マッチングアプリでのデートの誘い方を例文付きで解説。最適なタイミングから注意点まで細く

この記事ではマッチングアプリでのデートの誘い方について解説をしています。

また、記事の中では「デートに誘うタイミング」から「一通目からの誘うまでの流れ」、「誘う時の誘い方テンプレート文章」、「NGな誘い方」、「脈アリサインの見極め方」について詳しく記載しておりますので、デートに中々うまく誘い出す事が出来ていなく悩まれている方は是非参考にして頂ければと思います。

目次

デートに誘うタイミングは1〜3日がベスト

デートに誘うタイミングはお使いのアプリでマッチングをしてメッセージを開始してから1〜3日程がベストです。

理由には下記の3つの理由があります。

  1. 誘ってから会うまでの期間を考慮すると
  2. 単なる構ってちゃんを排除できる
  3. 誘うのが遅すぎるとグダリ返事が返って来なくなる

これらについて下記にて詳しく解説をして行きますので、なぜ1〜3日かいまいち理解が出来ない人はぜひ読んで頂ければと思います。

誘ってから会うまでの期間を考慮すると

アプリでデートにお誘いし、日程調整をすると考えると、恐らく平均的に会うまでに「誘ってから+1週間」の期間が空いてしまう方がほとんどかと思われます。

となると、1週間の連絡をまた、続けなければいけないので連絡開始から長すぎると話題が尽き、「最悪誘う前に無視されたり」、「誘えてもつまらないと思われ当日ドタキャンされる」といった可能性がが高まってしまうのです。

ですから、少しお互いに砕けたタイミング(1〜3日程)で誘い、当日まではお互いのことを知り合うという期間にするのがベストの流れ。およびタイミングなのです。

単なる構ってちゃんを排除できる

実は、マッチングアプリを利用している人の中には「ただメッセージをしたいだけの構ってちゃん」がいます。

この構ってちゃんは女性に多いのですが悪質な例として「仲良くなってからね。」と言いつつ、いざ会おうと再度言うと「怖くて会えないです。」とブロック、または永遠に拒否し続けて来て結局時間を無駄に消費させられてしまうという場合があります。

なのでこのような「最初から会う気のない人」を早い段階で判断するためにも1〜3日程度で見極める必要があるのです。

誘うのが遅すぎるとグダリ、返事が返って来なくなる

そして最後の理由が「遅すぎるとOKが貰えなくなる」という理由です。アプリを利用している人は何もあなただけと連絡をとっているわけではなく複数の異性と連絡を取っています。

なので連日お誘いのメッセージは来ているので、会う人が増えれば、よほど会いたいと思われてなければ面倒になり流してしまうという事です。

以上の事から連絡を取り始めて1〜3日を目処にデートに誘うのが最適なタイミングであるということがおわかり頂けましたでしょうか?

デートに誘うまでの流れ

こちらではマッチングしてからデートに誘うまでの流れとその方法について解説をしていければと思います。

なかなか流れがつかめていない人は是非こちらも参考にして頂ければと思います。

最初の1通目は「挨拶」を忘れずに

まずそもそも1通目以降の返信が貰えない方に気を付けるべきは「挨拶」を必ず入れることです。アプリを利用しているとどうしてもフランクになり「よろしく〜。」といった短文で送ってしまう人が多いのですが、このような軽すぎるメッセージはあまり好まれなく返信が来ない事が多いです。

なのでまずは挨拶をいれつつしっかりと誠意を見せる形でメッセージを送るようにしましょう。

1通目のメッセージの送り方については「返信率120%UP!?マッチングアプリのメッセージ1通目の返信を貰う鉄板の方法と例文を紹介!」に詳しく書いておりますのでぜひこちらも参考にして頂ければと思います。

2通目以降は「相手を知るための質問」と「肯定」を意識すべし

返信が来た2通目以降はデートを誘う上で非常に重要なやり取りになります。2通目以降で好感度をどれだけ上げられるかで、デートのお誘いでOKが貰える確率が変わってきます。抑えるべきポイントは下記の3つです。

