婚活にかかる費用は総額300万!?結婚に向けた貯金方法も紹介

恋愛悩み中
婚活を始めようと思っているんだけど、婚活ってどれくらいの費用がかかるの?具体的な金額が知りたい!できれば婚活の費用は抑えたいんだけど、方法ってあるの?

少し前に流行語になったおかげで、今はスタンダードになりつつある婚活。結婚のためにする活動のことを指しますが、実は、婚活には結構お金がかかります。

今回の記事では、婚活にはどのようなお金がかかるのか、婚活にかかる主な費用や節約方法、さらには、貯金のテクニックなどをご紹介します。

婚活にはお金がかかる

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/business-woman-holding-empty-wallet-she-631940243

「婚活」という言葉だけが走ってしまい、今や結婚するために結婚相談所に入会したり、婚活パーティーに参加したりして、婚活に力を入れている人も少なくありません。しかし、婚活には意外とお金がかかることはご存じでしょうか?

結婚相談所の入会金が5万円程度だったり、マッチングサービスの月額料金など、明らかにわかりやすくかかる費用もありますが、それだけではありません。

婚活の費用には、婚活中の洋服やメイクなどの品を購入するための自分磨き代や、婚活が成功した際の結婚式代・ハネムーン代、さらには、ウェディングドレスのためのエステや脱毛なども婚活の費用に入ってくるのです。その額総額300〜400万円ほどです。

これを知らずにどんどんお金を使ってしまうと、いざ結婚が決まってもお金がないから妥協したり、先延ばしになってしまうこともあるかも。婚活を始めたタイミングで、お金がかかることを知って支出を見直したり、貯金を始めることが大切です。

婚活にかかる主な費用

恋愛カウンセラー
婚活では、具体的にどんな費用がどれくらいかかってくるのでしょうか?平均的な金額ではありますが、参考にしてみてください。

結婚相談所

結婚相談所は、同じ相談所に登録している人と合いそうな人をマッチングしてくれるサービスです。もし、相手も少しでもいいなと思ったら、デートの日取りや場所など決めて、最初から一対一でのお見合い形式で相手と出会うこととなります。

結婚相談所に関しては、ほとんどの会社の場合、5万円〜10万円程度の入会金がかかります。その後、会員を継続するための月会費が1万円程度。さらに、もし結婚相談所から紹介してもらった相手と交際後、結婚の約束をした場合、結婚相談所へ成功報酬として5万円〜20万円を支払う場合もあります。

結婚相談所の成婚目安が半年〜一年と言われていますので、全ての金額を支払った場合、半年間でも合計16万円〜36万円、一年間だと22万円〜42万円程度かかってくるということです。

婚活パーティー

婚活パーティーは、各地で開催されているパーティーに参加しながら、持ち時間数分の中でシャッフルしながら一気にたくさんの人と話すことができ仕組みとなっています。

決まった時間同じ席にいる男性とプロフィールカードを交換して話をしたあと、ゲームやグループトーク、最後にフリートークと連絡先交換タイムがあります。

婚活パーティーでは参加するために一回3,000円〜1万円の参加費を支払って参加する必要があり、その金額に関してはパーティー内容に大きく関わります。

少人数のものから一気に100人程度の人が集まるパーティー、趣味で繋がるものやハイクラスの人たちと出会える限定的なものがあり、パーティー内容も参加金額もさまざまです。

マッチングアプリ・婚活サイト

マッチングアプリやサービスは、全て自分で行う必要があります。ネット上で登録し自分で写真やプロフィールをアップして、きになる相手にいいねを送ります。マッチングしたらメッセージを始めて実際に会う時期を二人で決めるという流れ。

マッチングサービスの登録料は女性はほとんど無料のところが多く、男性は500円〜5,000円が必要になることがあります。

マッチングサービスでは、誰もフォローしてくれないので、積極的に自分からマッチングしようと心がけたり、メッセージを返していくことで、実際に会ってご飯に行ったり、交際へと発展します。

交際費

初めてのデートや、めでたく交際へと発展した場合、何度かのデートを重ねてお互いを良く知り合っていきます。

そこでも、デート代として平均一回5,000円〜1万円がかかるといいます。これは、毎回男性が支払うことでもありませんので、女性もかかってくるといって良いかもしれません。

