婚活で告白をするタイミングはデートの3回目が勝負!?成功させるポイント

恋愛悩み中
婚活で出会った相手と順調!そろそろ告白したいんだけど、いつどんなタイミングでしたらいい?成功させるポイントってあるの?

婚活で出会った相手と、メッセージや電話をしていい感じになったら、そろそろ本格的に交際を開始したいなと思うところ。しかし、いざ告白となると「どうしたらいいんだっけ……」と悩んでしまう気持ち、わかります。

そこで今回は、告白のタイミングや成功のポイント、告白するときに気をつけたいポイントなどをご紹介します。

婚活の告白はデート3回目がポイント

婚活の告白は、3回目のデートが最適だと言われています。逆に、3回目までにデートを重ねている相手と付き合いたいかどうかを見定める必要があります。

婚活の暗黙のルールとして「3回目のデートで告白されなかったら見切りをつけるべき」とも言われているとか。告白をしない、または、告白をされないまま3回目以降のデートを重ねても「私たち(僕たち)、この後どうなるの?」と相手を不安にさせてしまい、せっかくの相手が別の人との関係を進ませてしまうかもしれません。

3回目のデートは、もう二人も慣れてきているので、夕方ごろから集まり、ゆったりディナーをする二人の時間を大切にするようなデートがおすすめ。絶好のタイミングで告白をしてみましょう。

婚活の告白を成功させるポイント

恋愛カウンセラー
婚活で訪れる告白のタイミング。一大イベントは絶対成功させたいですよね。そこで、婚活の告白を成功させるポイントをご紹介します。

デート中に手を繋げたか

デート中に手を繋げたかどうかは、告白が成功するかどうかを左右すると言われています。

手を繋ぐという行為を受け入れるということは、あなたのことを少しでもいいなと思ってもらえているということ。好きではない人と手を繋ぐのはやっぱりハードルが高いです。

手を繋ぐ距離まで相手のパーソナルスペースに入ることができたということも印象は良いですし、あなたのことを「告白されたら良いかも」と思っているかも。ここはビシッとストレートに決めていきましょう。

シンプルに伝えられたか

インターネットやスマートフォンが普及した今、相手に直接自分の気持ちを伝えるという機会はかなり減りましたが、告白は逆に、自分の気持ちを直接相手に伝えないと気持ちが伝わらないもの。

しかし「一体何を言いたいのかわからない」と思わせてしまうほど長々と遠回しに自分の気持ちを伝えるのはかなりマイナスポイントです。

緊張したりなかなか言い出せなくて、いろんな話をしてしまうのはわかりますが、婚活の告白に関しては、サクッとストレートにまっすぐ自分の気持ちを伝えることが大切でしょう。

場所やシチュエーションを作る

告白の内容やタイミングがバッチリでも、告白に適していない場所ではせっかくの告白が台無しになってしまいます。

今日はここで告白をすると場所やシチュエーションなどの告白計画をしっかり立てた上で、告白をしましょう。例えば、レストランの帰り道や、夕焼けが綺麗な場所などをあらかじめデートコースに入れておき、ここぞというタイミングで相手に自分の気持ちを伝えましょう。

駅構内やガヤガヤして人が多い場所では、せっかくの告白も台無しになってしまいますよ。

告白は女性からでも全然OK

「女性からの告白ってアリなのかな?」と不安になってしまう人もいますが、全く問題ありません。むしろ、相手の方がなかなか言い出せなくて悩んでいたり、告白をきっかけに相手を真剣に考えるようになったという人もいるため、この人のことをもっと知りたい、真剣な関係になりたいと思ったら、積極的にいきましょう。

今の時代、女性からどんどんプッシュしてもおかしくありません。しっかり相手に自分の気持ちを伝えて、後悔のない婚活をしましょう。

連絡はこまめに取る

連絡はこまめに取ることが大切です。自分とデートをしているからきっと他の相手はいないと思い込んでしまって、気づいたらどんどん連絡が少なくなって別の人と結ばれたということもあり得ます。

積極的に連絡をしていき、こまめに返信することで、自分は相手のことをどれだけ考えているかをアピールすることもできるでしょう。連絡をもらって嫌な相手とはデートに行きません。