  1. 最初は必ず「お礼」から入るべし
  2. お相手の「思考や人柄」を知るための質問を
  3. 否定は絶対NG。「肯定」と「意見」が重要


この3つを徹底していきながら、2つめの「お相手の思考や人柄を知るための質問を」していく事で、お相手を理解しつつ、相手からは「私のことを知ろうとしてくれる人だ」と、好感を上げられるように流れを作る事が出来ます。

2通目以降のメッセージの細かいコツについて知りたい方は「マッチングアプリでメッセージの2通目以降もやり取りするコツと返信が来ない時の対策」も合わせて読むことをおすすめします。

3〜5通程度し打ち解けたら軽いジャブを

上記の方法で気軽にメッセージを送れるようになったら「普段は何処で飲むの?」や「どこで遊ぶの?」といったパーソナルな質問をするようにしましょう。

このメッセージに対してで「〇〇で飲む。」や「〇〇で遊ぶ。」と言った返事をもらえたら、その場所にある「人気店」や「おすすめスポット」に行ったこある?行ってみたいんだよねー。とデートに対しての布石を打ちましょう。

この布石こそが大事で、共感を貰えるとデートに誘うのがとても簡単になるのです。

またメッセージが中々続かず話題に困っているという人は「マッチングアプリでメッセージが盛り上がる話題の選び方と10個の例文」に話題と例文を記載しておりますのでこちらも合わせて御覧ください。

共感を貰えたらデートのお誘いを

前述の布石で共感を貰える事が出来たら迷わずすぐに「じゃあ、こんど一緒に行かないですか?」とすぐにデートの打診をするようにしましょう。この方法を活用して頂ければ99%の人はOKをしてくれるので、あとは予定を合わせるだけです。

断られても諦めずに時間を置いて再度誘おう

仮にこの時点で断られてもまだ好感度が上がりきっていなかっただけなので、諦める必要はないです。再度、話題を変え、2〜3日後に布石を打ちデートを誘ってみましょう。

マッチングアプリでデートに誘う方法はほとんどはこの繰り返しです。ここでOKが貰えれば次はLINEで日程の調整をするだけです。

デートのOKが貰えたらLINEで予定調整をしよう

デートのOKが貰えたらあとはLINEを聞きデートの細かな日程調整のみです。日程調整などはメッセージでも出来るのですがLINEの方が連絡はつきやすく、かついざという時に電話でフォローしたりコミュニケーションを取れるので便利です。

LINEの聞き出し方については「マッチングアプリでLINEを交換出来るタイミングは?成功率100%のテンプレとID交換時の注意点をまとめて公開」の記事が参考になりますのでぜひご覧頂ければと思います。

と、ここまでがデートに誘う流れとその方法です。上記までの流れを丁寧に実践してもらう事で、これまでデートに誘っても中々OKを貰えなかった人でもOKを貰える確率はかなり上がると思います。ぜひ悩まれている方は実践してもらえればと思います。

デートの誘いの成功率を上げる4つのテンプレート文章

警戒心の強い女性にはランチデートで誘おう

警戒心の強い女性はいきなり夜にさそうと怖がり、中々承諾をしてくれないです。なので、そのような女性には日中の明るい時間帯に誘う事で「やましいことはしないですよ。」と間接的に伝える方法が一番効果的です。

誘う場合の例文と支配下のような例文になります。

ランチデートに誘う場合の例文
〇〇さん(もしくはちゃん)って〇〇(店名)ってお店知っています?最近人気らしくて一度行ってみたいなー。て思っていて(^o^)
よかったら今度行きませんか?〇〇さん(もしくはちゃん)ともっと仲良くなりたいなって思って!
上記の文のポイントは

  1. お店の具体的なイメージをもたせつつ、会う魅力をお店にも入れる
  2. 率直な気持ちを簡単に伝える

です。このように、短い文章の中にも上記の2つの情報を入れる事で、「行くメリット」と「好感」の2つ感じてもらえOKが貰える確率が高まります。

お酒好きには魅力の有るお店でデートを誘おう

アプリのプロフィールにある「飲酒」の欄にときどき飲むまたはよく飲む、飲むと書いてある人にはストレートに飲みに誘うのが一番です。お相手もそこまで夜に会う事に抵抗のある人は少ないです。

また、飲みに誘うときは単純な「飲みに行こうよ」ではなく、魅力的なお店に誘うのが一番効率良く誘うことが出来ます。誘う際にはお相手の好きな飲物を聞いた後に、以下のような例文がおすすめです。

