなった」ということは、送るメッセージすべてが不快に感じられてしまう状態になってしまっています。この場合は何をしても逆効果になるので残念ですが諦めましょう。

というような理由です。③の場合はほぼ不可能ですが、①②ならまだ返信をしてもらう余地はあるので次で解説する返信が来なくなった場合の策を参考に追撃の準備をするようにしましょう。

返信が来なくなった時の対応策

ここまでで、メッセージを続かせるためのコツについて紹介してきましたが、こちらでは返信が来なくなった際の対応策を紹介していきます。もしいま返信が来ていなくてどうにか返信をもう一度でいいからして欲しい…。という人はこちらを参考にして頂ければと思います。

返事が来なくても最低3日は追撃しない事

メッセージが途中で途切れてしまった時ってどうしても立て続けにメッセージを送ってしまいがちですよね。ですがこれは絶対にNGです。メッセージを立て続けに送ってしまうと相手は「脅迫」されているような気分になってしまい余計に返事をしてくれなくなってしまいます。

なので返事が来なくなったら最低3日間は時間を空けて連絡するようにしましょう。

期間を空けたら、話題を変えて相手を気遣うメッセージを

3日の期間を空けたら話題を変えつつ、お相手を気遣うメッセージを送るとお返事を貰える事もあります。気遣うメッセージとしては天気であれば「今日雷雨で激しいね。電車止まったりしているけど会社大丈夫?」とかです。

このように相手を心配する良心からくるメッセージはシカトはしづらいものなので効果的です。返事が来たらすかさず話題を変えて、テンポよく連絡を取るようにしましょう。

その他の話題については「マッチングアプリでメッセージが盛り上がる話題の選び方と10個の例文」にて例文を含め紹介しているので是非参考にして頂ければと思います。

真剣に思いを伝えるのも有り

最終的に人の心を動かすのはいつだって「情熱」です。本音でしっかりと「もう一度連絡どうしてもしたくて、連絡しました。バカかって思うかも知れないですけど、〇〇さんともう一度連絡したいんでお願いします(>_<)」ぐらいの連絡をしてみるのもありです。 筆者もこのやり方で何度か連絡を復活させた経験があります。 この3つの対策で返事が来なかったら恐らく永久に来ないので諦めて他に行きましょう。

1通目がそもそも帰ってきていない場合は

またここまででは1通目の返信後の話をしていますが、そもそも1通目が返信が来ていないという人は「最初のメッセージ」または「プロフィール」の設定がよろしくないという可能性が有ります。

1通目の返信がほしいという方は上記を見直すのも大事ですがもう少し細かいことも有るので気になる方は「返信率120%UP!?マッチングアプリのメッセージ1通目の返信を貰う鉄板の方法と例文を紹介!」に詳しく解説をしていますので是非参考にして頂ければと思います。

まとめ

ここまでご覧頂き有難うございます。この記事を読んで頂き素敵な人とメッセージが続きデートの約束ができるようになって頂ければなりよりです。