節約というと聞こえが悪いかもしれませんが、時にはおうちデートやゆったり公園デートなども取り入れて、ランチは作っていくと費用は抑えることができます。

最初からガンガン施設やレストランなどにいくのではなく、将来のことも考えながら貯金していくのが良いでしょうう。

自分磨き

婚活にかかってくる費用の中で、意外とかさみがちなのが自分磨き。デートのために新しい洋服や靴を新調したり、女性はコスメや髪など、細かいところまでいろいろ費用が発生します。

平均で月2万円〜3万円を使っているとか。節約するためにはこの費用を削りたくなりますが、購入前に本当に必要かどうかを見極めることが、費用を抑える第一歩となります。

ただ、ケチってしまうと価格はそのまま外見や第一印象に表れますので気をつけてくださいね。

婚活にかかる費用を抑えるには

恋愛カウンセラー
婚活にどうしてもかかってしまう費用。抑える方法があるなら知っておきたいですよね。今すぐ見直したいことをご紹介します。

短期間で成功させる

婚活の費用を抑えるために一番必要なのは、早く成功すること。そのためには相手のことを良く知り、自分と合う人を見つけられるよう、積極的に努力していく必要があります。

自分は相手にとってどんなメリットがあるのか、どんなことがしてあげられるのかなど、自分が相手に求めるだけではなく、自分を選んでくれた時の相手へのメリットもさりげなく示していく必要があるでしょう。

相手に求める条件を常に見直し続ける

婚活が長引いてしまう多くの理由に、なかなか自分に合う人・理想の相手が見つからないということが挙げられます。そんな時は、自分が求める条件が高すぎないか、常にチェックしましょう。

平均年収以上なのかどうか、滅多に出会えない職種を希望していないか、すでに婚活市場にいなそうな人を求めていないかなど、細かくチェックし、出会う相手の中身を良く見られるように意識しましょう。

見栄を張る格好やアイテムは持たない・使わない

第一印象が大切な婚活で、友達に好評だったブランド物のバッグや、勝ってほしいと言いやすいような素敵な高めの洋服を身につけるのは、控えましょう。

たとえば、特別な日にしか使わないちょっと高価なアイテムを婚活の勝負品として使ってしまうと、自分にその気はなくても相手は「本当は男性にこういうものを買ってほしいのかな」とマイナスな印象を与えてしまうことがあります。

等身大の自分をイメージさせるような洋服やアイテムを身につけるのが良さそうです。

自分の内面を磨くようにする

ブランド物のカバンはお金で買えますが、性格はお金では買えません。これから婚活を成功させたい!と思っている方は、清潔感を保ちベストな自分でいられる範囲でお金を使い、それ以外は、自分の内面磨きに力を入れましょう。

外見は歳をとってしまいますが、内面は磨けば磨くほど年々美しくなります。婚活の成功に関わらず、一生分の価値が生まれますよ。

婚活にかかる費用の貯金方法

恋愛カウンセラー
どうしても避けては通れない婚活にかかる費用ですが、婚活だけではなく婚約・結婚後も費用がかかります。最後に、オススメの貯金方法をご紹介します。

別口座にして勝手に引き落とされるようにする

貯金をしたいと思っている人の一番の効果的な方法が、簡単には手が出せない口座を作ること。

そこに入れたお金は目標金額になるまで手をつけない、手が出せない状況にしておくと、どんどん溜まっていきます。

さらに、口座によっては積立貯金ができるところもあるので、毎月何日に一定金額貯金できるように設定すれば、自分で振り込みを忘れることもなく、計画的にしっかり貯金ができるようになります。

しっかり貯金の目標を決める

「こんなハネムーンに行きたい!」「こんな挙式であのドレスが着たい!」という明確な目標があれば、貯金をしようと思う気持ちも強くなります。

「あと何ヶ月、何年後に結婚したいからこの金額まで貯める」としっかり目標を決めて貯金をしましょう。

婚活の費用は上手に使おう

「婚活用だから」とあれもこれも欲しいものに手を出していると、いざとなった時の結婚式代やハネムーン代を削らないといけなくなります。婚活の費用は婚活のためだけではなく、婚活の先の結婚や新しい生活に向けての費用も含まれていることを意識しましょう。

婚活を始めたタイミングで、ぜひ貯金の計画もしてくださいね。