飲みに誘う場合の例文
〇〇さん(もしくはちゃん)〇〇(お酒名)好きなんですね(^o^)
てか結構お酒の趣味合いそうかもです。よかったら〇〇(お酒名)に合う〇〇(店名)ってお店あるので今度一緒に行きませんか?
このように共感をしつつ、素敵なお店を提案すると「行ってみたいな」というお店に対しての魅力づけがされるので成功する確率がぐっと高まります。

またお店をあまり知らない方は東京グルメサロンを主宰している伊藤初美さんのtwitterおよびブログをチェックすると良いかも知れないです。彼女のtwitterおよびブログでは素敵なお店が多く取り上げられているのでとても参考になります。

アウトドア好きにはイベントを起点にデートに誘う

本格派のアウトドア好き、または外出好きの人にはイベントを起点としたお誘いが効果的です。但しいきなりのお泊りが必要なのイベントではなくビアフェス等の1〜2時間程度楽しめるイベントに誘うのがポイントです。

誘い方の例文は以下のような例文です。

イベントに誘う場合の例文

〇〇さん(もしくはちゃん)も結構アウトドアはなんですね。僕(または私)もアウトドア派なので分かります。休日は外に出たいですよねー(^o^)
そういえば今度〇〇(イベント名)が〇〇(場所)で〇日に有るみたいなんですけど良かったら行きませんか?
毎年盛り上がっているみたいなんで、一度行ってみたいなと思っていまして。

と、このように最初に共感をしつつお誘いし、追加での魅力情報を共有すると行くメリットが明確化されるので成功率が高まります。

相手の趣味の話を聞きたいという理由で誘うのもあり

そして最後は場所ではなく相手の趣味を聞きたいという軸で誘い出す方法です。この場合は上記の3つのどれにも該当しない、または探れてない状況で使うのにおすすめです。

誘い方はお相手の趣味を聞き出した後に以下のうように誘うと成功率が高まります。

趣味で誘う場合の例文
へー!〇〇(趣味)好きなんですね。僕(または私)の友達にも〇〇(趣味)好きな人いて〇〇(趣味の少しマニアックな情報)とかって人気ですよねー?
あまり周りにその話できる人居なかったので嬉しいです。(^o^)今度、お茶とか飲みとかで〇〇(趣味名)話ししましょうよー!
と、このように「共通の趣味仲間」として純粋に話がしたいという理由を先に出しやましさを消した状態でお誘いをすると成功率が高まります。

また、その趣味自体を知らなくても少し調べマニアックな話を出してあげると、お相手もテンションが上り「話したいという欲求」が上がるのでおすすめです。

デートに誘う前に抑えておくべき「脈アリサイン」

デートに誘うにしても拒否されてしまうのは誰しも嫌ですね。なので、すこしでも拒否られる可能性を消すためにも誘う相手からOKが貰える「脈アリサイン」は抑えておく必要はあると思います。

こちらでは、そんな「脈アリサイン」について、いくつか例を紹介できればと思います。

連絡が遅くなっても返信をしてくれる

連絡を遅くても返信してくれている状態は「好感を持っている」または「暇だから」のふたつのどちらかです。

ですが、マッチングアプリを利用している人の多くは、多くの人と連絡を取り合っている状況なのでその中で「暇」でも連絡を返してくれているというのは少なくとも他の異性の方よりは好感を貰えている状態です。

なので、連絡を例えば1〜2日後に返しても返信をくれる人には積極的にデートに誘うことをおすすめします。

話題をお相手が自発的に出し始めて来るようになっている

話題が切れかかっている状態のタイミングで、お相手から話題を振ってくれている状態であれば好感度はかなり獲得ができているので、デートに誘えば高確率でOKを貰えること間違いなしです。

と、言うのも「話題を振ってくる=この人と連絡取っていたい。」という事になるので、少なくとも①連絡を取り合いたいという興味の視点が有るか、②ただの構ってちゃんのどちらかです。

なので、どちらかかは、誘う事で明確になるのでだらだらと連絡を取り合わずすぐに誘うようにしましょう。②のただの構ってちゃんの場合はすぐにフェードアウトするのも一つです。