自分からもこまめに連絡を取るようにし、返信はできるだけ早めにしましょう。

婚活で告白する時に気をつけるポイント

恋愛カウンセラー
婚活で告白しよう!と決めたら、気をつけたいポイントがいくつかあります。嫌な思い出にならないように、自分で必ずチェックしておきましょう。

好きという気持ちは本当か確かめる

「なんとなく婚活でマッチングしたから」「ここまでデートして来たから」という理由で告白しては、失敗しますし相手にも失礼です。ちゃんと、自分がこの人のことを本当に好きか、大切にしたいと思っているか。そして、まだ先のことかもしれないけれど、結婚したいと思っているか。

ちゃんと真面目にこの人のことを好きという気持ちを持って告白するかどうかを決めましょう。相手も中途半端な気持ちで流れで告白されても迷惑ですし、自分の幸せにもなりません。

デートで相手をしっかり知る

先ほど、告白はデート3回目がぴったりだとお伝えしましたが、3回のデートで相手の全てをわかるなんてことはそうそう難しいでしょう。

その中で、相手の魅力を理解するためには日頃からコミュニケーションをしっかり取っておくこと、そして、デート中でどれだけ仲を深められるかにかかっています。そのためにはディナーだけでなくドライブやお昼いろんなタイプのデートをしていく必要があります。

最初から告白するイメージが湧いているなら、黙っていてもきまづくないなどの居心地の良さも一緒に確かめましょう。

告白は結婚ではない

いくら婚活で知り合ったからといって、告白=プロポーズという意味ではありません。もちろん、結婚前提のお付き合いだと伝えることは問題ありませんが、まずはお互いのことをもっと知りたい、一緒にいたいということを伝えて告白する必要があります。

「絶対に結婚しなくてはいけない」だとか「まだ結婚には早いから告白はやめておこう」といったことは一切ありません。あなたがもっと相手と一緒に過ごしたい、もっと親密な関係になりたいと思ったら、告白しましょう。

焦って告白していないか確認する

「この人を逃したらまた婚期が遠のく」「そろそろ年齢的に結婚しないと」と自分の都合で告白しようとしていませんか?

自分がそろそろ結婚したいなと思っていた時に偶然相手がいたからその人と一緒に過ごしていこうと決めるのは、絶対にやめましょう。

相手の人生も掛かっていることですし、中途半端な気持ちで告白するのは失礼にあたります。自分がこの人と本当に一緒になりたいのか、将来少しでも結婚の可能性があるのかを考えて、気持ちを伝えましょう。

告白当日は疲れないデートを

告白当日は、長めのデートはおすすめしません。告白が控えているのに長めのデートにしてしまうと、相手も疲れてしまうでしょう。

告白しようかなと思っているデートのスケジュールは、夕方くらいから約束をし、シンプルに食事だけ、告白の場所はあらかじめ考えておきましょう。早めに解散することで、相手の明日を考えるという面からも、夜遅くならないようにするのがポイントです。

電話やメールでの告白は避けるべき

今の時代、携帯電話・スマートフォンがかなり普及し、ネットやメールが身近な毎日になりましたが、大切なことを伝えるのに、電話やメールでは全く気持ちが伝わりません。いいなと思った相手でも、告白がメールや電話、メッセージで直接言葉で伝えてくれない人はNGという人は、非常に多いんです。

いくら、電話やメールが当たり前な世の中になったって、告白などの大切な気持ちはちゃんと相手を目の前にして頑張って伝えましょう。言葉が上手くなくても気持ちがちゃんと伝われば全く問題ありません。

婚活の告白はポイントを意識しよう

告白をされて嬉しくない人はいません。しかし、そのタイミングや方法などはしっかりこだわった上で相手に伝えられると良いでしょう。告白=結婚ではありませんので、焦らずに自分の気持ちに正直になって、相手に気持ちを伝えましょう。

告白をする際は、言葉を飾らずにまっすぐ相手をどう思っているか伝えるのが大切です。結果がどうであれ、後悔しないよう伝えましょう。