連絡が短文でサクサク出来るようになっている

長文でのやり取りを長く続けている状態は返事をもらえているのであれば好感度も有り、デートに誘える確率は高いですが、逆に短文で何気ない会話が続いている状態も緊張感と警戒心がほぐれている状態なので誘える確率はかなり高いです。

またこの状態に合わせて、「返信が遅くなっても返事をしてくれる」という状態であれば筆者経験上100%誘い出す事が出来るので、該当するやり取りしている人が居る場合は必ずお誘いする事をおすすめします。

お相手から遠回しに行ってみたい場所の話をしてくる

お相手から「どこどこに行ってみたいな〜。」といった遠回しのアピールがある場合は殆どの確率で成功すること間違いなしです。中でも会話の脈絡もなしに「どこどこに行ってみたいな〜。」と連絡が来たら100%誘い出す事が出来るので見逃さないようにしましょう。

また、お相手から言い出さない場合は「〇〇(場所名)て良いよね〜」とさり気なく話題を振ってみて、お相手から「いいよね〜!」と出るか確認するのも一つの手です。

以上、紹介した4つのサインが出ていたら、デートに誘える確率はかなり高いのでぜひデートに誘うようことをおすすめします。

デートのお誘いを断られた時の再アプローチまでの手順

上記までの流れでデートに誘う事はほとんどの人が出来ると思いますが、こちらでは拒否されたけどどうしても誘いたいという方のために、成功率を上げる再アプローチの手順を紹介できればと思います。

①話題を変えて再度タイミングを見計らおう

デートに誘って「いつなら空いている?」と確認をしても「分からない」という返事まで貰ってしまっている場合は深追いは厳禁です。深追いをしてしまうとブロック又はシカトされてしまうので本末転倒です。

この場合は話題を変え再度好感度を上げながらデートに誘う機会を見計らうのが一番です。残念そうにせず、話題を変え明るい話を再度しながら3日後程度に再度誘うようにしましょう。

②プロフィールを変更または充実させて魅力をあげる

プロフィールを充実させるのも一つです。特に写真をあまり載せていない場合は、写真を追加するのが一番効果的です。プロフィールの写真を更新した場合はさり気なく「最近髪切ったらから写真変えたー」というふうに写真を見てもらうように誘導するのが良いです。

プロフィール写真にどのような写真を載せたら良いのかわからない人は、男性は「【男性必見】モテるマッチングアプリのプロフィール写真の例と撮り方を紹介」、女性は「【女性版】いいねが貰えるマッチングアプリのプロフィール写真の例と撮り方を徹底解説!!」を参考にして頂ければと思います。

③3回断られたら諦めて次に行こう

マッチングアプリで恋人または結婚相手を探すのであれば一人の人に固執せず、次に行くのは重要です。諦めきれない場合もあるかと思いますが、「連絡を返さない、断り続ける人なんて、仲良くなってもどうせ良くない人だ。」と考えて次に行きましょう。

3回以上の深追いは難しいのでせめてもの手段としてLINEを聞く程度にし、諦めきれない時に偶に連絡をして見る程度がいいと思います。

この手順を踏んで貰えれば、50%の確率でデートに再度誘い出す事が出来るので、諦めがつかない人は是非、おためしあれ。

デートを誘う上で気をつけるべき注意点3つ

言葉遣いは丁寧に

デートに誘う際の言葉遣いは大切です。良かれと思ってフランクなメッセージを送るとお相手から「軽い人」または「チャラそう」と思われてしまいいます。

なので、言葉遣いは丁寧かつ誠実にし、お相手からの好感度をあげるように送りましょう。

相手の生活を邪魔しないように

誘う際に、お相手の都合を一切考えないのは駄目です。生活リズムを把握しつつ、仕事終わりに見てもらえる時間に送る。日程の候補は事前に定休日を聞いておきその曜日から提案をするといった配慮が必要です。

また、連絡のやり取りはお相手が一番返信してくれる時間に合わせて、連絡する時間を調整するのもベストです。常にお相手に合わせるという意識を持つのも誘った際にOKを貰えるようにするためのコツです。

自分よがりにならない事

そして最後は自分よがりにならない事です。場所の提案から、時間、日程まで自分の都合で誘うのではなく、「お相手だったら何が好きかな?どの時間、日程が一番都合がいいかな?」と考えて提案をすることが必要です。

お相手の事を考えて提案をする事で、「この人は私のことを考えてくれているな。」という好感を持ってくれ成功率が高まります。

以上の注意点をしっかりと守り、メッセージにてお誘いをすると成功する確率が高まりますので、ぜひ意識してもらえればと思います。

デート当日を楽しみ次に繋げるための心得

デートに誘えただけで満足してはいけないです。デートに誘い出すのはあくまで手段であり、目的ではないです。恋活、婚活のゴールはその先です。なのでこちらではデートを楽しみ次に繋げるための心得を紹介していければと思います。

デートに向かう当日は身だしなみを整えて

デート当日は以下の身だしなみを整えてから行くようにしましょう。

  1. 髪型
  2. 男性なら髭、女性なら化粧
  3. 眉毛
  4. 服装
  5. 匂い

以上の6点を整えるだけでも初めて合う人からはいい印象を貰う事が出来ます。

▼関連記事はこちら

【婚活×MB理論】初対面の女性に好印象を与えるファッションとは?

2018.03.10

【女性必見】20代男性に聞いた!婚活で好印象の女性のファッションとは?

2018.02.11

女性は緊張しているのでまずはリラックスさせる事から

マッチングアプリ等を介して初めて男性と合う女性は、男性以上に緊張しています。なので、まずは「笑顔」でお相手に安心感を与えつつ、「初めてだと緊張しますよね。笑」と緊張していることに同調し相手の緊張の糸を緩ませてあげるようにしましょう。

緊張したままデートを続けると終わった後に「何だか疲れたな…。」という印象を与えしまい次につながらないです。

ですので、緊張している女性または男性には上記の方法を活用し緊張を和らげてからスタートするようにしましょう。

話題はアプリのプロフィールやメッセージのやり取りを

話題をその場から新しく作り上げていく必要はないです。まず最初のトークはマッチングアプリに載っているお相手のプロフィールの情報についてか、これまでやり取りしていたメッセージの続き、または掘り返しで大丈夫です。

最初に無から話題を作りに行くのが得意な人も居ますが、それは失敗する可能性もあるので共通の話題から話を始め徐々に、話題を広げていくようにしましょう。

身の上話ではなく傾聴するスタンスを

よくやりがちなのは自分の話ばかりしてお相手が会話から置いてきぼりになっている状態です。

会話を楽しませるのは芸人のように自分でどんどんトークを盛り上げていくのではなく、あなたがお相手の話を聞く「傾聴の姿勢」が重要です。

人は自分の話を誰しも聞いてもらえると嬉しいものです。なので、自分が楽しむのではなくお相手の話をどんどん引き出すように意識して会話をしていくようにしましょう。

長居せず「楽しさの最高潮」で解散するようにしよう

こちらも重要です。楽しいとついつい長く一緒に時間を過ごそうとしてしまいますが、大事なのはその日を楽しかった思い出にしてもらえるかです。

長く一緒に居すぎると「そろそろ…」とテンションが下がったタイミングで解散になってしまい、お相手に最後のグダった印象が強く残ってしまいます。

なので、一番盛り上がったタイミングで解散をし「今日は楽しかったね。」と思い出を振り返るように挨拶の連絡を入れるとまたデートをしてくれる可能性が高まります。

二回目のデートの約束も忘れずに

ここまでの流れを参考にしてもらえれば当日のデートまでは完璧に運べる事間違いなしです。そして忘れてはいけないのが「次のデートの約束」です。

次のデートの約束をするベストのタイミングは最後の席でするのがベストタイミングです。当日に一緒にスケジュールを合わせてしまえばすぐに予定も調整できますし、場所も決められるので一石二鳥です。

当日、予定の調整をし忘れた方は解散後LINEやメッセージでお礼に合わせて次の約束をするようにしましょう。

まとめ

ここまでご覧頂き有難うございます。マッチングアプリでデートにタイミングがわからなかった方、デートに誘う方法がわからなかった方に参考になりましたでしょうか?

デートに誘うまでが決してゴールではないので、デートに誘ったら必ず次に続けるように、この記事を参考にしてアクションをしてもらえればと思います。